別れ工作
登場人物

依頼者:Mさん 既婚30代女性 東京

対象者:Sさん 既婚30代男性 東京

不倫相手と別れたいMさんは不倫相手との関係も5年に渡り、過去に一度不倫してる事が奥さんにバレてSさんとは連絡してない事になっていましたが、実際は連絡を取り合っており不倫関係は継続していました。

不倫関係は継続しており、4年間は不倫を楽しむ良い関係だったのですが、1年前からSさんの言動や行動が変わって来てSさんは奥さんと離婚協議を始めたり、Mさんにも離婚しないのか?と離婚を迫るようになったとの事でした。

Sさんの言葉に段々と不安を感じてしまい、距離を置こうとしたところ、Sさんから別れようとしているのか?という言葉を聞かされ、Mさんの家庭に何かをするのではないか?という不安が強くなった為、Sさんとの関係で少しづつ距離を置いていきました。

しかし、少しづつ距離を置いていった事でSさんは別れる恐怖心を抱いてしまったのか、Mさんへの執着が強くなり、Mさんはメッセージのやり取りも減らしていく事になりましたが、メッセージの返信が減っていくとメッセージの量が増え、次第にMさんは恐怖心を抱き、家庭を壊されるかもしれないなら…と思い、Sさんと話し合う事になりました。

MさんとSさんの話し合いの場は行きつけのラブホテルになり、ラブホテルで別れ話をしようとすると無理矢理に押し倒されてしまい体の関係を持たれてしまい、その時の動画を隠し撮りされてしまいました。

体の関係を撮影されたMさんは旦那にバラされるかもしれないという恐怖があり、別れ話を持ち出せなくなり、Sさんの言いなりになる不倫関係を継続させるしかありませんでした。

そんな折、Sさんから離婚が成立した話しを聞かされ、Mさんに離婚して欲しいという要求が強くなり、このままではMさんの家庭もボロボロになってしまうと考えた為、穏便に別れる為に別れさせ屋への依頼を検討する形となりました。

Mさんの要望は隠し撮りされた動画を削除する事と、Sさんとの関係を旦那にバレずに別れたいという事であり、Sさんの行動に戦々恐々となっていたMさんは休日に旦那に嘘を吐いて外出し、弊社と面談をさせていただきご契約させて頂く事となりました。

料金

Mさんの別れ工作の料金は130万円の着手金+成功報酬30%で承り、別れ工作は成功致しました。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント