恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域F様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬10%
復縁したい状況連絡は取り合っているけど復縁に進まない

F様は半年前に彼女と別れてしまい、連絡は取れているモノのlineの返信も付き合っていた頃よりも格段に減り、どうにか復縁しようと頑張って来たものの復縁の糸口すらも見つからず悩んでいたところでご相談頂きました。
lineで連絡が取れていた為、復縁工作を提案しなかったものの自分お力では復縁は難しいとのご相談を頂き、復縁工作の依頼を頂く事となりました。
F様は別れの原因を理解していた様で、別れ話の内容も全て録音しており、対象者がどんな理由で別れを決断したのか?を真剣に悩んだモノの、悩んで自己改善した姿をアピールしようとしてもなかなか復縁を受け入れてくれず、lineの連絡も減っていき、別れの原因が間違っていたのではないか?lineの送り方が間違っていたのではないか?とネガティブに考え過ぎてしまい、負のループに陥ってしまったとの事でした。

何をどうすれば復縁できるのかで悩み、悩んだ末に復縁相談を頂いたのですが復縁活動に疲れた表情を時折見せるF様に労いの言葉を掛ける事は出来ず復縁工作の方法を説明させて頂きましたが、もう復縁工作に掛けるしかないんです。との言葉がF様から聞かされました。
F様の状況をお伺いさせて頂き、どんなlineを送っているのか?そして別れ話で出た内容でどんな事を気を付け、復縁活動を行っていたのか?について聞かせて頂きました。
F様が行ってきた復縁活動は別れ話の際に出ていた内容とは全く異なる自己改善を行っており、それでは復縁は難しい事を理由も合せて説明させて頂くとF様も多いに納得してメモを取っていました。

やらなければならない事が間違えていたF様は自分で復縁活動をしても復縁に辿り着かない事を悟り、復縁工作に懸ける想いを語って下さり、復縁工作の契約書を作成して着手金の入金確認後に着手に到りました。

対象者とのやり取りをしているlineの内容を全部送って頂き、何がいけなかったのか?を分析させて頂いた情報を元にアドバイスを行いながら調査を進めていき、対象者の素行調査を行いました。
対象者は1人で外出する事が多く、誰かと会う訳でもなく買い物をしたり散歩をしたりと1人行動の多さが目立ちました。
1人行動についてF様に伺うと、F様は対象者はもっと社交的で友人が沢山おり、休日は友人達と会うモノだとばかり考えていた様で対象者の行動について初めて知った事の多さに驚いていました。

調査と同時に対象者にF様から送るlineの内容も添削させて頂き、添削したメッセージを送るとF様が送っていた頃よりもテンポ良く返信が返ってきます。
lineのメッセージのやり取りについてもアドバイスしながら、F様が送るメッセージと何が違うのかを理解してもらいつつ対象者に工作員が接触に成功し、F様との交際についての話しを聞き出していきました。
対象者がF様と交際していた頃の話しを聞き出すとF様は対象者に向き合ってなく、何かに怯えていた様に交際していたとの話しが出て来ました。

フラれる事を恐れたF様は対象者に何も言えず、言われた事を覚えようとするのですが中々覚えられず交際していてもF様を縛り付けて対象者は独りよがりで交際していた様に感じさせてしまっていたとの事でした。
F様はその事に気付いていなかった為、アドバイス序盤に伝えていたのですが、工作で別れの原因を聞き出した頃にはロボットとの交際という印象も理解出来、自分の意見をあまり出さず対象者に全て合わせる交際をしていた事を反省しました。

lineのやり取りも弊社が添削した事によってテンポよく返ってきた理由はF様が受け身ではなく会話の主導権を握る様なメッセージを送っていたからでもあり、line上の2人の関係は仲の良い恋人同士のやり取りにも見える様になっていました。
F様との関係が良好になって来た事で工作中も対象者からF様の話しが頻繁に出る様になってきました。
F様との交際についての話しを聞きましたがlineのやり取りをしていて楽しいという話しや前とは違うという言葉が出て来ましたが、lineの添削をしているのは弊社なのでF様本人の変化ではなく別の人物が返信しているので対象者が惹かれる理由も当然でした。

lineのやり取りの違いをまざまざと見て、工作員がメッセージのやり取りが楽しいという言葉を引き出した為、F様は弊社がアドバイスした通り進めていきながら工作で復縁を後押しすれば復縁できる見通りが立った様で自己改善に励んで頂きました。
F様の変化が見えた頃には対象者に復縁を促す様に心理誘導を進めていき、復縁に向けて気持ちを高めて頂きました。
対象者の口から最近元彼とのやり取りが楽しいし、今度デートに誘ってみようかな。という言葉が出て来て復縁成功は間近でしたが、肝心のF様の自己改善がまだ終わりきっておらず、時間を引き延ばせてデートの誘いをリスケさせました。

対象者からデートに誘われた事で急いで自己改善を進めていき、リスケした当日にデートで対象者を楽しませると復縁を申し出るチャンスが発生し、F様から復縁を申し入れ、復縁を受け入れてもらえた復縁工作の成功事例になります。

連絡手段がなくなった状態だけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬20%
復縁したい状況友達への復縁相談が関係悪化の原因

突然別れを告げられて彼女を諦める事が出来ないので友人に復縁相談するものの、友人に復縁相談した事がバレてしまった為に彼女との関係が悪化してしまい、復縁が遠のく形となりました。

友人に2人の関係を漏らすなんて…と詰め寄られ、二度と連絡をして来ないで欲しいとlineをブロックされ、着信拒否をされてしまい、復縁に繋がるキッカケもなくなってしまった為に復縁工作に頼らざるを得ない状況に陥ってしまいました。

どうしても彼女との復縁を諦められない為、復縁工作が少しでも高い復縁屋を探して数社に問い合わせを行いますが、どの復縁屋も彼女と接触する方法ばかりを提案して来るので、どうやって復縁するか?という方法については分からず復縁屋選びで迷いに迷った末に弊社にご相談頂く形となりました。

復縁工作の方法を接触方法ばかり提案して来る復縁屋は多く、心理誘導の方法について提案してくれる復縁屋はほとんどありません。その為、多くの方々が復縁工作員が対象者に接触すれば復縁出来ると考えがちですが、実際は工作員が接触したから復縁出来る訳ではありません。

なぜ復縁できないのか?なぜ復縁に繋がるのか?を説明させて頂き、S様も初めて復縁工作の意味を理解した様で、弊社に復縁工作のご依頼を頂く形となりました。

ご依頼後、対象者の調査を行ったところ、対象者の行動、言動から別れて1人になって清々した部分はあるが、少し寂しさも感じ、恋人が欲しくない訳ではないが、S様以外の恋人が欲しいという本音を吐露している事を情報として入手しました。

S様が友人に吐露した事でここまで嫌われるものなのか?と疑問を感じ、S様に実際は何をしたのか?についてお伺いを立てましたが、S様も心当たりがないと仰る為、対象者への接触後に分からない部分を判明するしかありません。

対象者から接触して聞き出した情報にはS様から聞いていない情報が沢山あり、対象者が別れたいと思っていたのは付き合って一ヶ月目からずっと思っていたけれど、言い出せずにいると結婚の話しになってしまった為、別れ話を決意した日に多少強引でも別れたい旨を伝えた事が判明しました。

なぜ対象者はそこまで思い詰めてしまったのか?S様の事を好意的に思っていたから付き合ったのではないか?という革新的な部分を聞き出すのには時間が多少掛かってしまいました。

対象者曰く、S様の事を優しいと思った事はなく、見た目に惹かれて付き合ったモノの、それ以外に長所が全くなく、今迄の彼女もきっと外見だけに騙されて付き合ったんだという確信を持ってしまった為、早々に別れて新しい恋人が欲しかったとの事でした。

一番ネックだったのが男性なのに…と思わせるセコい部分が嫌だったとの事で、金銭的な面でケチケチとし、豪遊したいとは言わないが、ほどほどにしてもらえない為、一緒にいて恥ずかしい想いを何度もしていたとの事でした。

金銭的な面でのセコさも含めて友人達に自分達の事を話す際に対象者の事を悪く言っていた事も耳にし、男として一体どうなの?という部分が付き合っていた期間が長引けば長引くほど増えていき、何度も幻滅したとの事でした。突然別れを告げられて彼女を諦める事が出来ないので友人に復縁相談するものの、友人に復縁相談した事がバレてしまった為に彼女との関係が悪化してしまい、復縁が遠のく形となりました。

友人に2人の関係を漏らすなんて…と詰め寄られ、二度と連絡をして来ないで欲しいとlineをブロックされ、着信拒否をされてしまい、復縁に繋がるキッカケもなくなってしまった為に復縁工作に頼らざるを得ない状況に陥ってしまいました。

どうしても彼女との復縁を諦められない為、復縁工作が少しでも高い復縁屋を探して数社に問い合わせを行いますが、どの復縁屋も彼女と接触する方法ばかりを提案して来るので、どうやって復縁するか?という方法については分からず復縁屋選びで迷いに迷った末に弊社にご相談頂く形となりました。

復縁工作の方法を接触方法ばかり提案して来る復縁屋は多く、心理誘導の方法について提案してくれる復縁屋はほとんどありません。その為、多くの方々が復縁工作員が対象者に接触すれば復縁出来ると考えがちですが、実際は工作員が接触したから復縁出来る訳ではありません。

なぜ復縁できないのか?なぜ復縁に繋がるのか?を説明させて頂き、S様も初めて復縁工作の意味を理解した様で、弊社に復縁工作のご依頼を頂く形となりました。

ご依頼後、対象者の調査を行ったところ、対象者の行動、言動から別れて1人になって清々した部分はあるが、少し寂しさも感じ、恋人が欲しくない訳ではないが、S様以外の恋人が欲しいという本音を吐露している事を情報として入手しました。

S様が友人に吐露した事でここまで嫌われるものなのか?と疑問を感じ、S様に実際は何をしたのか?についてお伺いを立てましたが、S様も心当たりがないと仰る為、対象者への接触後に分からない部分を判明するしかありません。

対象者から接触して聞き出した情報にはS様から聞いていない情報が沢山あり、対象者が別れたいと思っていたのは付き合って一ヶ月目からずっと思っていたけれど、言い出せずにいると結婚の話しになってしまった為、別れ話を決意した日に多少強引でも別れたい旨を伝えた事が判明しました。

なぜ対象者はそこまで思い詰めてしまったのか?S様の事を好意的に思っていたから付き合ったのではないか?という革新的な部分を聞き出すのには時間が多少掛かってしまいました。

