恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域M様 大阪
契約期間と料金1ヶ月の契約 70万円 成功報酬10%
別れたい状況DV彼氏から別れを切り出させた

常に対象者に監視された生活をしていたM様は一度その生活が辛くなり、別れを告げたものの、別れ話しの最中に暴力を振るわれて別れるに別れられなくなってしまったとの事でした。
一度暴力を振るわれると暴力を振るわれるのが当たり前の様に常習化し、何をしても恫喝されて精神的にも参ってしまいました。
日常的にDVをされる事から暴力を振るわれない様に生活する事に慣れてしまい、正常な判断が出来ない様になり、常に苦しんで生活するのが当たり前になってしまったとの事でした。

暴力を振るわれる際にM様が悪いからと対象者から言われ、半ば洗脳状態に近い形でDVをされる行動に問題があると叩き込まれ、苦しんでいるけど誰にも助けてもらえない状態から精神的にも疲弊していったとの事でした。
精神的に追い詰められ、何かをすれば暴力を振るわれる状態で誰かに救いを求めたくても誰にも救いを求められず何度も自殺を考えたとの事でした。
DVを受ける日々でどれだけ精神的にも追い詰められていたのかが分かりますが、1人で別れを切り出すのは難しく、現状から抜け出したいという強い思いで別れさせ屋への依頼を決意したとの事でした。

自分の人生が掛かっている事なので別れさせ屋探しにも必死になり、面談も対象者の目を盗んで4社程行ったとの事でした。
面談に行った先で別れさせ屋がどんな方法で別れさせてくれるのか?を聞くと、あまりシックリ来るイメージがなく、本当に別れられるのか?という疑問ばかりがあったとの事でしたが、弊社で提案させて頂いた方法は他社とは全く異なる方法だった為、一番シックリくる方法との事で契約するまでに至りました。

別れ工作の契約書を交わし、対象者との別れ工作に早速取り掛かります。
対象者の行動はM様から全て流れて来る為、情報で困る事は何一つなく、調査を省いて工作員の接触から開始する事になりました。
対象者に接触して対象者から異性の扱い方について聞き出す事が出来、M様の話しも出て来る様になりました。
『何も出来ない。自分が教えてあげなければならない。』と対象者はM様に対するDVを肯定して話します。

M様に問題があるからDVを振うのも仕方のない事であり、本当はDVを振いたくないけれど、DVしなければならない状態を作られてしまうので仕方がないとDVされるM様に問題があるという話しを聞き出します。
しかし、M様と別れる選択肢はなく、M様の為を思えばこその行動であり、M様を矯正してあげられるのは自分しかいないという考えを持っていた為、M様と対象者は不釣り合いであると誘導していきます。
M様への執着心を別の異性に向かわせる様に仕向けていきましたが、その間もM様への束縛は止まりません。
しかし、M様への束縛を失くす心理誘導を継続させていくと、対象者の考えが変わるちょっとしたキッカケを作り出す事に成功します。
対象者の考えが変わるキッカケを元に別れる理由を考え出す対象者は少しづつM様への束縛が減っていき、M様との別れを決意します。

対象者からM様に別れ話しが持ち出され、お互いの荷物の整理などをする間も暴力が止まる事はなかったのですが、荷物の整理が終わり、別れた後にM様から『無事に別れる事が出来ました』という報告が担当者の元に来て別れ工作が成功した事例になります。