復縁工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については復縁屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

復縁屋工作の相談内容

依頼者 E様 29歳 東京都

対象者 G  31歳 東京都

合コンで出会った彼氏と付き合って3年でそろそろ結婚を考えてくれてると思ってたら別れようと言われてしまいました。

同棲して半年くらい経った頃に結婚の話しも出てて、そろそろ子供が欲しいと事とか結婚後の新居の話しまでしてたのに突然別れようって言われてしまって驚きました…

好きな人が出来たのかを聞いても、そういう人はいないって言われるし、何がいけなかったのかを聞いても私のせいじゃないって言われて、私のせいじゃないならもう一回だけチャンスが欲しいって言ったけど、彼の気持ちは変わらないって言われて、気持ちが戻ってくる事はないって言われてしまいました…

結婚したいって思ってたし、彼の事を大切に思ってたのに別れようって言われるなんて想像もしてなくて本当にどうしたら良いか分からなくなってます…

彼に別れようって言われてから引っ越し先が見つかるまでは一緒に住んでいても構わないけど、なるべく早めに部屋を探して出て行って欲しいと言われてます…

彼の気持ちを考えたら部屋を探してすぐにでも出て行った方がいいんでしょうか?でも私は彼と一緒にいたいと思ってて今の部屋から出たくありません。

どうしても復縁したいのでお力をお借り出来たらと思いまして相談させて頂きました。

依頼者様からお話をお伺いする限り、彼と同棲している部屋をすぐにでも出て行った方が良いのか?という判断が難しく、過去の事例として出て行った方が良いケースと出て行かなかった方が良いケースで半々になり、どちらが良い結果を残すのか?について面談で話しを聞かせていただいた時点では判断がつきづらいとしか言えませんでした。

判断がつきづらい為、面談時では部屋を借りた方が良いかどうかの判断が出来ない為、工作員を対象者に接触させて話しを聞き出さなければ分からない事をお伝えさせて頂き、このままでは家を追い出される形になって完全な別れに向かう事が明らかだという依頼者様から復縁屋工作のご依頼を頂く事となりました。

対象者は他に好きな女性が出来た訳でもなく、依頼者様への不満がある訳でもなく別れたいとの事で、部屋を探すまでは一緒に住んでいても良いけれど、時間の経過と共に依頼者様に早く部屋探しをして欲しいと求めるところから気持ちの変化も感じ取れ、一緒に住んでいる事で依頼者様への気持ちが更に薄れていく感じがした事に恐怖を感じていた様でした。

依頼者様から対象者の情報をいただき、対象者の調査を開始し、本当に他に好きな人がいないのか?二股相手がいないのか?について調査を開始致しました。

依頼者様にも原因がなく、他に好きな人がいないともなれば何が原因なのか?が分からない為、依頼者様もどう復縁活動をすれば分からないとの事で、弊社としてもどう復縁活動をすれば良いのか?というアドバイスをしようがなかった為、二股相手の調査をしたところ、対象者の言葉通り別の女性との接点がある訳でもなく、考えられるとすれば依頼者様の問題点という別れの原因に近付きました。

調査で判明させた接触ポイントでの接触を試み、工作員が対象者の行きつけのBARで接触して話しをしていくと、家に帰りたくない。という冗談交じりの言葉が漏れ聞こえ、何故家に帰りたくないのか?という話しを聞き出すと同棲している事や共同生活に疲れた事等、一人暮らしの楽さを思い出し、結婚生活を考えた時にまだ結婚したくない。という気持ちと彼女(依頼者様)には時間を無駄に遣わせてしまって申し訳ないという気持ちが沸き上がり、家に帰れば彼女(依頼者様)に申し訳ない気持ちがあるので帰りたくない。という内容の言葉が出て来ていた為、これは依頼者様が一人で復縁活動をしていたところで絶対に復縁できなかったであろうケースである事が分かりました。

対象者の気疲れの部分を依頼者様は汲み取れておらず、どういったところで対象者が依頼者様と一緒にいて疲れてしまうのか?を感じる事が出来ていなかった為、工作員が対象者から話しを聞き出していき、依頼者様の問題点の改善をする為のアドバイスを行いましたが、対象者が依頼者様に問題がある訳ではない。というのも依頼者様を気遣う言葉であった事が分かりました。

工作員が対象者から別れを決断した理由を聞き出したと同時に彼女(依頼者様)の時間を無駄に遣ってしまった時間は取り戻す事が出来ない事や責任についての話しをしていくと対象者からそれがあるから彼女(依頼者様)と別れるのは正解なのか?と悩み、自分が良い人になろうとせずに心を鬼にして別れたい訳ではないけど別れた方がいいのでは?と考え、彼女(依頼者様)の顔を見ると心が揺れ動くのもあり、帰りたくない…にも繋がっていると言葉を漏らしてくれました。

対象者の性格が優しいからこそ強く依頼者様に言えず、自分の生活スタイルとの悩みと合わせて依頼者様に言えない事も多く、苦しんでいる事が分かり、対象者自身も別れについてとても悩んでいる様に感じられました。

依頼者様に報告させて頂きながらアドバイスを繰り返していた為、依頼者様の考え方の変化や対象者への対応の変化も見られ、同時進行で対象者の優しさに漬け込んだ心理誘導を行っていきく事で罪悪感を強くさせ、依頼者様との別れに対する罪悪感を強めたので別れづらい環境を作る事に成功しました。

対象者の性格を利用した方法を使っていき、同時に依頼者様の自己改善も進めていった事が功を奏して嫌々別れないではなく、対象者の行動を受け入れる様な依頼者様の対応で対象者の気持ちも変化していき、引っ越しの事には触れなくなり、休日にはデートをする関係の変化に進む事に成功しました。

対象者に工作員が接触した際に対象者から別れるのは考え直している事と結婚はまだ焦らないと2人で話したという話しを聞き出し、依頼者様に確認したところ別れないで済みました。と復縁成功のご報告を頂き、復縁屋工作が成功した事例になります。

E様の契約期間は3か月間掛かり、着手金80万円+成功報酬30%で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。