対象者曰く、S様の事を優しいと思った事はなく、見た目に惹かれて付き合ったモノの、それ以外に長所が全くなく、今迄の彼女もきっと外見だけに騙されて付き合ったんだという確信を持ってしまった為、早々に別れて新しい恋人が欲しかったとの事でした。

一番ネックだったのが男性なのに…と思わせるセコい部分が嫌だったとの事で、金銭的な面でケチケチとし、豪遊したいとは言わないが、ほどほどにしてもらえない為、一緒にいて恥ずかしい想いを何度もしていたとの事でした。

金銭的な面でのセコさも含めて友人達に自分達の事を話す際に対象者の事を悪く言っていた事も耳にし、男として一体どうなの?という部分が付き合っていた期間が長引けば長引くほど増えていき、何度も幻滅したとの事でした。

工作員が聞き出した情報を担当者が耳にした時に担当者にも思い当たる節があり、ご契約前に何度も復縁工作の料金をディスカウントして欲しいと伝えて来る事や女々しいな…と感じる部分が多々あった為、対象者から見たS様の真の姿が分かりました。

S様に何が問題で対象者が別れを決意したのか?について説明させて頂きましたが、S様の言い分があります。セコイのではなく、節約であり、女々しいと言われる理由も分からないし友人に対象者の事を悪く言った覚えはない!と担当者に伝えて来ます。

なぜ対象者からは悪く見られているのか?について全く理解していなかったS様が別れを告げられるのは当然で、S様の問題点を改善していき、対象者と再会した時に少しでも対象者が抱えているS様の悪い印象を与えない様にアドバイスをしていきます。

S様の問題点を改善する為に様々な課題を提案し、アドバイスと合せて他人からどう見られるか?について理解を示して頂きました。

何が問題なのかに少しづつ気付いていったS様は別れを告げられたのは突然ではなかったのではないか?と気付きます。自分が彼女に嫌な想いをさせてしまった事に気付き、本当の意味で反省という言葉に気付きます。

S様が問題を抱えている事に気付いた事を担当者も気付いた為に対象者に向けて心理誘導を進めていきます。再会工作まで至ったところでS様は再会してもっと嫌われないか?と常に不安を抱えていましたが、担当者は今の状態なら安心して再会させられると判断した為、S様と対象者を再会に漕ぎ着けます。

付き合っていた頃にS様がしていた行動等を恥ずかしいと思う事、そして恥ずかしい行動に付き合わせてしまった事等を対象者と話していく上で冗談交じりで話す事が出来て、対象者は以前との違いに気付き、工作員が復縁に向けて後押しする事で、元々外見については好みだったという事もあり、数日後に復縁成功したという報告をS様から頂いた復縁工作成功事例になります。
/p>

工作員が聞き出した情報を担当者が耳にした時に担当者にも思い当たる節があり、ご契約前に何度も復縁工作の料金をディスカウントして欲しいと伝えて来る事や女々しいな…と感じる部分が多々あった為、対象者から見たS様の真の姿が分かりました。

S様に何が問題で対象者が別れを決意したのか?について説明させて頂きましたが、S様の言い分があります。セコイのではなく、節約であり、女々しいと言われる理由も分からないし友人に対象者の事を悪く言った覚えはない!と担当者に伝えて来ます。

なぜ対象者からは悪く見られているのか?について全く理解していなかったS様が別れを告げられるのは当然で、S様の問題点を改善していき、対象者と再会した時に少しでも対象者が抱えているS様の悪い印象を与えない様にアドバイスをしていきます。

S様の問題点を改善する為に様々な課題を提案し、アドバイスと合せて他人からどう見られるか?について理解を示して頂きました。

何が問題なのかに少しづつ気付いていったS様は別れを告げられたのは突然ではなかったのではないか?と気付きます。自分が彼女に嫌な想いをさせてしまった事に気付き、本当の意味で反省という言葉に気付きます。

S様が問題を抱えている事に気付いた事を担当者も気付いた為に対象者に向けて心理誘導を進めていきます。再会工作まで至ったところでS様は再会してもっと嫌われないか?と常に不安を抱えていましたが、担当者は今の状態なら安心して再会させられると判断した為、S様と対象者を再会に漕ぎ着けます。

付き合っていた頃にS様がしていた行動等を恥ずかしいと思う事、そして恥ずかしい行動に付き合わせてしまった事等を対象者と話していく上で冗談交じりで話す事が出来て、対象者は以前との違いに気付き、工作員が復縁に向けて後押しする事で、元々外見については好みだったという事もあり、数日後に復縁成功したという報告をS様から頂いた復縁工作成功事例になります。

自己改善の方法も復縁活動も間違えてたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況どうすれば復縁できるかの未来が見えない

彼に疲れたと言われてしまった女性M様はどうすれば復縁できるのかという見当もつかず、復縁したい気持ちだけが募り、1人で3ヶ月ほど復縁活動を行っていたとの事でした。

後から判明した事ですが、M様の考えていた別れの原因と対象者が考えていた別れの原因は全く異なり、復縁工作をしたからこそ別れの本当の原因に気付き、復縁成功に繋がった事をM様も別れの本当の原因を知って改めて気付いた事でした。1人で復縁活動をしていた時間が勿体なかった…と時間を無駄にした事を後悔していました。

M様が考えていた別れの原因は対象者から部屋が汚い事を指摘され、常に部屋をキレイにしていたとの事で、部屋をキレイにする=自己改善だと考えていたものの、どうやって部屋がキレイになった事を対象者に見せるか?という事を気にしている様でした。

当然の事ですが、部屋がキレイになっても復縁は出来ません。部屋がキレイになったら復縁できるとは思ってはいなかったというM様に別れの原因が分かっていなければ復縁活動の方向性も定まらない事や、問題点が分かっていない状態で改善出来るものはない事を説明し、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

復縁相談者の中には、別れ話の内容をそのまま別れの原因だと誤解して復縁活動を行う方が多いのですが、別れの原因をほとんど理解されていない場合が多く、別れの原因を知らない状態で復縁活動を行う為、間違った復縁活動に進む事が多く、復縁に失敗します。

対象者に接触して別れの本当の原因を聞き出した時にM様が考えていたものとは全く異なった結果であったことが判明し、復縁できるのに復縁できない状態を作っていたM様は恥ずかしそうに担当者にM様が行っていた復縁活動の間違いを話しました。

見当違いの努力をしていたM様が何をやるべきなのか?に気付いてからは自分の問題点や間違いに気付いたので改善される速度も速く、復縁する為に何が必要なのか?対象者と復縁した後にどんなお付き合いの仕方をすれば良いのか?という見えなかったものが見える様にもなり、自分が気付かなかった事に気付いた喜びが強かったとの事でした。

問題点が改善されつつある中で対象者と工作員のやり取りは続き、工作員と頻繁に遊びに行く仲になった対象者は当分彼女はいらないから遊びまわりたいな~と口にします。

工作員との関係構築がいきすぎてしまい、M様の必要性を感じなくなってしまった対象者の気持ちを軌道修正させる為に工作員の彼女役として女性工作員を登場させます。工作員同士が仲睦まじく関係を見せつける事で異性に対しての興味を引き出します。

対象者が独り身で寂しい事を話しながら女性工作員に誰か友達を紹介して欲しいという話しをして来たので、どんなタイプが好みなのか?を確認し、恋愛話に花を咲かせます。

合コンという形でM様を呼び、再会という形も考えましたが、合コンの形でM様を呼ぶにはM様の都合を合せてもらわなくてはなりません。M様の予定が合わない事から合コンを開催するのではなく、別の形で再会を演出する様にM様と打ち合わせをさせて頂きました。

偶然を装い、M様と対象者を再会させるプランに納得頂いたM様は再会当日、ドキドキし過ぎて落ち着かない…との言葉を頂きます。

タイミングを見計らい再会させた後は彼女が欲しい対象者の背中を工作員が押し、工作員2人とM様、対象者の4人でデートをします。

対象者とM様の関係が工作員の後押しもあり、良好になってきた頃にはM様が自己改善によって努力していた部分に対して、対象者が以前と変わった!!!と連呼します。

工作員の後押しもある中で、彼女が欲しい!!という状況を作っておいた為に復縁へと自動で進む形を作れていた為、対象者からM様に復縁しないか?という言葉が出て来ました。

二つ返事でM様が復縁を受け入れます。M様が自分を省みた事と復縁工作が上手くいったからこそ復縁した復縁成功事例になります。

元恋人の情報がなく住所も分からないけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
復縁したい状況復縁したい相手がどこに住んでいるか?も分からない

婚活アプリで対象者と出会ったS様は別れてから彼の事を何も知らない事に気付きます。
住んでいる場所も電話番号も分からず、勤務しているであろう会社は分かっているモノの、会社の規模が大きく、支店も多数ある為、どこの支店に出勤しているかも分からない状態との事でした。
ほとんど元彼の事を分かってない事に別れてから気付き、自分ではどうにもならない事が分かり、復縁屋を頼らざるを得なくなったとの事でした。
S様のケースでは元彼と連絡がつかない、元彼がどこにいるかも分からないとの事でしたから、元彼の調査を行い、居場所を特定させる事から提案させて頂く事となりました。

SNS等のツールは一切使っておらず、出会った婚活アプリも退会し、S様が持っている情報を頼りに探す以外に方法はありませんでした。
S様の持っていた情報は物理的な情報は分からないモノの、対象者と会話した内容等を掘り下げて聞かせて頂き、手掛かりとなる情報を精査します。
S様が交際時に交わした会話やlineのやり取りの中に対象者を特定させるヒントが多数盛り込まれており、対象者の判明をさせる材料はある程度揃っていました。

対象者の特定まで時間は少し掛かりましたが対象者の特定が無事に成功し、対象者に工作員を接触させる運びとなりました。
対象者が今何をしているのか?をS様は気にしていたので復縁工作の前に素行調査をして欲しいとの事で、対象者をもっと知ってから工作員を接触して欲しいとの言葉でしたのでS様の要望に沿って依頼を進めていく事となりました。
対象者の事を交際していても全く分かっていなかった事を後悔しているからこその判断の様でしたが、対象者の素行調査で得た情報を報告すると喜びの声も頂きましたが対象者の事をほとんど知らなかった自分にが悲しくなったとの声も同時に頂きました。

対象者の行動や対象者の写真を送るだけで若干満足している感もありましたが対象者への接触を早目にさせて頂き、復縁工作を進める形をとらせて頂きました。
工作員を接触させてS様との関係や別れの原因について聞き出す様に進めていき、S様との関係性について接触した後に聞き出す事に成功します。
S様の要望で素行調査を予定よりも多く取らせて頂いた為、調査で得た情報を利用して対象者との接触も成功した後も人間関係の構築もし易くなっていました。

