恋愛工作の成功事例

婚活で出会った元彼にlineをブロックされて復縁した復縁工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域K様 会社員 28歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れた状況lineがブロックされて連絡が取れない

K様は婚活で出会った元彼との復縁を望んでいたものの突然lineをブロックされ連絡が一切取れない状態になり、復縁したくてもどうにもならない状態になってしまったとの事でご相談頂きました。

どこに住んでいるかもあやふやにしか分からない状態になり、復縁は絶望的になってしまい、復縁してくても1人ではどうにも出来ない問題を抱えてしまい復縁屋に辿り着いたとの事でした。

面談をさせて頂いた際に拝見させて頂いた情報の中で元彼を探す情報が含まれており、元彼を探す事は可能であり、lineのブロックも解ける見込みがあった為復縁工作の依頼を承る事となりました。

lineのブロックをされる理由がK様には分からなかった為、何故lineのブロックをされたのか?という元彼の心理状態もお伝えさせて頂き、ブロックを解除してもらっても同じ事を繰り返さない様に説明させて頂きました。

復縁工作の契約を交わさせて頂き、ターゲットを探す事から着手させて頂きました。

元々婚活で出会った元彼の為、お互いの事を知っている様で、いざとなったらlineしか分からず元彼の事を何も分かっていない事に気付きます。

元彼の事を別れてから初めて何も分かっていなかった事に気付き、lineのブロックを解除すれば復縁できるかもしれない…と思い込んでいた事も状況的にブロックを解除しただけでは復縁できない事をシッカリと理解して頂き、担当者からのアドバイスに真剣に耳を傾けて頂ける事となりました。

元彼の住まいを調査で判明させ、工作員を接触させるポイントを判明させ、接触に成功します。

ターゲットに工作員を接触させると元彼と人間関係を築き上げた後に元恋人の話しを聞き出す様に会話を誘導し、K様との交際について聞き出す事に成功します。

lineのブロックをした理由、別れを告げた理由等、K様は思い当たる節がないとの事でしたが、ターゲットから話しを聞いているとlineをブロックされた理由等が分かり、別れの理由となった部分を改善して頂く形を取り、ターゲットにはlineのブロックを解除してもらえる様に促します。

工作員の心理誘導の結果、lineのブロックを解除させる事が出来、K様の元に連絡が入ります。

lineのやり取りを添削させて頂き、K様とのlineのキャッチボールが順調に進んでいきました。

同時進行で工作員がターゲットに向けて心理誘導を進めていき、ターゲットが誤解してlineをブロックしてしまった事も責めないK様の印象を良くさせる様に仕向け、少しづつ復縁を促す様に誘導していきました。

lineで復縁の話しをさせるのではなく、まずは再会する形を取らせ、K様が以前とは別人の様になっている事を印象付けて異性として再認識させる事にも成功し、元彼から『復縁しよう』と告白され、復縁工作が成功した事例になります。