復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルにご依頼ください

復縁するまでには沢山の壁があり、壁を乗り越えられないので復縁を諦める人達が大勢いらっしゃいます。

壁を乗り越えられず復縁を諦める人達が多い中、別れてすぐの状態では復縁を諦められません。

復縁には沢山の壁があり、乗り越えなければならない問題が山積みであっても別れてすぐの状態では絶対に復縁してみせる!!と強い気持ちを持って復縁活動に挑むのです。

しかし、復縁活動を続けていくと本当に復縁に向かって進んでいるのか?自分は復縁できるのだろうか?という不安を覚えます。

不安を覚えて一人で復縁活動をしている事への不安を重ねる為、誰かに頼る事になります。

  • 占い
  • 恋愛アドバイザー
  • 神頼み
  • パワースポット
  • …etc

復縁する為に頼ろうとするところは冷静さを欠く為、頼っても何も得られない所ばかりになり、最終的に復縁を求める方々は復縁屋に辿り着きます。

復縁屋は復縁するまでの壁が高ければ高い依頼者様ほど、頭を悩ませ復縁の糸口を探します。

何をすれば復縁できるのか?

依頼者様が幸せな未来に進むためにはどうすれば良いのか?

復縁するまでの壁が高ければ高いほど『復縁させてみせる!!』と意気込むのが復縁屋でもあります。

復縁するまでの壁を一人で乗り越えるのは無謀だから復縁屋に頼るのです。

復縁するまでの壁を一人で乗り越えるのは無謀なので復縁屋に頼るのです。

『何をすれば復縁できるか教えて下さい。』と口にする人に『〇〇をすれば良いですよ。』とお伝えしても理解して頂く事が出来ません。

復縁する為の大きな壁の一つに【自分を否定する】という壁があり、自分を否定できる人はほとんどいないので復縁できないのです。

復縁する為には自己改善が必要であり、自己改善を行うには自分の問題に気付かなければならず、自分の問題に気付かなければ改善しようがありません。

自己改善を行うにあたって自分を否定出来なければ問題に気付かないので自分を否定する事が壁の一つでもあります。

しかし、復縁活動を行う方は自分を否定出来ない人が多く、自分を否定出来ないので復縁活動が進む事はありません。

自分を否定できず復縁活動が進まない壁を抱えている方に復縁屋は依頼者様からシッカリとヒアリングをさせて頂き、壁の一つを壊す方法で復縁へと一歩進めてくれるのです。

自己改善という二つ目の壁を取り払う復縁屋

自分を否定する壁を払い、自己改善をしなければならない問題部分を改善させる二つ目の壁を一人で乗り越えるのは容易ではありません。

自分の問題点に気付かなかった人がどうやって二つ目の壁を乗り越えるか?について自分で分かる事はありません。

自分を否定出来なかったのですから正しいと思っていた行動が実は間違っていた事に気付いて正しい行動って一体何?と二つ目の壁で躓くのです。

客観的に依頼者様を見るからこそ二つ目の壁を乗り越える方法を提案出来るのが復縁屋であり、二つ目の壁を乗り越える方法を復縁屋は依頼者様からヒアリングをするから提案させて頂けるのです。

復縁にはとても大切な事ですが、とても大切な事に向き合えなければ復縁は出来ません。

元恋人に復縁を意識させなければならない三つ目の壁

元恋人に復縁を意識させなければ復縁に辿り着く事はありません。

依頼者様が『復縁したいんだけど…』と何度も口にすれば復縁したい気持ちを伝える事は出来ても同時に復縁を意識してない元恋人に距離を置かれてしまいます。

復縁を意識させるので距離を保ちつつ自己改善の成果をアピールする機会を得られる事になり、復縁を望む方々にとって自分でアピールするのはとても難しい部分となります。

三つ目の壁を乗り越える時に一人で乗り越えられる方も中にはいらっしゃいますが、少なくともDVやモラハラ等の原因で別れを告げられた人が一人で出来る事はありません。

DVやモラハラに限らず元恋人の気持ちを理解出来ていなかった方にも三つ目の壁を乗り越える事は出来ないので復縁屋に頼り、復縁工作という方法を頼るのです。

別れの本当の原因を知る為には四つ目の壁が現れます。

別れの本当の原因を別れ話の最中に教えてもらったという方は多いのですが、本当の原因ではない別れの原因を聞かされており、見当違いの復縁活動を行っている方は少なくありません。

