恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬20%
別れさせたい状況彼氏の元彼女との縁を切らせたい!

S様が別れさせたいと思った相手は恋人にちょっかいを出してくる元彼女がS様の恋人にはおり、対象者となる元彼女と浮気をしている事実はなく、連絡を取り、たまに会う事もあるけれど浮気の確信は持てず、『元彼女に会わないで欲しい』と伝えても『友達なのに会っちゃいけないの?』と言われてしまい、嫌な気持ちを何度も伝えるものの恋人との関係が悪化してしまい、S様は泣く泣く恋人と対象者が会う事を妥協しなければならない状況になってしまいます。
一度は我慢しようと考えたものの、我慢が出来ずに自分の中で抱えてしまい、S様は別れさせ屋への依頼を決意します。
S様から初めてご相談いただいた時は、別れさせ屋に依頼する状況になってしまった恋人への怒りと共に、別れさせ屋に依頼しなければどうにもならない現状への虚しさ等、S様が抱えた感情はカオス状態になっていました。

恋人に痛い目を見て欲しい、恋人にS様をもっと大切にして欲しい等、面談時にはS様から様々な要望をお聞かせいただきましたが、お聞かせいただいた内容はほぼ納得出来る内容になり、S様が抱えていた苦しみを面談時に全て発散して下さいました。
S様の要望を全て叶える事は出来ませんが、出来るだけS様の要望に沿った形で別れさせ工作の方法を提案させて頂きます。
全てを取り入れる事が出来ませんでしたが、S様の中で一番必要だと考えている部分を重点的に行う方法で契約を進める形となりました。

契約を交わし、着手金の入金確認後速やかに対象者の特定調査を行います。
恋人と頻繁に会うわけではない為、特殊調査で対象者を判明させる形を取りましたが、若干時間が掛かりましたが対象者を特定できました。
対象者を特定し、対象者の写真を撮影してS様に見せると、S様は『えっ!?こんな人が元彼女なんですか?』と対象者の顔写真を見て噴出します。
S様が抱えていた不安は対象者を見た瞬間に晴れたようで、依頼頂く際の要望であった一つを『しなくても良かったです。』という言葉が出ました

対象者の外見と別れさせ工作の成功は関係ない為、S様の要望である恋人に対象者を近づけない事を叶える為、工作員が特定した対象者に接触を行います。
対象者への接触も無事に成功し、工作を進めて行く段階でS様は恋人に元彼女の写真を見せて欲しいという話を出したようでしたが、対象者の顔を知ったS様の嫌がらせである事を恋人は気付きません。
容姿に自信があるS様は自分なりに復讐の様な気持ちで対象者の事を恋人に話していた様でしたが、それが恋人の逆鱗に触れた様で、S様と恋人との関係が拗れ出しました。
S様と恋人との関係が拗れたのを知ったのは対象者から工作員が聞いた事で、工作員が聞きだした情報を担当者に伝えると、担当者はS様に確認し、別れさせ工作の妨害をしないで欲しい旨を伝えなければならなくなりました。

工作が順調にいってもS様と恋人とのケンカで恋人は対象者に連絡を取り、恋人の愚痴を聞く対象者と恋人との関係が深まってしまいます。
別れさせられる事が出来る状態でS様が再度恋人とケンカして対象者との関係を深めてしまえば取り返しがつかない状態になり、取り返しがつかない状態になれば別れさせ工作は失敗します。
S様に厳重注意をしながら別れさせ工作を進めていきましたが、対象者と恋人との関係はより深いものとなっており、当初予定していた期間よりも別れさせ工作に掛かる期間がオーバーする事が予測できてしまいました。
なるべく期間内に成功させなければならないプレッシャーとS様が余計な事をしなければ早く終わっていたであろう事への焦りもありましたが、工作員は対象者との距離感を間違えない様に心理誘導を進めなければなりませんでした。

対象者と恋人との関係がS様の復讐によって深まってしまいましたが、深まった関係を引き離す為に様々な心理誘導の方法を用います。
対象者との会話の中には無数の言葉の駆け引き等もあり、心理誘導する為に一旦は恋人との関係を勧める事も含めて、様々な角度から対象者と恋人を離れさせる為に出来る事を全て使いました。
出来る事は全てやり、大きなトラブルがあった為、事前に予測していた成功率はかなり高いものを考えていましたが、トラブルの結果50%50%の成功率という判断まで落ちたものの、50%の賭けに勝つ事が出来、『アイツとはもう二度と会わない!!!』という連絡が対象者から工作員に入った時はS様の案件で関わった全ての人が歓喜の声をあげました。
大きなトラブルはあったものの、無事に別れさせ工作が成功した事例になりますが、最後は運の要素も強くなってしまった成功事例になります。