復縁工作
復縁屋工作の相談内容

依頼者 K様 29歳 東京都 対象者との関係:元妻

対象者 K  28歳 東京都

離婚の話しを出された時に『今のままだと夫婦として上手くいかないと思うから一旦籍を抜いてお互いに冷静になってからもう一度籍を入れ直そう』って言われて、最初は嫌だったけど、旦那が辛そうにしてたので旦那の言う通りに籍を抜いたら、旦那は賃貸で部屋を借りて、そっちに住むようになってしまいました。

離婚するまでは同居生活でも良いって言ってたのに、籍を抜いた途端に部屋を借りて出て行っちゃったので旦那を責めたら『離婚してるんだから色々言われたくない。』って言われちゃって騙された気がして、もしかしたら他に女がいるんじゃないか?って疑ったりもしたけど、そういう女がいる訳でもなくて、旦那は私と純粋に離れて暮らしたかったみたいです。

別居生活をしていても旦那からは毎日lineが来るし、電話も用事があれば掛ける感じなので不倫とかが原因じゃないのは分かってるんですけど一緒に住みたいって言うと、それはまだ早いって言われて、このままじゃレスの状態が続くし、そろそろ子供も欲しいのに旦那は家に帰ってくる気配がなくて…

このままずっと今みたいな生活が続いたら…って思うとどうにかしたいって思うし、旦那は戻って来るとは言ってくれるんですけど今のところ全然戻ってくる気配がなくて不安です。

このままだといつか旦那に女が出来ちゃうんじゃないかって不安になるし早くどうにかしなきゃ取り返しがつかなくなるんじゃないかな…って思ってます…

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については復縁屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様からお話をお伺いさせていただいて、最初に思う事はどうしても他に女性の陰がないか?になってしまい、お話をお伺いしていても不倫している人がよく嘘を吐くパターンと酷似していました。

その為、依頼者様から入念に女性の陰がないか?の部分のお話をお伺いさせて頂きましたが上手に不倫をしている対象者の場合、依頼者様に気付かれない様に不倫をする為、依頼者様からのお話を面談でお伺いさせて頂く際には女性の陰を疑いながら復縁屋工作を進める方法をご提案せざるを得ませんでした。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

調査期間を少し長めに設定してご依頼を承る事となり、契約書を作成し、着手金のご入金後に調査を開始しましたが、交際相手となるような女性は存在せず対象者に接触するポイントを特定させる調査を行う形になりました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋への着手金が安くても依頼は即決しない事が大切です。

調査を進めて離婚してからは外食が増えたという情報を依頼者様から頂いていたので接触ポイントを飲食店に絞りましたが、常に行くお店が決まっている訳ではないので後追いで飲食店に入り、顔を売る事を繰り返し、接触のタイミングを依頼者様と打ち合わせをして接触を決行に移して対象者と人間関係を築く際にお酒の力も手伝ってか対象者とお店の店主から対象者の話しを色々と聞き出す事に成功し、対象者は不倫はしていないものの、好きな人が出来てしまった事を知る事になりました。

対象者が他の女性に関心を示しているものの、その女性とは交際している訳でもなく、名前も知らない間柄で、本当に一目惚れをしてしまい、その女性と交際したい気持ちと自分は既婚者である事に苛まれ、依頼者様と離婚を成立させる事で声を掛けるチャンスを狙っていたとの事でしたが、いざ離婚してみて声を掛けようとしても声を掛ける勇気がなく、想う気持ちはあるけれど、その気持ちの中で葛藤し、かと言ってその理由を離婚した妻である依頼者様に話せない事も相まって外食時にお店で管を巻く生活を繰り返していたとの事でした。

対象者から聞き出した情報を依頼者様にお伝えさせて頂くと、一目惚れの相手がいるけれど、その人とは関係が出来ている訳ではないので不倫はしてないけれど気持ちは完全に浮気をしており、浮気心があるので離婚して籍を抜かれたけれど、相手とどうかなっている訳ではないので依頼者様との連絡も頻繁にあるし、電話で話す事も少なくないという点で合点がいき、依頼者様も複雑な感じで復縁屋工作を進める事となりました。※参考記事:復縁屋と連絡を取り合う復縁のアドバイスや打ち合わせの重要性についてご理解下さい。

このままいけば対象者は一目惚れの相手に声を掛けられないとは思うものの、何があって声を掛けるか分からない事や声を掛けて上手くいってしまった場合に依頼者様との復縁は無くなってしまう事もあるので対象者と一目惚れの相手が上手くいかない事を推し進める心理誘導を進めていく事になり、気持ちが他に向いたまま結婚生活を進めていくのは難しいと考える対象者に対して、古い考えではなく奥さん(依頼者様)の気持ちも考えてあげなければならない事を誘導していくと、既に対象者はその部分で葛藤していたのか、『やっぱりそうだよね…だけど…』という言葉も出て来た為、何かしら別の理由も隠されているように感じられ、話しを掘り下げて聞き出していく事となりました。

依頼者様との復縁に前向きになれないのは一目惚れの女性の事だけではなく、ズボラな性格が女性として魅力を感じない事や一目惚れの女性は清楚でおしとやかな性格と対象者が頭の中でイメージしている女性像と比較されてしまい、頭の中の理想的な女性との比較があって再婚して同居する事に抵抗があるという事も話し出すようになりました。

