復縁工作
復縁屋工作の相談内容

依頼者 H様 28歳 東京都 元彼

対象者 K  29歳 東京都

元カノからlineをブロックされている状態で、lineをブロックされる前に何度もlineを送ってしまいました。

最後に言われた言葉は本当に解放して欲しいという言葉で、それ以降連絡はとってません。

電話番号は着信拒否されてないと思うんですけど着信拒否されてると思うと怖くて電話を掛けることも出来ません。

別れ話の時にしつこいのが嫌いって言われてて、別れてからも何度もlineしたのがいけなかったみたいで彼女からは一切連絡が来ません。

付き合ってる時は楽しかったし、彼女もいつも笑っててくれて将来結婚しようと思ってただけにこんな結果になるなんて悔しくて…

彼女とどうしても復縁したいと思ってるので協力してもらいたいと思ってます。

俺に出来る事は何でもするんで彼女と復縁させて下さい。

よろしくお願いします。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については復縁屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様からお伺いした話しの中でlineをブロックされた後に連絡を取ってないという話しが出たので正確には連絡が取れない状態なので連絡が出来ないという認識の違いなど、細かい部分の認識の違いがあったので、そういった細かい部分の認識の違いは契約を頂く前にアドバイスさせていただきました。

元カノと復縁する際に再会する時に小さな部分でも改善しておかなければ元カノに悪い印象を与えてしまう為、契約する、しない以前に元カノと偶然に再会した時の事も考えてアドバイスをさせて頂く事となりました。

細かい部分の指摘をさせて頂きましたが、復縁を目指す際にはとても大切な事なのでご依頼前に意識して頂く事となり、アドバイスを一通り終えてから復縁屋工作の契約書を作成し、着手する事となりました。

着手金をご入金後、対象者の調査を開始させて頂きました。

対象者の調査をしていると対象者は頻繁に外出するタイプで友人との交際も多く、友人と遊びに行っている姿も何度も目撃出来ましたが、特定の場所への出入りをしている訳ではなく、行き当たりばったりで友人と遊んでいる姿を目撃出来たので友人も合わせて調査する事となりました。

仲の良い友人だった為、対象者に直接接触しに行くのではなく友人経由で対象者に接触するルートを選んでいく事を依頼者様と打ち合わせをして決定しました。

対象者の警戒心や社交性の無さ等を踏まえて選択したルートだった為、友人を調査し、友人と接触した際に対象者を紹介してもらえる様に工作員が誘導していきました。

友人への接触が成功し、対象者を紹介してもらう段取りの中には依頼者様から頂いた情報を活用して対象者に辿り着く為には仕事の話しや趣味の話しを盛り込み、一番友人が食い付いたのは対象者と友人の共通の趣味の美容関係の話しからヨガスクールの話しを引き出し、対象者まで辿り着く事に成功しました。

対象者と工作員、友人の3人でカフェをする機会を設けてもらう事にも成功し、対象者との連絡先も交換する事に成功し、対象者と友人、工作員の3人でカフェに行く機会をその後も設ける事に成功し、カフェに行く以外ではlineのやり取りをしながらlineについての考え方を対象者から聞き出していき、lineのブロックをする相手についても聞いていくと元彼(依頼者様)の話しが出る様になり、依頼者様との交際時に起きた別れを意識させる問題点を聞き出す事に成功し、依頼者様に報告させて頂くと依頼者様の考え方や接し方、態度等の不満も合わせて聞き出していき、依頼者様へのアドバイスを開始する事が出来るようになってきました。

依頼者様の問題点を聞き出した内容を依頼者様に伝えると同時にアドバイスを行い、依頼者様の自己改善を促していくと依頼者様自身では気付かなかった元カノからの不満に気付き、元カノからの不満を依頼者様が解消させる為に自己改善を進めていき、同時進行で対象者と友人と工作員の3人で会っている間に友人は依頼者様と対象者の関係をどう思っていたかを聞いていくと、友人は対象者と依頼者様が別れた事に驚いており、とても仲の良い2人だったのに別れたのは残念だったという話しを始め、友人に対しても工作員が心理誘導を行い、依頼者様と対象者が復縁する為のアシストを友人が意識的に行う様に仕向けていきました。

昔からの友人の話しによって対象者の気持ちも少しづつ復縁を意識している事が行動に移り出したので友人を使って対象者に依頼者様に連絡する様に促していくと対象者から依頼者様に連絡が入り、女性3人でカフェに来てる場に時間があるなら来るように仕向けてもらう事に成功し、lineのブロックは解除されないものの依頼者様の自己改善の成果を見てもらう場を作る事に成功しました。

自己改善の成果も手伝って依頼者様の印象が対象者にとってだいぶ変わったので依頼者様の印象が変わった様に見えたようで話の流れの中からlineのブロックを解除する流れになり、lineのブロック解除にも成功しました。

依頼者様の印象が好印象になった事で対象者の気持ちが少しづつ傾いていたのも分かり、友人から工作員に『ちょっと買い物に行こう』と気を遣った言葉が出る様になり、工作員と友人が2人を残して店を出ると2人から『変に気を遣わないで戻ってきなよ』というメッセージが届きました。

依頼者様と対象者が連絡を取り合い、lineの内容についてはアドバイスをしながら進めさせて頂きましたが関係が良好なものとなり依頼者様から復縁の申し出をすると対象者が一週間考えさせて欲しいという言葉を依頼者様に伝えた報告を受け、復縁する話しが対象者から出た事を友人経由で工作員が聞き出し、復縁成功に繋がった復縁屋工作の成功事例になります。

復縁屋工作の料金

H様の契約期間は4か月間掛かり、着手金90万円+成功報酬30%で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。

lineのブロックを解除する事に成功する前に再会する運びになった為、依頼者様の自己改善を契約前にアドバイスしていた事が功を奏し復縁成功に繋がったのもあり、依頼者様から感謝の言葉をいただいた案件でした。

復縁屋ジースタイルとは?

復縁屋ジースタイルは、東京、大阪、愛知、青森、千葉に支社を持つ全国で最大級の復縁屋になります。
復縁屋の多くは、東京や大阪といった主要都市に本社を構え、支社も東京、大阪のどちらかのみの復縁屋ばかりになります。
復縁屋が主要都市にしか存在しない理由の一つに、探偵業の認可の問題があり、探偵業の認可は営業を行う地域でしか取れない事から、東京や大阪といった主要都市にしか支社がない復縁屋ばかりになります。
全国から復縁屋はご依頼を頂きますが、どんな地域であっても他の復縁屋は東京や大阪といった主要都市から調査員や工作員を派遣させる為、全国対応にはなっていますが、依頼者様の経費負担が多くなり、復縁屋への依頼が困難なものとなっております。
復縁屋工作には、調査員や工作員が必要となり、復縁工作の成功率を高める為には地域に根付いた調査員や工作員が必須となります。
近県から調査員や工作員を派遣させて頂く事が出来、多くの依頼者様の復縁を叶えて来た復縁屋ジースタイルだからこそ、成功率の高さを維持しながらも料金・費用を抑えた復縁工作をご提供させて頂く事が出来、各地域に支社を増やして行く事にも成功致しました。
復縁屋の業界ではトップクラスの成功率を自負する復縁屋ジースタイルは多くの方々からの感謝の声に支えられ、運営させて頂いています。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方で失敗しません。