別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :O 37歳 東京都 対象者①との関係:彼氏
  • 対象者①:U 25歳 東京都
  • 対象者②:N 25歳 東京都

年の差カップルのOさんとUの間に割り込んできたNという存在を恐れていたOさんはUとNが知り合ってから浮気を疑ってUを問い詰める事やUに隠れてNに会ってUと会うのを控えて欲しいと伝える等、Uを失いたくないOさんは必死にUとの関係を壊すかもしれないNに対して行動していました。

OさんがNと接触した事を聞いたUは何故余計な事をするのか?大切な友達を失ってしまうから余計な事をするのはやめて欲しいとOさんに伝えて、OさんもUさんの説得に応じて納得したものの実際には納得しておらず、どうにかしてUとNの関係を壊したいと考えていたところ、Oさんの行動が裏目に出てしまい、UとNの関係を急接近させてしまう結果となってしまいました。

Oさんの行動が結果としてUさんとNさんをくっ付けてしまい、OさんとUの距離が離れていったのをOさん自身が実感してしまいます。

Uとの関係を良好なものにしたいOさんとしてはNの存在が更に邪魔になりますが、Nに次に何かあったら別れると言われている手前、Oさんが何かの動きをする訳にもいかずUとNがこれ以上仲が深まれば自分は確実にUから別れを告げられると考えたOさんは自分ではどうにも出来ない気持ちを落ち着かせる為に別れさせ屋に依頼する決断をしたとの事でした。

UとNとは年齢が離れているのでそれもあってOさんは不安を抱えていた為、若い2人の関係がこれ以上深まってしまえば男女の関係になってしまうのも明らかであり、男女の関係になる前にどうしても阻止したいと考えて少しでも早く対応してくれる別れさせ屋を探したとの事でした。

O様からご相談を頂き、面談は当日希望されたので当日に面談をさせて頂き、お話をお伺いさせて頂きました。

少しでも早く対応して欲しいとの事で仕事終わりに弊社に寄って頂いたO様はUとNの関係について3時間ほど話して頂きました。

O様の中ではUを信じたい気持ちから2人はまだ体の関係を持っておらず、NにもUから止められる前に会って話した事からNもO様の気持ちを汲んでUと体の関係は持っていないと信じたいというご様子が伺えました。

しかし、O様には面談時に話しをさせて頂きましたが、25歳の男女2人が一晩過ごして何もなかったと考える方が不自然であり、O様が何もないと思いたい気持ちは分かりますが、事前にそれは正直難しいと認識していただいた方がショックが少なくないと伝えさせて頂き、もしも今本当に何もないなら何かある可能性を潰せるようにUとNの関係を終わらせておいて欲しいと懇願され、別れさせ屋工作のご依頼を承る事となりました。

NとUの調査を依頼後は速やかに着手させて頂き、2人がどんな関係なのか?O様の仰っていた通りの関係なのかを調査で判明させていきました。

調査をしていくとO様が心配する様にとても仲の良い2人に見え、NとUの関係に嫉妬するO様の推測はあながち間違っていない事を調査で得られた為、早々に接触ポイントを特定させて工作員の接触を図りました。

Uに接触したところでNとの体の関係を女性がこぼすとは思えず、Nへの接触を工作員が試み、連絡先の交換から人間関係の構築まで同世代の工作員を活用した為、スムーズに行う事が出来ました。

Nと人間関係を構築した後に遊びに誘い出し、工作員が付き合っている女性について話しをするとNも工作員の話しにつられてUとの関係を話してくれました。

Uとは既に何回も体の関係を持っていて、O様がUとなかなか別れてくれないので今はコッソリ会うだけにしているが、Uは既にNに気持ちが向いていて、UがO様に別れを告げるタイミングを見計らっている状態だと告げられ、UとNの関係がかなり深い仲である事を聞き出しました。

工作員の報告をO様にそのまま伝えるとO様は相当ショックを受けたようでしたが、Uを好きな気持ちは変わらず、裏切られた状態ではあったものの心の奥にしまい込んでUを絶対に失わないと決心した面持ちを見せて下さいました。

Nから話しを聞き出していくとUとの赤裸々な話しを得意になって話てくる為、工作員はNから聞いたUとの赤裸々な関係を報告し、Uの性格上、NがUとの体の関係を誰にでも話している事をUが知ればUは怒り出し、Nとケンカになるのは分かり切っていた為、NとUと工作員カップルで4人で会う手筈を取り、工作員カップルはNから聞いた赤裸々な話しをUとNと同席している席で暴露する形を取りました。

O様からもUは下世話な話しは好きではなく、2人のそういった話しを聞けば本気で怒り出すと伺っていた為、Uに暴露する事でUの表情はみるみる変わっていき、Uはその場でNの顔にお酒を掛けて去って行き、Nからは『放っておいていいよ。あんなに冗談が分からない奴だと思わなかった。』という言葉が出て、その日はNと工作員カップルでお酒を朝まで飲んで過ごす形となりました。

NがUを追わなかった事でUもNへの気持ちが少し冷めたのかO様に優しくなり、NはNで工作員と遊ぶ方が楽しいとの事で2人が連絡しない期間が出来てきました。

元々付き合っていない2人の為、別れるという話しは出なかったものの、完全に疎遠になってO様へのUの対応が優しくなったところで別れさせ屋工作は成功と見做された事例になります。

O様のご依頼で掛かった料金・費用は80万円の着手金+成功報酬20%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

O様の案件ではターゲット2人がまだ交際していなかった為、簡単に距離を置く形が取れ、付き合っていないからこそ別れるという話しもなくケンカをさせて2人の関係に終止符を打った別れさせ屋工作の方法でした。