恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域T様 千葉
契約期間と料金2ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況3年付き纏ったストーカーとの別れたい

ストーカー被害に遭ったT様は会社、友人、家族、警察に相談したものの解決に到らず、相談後にも執拗にストーカー被害に遭っていたとの事でした。
初めてストーカー被害を疑い出したのは3年前になり、3年前は気のせいじゃないかと思っていたものの、次第にストーカー被害はエスカレートしていき、周囲の方々に相談したものの周囲の方々からは妄想癖の様に捉えられてしまい、友人や職場での信用を失っていきます。
別れさせ屋に依頼しようと思ったのは、ストーカーへの恐怖が止まらなくなり、ストーカーから何をされるか分からないという恐怖から外出自体が怖くなり、生活への支障を来すからとの事でした。

ストーカー被害の内容を聞いているとT様が外出したくなくなる理由もよく分かり、話しを聞いているとよく3年間も我慢できたな…という印象でした。
T様との面談時もストーカーが近くに来ていないかを警戒しながら歩き、弊社の面談室に入る所を見られれば余計にストーカーの感情を逆なでるかもしれない…という不安から面談はT様が指定した場所での面談を行う事になりました。

面談中のT様は常に人に怯えている状態で、周りに味方が誰にもいなくなった状態で心労を重ねている姿が分かりました。
疲れ切った表情のT様と面談で5時間ほど話しをし、別れさせ工作の契約を交わしましたが、T様の要望はどんな形でも良いから日常生活を送れる様になりたいとの事で、どれだけT様が悩みを抱えていたかを共有する形で契約書を交わした後も会話が続きました。

方法については一任して頂きましたが、本当のストーカーの恐怖を知っている為、簡単にストーカーを諦めさせるのは難しい事もT様は知っていて、本当にストーカーから逃れる事が出来るのかを何度も確認していました。
ストーカー撃退に効果的な方法を提案させて頂き、ストーカーがT様から離れる事を確証したものの、実際にストーカー被害に遭っているT様にしてみれば不安は拭いきれない為、安心して頂く為に出勤時、退勤時に工作員を同行させる事も提案させて頂きました。

T様から聞いた情報を元にストーカーの特定を急ぎ、誰がストーカーをしているかを特定した後はストーカーに接触します。
ストーカーに接触した後はT様のどこに惹かれてストーカーを繰り返しているのかを聞き出す作業を進めていきますが、当然ストーカーはT様にストーキングをしているとは答えません。
ストーカーからT様の存在を聞き出すには少し時間が掛かり、好きな人がいるという言葉を聞きだし、T様の魅力について語りはじめました。

ストーカーがT様に対する想いを語りはじめ、報われない恋だという事に気付いていたものの、報われないから自分の存在をアピールする為にストーキングを繰り返している事に罪悪感もなく、このままでは更に嫌われる事になると指摘します。
ストーカーの恋を協力する方向でストーカーと話し合った結果、進めていく事になりますが、T様には事前にストーカーの懐に入る為の我慢をお願いします。
嫌われない様にする為の行動をストーカーに伝えながら、相手(T様)がどんなに迷惑だと感じているかを指摘すると少しづつストーカーは自分がしている事の間違いに気付いていきます。
ストーカーに自分の行動の失敗を考えさせるとストーカー行為自体を考えさせ、取り返しのつかない行動をした事に気付きます。

取り返しのつかない行動からストーカーの抱える恋心が絶対に花咲く事はないと気付き、ストーカーから次の恋に進む決意を聞き、他の異性との接触を持たせる事になりました。
別の異性に関心を持ったT様が恋愛心を持てるようになり、恋愛心を丁寧に育てる事でT様への執拗なストーキングは収まっていき、T様への執着心がなくなったストーカーの別れさせ工作は無事に成功しました。