対象者との人間関係が構築された後にS様の話しを聞き出すのも難しくなく、ストレートに話しが進みます。
別れた原因はS様との交際に疲れた事が原因であり、S様には言えない秘密を対象者は抱えていました。
工作員と対象者が接触して話しを聞き出していくと対象者の抱えている様々な秘密を耳にする事となりました。

対象者の秘密に関しては本人を特定させてしまうものである為、割愛させて頂きますが対象者の抱える秘密がネックとなり、交際が破局した事は一目瞭然でした。
破局した理由やS様が対象者の事を何も知らなかった理由も分かり、対象者から聞き出した情報を報告させて頂くと電話口で涙をすする音がしました。
お互いに別れたくないけれど別れなければならなかった事情が分かり、復縁に向けて心理誘導を行っても対象者が抱えていた秘密が問題になり、復縁したい気持ちは垣間見えましたが復縁へと進めませんでした。

工作を行っても最後の一歩を踏み出せない対象者の状況をS様に報告すると、秘密の内容を理解したS様は無理矢理でも再会できる形を求めました。
再会出来る形を無理に作りだし、気持ちが傾いている事を利用する手段になり、多少強引ではありましたが、S様と対象者を再会させる事となりました。
対象者との再会を進めていき、偶然の再会を作り出して対象者とS様が再会した時、対象者は膝から崩れ落ち、S様に何度も謝罪を繰り返していました。
何度も謝罪を繰り返す対象者に『私の事好きだった?』とS様が言葉を発し、『その気持ちに嘘はない』と伝えた後にS様から『復縁したい』と口にし『許してくれるなら復縁したい』と対象者から返答があり、復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。

学歴や仕事等が彼女の親に認めてもらえなかったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
復縁したい状況彼女の両親から認められて交際したい

彼女と復縁したいT様からご相談を頂いた際に、若干ストーカー気質の疑いがありました。付き合っていた彼女に対して執拗にラインを送ってしまった事、彼女からラインを送って来ないでくれと懇願されていても自分を制御できずに何度もラインした事、状況を口頭で聞く限りでは復縁は難しいかもしれないという判断をさせて頂きましたが、面談時に詳細についてお話しをお伺いさせて頂いたところ、復縁相談の電話とは異なり、状況は悪くなかったという印象でした。

T様から話しを聞けば聞くほど復縁の可能性が見えて来た為、復縁工作のご依頼を承る事になりましたが、状況的にT様が直接対象者(彼女)の所に行けば対象者の両親がT様をストーカー扱いする可能性も高く、T様には対象者の元に行かない様に復縁工作のご依頼前にお伝えさせて頂きました。

復縁する上で一番のネックは対象者の親になり、対象者の親はT様の学歴や仕事などについて認められないとの事で、T様と対象者との縁を切らされたとの事でした。

T様の学歴を変える事は出来ませんし、仕事を辞める事も出来ません。対象者の親が認められない部分はT様にはどうする事も出来ない部分であり、どうにか出来ないか?とT様は悩み、復縁屋の存在を知った様でした。

対象者の親が問題で対象者とT様はお互いに求め合っている関係ですから、対象者へ復縁工作員がT様の友人として接触し、対象者からもお話しをお伺いさせて頂く事が出来ました。

幼い頃から躾が厳しかったけれど、対象者に対しては目の中に入れても痛くない程の可愛がりようで、親からの愛情を一杯に受けて育った為、親のいう事に関して反論する事が難しいとの事でした。

しかし、対象者に対しての愛情の深さがあり、対象者に対しての愛情が本物なら、対象者の幸せを望むのも親の立場ですから、その一点を突破口として復縁工作員が誘導出来ればT様と対象者の望みを叶える事にも繋がり、その為にはT様と対象者の協力が必要不可欠になりますが、対象者達と協力して復縁工作を進めていく事になりました。

対象者の友人として復縁工作員を接触させ、復縁工作員の親の設定で少し年配の復縁工作員を接触させます。家族ぐるみの付き合いという形に持っていく為に対象者と対象者の親を欺き、復縁工作を進めていきます。

年配の復縁工作員が対象者の親と関係を持ち、教育論で花を咲かします。教育論について打ち解けた後に人間関係をより強め、復縁工作員が自分の子供の教育論について語ります。

復縁工作員の話しから教育論についてのディスカッションを繰り返し、年齢を重ねた子供に干渉する度合いについて対象者の親も子供の締め付け方に対する考え方を見直しだします。

復縁工作員の話しを全て受け入れた訳ではなく、復縁工作員も対象者の親の意見を取り入れ、お互いに信頼をおける関係を継続していきます。

復縁工作員が対象者の親に接触してから時間は若干掛かってしまいましたが、T様と対象者の親との関係も和解する事が出来、無事に対象者とT様の交際を認めさせ、復縁工作が成功した復縁工作成功事例になります。

復縁にあと一歩進めないけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金1ヶ月の契約 50万円 成功報酬30%
復縁したい状況関係を後一歩踏み出したいから協力してもらいたい

対象者と別れた後の関係も良好ですが、復縁に向けて後一歩を進める事が出来ず、3ヶ月ほど経った後に再度復縁を申し出たモノの、復縁を断られてしまい復縁屋探しをしていたH様からのご依頼を承りました。

別れの理由は将来が見えなくなり、結婚願望が元々なかった対象者は結婚願望のあるH様との関係を継続すればH様の将来を潰しかねないので早々に別れて早く新しい恋人を作って欲しいとの事でH様に別れを告げたとの事でした。

そこだけの話しを聞いていると別れても簡単に復縁できるかもしれない!?とH様が淡い期待を抱く理由も分かり、1人で復縁活動を頑張っていたのも納得出来ました。

しかし、状況をお伺いしているとH様が考えているよりも問題は難しく、根本的な別れの理由を理解していない様に感じました。面談の際に対象者とのやり取りのデータを拝見させて頂きました。

ラインのやり取りを見ていると一方的に対象者にラインを送り付けるだけで完全にある日を境に対象者の気持ちが冷めている事が分かります。

H様に対象者の気持ちが冷めた理由について理解されているかを確認してみると気持ちが冷めた事にすら気付いていなかったとの事でした。

仮に復縁工作を行って復縁したところで、気持ちが冷めた理由にすら気付いていなかった場合、再度別れに到る事が分かります。

再度の別れに到らないように復縁させるのも大切な事ですし、lineでのやり取りが残されている以上、復縁工作をしなくても復縁に到る可能性があった為、復縁工作の提案ではなく、有料復縁アドバイスのご提案をさせて頂きました。

lineのやり取りから問題点の洗い出しと対象者と連絡した際のやり取り等を常に報告頂き、何が欠けている為に別れを告げられてしまったのか?と対象者が求めている人物像に近付ける様にアドバイスを繰り返します。

自分では気付いていた無かった部分を気付かさせて頂き、なぜ気付いていなかった部分に問題があり、問題を解決しなければ良好な関係を気付けないのか?についてもアドバイスさせて頂きます。

毎日仕事の合間や仕事終わりに担当者とH様が連絡を取り合い、頃合いを見てH様と直接お会いして状況確認と自己改善の成果を確認させて頂きました。

対面して話しをしていると対象者に向けて言ってはいけない事と言わなければならない事の区別がつくようになっており、言動だけではなく行動も変わっている為、意識の改善について理解を示します。

必要な事と必要でない事の分別がつくようになり対象者と会っている時の対応にも変化が見えている事をH様も実感しています。

H様が改善する事で対象者からの見る目も変わり、自分の問題点を第三者から指摘される事で自分では気付かなかった問題点にも気付き、対象者のみならず担当者の目から見ても別人の様に映る姿に対象者の意識を変えさせる様に仕向ける誘導が上手くいった形になります。

復縁する為に必要な事が復縁工作だけではない事をH様にも示す事が出来た案件になり、復縁屋としてH様の負担にならない形で復縁成功をもぎ取った復縁成功事例になります。

別れの本当の原因が全く分からないけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域T様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬10%
復縁したい状況性格が合わないと言われて別れを告げられた状態

T様が復縁したい相手は半年前に別れを告げられた元彼との事でした。元彼から別れを告げられた内容は性格が合わないから別れたいとの事でした。

性格が合わないなら合わせる様に努力をするから別れないで欲しいと縋ったT様に元彼は、そういうところも嫌なんだよ…とバッサリ切り捨てました。性格の不一致の為に別れたいという状況のほとんどが別の理由を抱えており、別れを告げられた方は何をすれば良いのか分からず復縁活動を行います。

こちらのT様も同様で、性格の不一致から復縁する為の方法をネットで検索し、実行するも全く効果が見られず、効果が見られないどころかlineの返信も少しづつ遅くなり復縁とは間逆の方向に進んでいるのではないか?と不安が募ります。

ネット検索をしている中で弊社ブログに行き着き、弊社のブログに書かれている内容を読み、復縁方法を探していた事の間違いに気付き、ご相談頂く事になりました。

状況的には自分で復縁活動をしていた為に復縁の可能性を下げてしまった可能性もあり、少なくとも性格の不一致と言われていただけの状況から状況悪化している事は確実という見方が出来ます。

このT様にとって復縁する為に必要な事は、別れの本当の原因を知らなければならず、別れの本当の原因を知った上で問題点を一つづつ解決していかなければなりません。

問題点を一つづつ解決していく事が遠回りの様で一番の近道になりますが、復縁を目指す方々は焦りや冷静な判断が出来ない為、自分に都合の良い最短ルートを通ろうとして復縁失敗に終わります。そういった事が書かれている弊社ブログを読み、T様はその通りだと理解できた為、状況悪化にはなりましたが、手遅れにならずに済んだとも言えます。

復縁相談を頂いた後に弊社担当者と面談をし、復縁工作のご依頼を頂く形になりましたが、もしも1人で復縁方法を探し、ネット上にある他の復縁方法を実行していたら、この案件は失敗に終わっていたかもしれません。

別れの原因が何なのかも知らず、対象者に独りよがりの復縁活動の結果を浴びせるようにしていれば元彼の気持ちは別れを告げられた当時よりも冷めていく事が分かり、復縁工作を行っても完全に手遅れ状態になっていれば復縁工作のご依頼を承ることが出来なかった可能性があります。

