恋愛工作の成功事例

夫婦関係が悪化し離婚話をされている状態から復縁成功した事例

夫婦関係が悪化し、離婚話しをされている状況で弊社にご相談頂く方も少なくありません。

依頼者Fも離婚回避をする為にお一人でもがいてもがき抜いたけれど、状況は悪化していく為、完全に離婚が見えてしまい復縁工作に頼らざるを得ない状況になったと仰います。

復縁工作に頼らざるを得ない状況になり、お金を掛けてまで離婚を回避するか、お金を掛けず離婚するしかない道を選ぶかを悩み、離婚回避の道を選んだとの事でした。

夫婦関係の悪化を改善していくには、変えたいと思うFの意志の強さが求められます。

Fの離婚を回避し、復縁したい気持ちがどの程度あるのか?によって離婚回避の方法を実践できるかどうかも変わり、離婚を決めていた夫の考えを変えるのもF次第である事が分かります。

しかし、大抵の方が自分次第で離婚を回避出来る!と考えますが、離婚回避の方法が分かりません。

分からないまま離婚回避に向けて努力しますが、間違った方向に進んでしまう為、復縁工作に頼らざるを得なくなります。

Fと復縁工作の契約を交わした後はターゲットの情報を頂きながら、工作員を接触させ、接触させた工作員が情報を抜きだし、Fがやらなければならない事をアドバイスし、問題を改善する為にご協力させて頂きます。

何が間違っているか?についてF自身が気付いていた事とは全く異なるアドバイスが出て来るので、Fは担当者からアドバイスをされる内容に『なるほど…確かに…私が間違ってますね…』を繰り返します。

大抵の方が『なるほど…確かに…私が間違ってますね…』を繰り返しますが、Fも同様で、自分で頑張っていた事が間違っていた事に復縁工作のご依頼を頂いて初めて気付きます。

気付いたなら改善する事は出来ますが、多くの方が気付くまでにいかないので気付かないまま努力を繰り返してしまい、復縁に到りません。

Fも気付いたところで改善しなければ意味があるモノではないので、弊社のアドバイスによってFの問題点を改善していき、改善していく姿で夫に接していくと夫からの接し方が変わっていきます。

Fの変化に工作員の後押しも手伝い、夫の気持ちが少しづつ傾いていき、復縁に向けて少しづつ状況が変わっていきます。

離婚に応じなければ別居を切り出していた夫が別居を切り出さなくなり、帰宅時間も少しづつ早くなり、行動にも夫の変化が表れ、夫から会話を切り出す機会も増えて少しづつ夫婦の関係が再構築されていきます。

契約期間が満了になる頃には2人でデートに行く回数も増え、出会った頃までにはいかなくても良好な関係が再構築された事が確認出来、復縁工作が成功した事例になります。(工作期間3ヶ月 30代女性 東京)