復縁工作
復縁屋工作の相談内容

依頼者 G様 29歳 東京都 対象者との関係:元カノ

対象者 U  31歳 東京都

別れ話の時に彼から気持ちが冷めたし、復縁は絶対に無いから!!と言われてしまって、その後もシツコク連絡をしてたらlineをブロックされてしまいました。

突然気持ちが冷めたって言われたって受け入れられないし、縋っちゃって彼にも別れたくないって言ったけど、その時の彼の眼はとても冷たく、もう私の事なんてなんとも思ってないって分かったけど、諦められなくて付き合ってた時と同じようにlineをしてたら既読スルーから未読スルーになっちゃって、気付いた時にはlineをブロックされていました。

なんでそうなっちゃったのか分からないし、好きだから彼からの連絡を待ってたのがいけなかったのかと思って何度も連絡してたけど、ずっと待ってたら連絡が来ないし私が寂しかった事なんて分かってくれなかったんだと思います。

彼は付き合ってた頃から好きに生きたいって言ってて、自由が好きって言ってたから自由にさせてたら突然突き放された感じがして、別れ話をされて私はどうすればいいか分からなくなっちゃって別れてからの私は本当に酷かったと思ってます。

嫌われちゃったのは分かってるけど、どうしても彼と復縁したいし、彼からの連絡を待ってるだけでも幸せだったから彼と繋がってたいです。

彼にlineで色々言う前にそちらに相談すれば良かったと今は思ってますけどもう遅いでしょうか?

復縁できるなら何でもする覚悟なので協力して頂きたいです!!

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については復縁屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様のお話を面談でお伺いさせて頂くと交際時の状況も含めて、本当に復縁して幸せなんだろうか?と考えさせられる事が多々ありましたが、依頼者様の要望は彼との繋がりであり、彼との交際になるので第三者の復縁屋が依頼者様が望んでいる事に対してとやかく言えるものではなく依頼者様が復縁を望む以上、そこに異を唱えるのではなく復縁させる為に出来る事をご提案させて頂く形を取らせて頂きました。

依頼者様が別れに至った理由は何なのか?は依頼者様の話しを聞く限りでは全く想像出来ず、自由が好きだという彼の言葉を信じて自由にさせていたら冷めた目をしながら別れを切り出されたとの事でしたから対象者の本意は別にあったのではないか?という事も考えられましたが、依頼者様は対象者から交際前も同じ事を言われ、交際中も同じ事を言われ続けていたので交際の仕方に問題があるようには見えず、対象者の気持ちは何処にあったのか?を本人から聞き出す以外に方法はなく、復縁できる可能性に関しては完全に分からない状態で復縁屋工作のご依頼を承る事となりました。

対象者の情報は自宅住所や電話番号、名前、生年月日、写真もあり、本人を特定する情報としては揃っていましたが、交際期間の情報が自由にさせていた分、殆どなく、普段どんな行動をしているのかも分からず、行動調査から始める事となり、対象者がどんな生活をしているか?を依頼者様も知っていただく事となりました。

対象者を調査していると対象者の自宅からなかなか出て来ない事からリモートワークをしている可能性が考えられ、平日のお昼頃を狙って張り込みを繰り返すとコンビニに食料を買いに行く対象者の姿が確認出来、対象者の仕事は何をしているか?についてもご存じなかった依頼者様はその情報を得ただけでも感動する位に対象者の事をご存知ではない様子でした。

ここまで来ると若干本当に付き合っていたのかな?とさえ感じる事もあり、付き合っていた時にお互いの事を殆ど話してないのだろうか?という疑問もありましたが依頼者様の話しではキチンと交際していたとの事で、対象者の張り込みや尾行を進めていく中で得た情報に一喜一憂する依頼者様に対して疑問があったのも事実としてありました。