ご依頼後速やかに調査業務を行い、対象者との接触ポイントを探します。T様からの情報通りの行動をしていた為、比較的接触ポイントの割り出しには時間が掛からず、対象者と接触したのですが、当初予想していた通り、対象者のT様への気持ちはほとんど残っておらず、lineで連絡が来る事も復縁を見越しての事だから返信しづらいとの事でした。

lineの送り方に関しても弊社で内容を分析させて頂き、送る内容を添削させて頂く業務を行いながらテクニックを使い、T様の存在をアピールさせていきます。

T様とはlineで恋愛の駆け引きを行いながら、これ以上距離をとらせない様に仕向け、対象者には工作員が接触しながら心理誘導で復縁を意識させていきます。

工作員が別れの本当の原因を聞き出し、T様の何が問題だったのか?についての情報を抜き出します。性格の不一致という理由で別れたものの、対象者が口に出す言葉は一緒にいてつまらない。自分の意思がないので新鮮さも失くし、気持ちがどんどんと冷めていったとの事でした。気持ちが冷めてからは嫌な部分ばかりが目に付いてしまい、一緒にいてストレスが溜まってしまい、冷めた気持ちが怒りに変わる前に別れを告げたとの事でした。

T様に対象者が伝えていた性格の不一致という部分に関しては間違っていなかったものの、何が性格の不一致に繋がったのか?を知らなかったT様はネットで探していた復縁方法が無駄だった事や気持ちを冷めさせてしまった理由の大半が自分にある事を改めて知る事になります。

一緒にいてつまらないという状況はT様にしてみればとても辛い言葉になりますが、事実を知らなければ問題を解決していくことは出来ません。

何がつまらないのか?という具体的な情報も聞き出した為に、対象者が一緒にいて楽しいと思う人物への改善も始めなければなりません。T様が改善に向けて努力をしていく中で、T様と対象者の再会、そして復縁までの順序を組み立てていく為の工作員の心理誘導が始まりました。

T様の中で考えていた対象者との付き合い方自体がそもそも間違っており、対象者が何を求めているのかについてアドバイスを踏まえながら協力していきます。

T様の自己改善は完璧とは言わないまでも対象者と再会しても失敗しないであろう状態まで自己改善を進めていった所で工作員が対象者に話を切り出し、再会へと踏み切ります。

工作員を踏まえた4人で再会した後に対象者の中にあるT様の印象が変わっていたことを確信した工作員は対象者にT様に好意を持っている事を伝えますが、対象者は言葉を濁します。工作員とT様が上手くいくことを再会した後に良く思わなくなってしまった対象者と工作員が口論になり、対象者の口からT様とは復縁するからお前には渡さない。という言葉が出てきます。

ケンカ別れの様に対象者と工作員が別れた後にT様から対象者に工作員から連絡が来て付き合って欲しいと言われて困ってると伝えさせると、対象者の口から、あいつには渡したくないし復縁したいという言葉が出て、対象者から復縁を望む声が出た事で復縁工作は成功しました。

別れてから情報も無く何も分からないけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金5ヶ月の契約 140万円 成功報酬30%
復縁したい状況元彼の事を全く理解していなかった

3ヶ月程度付き合った彼との復縁を望みましたが、対象者の彼の事を何も知らない事に気付いたS様は復縁する為に1人で出来る事はない事に気付きます。

しかし、ネットで検索すると復縁工作の費用は決して安くはない事に気付き、費用を掛けてまで復縁するかについて一ヶ月ほど悩んだようです。

悩んだ末にお金と彼とどちらが大切なのか?に気付き、彼との復縁が何よりも大切だという事で復縁工作の依頼をする決心をしたとの事でした。

面談時に3ヶ月という付き合い期間は決して長いモノとは言えず、復縁工作の費用を掛ける事は本当にS様にとって彼が必要なのかどうか?を確認させて頂き、長時間に渡る面談で復縁したい気持ちをお伺いさせて頂き、彼への想いや今までに出会った事がない男性との交際の楽しさを知ったという言葉に打たれて復縁工作の方法をご提案させて頂きました。

復縁工作の依頼をした後、何もしてもらえず契約が終了してしまったというネットの情報も良く調べられていましたので、他社にも相談した方が良いとお伝えさせて頂き、4社程復縁屋と面談した様でしたが依頼は弊社に頂く事になりました。

ご依頼後、対象者がどこに住んでいるかも職場も分からないとの事なので速やかに調査する事で対象者の居住地から職場も判明させ、対象者の行動を把握します。

万が一にも対象者が結婚でもしていれば復縁はとても難しく、何も情報がないS様にとって妻子の有無は気になる情報でした。

自宅住所の判明から数日経ってもS様の家から女性、子供の姿は確認出来ず、結婚はしていない事が分かります。

彼女の有無に関しても調査開始後に他の女性の存在はなく、女性の影が出て来ない事からも新しい恋人の存在は確認出来ませんでした。

新しい恋人の存在が確認出来なかった為、対象者に接触し、恋人が欲しいかどうかの確認を行っていくと、恋人は欲しいけど恋愛に疲れたという話しをしてくるので、なぜ今までの彼女と別れたのか?という話しに発展します。

対象者から過去に付き合った女性との別れ話を聞く事に成功し、S様との別れについても対象者の口から出て来た為、S様が抱える問題点を知る事が出来ます。

対象者がS様に感じていた不満はS様の我の強さであり、束縛等も多く、結婚をまだ意識していなかったにも関わらず友達が結婚した、友達に子供が生まれた等と結婚を匂わせられる事も苦痛になり、結婚して一緒に生活すれば離婚する事が見えてしまった為、早目に別れを切り出したとの事でした。

工作員と対象者が話していく上で対象者の望む女性像があり、話しを聞いていればお付き合いしていた時のS様とはかけ離れているが、お付き合いする前のS様は対象者が望む女性像に近かったとの言葉を聞き出します。

S様の問題点を知り、担当者がS様に何が欠けているか?対象者がS様に何を求めていたか?についてアドバイスをし、S様との打ち合わせや対象者から好かれる為に何をすべきなのかを繰り返し説明します。

工作員と対象者の仲は深まり、共に飲みに誘いあう関係にはなりましたが、お酒を共にしていると夜のお店にも行きたいと頻繁に口に出し、女性を全く求めていない事はないのは分かりました。

女性を求めている話しをS様にするとS様は焦り、早く対象者から好かれる様にしなければ他に恋人が出来てしまう。と気ばかり焦ってしまいます。気持ちが焦り、どうにかしなければならない。となりますが、気持ちが焦るだけで対象者から好かれなければ復縁はなくなる事もS様に伝え、焦る気持ちを落ち着かせて頂きました。

担当者と二人三脚で自己改善に励み、工作員は対象者に余計な虫がつかない様に妨害しながら復縁工作を進めていきます。

対象者が女性を求めているのは間違いないですが、求めている女性にS様がならなければ意味がない為、S様の自己改善の必要性についても説明させて頂きました。

S様と対象者を再会させる頃にはS様は以前の知り合いの男性や職場でも食事に誘われる様になり、周りからの評価も高くなったところで再会に漕ぎ着け、対象者から見たS様の評価も上がり、対象者から食事に誘われる様になり、数日後にお付き合い一歩手前のところに行きついたところで契約期間が終了してしまいましたが、アフターフォロー期間で最後の後押しをして復縁成功まで至った復縁工作成功事例になります。

元恋人の両親が別れの原因となったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬10%
復縁したい状況対象者の両親が別れの原因!?

M様の復縁は対象者の両親の問題等、様々な問題が山積みであり、復縁する為には一つ一つを解決しなければ先に進めない状態でした。
M様が自分で出来る事はやって頂き、M様が出来ない事を弊社の工作員が補う形の復縁工作を行う形で依頼を承る事になりました。
対象者の両親はM様との交際に付き合った当初から前向きではなく、対象者との交際をしたM様に付き合った当初から『別れて欲しい…』とM様は伝えられていたようでした。

交際当時から問題ばかりあった2人の関係も両親の後押しもあり、対象者は両親の言葉通りに別れを決意してしまいます。
対象者自身は別れたくないという言葉をM様に零していたようですが、最後には対象者の両親の意向に沿って別れを決断する事となりました。
両親の反対を押し切る事が出来ない対象者との復縁を求めて、自分ではどうにも出来ない事を自覚したM様は復縁屋に相談する決意をします。

M様から相談を頂いた際に状況の整理が出来ていなかった事やお付き合いの長さ等から面談の時間も長くなり、M様と対象者の状況を把握するだけでも時間が掛かってしまいました。
状況把握をさせて頂いた後に復縁工作の契約をさせて頂き、復縁工作の方法を提案させて頂きました。
復縁工作の方法の中に対象者の両親への接触を含めるかどうかでM様と打ち合わせさせて頂きましたが、対象者の両親には接触せず、対象者への心理誘導を重点的に行うプランでご納得頂き、復縁工作を進めていきます。

付き合いの長さから情報量はとても多く、対象者の両親についての情報も豊富でしたが、豊富な情報の中から担当者が両親への接触をする必要が無いという判断をさせて頂きました。
対象者の両親への接触をすれば費用も上乗せしなければならず、必要ない工作を省いて最短で復縁に向けて進めていくには対象者への心理誘導が最優先と考えた為、M様へのプランを提案させて頂きました。
ご依頼後、速やかに対象者を調査しながら工作員を接触させるポイントを判明させ、早い段階で工作員を接触させる事に成功します。

対象者の情報を元に工作員を接触させるのですが、M様から聞いた情報を利用して接触させた為、接触までは簡単に進みます。
心理誘導を進める前に人間関係を構築しなければなりませんが、人間関係の構築が想定以上に進みません。
警戒心が強く、少しでも不自然な事を言えば疑いを持つタイプとM様から聞いていた為、工作員も警戒しながら進めていった結果になります。

人間関係の構築に時間を掛け、少しづつ対象者の心を開いた後にM様との関係を聞き出す為の過去の恋愛話に持ち込みます。
自分の事はあまり話したく無さそうだった対象者も人間関係を構築した事によって話して下さいます。
復縁工作を進めていく中でM様との関係を聞きだし、別れの原因について話しを進めていくと両親の話しは一切出ず、対象者がM様を嫌になった要因を幾つも話し、予想はしていたものの、M様との復縁はとても難しい事に気付きます。

