別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :R 31歳 東京都 対象者①との関係:職場の同僚
  • 対象者①:S 32歳 東京都
  • 対象者②:T 28歳 東京都

職場の同僚のSさんとTさんは社内でも交際している事が浸透しているカップルでしたが、Sさんとお酒の席で親密になり、一度体の関係を持ってしまった為、RさんはSさんとの交際を強く望む事になりました。

一度だけですが浮気相手としてでも体の関係を持ってしまい、元々Sさんへの好意を持っていた為、Sさんと付き合いたいという気持ちが日に日に増していき、SさんとTさんが別れる事を望んでいましたが社内での二人は公認カップルの為、結婚話も出る程で、近い内に結婚してしまうかもしれない…という不安から別れるのを待っているだけではなく別れさせる方法を探して別れさせ屋に辿り着いたとの事でした。

SさんとTさんが社内で仲良くしているところを見る度にRさんと浮気した事を暴露したい気持ちもありましたが、それをすればSさんの社内の評価も落ちてしまうのが分かっているのと、Rさんも会社に居づらくなってしまう事から出来ない事も分かっている為、第三者の力を借りる為に別れさせ屋に依頼するしかないという選択になりました。

SさんとTさんはTさんが入社当初から付き合っている関係で、Rさんも陰ではSさんの事を良いなと思っていても公認カップルという認識をされていたので想いを強くする事もなく過ごせていたものが一度お酒の力とはいえ関係を持ってしまった事でRさんの胸の内に秘めていたものが増幅してしまい、どうしても付き合いたいと思う様になったとの事でした。

Tさんには怨みもないし、Rさんの想いに巻き込んでしまい申し訳ないとは思うけれど、Sさんを思う気持ちはTさんには負けないというRさんの強い気持ちを汲んで別れさせ屋工作のご依頼を頂く事となりました。

自身が浮気相手という認識からRさんは思い悩んでいましたが、Rさんの想いは強く、Sさんとどうしても付き合いたいという気持ち、そして一度関係を持った後のSさんは体の関係を持つ前よりも距離が近付いた気もして些細な事も気になるようになったとの事でした。

Sさんと社内のプロジェクトで一緒になり、Sさんと一緒にいる時間も増えたのでSさんへの想いが日増しに増えていく事にRさんは気付いていたとの事でした。

しかし、一度体の関係を持ったことによってSさんから仕事帰りに誘われる際に、どこかでSさんと体の関係をまた持つかもしれない…という期待を胸にしていると、全くそういった流れになる事もなく、帰宅し、食事やお酒の席には誘われるけど、それ以上の事は求められない事で女性としての魅力がないのかTさんとの関係を気にして誘って来ないのか悩む事もあったとの事でした。

自分から誘って浮気相手としてSさんと関係を持つ事も考えたものの、行動に移す事が出来ず前に進めない自分自身の気持ちに悩みに悩み抜いて別れさせ屋への依頼を考える様になったとの事でした。

面談時にはSさんの事もTさんの事も悪く言わず、お似合いのカップルという認識もあった為、入り込みたいけど入り込めない状況にモヤモヤとしているRさんの心情を吐露して頂き、Rさんは別れさせる事でSさんとTさんの幸せを壊してしまう良心との戦いに苦しむ姿を見せて下さいました。

RさんにはSさんとTさんの仲を裂いた時にRさんがSさんを幸せにしてあげるなら、Tさんは縁がなかったとしてもっと縁のある人との交際に進むでしょうし、他人を不幸にさせるのではなく、皆が幸せになる為に別れさせ屋は存在する事を伝えさせていただき、別れさせ屋工作の依頼を承る事となりました。

Rさんからご依頼をいただいてSさんとTさんの調査を開始し、一見するととても仲睦まじいカップルで付け入る隙もなく、第三者が入り込む余地も無いほど仲の良い2人でしたが、Rさんが入り込んだ過去もある為、どこかしらで不満を抱えていると確信しながら調査を開始させて頂きました。

調査を開始していても2人はとても仲の良い2人の様に見え、休日も2人で遊びに行く事が多く、Rさんに報告をするとプライベートでも仲の良い調査報告に自分が入り込む隙間はないように感じてしまい、別れさせる事は不可能ではないか?という不安を担当者に漏らしていました。

調査員の報告からSさんとTさんに接触するポイントを特定し、カップルの工作員を接触させる事に成功しました。

SさんとTさんから工作員が話しを聞き出していくと関係が長くなってからマンネリ化の状態は続いており、既に夫婦みたいな環境の為、ドキドキする気持ちなどはなくなっており、お互いに信用しているといえば信用しあっている関係だけど、恋愛となれば話しは別で恋愛をしている頃の感情は全くなくなっているという情報を聞き出す事にも成功しました。

刺激を求めている2人とも取れますが、何かの歯車が狂えば歯車はそのまま噛み合わずに別れてからも復縁はない事も分かりました。

その為、マンネリ化を加速させて歯車を狂わせる為に工作員カップルが恋愛とはどういう関係を表すのかを見せつけてSさんとTさんのカップルとしての在り方を考えさせる様に誘導していきました。

SさんとTさんの恋人としての在り方に疑問を投げ掛けさせる様に仕向けて、TさんがSさんとの交際に疑問を持たせた後に女性工作員がSさんと接触して恋人と夫婦の違いについて語っていくとSさんはTさん以外の男性と遊びたいと女性工作員に零し、別の男性工作員を紹介すると久し振りに異性と遊んだ事が楽しかった様でTさんとの交際を考え直して社内でも公認カップルが別れたという話しがRさんの耳に入り、別れさせ工作が成功した事例になります。

R様のご依頼で掛かった料金・費用は100万円の着手金+成功報酬25%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

RさんとTさんが別れさせ工作成功後に付き合えたかどうかは分かりませんが、Rさんからはチャンスを作ってくれてありがとうございました。という声を頂き別れさせ屋工作が終了した案件でした。