対象者の調査を進めていくと対象者が友人と会う事となり、友人と遊ぶ対象者を尾行していくと新宿の居酒屋に入り、対象者たちの会話を盗み聞き出来る場所に入る事が出来たので友人と談笑する会話を聞く事が出来たので話しを聞いていると友人はかなりの遊び人であり、対象者も同様に遊び人なのか?と言えば、遊び人に憧れているけれど遊び人になれない人という印象を友人との会話の内容を聞いていて気付く事が出来、対象者が常に依頼者様に自由でありたいと言っていたのも遊び人への憧れからの言葉ではないか?という推測が出来、遊び人の言葉に頷く事が多い対象者の行動調査を継続させ、工作員の接触ポイントを特定し、対象者に男性工作員を接触させるように仕向けました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【接触方法】について別れさせ屋や復縁屋が解説させて頂きます。

工作員と対象者の接触を終え、対象者とその場では良好な関係を作った工作員の感想はぎこちない社交性を感じ、社交的になりたいけどどこかぎこちなさがあるので友人に憧れてパリピのように振る舞いたいけど振る舞えない対象者の姿が合致し、依頼者様との関係についても繋がるものがあり、対象者との接触を繰り返した末に対象者の考え方を聞き出し、依頼者様との交際が上手くいかなかった点に気付き、依頼者様にアドバイスをして自己改善を進めて頂く事となりました。※参考記事:復縁に必ず必要な復縁屋ジースタイルの自己改善プログラムについて【有料サービス】

依頼者様は対象者の言葉を真に受けて自由にさせていたけれど、対象者は単純にワガママで自由ではいたいけどある程度の拘束を求めており、拘束がある中での自由というものに憧れを持ち、依頼者様との交際には不満しかなかった事を聞き出し、対象者への接し方を恋愛経験豊富な担当者がアドバイスをしながら対象者への接し方について理解を深めて頂くと、思い当たる節が多々あった事や対象者から言われた言葉の裏読みの仕方などを教えると色々なものが依頼者様の中で繋がり、対象者への接し方を完全に理解した状態になるまで時間は掛かりませんでした。

対象者にはパリピの振る舞いを遠回しに教えながら、対象者の気持ちを聞きながら依頼者様との関係について心理誘導していくと、対象者を騙す様な手口にはなってしまいましたが、パリピは元カノに対してどう接するかを教えていくと簡単に利用できる女性として依頼者様を挙げ、依頼者様との再会を約束してくれました。※参考記事:再会工作とは復縁工作の最終段階に偶然の再会を演出する恋愛工作です。

ご依頼前とは全く変わった依頼者様と対象者を再会させる流れは作れたので依頼者様の仕上げを行い、対象者と工作員が話し合って再会の場を作ると工作員の前では格好つけなければならなくなった対象者は依頼者様に調子に乗った態度を見せ、まだ自分の事が好きなんだろ?というアピールをして来たところで事前に立てた作戦通りの動きをみせた依頼者様の行動に肩透かしを食らった対象者は戸惑いながら本来の素の自分に戻りながら依頼者様と話し、依頼者様と男性工作員が仲良く話していると軽い嫉妬をするまでに至り、その場を解散した対象者は狙っていた通り依頼者様に連絡をし、連絡を取り合っていく間に担当者がアドバイスを繰り返し、対象者の背中を押して復縁に繋がった復縁屋工作の成功事例になります。

復縁屋工作の料金

G様の契約期間は4か月間掛かり、着手金110万円+成功報酬30%で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。

対象者の物理的な情報はあったものの交際時の情報が全く無く、復縁できる可能性に関して全くないのかすら想像出来なかった案件であり、結果だけを視れば対象者がメンヘラで拗らせていただけという状態が分かり、それを作ってしまったのは依頼者様であり、依頼者様の接し方を変えさせて対象者の取り扱い方を教えたら簡単に復縁出来た案件になります。

対象者の情報が薄かったので行動調査に掛ける時間が増えてしまいましたが、行動調査のお陰でたまたま友人との会話も聞く事が出来、ラッキーな事も手伝ってくれて復縁屋工作が成功した案件でした。