対象者から聞き出した情報を元にM様へとアドバイスをさせて頂きましたが、問題点が多く、アドバイスに掛かる時間も相当の時間を費やしました。
工作員が対象者に心理誘導を行う傍らで担当者がM様にアドバイスを続け、復縁する為に少しづつですが歩みを進めます。
対象者と工作員のやり取りの中で露骨にM様の事を拒絶している部分がありましたが、心理状態を利用して拒絶している部分を笑い話に昇華させ、拒絶状態から抜け出させます。
『M様との復縁は絶対にない!』と断言していた対象者でしたが、『M様面白半分なら再会しても良いかな』という言葉もポツポツと出だします。

冗談交じりで言った言葉を実現させるべく再会工作に踏み切り、M様との再会を果たす打ち合わせを行います。
対象者との再会に自信が無いM様は再会工作中も自己改善をした部分をアピール出来なかったと再会工作が終わった後に泣き出してしまいましたが、工作員が対象者から聞き出した情報によると以前のM様とは全く異なる印象を持っていたとの事でした。
再会工作後は対象者、M様、工作員の3人で会う機会も増え、復縁に進まない対象者の心理状態を後押しする様に工作員がそれとなくサポートします。
M様の努力の甲斐もあり、対象者とお酒を飲んでいる席で復縁を約束したのですが、翌日には『お酒の席での冗談だから』と言い、復縁をチラつかせられながらもあと一歩進まない復縁に向けて工作員が後押しし、復縁成功に無事繋がった復縁工作の成功事例になります。

お互いの両親も巻き込んで状況が悪化したけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
復縁したい状況お互いの両親も巻き込み状況が最悪な状態

Y様からご相談頂いた時は対象者との関係が拗れ、対象者の両親とY様の両親迄が揉める様な状況としてはかなり酷い状況になって復縁を口にされました。
『このケースは難しいですよね?』という質問に『かなり難しいと思います。』と答えざるを得ない状況であり、Y様は復縁工作の依頼をしても復縁は叶わないのではないか…という事を考えていました。
『最初から可能性を考えていれば可能性は0%ですね。復縁を諦められる訳ですから復縁工作の依頼はしない方が良いですよ』と担当者が伝えた一言で『この酷い状況を作ったのは私だし可能性なんて元々ないですよね…』とやるしかない自分の状況に気付きます。

復縁工作の依頼を決意したY様との面談の時間を設け、面談中もY様は何度も自分の行動を責めるばかりでした。
自分を攻めるだけでは何も変わらない事を伝えながら、過去ではなく未来に何を作れるか?という話しをさせて頂き、Y様の未来を作る為にご協力出来る事は全力でサポートさせて頂く約束をして復縁工作の契約書を交わさせて頂きました。
復縁屋との契約や面談に対して色々な不安を感じていたとの事でしたが、何もせずに対象者を諦めるよりもやれる事をやって失敗する方が良いという姿勢を感じました。

もちろん依頼を頂く以上、失敗前提の依頼を請ける事はない為、突破口はあるという話しをY様にも説明させて頂きました。
復縁工作の方法を提案させて頂いた際に両親同士の問題に関してはY様が説得できる自信があるとの事で任せる事になり、対象者の事に関しては一任して頂けるとの事でした。
対象者の調査を行い、別れた後に両親と対象者の関係について調べていくと、対象者と両親はY様の事が原因で関係を悪化している事が発覚します。

対象者は対象者の実家に住んでおり、張り込み中に何度も対象者と両親の言い合いであろう声が聞こえており、時折Y様の名前が出ていた為、調査員は対象者達親子の関係が悪化している事を見抜きました。
復縁工作で工作員が対象者に接触しようにも1人で歩いている対象者が明らかに不機嫌な表情のまま歩いている事に気付き、声を掛けるに掛けられない状況が多く、接触のタイミングがなかなか出来ません。
ある時は対象者が路上喫煙している人物に注意をし、路上喫煙者と口論になる等、Y様から聞いていた怒らない優しい人という情報が覆る様な行動ばかりを起こします。

客観的に見てもイライラしている状態が続き、笑顔を1つも出さない対象者の写真をY様に見せながら打ち合わせをしていると、Y様は写真を見て、『こんな人にしてしまったのは全て自分が悪い…』と声に出して泣き出します。
Y様は別れてから食事も喉を通らなくなり、睡眠も深く取れず、寝静まり夢を見ては対象者の事を思い出し、辛い毎日を送るものの、『原因を作ったのは自分だから…』と苦しさを全面的に受け止める状態が続きます。

Y様の苦しみを毎日の様に打ち明けられながら、対象者の状況を報告させて頂くと『接触は今の時期はしない方が良いですよね…』と工作員が動きを取れない状況も理解し、Y様にも辛抱強く接触のタイミングを待って頂く事となりました。
接触のタイミングを計っている間に時間も経ち、対象者の表情が少し柔和になった変化があり、タイミングを見て接触を図ると順調に連絡先を交換し、接触出来た事をY様に報告すると大喜びして頂けました。
接触後、事前に提案していた復縁工作の方法に取り掛かりましたが気持ちの落ち着いた対象者はY様から伺っていた情報通り怒る事無く穏やかな話し方をする人物で工作員の話しに耳を傾けてくれます。

両親との間に起きた問題についてもストレスを溜めていたのかスラスラと話して下さり、Y様との間にあった事や両親との事等を打ち明けてくれた為、対象者のストレスの大きさを実感します。
工作員が対象者の話しを聞いて気付いた点が両親との確執のお蔭でY様との間に起きた出来事が少し霞んでおり、別れるまではY様との関係がキツかったものの別れてからは嫌な事も含めて良い思い出と少し変わっていた事になり、元々Y様に提案させて頂いた方法に付け加えて思い出について美化させる事も含めて心理誘導を進めていく事となりました。

Y様には対象者から聞き出した別れの原因についての改善を求め、辛い、苦しい等の泣き言を言っている暇がない程、日々担当者とのやり取りを進めていきます。
元々、自分の問題点に気付いていたY様は自分で直さなければならない部分に関しては直していた事もあり、自己改善はスムーズに進みます。

復縁工作も佳境に入る頃には対象者は両親のせいでY様と別れなければならなくなったと記憶が錯誤しだしていた為、Y様との再会工作の目途が立っていましたが両親との確執を落ち着かせる様に仕向けます。
Y様の依頼のケースは対象者だけではなく対象者の両親の問題もあった為、難易度がとても高い案件でしたが、心理誘導が上手くハマり、別れの原因を作ったのは少なくとも対象者の両親も関与している事だと錯誤してくれた為、工作も順調に進み出します。

両親との確執を取るアドバイスを対象者に工作員がし、両親との確執が取れた事を対象者から聞き出した5日後にY様と対象者の再会工作を進める事となりました。
久し振りの再会に緊張して眠れなかったというY様と対象者を再会させるにY様には有給を取って頂き、元々シフト制の仕事をしていたY様に不自然さはなく再会工作がスムーズに進み、対象者から『親が余計な事を言ってゴメン』とY様もビックリする発言が飛び出します。
再会した当日に復縁まではいかないものの、連絡を取り合い、デートを繰り返して復縁までこぎつけ、復縁する直前には工作員の後押しも必要ない程の関係を構築した復縁工作の成功事例になります。

セフレ以上になれなかったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 70万円 成功報酬30%
復縁したい状況セフレから先に進めない悩みを抱えていた

セフレから付き合うまでに戻りたいんです…という相談を頂いたのは深夜帯の午後23時を回る頃でした。

セックスだけの関係のセフレから脱却してどうにか関係を取り戻したい…とご相談頂き、今の心境をお話し頂きましたが、状況はとても悪く、そこから復縁…?と弊社相談員も頭を傾げたくなる様な状況でした。

週に3回ほど体の関係を持ち、セフレとしての地位を確立した上で恋人しての関係を構築したいとの事ですが、関係を構築する為にセフレという関係を構築してしまった以上、1人で関係を構築し直すのはとても難しいとの判断でした。

A様の熱のこもった話しはあっても復縁する為に意思を強く持ってもらわなければどうにもならない部分もあり、長時間に渡る面談の末、A様の熱意に負けた…という事もありますが復縁工作の依頼を承る事になりました。

復縁する為には復縁工作中にA様との体の関係を持たない事を大前提とし、体の関係を一度でも持ってしまえば復縁工作の依頼を打ち切らせてもらう条件で契約書を交わします。

復縁工作中にA様と対象者が肉体関係を持とうが弊社は確認しようがない事実になりますが、A様の決意を確認する為の理由として条件付きでの依頼を承ります。

復縁工作のご依頼を頂いてからは対象者と工作員が接触して対象者から話しを聞く限り、セフレとして上手くやっているから復縁はない!!と強い口調で伝えられ、復縁工作員も半ば諦め覚悟半分で復縁工作を行っていました。

復縁工作員から担当者に『なぜこの依頼を請けたのか?』という怒号にも近い質問を繰り返され、復縁工作員のやる気が出る条件は1つもありません。

しかし、担当者だけは復縁工作の依頼を請けた理由があり、キッカケを見出していた為、キッカケを作り出す復縁工作を工作員に提案し続けます。

工作員に何度担当者から説明しても理解出来なったものが、現場の状況が変わり、担当者の考えていた通りのシナリオに進みます。

シナリオに沿った形で復縁工作を進めていくと担当者の意図を組んだ工作員は担当者との打ち合わせを増やし、担当者の意図を組んだ復縁工作を進めていきます。

A様には分からなかった復縁工作のシナリオがA様にも分かる様になったのは復縁工作の半ばあたりになり、対象者の心境の変化を感じた工作員は担当者を通じてA様に復縁の可能性を伝えていきます。

復縁工作が担当者のシナリオ通りに動き、シナリオが当初に描いた通りに進んだ事を知ったのは工作員からの報告が担当者に伝わった頃になり、復縁工作は成功に向けて進んで行く事となりました。

A様も予期せぬ復縁工作が成功したのは担当の技術もあり、復縁工作で描く未来がたった1人見えていた部分が強くあり、誰もが絶望の中、1人の存在がA様に笑顔をもたらす結果になった復縁工作成功事例になります。

風俗嬢に想いを伝えたら縁を切られたけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域H様 福岡
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬20%
復縁したい状況対象者の風俗嬢との連絡を一切切られた

1年間風俗に通い詰め、外で会う事も許されながら外では身体の関係を持たず普通の付き合いに昇華させたと思っていたH様は突然対象者の風俗嬢に別れを切り出されます。
何度も『風俗で働くのをやめて欲しい』と伝えていた事が対象者の機嫌を損ねてしまい、『もう会いたくない』と言われて店への出入りすら禁じられてしまった事が原因との事でした。
対象者の機嫌を損ねた事は理解していましたが、対象者と会えなくなる辛さや軽はずみな発言で縁を切られてしまった事に取り返しのつかない事をしたと復縁屋への依頼を検討したとの事でした。