別れの本当の原因を知らないけれど知ったつもりになり、頑張っている事が全く元恋人には響かないケースは少なくありません。

元恋人は少なくとも交際していた人との関係を悪くしたいとは考えません。

関係を悪くしたくないから当たり障りのない事を伝え、当たり障りのない話しを真に受けてしまうので復縁に繋がりません。

別れの本当の原因を聞き出すには復縁したい方が直接聞き出せる事ではないので復縁したいならどうしても四つ目の壁が現れてしまうのです。

元恋人と再会する時に発生する五つ目の壁

元恋人と再会する時に家に突然押し掛ける、職場に突然押し掛けるという方法で強制的な再会を作り出す方がいますが、突然の招かれざる人物の来訪は復縁にはマイナスになってしまいます。

元恋人と再会する為に一人で再会を果たそうとすれば突然の来訪かメールやline、電話等でアポを取って再会を果たさなければならず、連絡を取り合えない状況に陥っている方には五つ目の壁は乗り越えようにも乗り越えられない壁になります。

乗り越えられない壁が発生するので復縁活動を一人で行おうとしても難しく、誰かの手助けが求められるので復縁屋に頼らざるを得ません。

偶然にも再会するケースがある為、100%一人で乗り越えられない壁という訳ではありませんが、五つ目の壁を乗り越える為に時間を空けて偶然の再会を待つだけでは元恋人の気持ちが戻ってくる事はないのです。

乗り越える壁が多い依頼者様の復縁工作中に工作員が考えている事

復縁工作の依頼を頂く方々は少なからず様々な復縁の前に立ちはだかる壁に悩んでいらっしゃいます。

乗り越える壁が多ければ多いほど、担当者も工作員もどうにかしなければならない!!と頭を悩ませます。

復縁工作を行っている最中に工作員は何を考え、どう動こうとしているのか?

これから沢山の壁を抱えて復縁工作の依頼を検討している方には工作中の工作員の気持ちもご理解頂ければと思います。

復縁工作の依頼がバレない様にする細心の注意

復縁工作の依頼が対象者にバレては復縁失敗は明らかです。

工作をしている事や調査している事を対象者に悟られない様にする為に細心の注意を払うのは当然です。

依頼者様から聞いた情報を工作員が対象者から聞き出す前に口を滑らせれば対象者から警戒されますし、会話の流れ、不自然な仕草等をしない様に細心の注意を払うからこそ依頼者様の壁を乗り越えるお手伝いが出来ます。

自然な流れで心理誘導を進める為のタイミングを見計らう事

自然を意識し過ぎれば不自然な行動になってしまい、不自然な行動を考えなければ行動に不自然さが重なります。

自然な会話の流れから依頼者様の話しを聞き出し、復縁に向けて心理誘導を行うには対象者との会話の呼吸に合わせたタイミングを見計らう必要があります。

工作中は自然な会話の流れを意識しなければならない為、タイミングを見計らって仕掛けるタイミングを考えます。

持ち物や仕草等への注視する部分を常に意識します。

工作員は対象者と接触する際にどんな持ち物を持ち、どんな話し方でどんな仕草をするのか?

