復縁工作
復縁工作の相談内容

依頼者 T様 31歳 東京都

対象者 K  29歳 東京都

彼女とは僕が結婚していた時に出会った不倫相手になりますが、妻とは離婚して結婚したいと思って付き合っていました。

3年付き合っている間に彼女から何度も離婚して欲しいと言われていましたが、子供の事もあって妻とはすぐに離婚にならなくて彼女を悩ませてしまいました。

妻と離婚について話し合っていた内容を彼女に満足に伝えられず、彼女を苦しめてしまい、何度も彼女から離婚しないなら別れると言われて何度も引き伸ばしていましたけど、引き伸ばしていた事で彼女の信用を失って、彼女から気持ちが冷めたから別れたいと言われてしまいました。

彼女の気持ちを取り戻したくて何度もラインと電話を掛けたけど、ラインは既読スルーで電話は出てくれません。

話せば分かると思って家まで行こうとしましたけど、それをしちゃうとストーカーみたいになっちゃうからやめとこうと思って家までは行ってません。

もう妻とは離婚が成立していますし、彼女を迎え入れる準備は出来たけど、それを彼女に伝える方法がありません。

彼女とどうしても復縁したいんですけど、どうすれば良いか分からないのでお力を貸してもらえればと思います。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については復縁屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様はターゲットと結婚する為に奥様との離婚もシッカリと進めて、ターゲットと表立って交際出来る様に準備を進めていたものの、結婚の経験がないターゲットには離婚の大変さが分からず、依頼者様に離婚を迫り、すぐに離婚出来ない依頼者様への愛情が薄れていき、最終的には気持ちが薄れて別れるという道を選んでしまいました。

離婚の大変さを分かっていればターゲットはもしかしたら別れを選択せずに依頼者様との結婚に無駄な時間を割かないで済んだかもしれません。

しかし、結婚経験がない人からすれば、離婚届けを出せば離婚できるでしょ?くらいの気持ちでしかないので離婚に対する経験の無さが依頼者様とターゲットの関係を壊してしまったとも言えます。

本来お互いに求めていたものがすれ違っただけであり、お互いに求めていたのにコミュニケーション不足で双方の考え方が上手く伝わらず別れに至ったケースです。

このケースではターゲットを調査して、冷めた気持ちの状態でやけになって他に異性を求めているか?を確認し、異性を求めていなければ強がりは言っていても実は寂しいと感じているケースが多いので、その寂しさを埋める為に元々付き合っていた依頼者様を当てがうように復縁工作を進めれば復縁成功率が高いケースに酷似していました。

その為、依頼者様からご依頼頂いてターゲットをまず調査する事から始め、ターゲットの行動調査で他に異性がいないか?の確認と、本来依頼者様と会っていた時間をどの様に潰しているか?について調査させて頂きました。

依頼者様と会っていた時間を手持ち無沙汰にしている様であれば、空いた時間の潰し方が分からず寂しさを埋めようと必死になっている事が推測できます。

案の定、ターゲットを調査していると時間の潰し方が分からず、会社帰りに一人でブラブラとして時間を潰している事が多く、依頼者様と別れた過去を引きずっている様に見えました。

楽しそうな表情をしているなら吹っ切れて別れてからの一人の時間を有意義に過ごそうと考えているというのは分かりますが、ターゲットの表情からは楽しそうな表情は見えず、買い物をしている姿も一旦かごに入れたものを戻すを繰り返し、2人分の食料品を誤ってかごに入れてしまい、戻しているという姿が何度も見えました。

この姿が確認できたのでターゲットに工作員を接触させて、寂しさを増幅させる様に心理誘導を進めていく方法を取りました。

寂しさを増幅させるとネックなのは新しい恋人を作ろうとする事でしたが、ターゲットには出会いがあまりなく、新しい恋人を作る方法といえばマッチングアプリ以外に考えられなかったので依頼者様も安心して寂しさを増幅させるように心理誘導していく方法に賛成して頂けました。

工作員が接触してターゲットの日常生活の話しを聞き出していくと、ターゲットの日常生活には依頼者様がいなくなっている事を思い出させる効果もあり、ターゲットは会話のところどころで言い淀む事も出て来た為、本心では依頼者様を求めている事が分かりました。

直接T様との復縁を唆せばターゲットが意地を張る事は分かっていた為、ターゲットが意地を張らせない様に自分自身で依頼者様を求めている事を自覚させる様に心理誘導していきました。

今の生活に依頼者様がいない事やふとした時にT様の事を思い出させる様に誘導していき、依頼者様がいない生活に寂しさを感じさせる事が出来た後に依頼者様とKを再会させるように準備を進めていきました。

再会工作を進めて、依頼者様とターゲットを再会させた時に工作員がターゲットから聞き出した情報を元にアドバイスをしていた成果もあり、単純に謝るのではなく依頼者様の今の気持ちをストレートにターゲットに伝え、聞いている工作員にはプロポーズの言葉の様にも聞こえ、それをターゲットは受け入れて復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。

T様の契約期間は3か月間掛かり、着手金80万円+成功報酬20%で設定させて頂きました。※着手金、成功報酬共に税抜き料金で掲載。

依頼者様とターゲットの間に起きた結婚や離婚というコミュニケーションのすれ違いを起こしやすい問題を抱えていた為に別れに至ったケースの為、想定通りターゲットは依頼者様がいない寂しさに気付いて復縁に至ったケースであり、この様に類似ケースは多々あるので経験を活かした工作が出来た事例でもあります。

復縁屋ジースタイルとは?

復縁屋ジースタイルは、東京、大阪、愛知、青森、千葉に支社を持つ全国で最大級の復縁屋になります。
復縁屋の多くは、東京や大阪といった主要都市に本社を構え、支社も東京、大阪のどちらかのみの復縁屋ばかりになります。
復縁屋が主要都市にしか存在しない理由の一つに、探偵業の認可の問題があり、探偵業の認可は営業を行う地域でしか取れない事から、東京や大阪といった主要都市にしか支社がない復縁屋ばかりになります。
全国から復縁屋はご依頼を頂きますが、どんな地域であっても他の復縁屋は東京や大阪といった主要都市から調査員や工作員を派遣させる為、全国対応にはなっていますが、依頼者様の経費負担が多くなり、復縁屋への依頼が困難なものとなっております。
復縁屋工作には、調査員や工作員が必要となり、復縁工作の成功率を高める為には地域に根付いた調査員や工作員が必須となります。
近県から調査員や工作員を派遣させて頂く事が出来、多くの依頼者様の復縁を叶えて来た復縁屋ジースタイルだからこそ、成功率の高さを維持しながらも料金・費用を抑えた復縁工作をご提供させて頂く事が出来、各地域に支社を増やして行く事にも成功致しました。
復縁屋の業界ではトップクラスの成功率を自負する復縁屋ジースタイルは多くの方々からの感謝の声に支えられ、運営させて頂いています。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方で失敗しません。