店に出入りする事も連絡先も全て遮断されてしまい、復縁する方法が全く思いつかなくなってしまった為、復縁工作の依頼をする以外に対象者との縁を取り戻す術が思い付かなかったとH様は語りました。
面談中も営業での色恋と普通の恋愛とは異なる事を理解していたけれど気持ちが抑えられなくなった事を悔やみ、対象者への思い入れを担当者に話しました。
復縁する為に自分ではどうにもならない事を理解し『助けて欲しい』と懇願されましたが状況的に風俗の仕事絡みのお付き合いに持っていくのは出来ても、そこから先の仕事の関係がない恋愛に持っていくのはH様次第である事をお伝えして納得頂いたので復縁工作の依頼を頂く事となりました。

対象者が出勤している風俗店へ潜入調査を行い、対象者との連絡先交換を行いながらも何度か風俗店へ通います。
工作員との関係が良好になっていく中で、店外への連れ出しや一緒に遊ぶ関係に迄、発展させ、過去のお客さんについて話しを聞き出します。
過去のお客さんの中で嫌なお客さんの中にH様であろう人物も含まれており、H様に対する不満も含めた他のお客さんの不満も聞きながらお酒を飲みながら食事をしていると風俗のお店を辞めたい事を吐露して来ます。

仕事への悩みや年齢の悩み等、様々な不安を抱えている風俗嬢は多く、対象者もその内の一人であり、工作員は話しを全て聞きながらH様との関係を取り戻せる様な心理誘導を行わなければなりません。
話しの中で出て来る仕事への不満から今までに風俗の仕事をやめて欲しいと言った人物はいないのかを確認すると、H様も含めて沢山の方々に風俗の仕事はやめて欲しいと言われたけれど金銭的な問題を抱えている為、辞めるに辞められないという話しを零します。
自分で言う分には良いけれど、他人から指摘されると風俗の仕事を下に見られている様に感じるという対象者の気持ちが分かり、H様が口に出した言葉は対象者をバカにしている様に聞こえてしまった事が分かり、対象者に嫌なお客さんとの付き合い方について遠回しにアドバイスをしていくと、試しにやってみようという事になり、対象者からH様に連絡が入りました。

利用する為にH様への連絡を再開した対象者の気持ちをH様に伝えましたが、最初はどんな形でも良いから縁が戻った事をとても喜びます。
H様が口に出して対象者の怒りを買った事等の話しは一切させず、何も言わず良好な関係を築いていた頃の様な接し方を心掛けさせながら工作員はH様との交際をスムーズに行かせる為のアドバイスを対象者に施します。
H様と対象者の関係は金銭が発生するものであり、復縁したものの、そこから先を対象者に意識させない様にしながら関係を深めていく方法をアドバイスしながらH様が対象者への接し方を変えていくと工作員が対象者にアドバイスしていた通り、以前の関係に戻り風俗嬢の対象者との復縁工作が成功した事例になります。

H様と対象者は復縁工作をする以前の付き合い方も会う度に金銭が発生していましたが、関係を取り戻すには仕方がないとH様も納得していた様で、会う度にお金の無心をされる関係ではありますがH様の要望が叶う形となり復縁工作は成功して幕を閉じました。

DVが原因で別れた事を隠したかったけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 東京
契約期間と料金5ヶ月の契約 150万円 成功報酬30%
復縁したい状況内縁の妻と結婚したい

男性R様から復縁工作の依頼を頂いた際にR様は対象者(内縁の妻)に対して暴力を何度か振るった事があるとの事でした。対象者には以前の旦那との間に出来た2人の子供がおり、付き合い当初はR様は子供を溺愛していたものの、自営で進めている仕事が上手くいかず、仕事が上手くいかないストレスを対象者にぶつけてしまい、家庭環境が悪化している事に気付き、暴力で対象者を繋ぎとめようとしていたとの事でした。

R様は見栄を張るタイプで、復縁工作のご相談を頂いた際も自分がした事を隠そうとし、必死に取り繕おうとしていましたが、相談員がR様の隠し事を見抜き、正直に話しを聞かせてくれないのなら依頼を断らせて頂く旨を伝えて、R様から正直に話しを聞かせて頂きました。

対象者に対する執着心が強く、対象者を失う恐怖から冷静な判断が出来ない事等を少しづつ吐露します。プライドが高いR様が涙を流して語ったのは深夜12時を回る頃の事でした。

復縁工作の依頼を頂き、対象者への接触を計り、R様が対象者に対してした事を全て聞き出します。対象者は初めて男性から暴力を振われた事が原因で別れを決意していたものの、別れたら家族全員を殺す等の脅しを言われてしまい、暴力を振われていた事もあり、逃げ出す事が出来ないとの事でした。

実家も知られており、子供達の身の安全を考えるとシェルターに逃げるかどうかを検討していたとの事で、R様が面談時に話していた事が10分の1程度の内容でしかなかった事に気付きます。

状況の悪さを対象者に接触する事で知り、DVをしていた事に対する認識をR様に植え付けさせます。対象者と接触した後に対象者の味方となってR様も交えて3人で話し、R様に対して対象者が想っている事全てを吐き出させました。

言葉では、ごめん。もうしない。とR様は何度も同じ言葉を出しますが、対象者よりも復縁工作員が、ごめん。もうしない。という気持ちが伝わらない。という事をR様に伝えます。

対象者よりも工作員がR様を責める事でR様のプライドはズタズタになり、見栄を張る性格に関しても対象者と復縁工作員で責め続けます。

R様が対象者と復縁工作員から責め続けられる事5時間の間に涙を流すR様の姿があり、対象者が涙を流すなら…という言葉を出した途端に工作員が、泣いて済む訳がない!と更に追い打ちを掛けます。

責められ続けたR様の姿を見た対象者が、もう二度としないよね?とR様に声を掛け、対象者の母性本能をくすぐる心理誘導が成功する形となりました。

しかし、DV案件の場合、一度復縁したところで、スグに暴力を振う事等が考えられます。DVを行う者は、その場限りの反省を口にし、同じ事を何度も繰り返すのが特徴になり、カウンセリング等に通い治そうとするDV加害者は多いのですが、まず治りません。

再度DVをして対象者が完全に見切りを付けさせない様に工作員が対象者と連絡を取り合う事で、R様のDV抑止とR様に弊社の自己改善プログラムを行わせる事で、一瞬の復縁ではなく、復縁した後に円満な家庭環境を作れる状態を作り出しました。

DV被害に対して、復縁工作員が対象者のガス抜きをし、少しづつ夫婦の在り方というモノを説明していきます。同時進行でR様に対しても夫婦関係の在り方に対するアドバイスを行い、DVが起きない環境作りを復縁工作員が行います。

対象者とR様との関係が付き合い初めの頃の様に戻ってきた頃には対象者から復縁工作員への連絡頻度も減り、R様からの報告で夫婦関係が改善されていった事も分かります。

復縁工作の依頼を頂くまではR様に対して恐怖を感じていた子供達もR様との関係を取り戻し、内縁とは言え、夫婦という形を取り戻した後に、子供達がR様の名字に変わりたい!という声を聞いた時に本当に嬉しかった。という声を聞いた復縁工作成功事例になります。

元彼はまだ自分の事が好きだと思う。という依頼者の復縁工作が成功した事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 70万円 成功報酬20%
復縁したい状況彼はM様の事が好きだけど距離の壁に阻まれた

遠距離の末に別れてしまった女性からご相談を頂いた時、女性M様はまだ対象者の彼がM様の事を好きだと認識していると思い込み、事あるごとに『彼は私のことを好きだと思うんです』という言葉を発していました。

ご相談頂いている最中に何度も『彼がM様の事を好きなら別れてないのではないですか?』という言葉を掛け、『でも…だって…』を繰り返す女性M様に『その考えですと復縁工作の依頼を請けても失敗するので弊社では請けられない為、他の復縁屋にご相談下さい』とお伝えさせて頂きました。

他社に依頼した女性M様が再度弊社にご相談頂いたのは初めてのご相談から一か月後の事でした。他社に依頼した後に何も進まず、報告なども一切ない事から不安になり、弊社に再相談を頂きました。

他社で何も進まない事ももちろんですが、一ヶ月経っても対象者から何も連絡がなく、M様が考えていた『対象者がM様の事をまだ好きかもしれない』という考えに疑問が沸いてしまい、弊社相談員が伝えた事が正しかったのではないか?と考え直した様でした。

他社の依頼を途中で辞めて弊社と契約を交わし、復縁工作を開始します。ご依頼頂いた翌日に対象者の調査を開始し、調査開始から数日後には対象者に彼女がいない事が判明します。

仕事が忙しいという理由で別れた様でしたが朝9時から出勤し、19時頃には退社する生活が続いていた為、仕事が特別忙しいという理由が原因で別れたと思い込んでいたM様の考えとは異なります。

新しい恋人の存在も確認出来なかった為、早々に対象者に接触してM様と別れた本当の理由について聞き出していきます。対象者から出てきた言葉は常にM様と連絡を取り合わなければならない状態になり、遠距離で距離が遠いのに束縛されている感じがして、楽になりたくて別れたのが別れの原因だった事を聞き出します。

M様に対象者から聞き出した情報を伝えると、連絡を強制していたつもりもなく、強制していないのに『束縛を感じるなんておかしい』という言葉が出て来ました。

M様がどう思うか?ではなく、対象者がどう思うか?が大切であり、対象者が束縛と感じていたなら、それが結果ですよ。という旨をアドバイスさせて頂き、何故別れたのか?という原因を聞き出した後に関係を修復する為にやらなければならない事を伝えていきます。

幸い別れてから彼女が出来ていないとは言え、遠距離で現実的に再会させるのは難しい事もありましたが、対象者と直接再会させるのではなく、連絡を再会させる事から始める為の心理誘導を行いました。

独り身で寂しい事や、M様は対象者の事を好き過ぎて束縛する様な形になってしまったのではないか?という方向でM様がすれ違った原因の理由を他に作り出し、好き過ぎてしまったのは対象者がM様にとって魅力的であり、M様を利用する様に上手に付き合ってみてはどうか?という提案をします。

