別れさせ工作

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :S 28歳 東京都 対象者との関係:恋人
  • 対象者①:T 31歳 東京都
  • 対象者②:S 29歳 東京都

彼と付き合って2年半が経ち、結婚を意識してたら彼の携帯を見てしまって浮気を発見してしまいました。

ラインのポップアップで女性の名前が書いてあったので浮気してるなって思ったんですけど、彼氏も私が見た事に気付いたのか、それ以降、ラインの表示を見る事はなくなりました。

思い返してみると怪しい行動をしている事が多くて、ラインのポップアップに気付くまでは疑ってもなかったんですけど、一度疑ったら色んな事が疑わしく思えてしまって彼が寝てる時に彼のスマホを覗き見てラインの履歴を見てみたら沢山女性の名前が書いてあるので驚きました。

彼は出会い系みたいなアプリで浮気しまくってたみたいで、どうにか別れさせたいと思って相談させてもらいました。

    浮気相手の存在を知ったS様でしたが、浮気相手の特定は出来ておらず、出会いアプリを使って不特定多数の女性と浮気している事は分かりました。

    誰と誰を別れさせるか?についてS様とお話しさせて頂きましたが、S様も最初は誰を別れさせれば良いか?について分かっておらず、出会いアプリで出会った浮気相手全員を別れさせたいとまで仰っていました。

    しかし、予算の都合もあり、全員と別れさせるのは現実的ではなく、出会いアプリで出会った女性の中でもTが一番気に入ってるであろう相手と別れさせる依頼を頂く事となりました。

    弊社にご依頼頂く前に他社にも相談し、誰を別れさせるかを絞ってないならターゲットを絞ってから相談して下さい。と断られるばかりで、別れさせ屋に相談しても取り扱ってもらえない案件だという不安を感じたまま弊社にご相談頂く事となりました。

    面談をさせて頂きましてターゲットを絞る話をさせて頂き、ターゲット全員を別れさせるのは至難の業ですが、ターゲットを一人に絞り、浮気をすれば痛い目に遭う形をとり、浮気に対する恐怖心を与える工作を進める事となりました。

    Tの調査を行い、ターゲットのSを特定させる事から始まり、Sを逆上させて依頼者のS様にターゲットのSから浮気だった事を暴露するという脅しを掛けさせる様に仕向けていきました。

    その為にはターゲットのSはTとの関係をどの様に感じているのか?について調査しなければならず、Tと付き合っていると思い込んでいるなら単純に依頼者のS様との関係を暴露する形も視野に入れておきました。

    ターゲットのSを調査し、Tとの関係が浮気というよりも付き合っている感を出しているならTに接触して恋人の存在について聞き出した後にターゲットのSに向けて工作員を接触させる方法を取りました。

    ターゲットのSに工作員を接触させるとTが浮気しているなんて思いもよらず、ターゲットのSが浮気相手である事も全く考えてもいない状態でした。

    浮気されているというよりも、万が一自分が浮気相手だった場合どうするのか?という話しも聞き出し、SはTがどうしても付き合って欲しいと言ったから付き合っているという話しをしてきました。

    その話しを鵜呑みにすれば当初に計画していた方法を実行するだけで済みますが、ターゲットのSの話しを聞いていくと言葉の節々から本心ではない事が分かり、当初の計画を実行に移す事は依頼者のS様と打ち合わせをしてストップさせて頂きました。

    工作員が付き合った頃からの話しと今現在の交際状況についてターゲットのSから聞き出していくと、実際はSがTに気持ちが入り、TはSの気持ちが分かっているから上手く転がされている事をこぼします。

    そこまで聞き出したので方法を変える事になり、ターゲットのSに依頼者のS様との関係を暴露したところで意地を張って別れない可能性も出て来た為、出会いアプリで出会った別の女性との鉢合わせをさせる方法に方針を変える事になりました。

    TとターゲットのS、そして出会いアプリの女性の三竦みの状態を作り出す方向に進み、依頼者のS様との打ち合わせ通りに三竦み状態が作れた結果、ターゲットのSと出会いアプリの女性が揉め、その問題の中心人物となるTは浮気で大きな痛手を負う形となり、別れさせと浮気相手との痛い目に遭うという工作は成功した事例になります。

    S様のご依頼で掛かった料金・費用は130万円の着手金+成功報酬25%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

    痛い目に会わせて別れさせたいという要望と浮気を懲りさせるという要望に合致した形で成功した案件になりました。