依頼者様には気付かない癖等を見抜く為に行動や言動一つ一つに注視していきます。

対象者とのコミュニケーションを図るには一つ一つの仕草や持ち物から会話を広げられないか?等、様々なものを意識します。

会話の組み立て方や話の聞き出し方を常に意識していきます。

接触して本題だけで会話をしようとしても会話が長続きする事はなく、警戒心も与えかねません。

警戒心を与えてしまえば本音を聞き出す事も心理誘導を行う事も出来なくなるので会話の組み立て方や話の聞き出し方は常に流れる会話に耳を傾けて意識していきます。

現役の復縁屋が復縁する為の壁の厚さをお伝えさせて頂きます。

復縁したい皆様は復縁は難しい事を身をもってご理解されているものとして説明させて頂きますが、復縁屋として復縁に携わる者としてお伝えさせて頂くと、今あなたが考えている難しさの何倍もの難しさが復縁にはあります。

この記事では大まかに5つの壁について書かせて頂きましたが、5つの壁を乗り越えるのは最低限の問題になります。

壁を乗り越える為に一人では出来ない事は他にも沢山あり、復縁を望む方々は全ての壁を乗り越えなければ復縁に辿り着く事はありません。

些細な事でケンカして…と仰る相談者はとても多いのですが、あなたが考えているよりも些細な事は些細な事ではありません。

ゴチャゴチャと繋がった知恵の輪の一部分だけを見れば簡単に解けると考えるのですが、一部分だけを解けば全ての知恵の輪が解けなくなる様に復縁はとても複雑なものなのです。

復縁したい皆様は目に見えるものや聞いた事だけを信じ、元恋人の気持ちという見えないものに目を向ける事がありません。

苦しませてしまった…

辛い思いをさせてしまった…

依頼者様達が相談時に口に出す言葉に大きな変化はありません。

大好きな人から苦しまされている今をあなたはどうお過ごしですか?

大切な人から辛い思いをさせられている今をあなたはどうお考えですか?

あなたが復縁したくて苦しみ、辛い思いをしている以上に元恋人は傷付き、苦しみ、辛い思いをしていたのです。

復縁の難しさを理解していない人達は、根本的な部分から理解していない事が話していれば分かります。

復縁する為の壁の厚さはあなたが考えている以上に大きな壁になります。

エベレストの登頂をする時にエベレストを軽く見て登山に挑む人はいませんよね?

復縁する為に出てくる壁はとても大きな壁になりますから、復縁したい皆様には復縁の難しさについてもっと考えて頂きたいと願います。

復縁屋は壁を乗り越える協力をする探偵であって復縁に向き合わない人に手を差し延べる所ではありません。

復縁屋で働く者達は依頼者様の抱える大きな壁を乗り越える為に切磋琢磨し、依頼者様と二人三脚で復縁という大きな壁を乗り越える為の提案をさせて頂く者達です。

一人で乗り越えられない壁を乗り越える為にはお互いの協力があり、お互いの協力があって初めて大きな壁を乗り越える方法を実行に移す事が出来るのです。

壁が小さければ小さいほど容易に乗り越えられ、壁が大きければ大きいほど壁を乗り越える方法を探すのではなく逃げる方法を探します。

相談者様に『あなたの復縁できる確率は10%にも満たないと思います。』とお伝えして、10%を20%、30%、50%に上げようと壁を乗り越えようとする人はまずいません。

『10%しか可能性がないなら復縁は諦めます。』という方が多く、あなたも同じ考えではありませんか?

厳しい事をお伝えすれば別れを告げられた時点で復縁できる可能性は0%なのです。

復縁できる可能性を残す相手にあなたがなっているのなら、別れを告げられる事はありませんよね?

別れを告げられて0%の可能性から如何に可能性を上げるか?

復縁はとても難しいものであり、大きな壁を乗り越える為に努力しようとする人と、0%と言われて『80%復縁できると思いますよ!』という都合の良い言葉を掛けてくれる人を探す為に逃げる人と、どちらが復縁できるか?を分からない様でしたら復縁は諦めた方が良いかと思います。

本当に復縁したいなら復縁に向けてご協力させて頂けますのでご相談頂ければと思います。