女性を利用するのは性に合わず、都合良く使うのは快く思っていないけれど、取り敢えず連絡はしてみようという対象者の誘導に成功し、M様との連絡が再開しました。

M様と対象者の連絡が再開した後は担当者がM様にアドバイスをしながら束縛にならない様に距離をしっかり取って対象者との会話を進めていきます。

連絡を再開した後、M様が対象者を束縛しない適切な距離で対象者と話しをする事が出来、束縛を感じなくなった対象者が工作員に『最近アイツ(M様)との会話が居心地い良いんだよね』という言葉を聞き、M様が対象者にもう一回だけチャンスをあげるよ。という言葉を出して復縁工作が成功した成功事例になります。

自己改善が追い付かず復縁工作の進行を遅らせて成功した事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域T様 神奈川
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬20%
復縁したい状況復縁できる見込みが全く本人にはなかった

T様からご相談を頂いた際に何度も復縁できる見込みはあるのか?を質問されましたが、復縁できる見込みがなければ復縁に向けて行動出来ない人は復縁できない事を伝え、復縁に向かう決心を頂いたのがlineでご相談頂いてから一週間後の事でした。
初めてline相談を頂いてからずっと復縁について思い悩んでいたというT様の言葉からは復縁したい気持ちが伝わり、初めて相談頂いた時とは全く異なる相談内容になっていました。
復縁できるかどうかではなく、やるかやらないかの選択ですよね?という言葉を面談の担当者に伝え、面談の担当者も相談員とT様のlineのやり取りを見ていた為、line相談者と面談に来ている人物が本当に同一人物なのか?という疑いを持ったと担当者は後に口にします。

T様からご相談頂いている最中も真剣に話しを聞き、分からない事や疑問に思った事を質問し、復縁できるかどうかではなく、復縁するぞ!という気持ちが見える形となりました。
復縁したいのは自分なんだから…という言葉を面談時にしきりに口にしていた様で、状況を聞いていた担当者が圧倒される位に復縁への気持ちがみなぎっているのが分かったようで、面談も通常よりも時間を使い、復縁する方法についても説明させて頂きました。
復縁工作の方法も説明すると、工作員が何を言っても自分次第で復縁できないですよね?と初めてline相談を頂いた時とは全く異なる見方をしていた為、何かが初めて相談を頂いた時からあったのか?と思えるほどの変化を見せて下さいました。

復縁工作の契約書を交わし、着手金の入金後に速やかに復縁工作に取り掛かると早い段階で工作員を対象者に接触させる事が出来、面談時にT様が気にしていた別れの原因とは異なる別れの理由について話しをされました。
T様に思い当たる節があるか?を確認すると、覚えてない事が問題ですよね?という返答が来て、覚えてなくても同じ事をしない様に自己改善に励みましょう。とアドバイスにも熱が入ります。
対象者からT様の印象を聞く事やT様との思い出を聞く事等、復縁させる為の前ふりを幾つも入れておき、T様が復縁しやすい環境作りを工作員が手伝います。
対象者から聞き出した情報を元にT様は自己改善に励んでいましたが途中で気持ちが折れそうになる時もあり、担当者が励まして気持ちを奮い立たせていました。

対象者に心理誘導を行い、復縁に対する意識を付けていくと対象者はT様の嫌な部分について過去のエピソードを語りました。
工作員が耳を疑う様な事もありましたが、対象者が話しを盛り上げる為に大きく事実とは異なる事を話しているだけであって欲しいと考えていましたが、T様に報告すると事実である事を明かされます。
T様が交際時にやらかしていた事は社会人とはあるまじき行動であり、それに対してT様は当時何とも思っていなかった事と、復縁工作の依頼をいただいてからも、その部分に関しては問題視していない事を明かされ、何故対象者が別れを告げたのか?について再度考え直させましたが、これが思いの外時間が掛かりました。

復縁する為に工作員を接触させていましたが、T様の自己改善の速度が追い付いていない為、少しづつ対象者が復縁を意識しだしているにも関わらず、再会させられる状態ではない為、接触はするけれど復縁を意識させる様には話しを進めない事をT様に伝えます。
しかし、工作員が行っていた心理誘導が思った以上に効果を表してしまい、工作員は心理誘導をしていないにも関わらず対象者から復縁の話しを持ち出される始末になりました。
復縁の話しを避ければ次から復縁の話しが出しづらくなる為、対象者の話しに合せて復縁に向けた心理誘導を進めていきますが、対象者の気持ちもピークに近い状態になり、いつT様に対象者から連絡が行くか分からない状態だった為、T様の問題改善に向けて全力で取り組みました。

T様には仕事を1日休んで頂き、問題点について朝から晩までアドバイスをさせて頂き、何がいけないんか?の根本の原因について理解して頂く様に進めていきました。
時間を凝縮して理解させてしまった為、一夜漬けの様な形になってしまいましたが、いつ対象者から連絡が来るか分からない状態の為、致し方ない処置を取る事となりました。
一夜漬けではありますがT様の理解深まり、対象者との再会の連絡をT様にさせる事で対象者の都合に合せる事が出来る事と、それまでの期間にも問題点を直す時間稼ぎが出来る事、そして工作員が対象者と接触してしまえば完全に復縁への意識が出てしまう為、少しでも問題点を改善する為の処置を施しました。

時間稼ぎをしながらT様にはせめて及第点レベルまで引き上げさせて頂き、復縁に向けて進められる状態になったので再会の約束を進めてもらいました。
再会当日、対象者とT様の2人で会う事になり、別れてからあった事等を話すと同時に復縁工作の依頼中にさせて頂いたアドバイスを活用して頂き、会話を盛り上げているT様の姿を確認しました。
復縁工作で対象者の気持ちは完全に復縁するモードになっていたので多少のT様の失敗は目をつむってもらえるはずという認識で再会させた為、話しの内容全てを担当者が耳にする事は出来ませんでしたが、聞こえる範囲で近くに待機していた担当者は再会の状況についてT様から聞き出しました。

話しの流れ等が上手くいった事や自分なりに直した部分が出なかった事等を確認し、対象者とlineのやり取りが行われ、lineのやり取りは添削させて頂きましたが、T様からlineで告白をし、対象者からO様K様のスタンプをもらって復縁した復縁工作の成功事例になります。

様々な原因で別れを告げられた事は分かるけど復縁したい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
復縁したい状況結婚に進まない事に業を煮やした彼女に別れを告げられた

元彼女から別れを告げられた理由は結婚に向けて中々先に進まない事が原因で別れたとの事でした。

M様の中では結婚を考えていたけれど時期ではないと思い、結婚をはぐらかせていたけれど我慢していた対象者(元彼女)は我慢の限界に達してM様に別れを告げて来ました。

復縁相談を頂いている間に担当者は別れの原因は結婚が遅かったからではない事に気付きます。

対象者からは結婚を理由に別れを切り出されたモノの、本来の理由は別の要因があった事を相談時の内容で気付きました。勿論明確な理由ではありませんが、結婚の話しは後付の様に見え、M様から頂いた相談内容を元にアドバイスをさせて頂くとM様も薄々は結婚が理由ではない事に気付いていたとの事でした。

復縁する為には別れの本当の理由を知らなければ前に進む事が出来ません。本当の別れの理由を知る為に弊社に復縁工作のご依頼を頂き、工作員を対象者に接触して本当の別れの原因を聞き出し、問題点の洗い出しを進めていきます。

復縁工作のご依頼を頂いた後、対象者が二股をしていなかったのか?を調査し、もしもお付き合いしている異性が存在すれば別れの本当の理由は二股相手との交際という事が判明しますが、調査の末、別の異性の存在が浮かび上がってくる事はありませんでした。

調査結果を報告した際にM様は安心し、復縁する為に余計な心配が1つ減る事になりましたが、別れの原因は少なからず自分にある事に気付きます。

対象者に接触して話しを聞き出すまでは自分の抱えている問題が何なのか?について全く分からず、工作員が対象者に接触する日にはドキドキするという事を頻繁に口にしていました。

接触当日から過去の恋愛話等を聞き出せるケースは少なく、最初は人間関係を築き上げるに留まりましたが、事前に頂いていた情報を活用し、対象者との関係を良好なものとして築き上げることに成功します。

工作員からの誘いに対象者のノリの良さが手伝い、誘えばスグについて来る事もありましたが、想像以上の食いつきに工作員が少し困惑してしまいました。

工作員への食いつきの良さは後々に判明したのですが、M様と別れてから寂しさも手伝い、1人でいる時間が増えるのを避ける為に工作員を利用していた事が分かります。

対象者はM様との将来が見えない事も別れの原因の一つにあったのですが、対象者のご両親がM様との交際にNGを出していたとの事でした。対象者の気持ちはM様に残っていましたが、M様が前科者という事もあり、対象者のご両親は大切な娘を前科者の嫁にしたくないとの想いがあり、ご両親に前科があると伝えてしまったM様のデリカシーの無さに怒りをずっと抱えていたようでした。

デリカシーの無さは常々M様が注意されていた事で、デリカシーの無さを理解出来ないM様と結婚してもご両親が納得しない事をずっと抱えていた為、見切りを付けたとの事でした。

M様のデリカシーの無さについて対象者から聞きだし、M様の問題点を改善する様にアドバイスを進めていきます。

今迄のM様なら気付けなかった事に気付くようになり、辛い想いをさせてしまっていた事にも気付く事が出来るようになった事で、対象者の苦しみを心から理解出来るようになりました。

対象者の苦しみに気付いたM様は自分が対象者を苦しめていた事を理解した上で対象者に謝罪の言葉を伝えたいと担当者に泣いて伝えます。

しかし、対象者と対象者のご両親の問題を解決しなければ再会はまだ早いと判断した担当者が再会工作にSTOPを掛けました。

対象者と対象者のご両親の問題を解決させるにあたって工作員が対象者にアドバイスを行い、対象者が工作員のアドバイス通りの行動をし、少しづつご両親の説得をし始めました。

M様への愛情が亡くなった訳ではなかった対象者は自ら復縁する為にご両親の説得を始めますが、その話をM様に伝えると自分の過去を責め始めました。

対象者がご両親の説得を初めて2週間経った頃にM様との再会工作を提案させて頂き、M様が本当の意味での反省を対象者に伝える事に成功します。

ご両親の説得は難航しているけれど、気持ちが強く残っていた対象者はM様の想いを受けて、ご両親の説得前に復縁し、M様と対象者の2人で対象者のご両親の元へ行き、無礼な事をしていた事や対象者を絶対に幸せにしてみせるという言葉を対象者のご両親に向けて話し、対象者のご両親も気持ちに押されて復縁を認めざるを得なくなり、ご両親にも認められながら復縁成功した事例になります。

