恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金5ヶ月の契約 140万円 成功報酬10%
別れさせたい状況恋人の心の中に残る元恋人への気持ちを取り除きたい!

A様からご相談をいただいた当日に電話で話すよりも会って話したいとの事で直接お会いしてご相談内容を伺う形になりました。
直接担当者と話しをしたい理由は状況をまとめたメモを作っていたので、それに目を通しながら話しをした方が状況把握がし易いと思っていたとの事でした。
弊社にご相談頂く前に何社か面談をしていた為、他社と面談をして繰り返しになる事が分かった為、メモを用意していたとの事でしたが、当初から別れさせ屋に依頼する際は1社に相談して契約するのではなく、何社にも相談して一番印象が良かった別れさせ屋に依頼するつもりだったとの事でした。

弊社と面談をする前に何社に面談したのかは分かりませんが、面談後に再検討してご連絡頂けるとの事でしたから良く考えて一番成功しそうだと思う探偵社に依頼する事と後悔しない人生を送らない事、そしてどの別れさせ屋に依頼してもA様の悩みが解決する事を願っている事をお伝えしてお帰り頂きました。
2週間後にA様から再度連絡が来た際に契約をしたいとの申し出を頂き、再度担当者と都合を合せて面談をさせていただきましたが、弊社と面談をした後にも数社と面談を行い、その中でも弊社に任せたいとお考え頂けたようでした。

A様の案件は対象者に異性を接触させるハニートラップでは効果が得られない事を伝えていたのは弊社のみで、他社は全てハニートラップを推奨し、異性を接触させれば別れさせられると断言していたようでした。
別れさせ屋の依頼で絶対に成功するとは限らない事を理解していたA様は異性を接触させれば絶対に別れさせられるという言葉に不安を感じ、ハニートラップの方法にも違和感を感じていた為、他社を見合わせたとの事でした。
ハニートラップが有効な対象者と成功率が低い対象者の性格分析等をしたのは弊社だけであり、対象者の性格等をシッカリと把握できていたのも弊社だけであったとも仰って下さり、心理誘導を行う別れさせ工作の方法が一番効果的である印象を受けて下さった様でした。

対象者はA様の元恋人であり、別れさせたい相手は元恋人の元恋人であり、現在の恋人ではないとの事でした。
現在付き合ってはいないけれど、対象者の元恋人への想いが強く、想いの強さが残っていた為、A様との交際も上手くいかず、A様と交際中も時折対象者は元恋人と会っており、対象者の中にある元恋人への想いを断ち切らせなければA様との復縁は考えられないと感じたA様は別れさせ屋を探したとの事でした。
対象者の元恋人に他社はハニートラップを行い、対象者の恋心を消せるとA様に伝えていたようでしたが、対象者が抱えている想いの強さをA様は知っていた為、そんな事で対象者の恋心が消えて元恋人との関係を終わらせられるならA様と付き合っていた頃に想いは消せたはずだというのがA様の考えでした。

別れさせ工作の方法で一番しっくりきたのが弊社の提案した方法であり、プランに納得したA様は弊社との契約を行い、別れさせ工作の着手に進みます。
対象者の情報は別れたとは言え連絡は取り合えるのでリアルな情報が入る事を伺っていた為、別れさせる為に必要な行動についての情報は随時入るとの事でした。
良好な関係のまま別れた事が功を奏し、対象者への接触も順調に進み、対象者から元恋人への想いを聞き出していくと、対象者から元恋人のどこを忘れられないのか?を聞き出す事に成功します。

理窟ではなく気持ちが惹かれている為、忘れられないの事で、忘れられない過去の思い出が美化され、振り向いてくれない元恋人への想いが募る事を吐露した対象者でしたが、時間の経過と共に少しづつ以前よりは想いの強さも軽減され手来たとの事でした。
対象者との会話の中で、気持ちは少しづつ軽減されて来たけれど復縁したい気持ちが強く根付いている事に気付き、気持ちの軽減を加速させ、前を向かせる心理誘導を行う事で対象者の気持ちを切れさせます。

完全に気持ちを切らせる為に工作員は対象者との接触機会を増やし、気持ちを更に軽減させる様に会話の流れを作り出します。
対象者の口から過去の恋愛を忘れようとして他の異性と付き合ったりもしたけど、今まで付き合った人達に気持ちがちゃんと向き合わずに交際していた事を後悔しているとの言葉が出て来た為、少しづつ前を向いて歩こうとする意志が見えました。
対象者の言葉をA様に伝えた際にA様が焦って復縁を迫れば予定していた通りの流れに行かない為、A様のはやる気持ちにストップを掛けて対象者の心理誘導を進めていくと、対象者からA様に謝罪の言葉が送られて来たとA様から報告を受けました。

対象者からA様との復縁は今はまだ考えられないけれど、過去に捉われて元恋人を追っているだけの人生は止めようと思うという決意の言葉を聞かされたA様は完全に元恋人への気持ちがなくなった事を確信して担当者に一報を入れて下さいました。
対象者とデートする事になったA様は対象者の中に元恋人の陰が無くなっている事を確信し、デート中の対応も今までとは異なる事に気付き、別れさせ工作が成功した事を確信したと連絡を頂き、無事に対象者の心から元恋人への気持ちを取り除く事が出来た別れさせ工作成功事例になります。