復縁工作
復縁屋工作の相談内容

依頼者 K様 39歳 東京都 対象者との関係:妻

対象者 K  38歳 東京都

結婚して半年で旦那が四人の相手と不倫している事を知りました。

旦那はバツイチで元嫁との間には大きな子供が3人いて、私と結婚するまでは子供とも会わないし元嫁とも会わないと言ってたのに知らない間に子供と会っていて、子供に情が入ったからと言って離婚したいと言われました。

元嫁とは体の関係がないって言われてたのに共通の友達から元嫁と旅行に行ったりもしてるとか聞いちゃった後に離婚の話しを出されてパニックになって旦那に『離婚するなら私を殺せ!!』って言っちゃいました。

旦那も呆れて『死にたいなら勝手に死ね。』って言ってきてパニック障害が出たからその時は離婚の話しは保留になったけどこのままだと結婚して半年でバツイチになっちゃいます…

最初に付き合った時は旦那の方が私に元嫁と似てるって言い寄って来て、結婚した最初の頃は私に働かなくていいとか体も毎日求められていたのに、それも少なくなって来て、今はもう新婚なのに3か月レス状態が続いてます…

私との復縁はもうないんでしょうか…?

初めて結婚したのに半年で離婚したいって言われるなんて思ってもなかったです…

絶対に離婚したくないしパチンコで稼いだお金を全部使ってでも良いから復縁したいです。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については復縁屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様から話しを聞いていると後から不倫相手が沢山いる事を知らされ、一度だけ体の関係を持った女性も含めて対象者は今までに何度も浮気を繰り返していた事が分かりました。

結婚する前と結婚後ではだいぶ変わってしまった印象を依頼者様は対象者に抱いていたようですが、お話をお伺いしている限りですと対象者は元々浮気癖があるようにも感じられましたし、対象者が離婚した理由も対象者の浮気が原因で離婚した経緯もあり、若干依頼者様は対象者に対して良いように捉えている感があり、離婚したくはないという依頼者様の気持ちは対象者を好きだから離婚したくないというよりも初めての結婚で半年で離婚というのは耐えられないから離婚に応じたくない。という印象を受ける復縁相談の内容でした。

対象者は結婚してから家に帰って来ない事もあり、依頼者様が寝てから帰宅し、起きる前には家を出ている生活をしている事もあって、対象者が何処で何をしているか?の目星がつきづらく、自営業特有の自由な時間の遣い方をしている事もあって対象者を捉える為の調査から開始する事となりました。

面談時にいつ対象者が帰宅するのか分からないので分かり易い日から調査を開始するか?ランダムで調査を開始するか?で話合わせて頂きましたが、対象者を依頼者様が自宅に呼び出して話しをする事にして調査を開始する形となり、対象者の行動を伺う調査を進めていきました。

対象者が帰宅後に張り込みを続けていると深夜帯に対象者が自宅から出て来たので尾行を開始し、スナックのはしごをする姿が確認出来、いつ対象者が帰宅するか分からないのでスナックに工作員を呼び出し接触させて、工作員がいつでも対象者と会える様に連絡先の交換を目的として潜入させて連絡先の交換に成功しました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の工作員がターゲットと連絡先の交換をする時の手口

飲み屋などの場での対象者は周りに気を遣いながら冗談を飛ばすものの、あまり冗談のセンスが良いとは言えず、たまに周りから笑いの声が聞こえると照れるお茶目なところもあり、対象者の社交性も汲み取ったところで連絡先の交換に進めたので対象者の性格に救われた案件とも言えました。

調査をしようにも対象者は普段どこで何をしているかも分からないので自営で経営している飲食店の張り込みを数日繰り返すも対象者が現れず空振りに終わり、別の事業の会社でも張り込みを繰り返すも対象者は現れず、普段は何をしているのか、連絡を入れてみなければ特定出来ないような行動の繰り返しでした。

連絡先を先に交換出来ていたのが強みになり、夜になって連絡をすると飲み屋には呼び出しで来てくれるので飲み屋に呼び出して接触を繰り返し、対象者との人間関係を構築し、頻繁に飲みに行く間柄となり、家庭の話しや不倫の話しなど依頼者様が知らないような驚くべき状況を耳にしてしまいましたが依頼者様にその旨を伝える際にはボイスレコーダーの音声を聞かせるのではなく、言葉で説明してショックを受けない様な配慮を取らせて頂き、遠回しに状況を伝えた後に離婚を意識させた原因については直接お伝えさせて頂きましたが、その原因を受け入れる事が出来ず、別れの原因を改善する事に関しては『結婚半年で離婚って言われた私が直さないといけない事ってあるんですか?旦那は不倫してるのに…』と現実を受け入れていないであろう言葉が漏れ聞こえました。※参考記事:復縁に必ず必要な復縁屋ジースタイルの自己改善プログラムについて【有料サービス】

対象者に工作員が結婚半年で離婚は…という話しをすると最初の内は全く受け入れなかったものの、女性の気持ちを理解してないという旨を伝えていくとスナックにいる女性全員からヒンシュクを買いながらも弄られて嬉しそうにしている対象者は工作員やスナック女性のいう事を素直に受け入れるようになり、その場で離婚の取りやめをする電話を依頼者様に掛けていました。

依頼者様から対象者から電話が来て離婚を取りやめるという話しが出た状態で興奮して連絡が来たものの、対象者はその場のノリで離婚を取りやめたような状態なので気持ちが依頼者様に向いた訳でもなく状況で復縁出来ただけの状態なので離婚の回避は出来たものの再度また離婚に向けて進むであろう事が分かる案件でしたので、依頼者様に対象者の気持ちを取り戻す様に工作を継続させる旨を伝えると依頼者様から『自己改善は大変だからもうやりたくないし離婚回避出来たから取り敢えずこれで大丈夫です。』と言われて復縁屋工作は成功したものの直ぐに別れる事が分かる案件でした。

復縁屋工作の料金

K様の契約期間は3か月間掛かり、着手金80万円+成功報酬30%で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。

関係自体は戻っても気持ちが戻っていない事が客観的に見ても分かる案件でしたが、依頼者様の話しでは最初から旦那の気持ちは自分に向いてなかったのではないか?という話しが依頼が終わった後に聞かされる案件で、最初に聞いた話しとだいぶ違う…と依頼を受けた後になって知った案件でもありました。

依頼者様には離婚回避は出来たものの直ぐにまた離婚する事になる旨を伝えさせて頂き、その際は再度ご依頼頂いても同じ手は使えない事から復縁屋工作の依頼を受けられない可能性もお伝えさせて頂き、旦那様が家に帰りたくなる様に自己改善を普段から心掛けて下さい。とお伝えさせて頂きましたが、そういったアドバイスにも耳を傾けて下さらなかったとても珍しい依頼者様でした。