2社の復縁屋に依頼して失敗したけど復縁したい

  • 依頼者 :タケシ(38)
  • 職業  :エンジニア
  • 状況  :別れてからすぐに復縁屋に相談し、復縁工作の依頼をしたが解決に到らなかった。対象者との連絡は取れ、対象者の新たな気になる異性の存在は掴んでいる。

タケシさん(以後依頼者)から復縁相談が弊社に来た際には他の復縁屋に依頼している最中でした。

弊社への復縁工作の依頼は三社目で、今迄に行った二社では復縁に至らない事から最後に頼った所が弊社との事でした。

相談いただいた際に依頼者からお伺いさせていただきました内容は下記のモノです。

  • 復縁の為に何をすればいいのか?というアドバイスをくれる訳ではなくて、復縁工作の依頼をしたら調査と工作をします。
  • と言いながら、本当に接触はしてくれているみたいだけど、彼女(以後対象者)から聞いた話しだと道を聞かれた人がいた…程度の人という認識でした。
  • その事を一社目の復縁屋(以後復縁屋A)に伝えた所、復縁屋Aが言ってきたのは、「それは自分達ではないですね。違った形で接触しているんで大丈夫ですよ。」という言葉が返ってきました。
  • 復縁屋Aの話しを信じて1か月経った頃、「何も進展ないですか?」と話した所、「順調に進んでいる」という話しをされて、何もないままそのままズルズルと契約期間が迫って来てしまい復縁は難しいかと思っていた所、復縁屋Aからこういった連絡が来ました。
  • 「もう少しで復縁成功すると思いますが、期間内に終わらなく、こちらの落ち度という部分もあるので更新してくれるのであれば更新される際の料金はサービスさせていただきます。」
  • この頃には復縁屋Aに電話をしても出てくれず数日後にメールが来るだけでメールでのやり取りだけが数日おきに行われる事になりました。
  • 彼女と連絡をしていても復縁に進んでいる様にも思えず契約更新をやめて違う復縁屋に依頼する事にしました。
  • 違う復縁屋Bは調査をしてくれて工作もしてくれましたし復縁屋Bの工作員と彼女が一緒に写真を撮っている所も送ってくれましたが自分が何をすればいいのか?という事に対してアドバイスをしてもらいたいと伝えてもアドバイス料は別料金ですと言われてしまい、お金を払ってアドバイスをもらった所、自分で考えてみて下さいというアドバイスしかもらう事が出来ませんでした。

こういった状況から弊社に相談をいただきました。

弊社では復縁屋Bとの契約が続行中との事でしたので、その情報をいただき、復縁屋AとBの情報を分析し、どういった調査、工作が行われていたのか?という分析から始め、復縁屋Bに対して工作の要求の仕方から彼女への接し方等のアドバイスをさせていただきました。何をすれば復縁に繋がるのか?という復縁のビジョンを展開させていただき、外部要因は復縁屋Bに任せる形となり、復縁屋Bの操作が上手くいかない場合に弊社で復縁工作の依頼を承る旨を話しましたが復縁屋Bの工作が進んでいない事を依頼者から申し付けられたので復縁工作も承る形になりました。

弊社の工作員が実際に対象者に接触して入ってきた情報と復縁屋A、Bが入手した情報には大きな誤差があり別れの原因はおろか今現在新たな恋人がいる事すらつかめていませんでした。新たな恋人とは依頼者から最初にヒアリングの際に聞いた方とは異なる人物で実際に付き合っているのかどうかを素行調査で確認した後、接触して本人達の口から聞きだしました。

この状況であればいくら復縁工作を行った所で復縁に辿り着く事はありません。

対象者に別れさせ工作を行い別れさせる事で当初のプランとは異なった為、契約期間が延長してしまいましたが弊社のアフターフォロー期間を使い別れさせ工作後に行った復縁工作によって復縁成功します。

復縁成功率を上げる為には現実の状況をシッカリと把握する事が出来なければ成功率を上げる事は出来ません。そして成功させる為のビジョンを依頼者に明確に提供出来なければ依頼を請けても失敗する可能性が高いのです。

復縁屋A、Bがシッカリと調査をして情報を集めた後に工作を行っていれば依頼者が考えているよりも早い段階で復縁に至っていた筈ですし、接触したであろう復縁屋Bがどんな接触の仕方をされ、何をされていたのか?疑問に感じてしまう終わり方になってしまいましたが復縁成功する事が出来て依頼者も一安心したようです。

長男になってしまった男性への復縁工作が成功した事例

「大したことじゃない理由でした。でもきっと、その対したこと無いことの積み重ねが、妻にも僕にも負担になったんだと思います」

そう語る依頼者(20代後半)は、がっくりと肩を落としました。

対象者である奥様(20代後半)との出会いは大学時代。

穏やかに付き合い始めて、卒業後も穏やかに付き合い続け、そして結婚。

結婚生活も穏やかに続くと思われたが、結婚して2年経ったある日、離婚を求められた。

「最初は理由がわからなかったです。喧嘩もしたことがなかったですし、双方の実家にも、仕事にも、何も問題はない。僕はそう思っていたんです」

どうしてか理由がわからない依頼者は、理由の説明を求めました。

すると奥様は、「本当にわからない?」とため息を吐かれたそうです。

曰く、結婚する前の同棲時代から、あなたのだらしが無いところが我慢できなかった。

でもそれもあなただし、フォローできるところはしようと思った。

だけど、どうしても我慢できないことがある。

トイレの使い方だ。

使ったあとは自分で掃除をして、綺麗に拭いてと、結婚前の同棲していたときからずっと言ってきた。

でもあなたは変わらない。

あなたが汚すトイレを掃除するのはもう嫌だ。

一度もう嫌だと限界を感じると、あなたの全てが嫌になったしフォローする気になれなくなった。

もう無理だから離婚してください。

立て板に水でまくし立てられた依頼者は何も言えず、そういえばトイレ掃除に関して言われていたことを思い出したけれど、「まさかそんなことで…」との気持ちが生まれ、そしてそれを口に出してしまいました。

「そんなことよ!でもあなた、そんなこともできないじゃない!たったひとつ、たったひとつのわたしのお願いも聞いてくれないのよ!あなたが汚したトイレを掃除するのはもう嫌なの!」

そう言われてもやはり納得はできなかったが、そんなに自分のトイレの使い方はよくないのかとプライドが傷付いた面や対象者の剣幕に負けた部分もあり、その場で離婚に同意してしまったそうです。

「そうは言いながらもすぐは出ていかないだろうと思っていたら、次の日にすぐ出て行ってしまって。どうすればよいのかわからず、ジースタイルさんに電話をしてしまいました」

恐らく対象者は、実際に依頼者がトイレ掃除をしないことを怒って離婚を決意したわけではないことを察することかできました。

復縁調査のメインは接触での離婚理由の調査が主になります。

調査と平行しながら、対象者に接触します。

調査の結果、結婚後に取得していた資格を利用し、奥様はネイリストの仕事をしていることが判明しましたので、客として店に赴き接触をすることにしました。

年齢が近い女性工作員を、客として派遣します。

対象者と同じ地元出身ということにし、その話題から盛り上がるようにします。

また服装の趣味や口癖等も調査し、それらを対象者にフィットさせ、尚更親しみを持ちやすい設定にしました。

案の定自分と似ている調査員に心を許した対象者は、なんと一度目の接触で連絡先を工作員に教えてくれました。

これには工作責任者も驚きましたが、対象者は元々オープンマインドな性格なようで、運がよかったのもあります。

LINEのやりとりの中で最近離婚をしたことを聞き出し、自然な形で離婚の理由を聞きます。

「元旦那って、同じことを何回言ってもすぐ忘れちゃうの。自分のこと何もできないし。結婚して一緒に住んでるっていうより、「わたし子供産んだっけ?」って親みたいな気分になって、じゃあ旦那いらなくない?みたいな」

やはり、トイレ掃除をしないことが本質ではなかったようです。

「でも男の人ってみんなそんなとこがあるよね。気を許しているからこそ甘えちゃうんだと思うよ。だからって自分のことを自分でできないっていうのは良くないよね」

そう返事を返し、依頼者をかばいつつも対象者の気持ちを考え、

「わかってるんだけどねー。離婚早まった気がしないでもないけど、でもやっぱあのままじゃあ子供も作れないし無理だわー」

”離婚早まった気がしないでもないけど”。

この発言は大きな収穫です。

「後悔してるんだったら、旦那さんと復縁とかしないの?最近芸能人とかでも復縁婚する人って多いけど」

そう問いかけると、

「どうかなぁ。無いとは言えないかもしれないけど、今すぐは考えれないや」

との返事で、可能性が0ではない確認がとれただけでも充分です。

依頼者にもこの内容を伝え、恋愛コンサルとともに自己改善に活かしてもらいます。

対象者と工作員の関係を続けながら、本格的に復縁工作を開始します。

方法は簡単です。

依頼者と対象者は離婚をしたばかりであり、未だに住んでいた家の整理は終わっていません。

接触するタイミングは何度もあります。

その接触の度に、きちんと家を掃除して、以前のようにいい加減で何もかもを任せっぱなしな姿を見せないこと。

そして自分は離婚に同意したことを後悔していると、きちんと伝えることです。

復縁工作はすれば良いものではなく、復縁復縁!と縋りまくれば成功するものではありません。

今回のケースのように対象者も離婚に後悔している部分があるのであれば、変化をきちんと見せ、対象者が離婚を後悔しており復縁について言い易い空気を作るだけで充分です。

また、焦りすぎても良くありません。

急かしてしまうと意固地になるのが多いパターンなので、対象者が復縁する気持ちになるまで、じっくりと腰を据えて取り組む必要があります。

案の定、離婚したといっても長い時間をともに過ごし心の繋がりが強かった2人は、離婚をしたはずなのに週の半分以上は一緒に食事にいける関係に戻りました。

対象者が依頼者の家に来る機会も多く、その際に幻滅されないように掃除をきちんとします。

ちゃんと変わったこと。

離婚を別れとしてではなく、対象者の本気の怒りとして受け入れており反省していることを、行動で示します。

その最中も工作員は対象者の話を聞き、コンサルタントは関係作りのアドバイスをしました。

3ヶ月が過ぎた頃には工作やアドバイスの回数はほぼなくなり、契約も終了し、アフターサービスでのアドバイスとなります。

そして依頼から半年後。

コンサルには依頼者から、工作員には対象者から、対象者の妊娠の知らせを受け、このケースは終了しました。

どれだけ言葉を並べても、結局は行動なのです。

行動が伴わなければ、言葉は乾燥した無意味なものになってしまいます。

きちんと行動するという自己改善ができたからこそ、このケースの復縁は成功したように思います。