依頼者様は気付けなかった依頼者様の問題点を別れの原因を聞き出した後に更に掘り下げて聞き出す事が出来、依頼者様は対象者との復縁に向けて自身の至らないところを改善させようとアドバイス通りの努力を進めて頂きました。※参考記事:復縁に必ず必要な復縁屋ジースタイルの自己改善プログラムについて【有料サービス】

依頼者様の問題点を改善させていく事で対象者とのlineのやり取りも内容が変わっていき、電話で話す内容に関しては依頼者様からの報告を頂かなければ分かりませんが、少なくとも第三者目線で見てもlineのやり取りに関しては改善されていった成果が明らかであり、それに呼応して対象者からの返信内容にも変化の兆しが見えてきました。※参考記事:復縁する為のlineやメール、手紙の代筆も復縁屋は行います。

対象者からの返信が明らかに変わっていくと同時に対象者に心理誘導を進めていくと依頼者様の協力もあって対象者の気持ちの変化が見て分かるように変わっていくのを感じ、一目惚れの女性との恋愛は夢物語で、胸にしまっておく方が良い思い出となる事など、対象者の気持ちにも変化が見えてきた際にお店の店主からも後押しを受けて思い出は思い出として胸にしまっていく方向で進んだ為、知らず知らずのうちに店主も復縁屋工作の工作員の役割を果たしてくれたので対象者の気持ちは揺れ動いていました。※参考記事:美男美女の工作員が別れさせ屋工作や復縁屋工作に必要ない理由

対象者の気持ちが揺れ動いている最中に依頼者様との関係について話しを聞き出していくと、対象者から妻が最近変わって来たという話しも出るようになり、離婚までしておいて待っててくれる奥さんはいない事など、対象者の気持ちを揺さぶる要素も多く、対象者に依頼者様に対して酷い事をしている状況を理解させる事にも成功しました。※参考記事:復縁屋工作の成功事例:離婚する為に別居した妻から復縁のチャンスを貰う為の復縁屋工作が成功した事例

しかし、対象者は昔ながらの男性の考えを持ち、自分に落ち度があってもなかなか謝りづらいという性格の持ち主の為、依頼者様の元に戻るキッカケを与えてあげなければ戻り辛い事もあり、店主と工作員が『今の時代にそぐわない!!』という話しを執拗に繰り返し、説得に応じた対象者が依頼者様に頭を下げるように店主と工作員が推し進め、対象者からその場で依頼者様に自分勝手な行動を繰り返して嫌な想いをさせてすまない。という内容のlineを送らせる事に成功し、依頼者様から対象者に戻って来てくれるの?という返信をさせて、うん。という返事を送った事で依頼者様と対象者が話し合いの場を設ける事になり、離婚して別居していた生活から同居して再婚する流れまでを取り戻した復縁屋工作の成功事例になります。

復縁屋工作の料金

K様の契約期間は5か月間掛かり、着手金130万円+成功報酬50%で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。※料金・費用はこちらを参照ください

不倫相手はいなかったものの、気持ちの面で浮気をしていた対象者だった為、依頼者様への不満は勿論あったものの、離婚の原因は対象者の浮ついた気持ちであったという案件でした。

対象者から話しを聞き出していく際に工作員が接触したお店の店主とも人間関係を築き、知らず知らずのうちに店主も復縁屋工作に参加して頂く事となった案件となり、店主の後押しも復縁屋工作を進める上で欠かせない存在となっていました。

こういった工作員が部外者を巻き込む復縁屋工作の案件も多々ありますが、他人を巻き込んで復縁し易い状況を作る事に成功し、そういった一つ一つの事が功を奏して復縁成功に繋がった事例でもあります。※参考記事:復縁工作が成功した事例を多数掲載させて頂いています。成功事例集

復縁屋ジースタイルとは?

復縁屋ジースタイルは、東京、大阪、愛知、青森、千葉に支社を持つ全国で最大級の復縁屋になります。
復縁屋の多くは、東京や大阪といった主要都市に本社を構え、支社も東京、大阪のどちらかのみの復縁屋ばかりになります。
復縁屋が主要都市にしか存在しない理由の一つに、探偵業の認可の問題があり、探偵業の認可は営業を行う地域でしか取れない事から、東京や大阪といった主要都市にしか支社がない復縁屋ばかりになります。
全国から復縁屋はご依頼を頂きますが、どんな地域であっても他の復縁屋は東京や大阪といった主要都市から調査員や工作員を派遣させる為、全国対応にはなっていますが、依頼者様の経費負担が多くなり、復縁屋への依頼が困難なものとなっております。
復縁屋工作には、調査員や工作員が必要となり、復縁工作の成功率を高める為には地域に根付いた調査員や工作員が必須となります。
近県から調査員や工作員を派遣させて頂く事が出来、多くの依頼者様の復縁を叶えて来た復縁屋ジースタイルだからこそ、成功率の高さを維持しながらも料金・費用を抑えた復縁工作をご提供させて頂く事が出来、各地域に支社を増やして行く事にも成功致しました。
復縁屋の業界ではトップクラスの成功率を自負する復縁屋ジースタイルは多くの方々からの感謝の声に支えられ、運営させて頂いています。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方で失敗しません。