復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルへ

復縁屋は探偵業社が行いますが、復縁と探偵の関係が何故繋がるのか?を質問される事があります。

探偵といえば浮気調査等の調査をするイメージがあり、工作業務等を探偵が行うイメージを持つ方はあまりいらっしゃいません。

何故探偵と復縁が結びつくのか?

探偵は人間観察が業務となり、対象者の行動を予測して行動する事や人間の心理を読み解く業務を行います。

対象者が何を考え、どの様な行動をするのか?

事前に予測しながら調査を進めていかなければ対象者を見失ってしまう事から、常に推理しながら行動する事が求められます。

尾行で巻かれてしまえば決定的な瞬間を納める事が出来ず依頼を遂行する事が出来ません。

常に人間の心理を読みながら行動する探偵が依頼者の復縁したい相手の心理を読み解き、復縁に向けて何をすれば良いのか?を提案し、復縁成功に繋げる為に探偵が復縁屋を運営します。

探偵の認可は復縁屋には必要なものになります。

復縁屋は探偵業の認可を得て運営していますが、探偵業の認可がなければ復縁屋は運営できないのでしょうか?

復縁工作の依頼を請ける際に対象者との接触に工作員は望みますが、工作員がどこで対象者に接触すれば良いのか?は事前に調査しなければなりません。

事前に調査する為には尾行、張り込みの認可を得なければならず、工作員を接触させる為に必要な認可が探偵業の認可になる為、復縁屋には欠かせないものになります。

アドバイス、メール相談、line相談のみをする復縁屋は探偵の認可は?

アドバイスや相談にのるだけなら探偵業の認可は必要ありません。

調査をするから探偵業の認可は必要になりますが、相談にのり、アドバイスをするだけならカウンセラーの仕事になる為、特別な認可を得る必要はありません。

復縁工作をするだけなら探偵業の認可がなくても復縁屋は出来ます

探偵業の認可は復縁工作を行うだけなら誤解している方も多いのですが必要ありません。

例えばどこで接触出来るか?等が事前に分かっている場合、探偵業の認可の有無は関係ありません。

探偵業の認可なく声を掛ければ違法!?

探偵業の認可なく異性、または同性に声を掛ければ違法になる事はありません。

落し物を拾って届ける事を違法行為と言う人はいない為、工作員が接触する事は違法行為になりません。

対象者を張り込むから工作員を派遣する事が出来ます。

対象者を張り込むので、どこで対象者と工作員を接触させれば良いのか?が分かり、対象者の行動を把握するから新しい恋人の存在なども確認出来ます。

対象者の張り込みは探偵の専売特許であり、尾行、張り込みに長けた探偵が調査するからこそ工作員を派遣させる事が出来ます。

依頼者から頂く情報次第では工作員の接触場所を事前に設定する事が出来る為、接触場所の判明や調査員を活用する必要がないケースなら調査員を活用する理由はありません。

復縁屋は探偵として特別な訓練をしなければなりません。

復縁屋は探偵として特別な訓練をしなければなりません。

対象者に接触する際に対象者の心理状態を読み解きながら接触しなければ工作員が接触したところで対象者との人間関係が出来ない為、復縁工作の心理誘導を行う事が出来ません。

対象者との接触や接触後の心理誘導も含めて復縁屋では心理誘導によって人の気持ちがどこまで変わるのか?を知る特別な訓練が課されます。

探偵と何でも屋の復縁屋の違いとは?

探偵が運営する復縁屋と何でも屋が運営する復縁屋の大きな違いは復縁に関する知識量の差が一番になります。

何でも屋はその名の通り何でもする業務なので復縁に関わる仕事は決して多くありません。

復縁に関わる仕事は多くない為、何でも屋が提案する方法は復縁工作ではなく主に再会工作になり、復縁に向けたアドバイス等も出来ない為、依頼者と対象者を再会させる工作だけが、何でも屋が提案する復縁工作になります。

復縁屋は何でも屋の復縁工作とは異なり、対象者を事前に調査し、工作員を対象者に接触させて心理誘導を行った後に依頼者との再会工作に進みます。

何でも屋も復縁工作とはいうものの実際は再会工作のみになり、再会しただけで復縁できる訳ではないケースが多い為、探偵が運営する復縁屋と何でも屋の復縁屋では復縁成功率に大きな差があります。

探偵が行う復縁屋の技術と知識や経験はプロだからこそ得られるもの

探偵が運営している復縁屋の技術、知識や経験は復縁屋として数々の成功事例を作って来た過去に裏付けされたモノになります。

復縁屋という業務に携わると一日の相談件数は多い時で15~6件程度の復縁相談を頂き、年間にすれば3000件以上の復縁相談を承ります。

依頼者と1日にやり取りをするメッセージの量も200件から300件程度はやり取りをし、過去の成功事例を元にしたアドバイスや依頼者にとって必要なアドバイスを繰り返し、復縁工作と合せて復縁させてきた実績はプロだからこそ得られるものになります。

復縁屋を探偵が運営している業者を選ぶメリット

復縁工作の心理誘導を探偵が出来るのか?

復縁工作を検討する方が一番気になるのは本当に復縁できるのか?という部分になり、復縁工作の心理誘導で本当に別れた元彼(元彼女)の心が戻って来るのかを知りたい方は少なくありません。

探偵だから復縁を意識させられる訳ではなく、心理学を学んだから心理誘導が出来る訳ではありません。

探偵が出来るのか?というよりも実は工作員の能力次第で心理誘導が出来るかどうかが変わります。

探偵業社だから心理誘導が出来るのではなく工作員が現場の状況に合せて行動できるから復縁に繋がる為、本当に心理誘導が出来るかどうかを知る為には探偵社との面談時に面談担当者との話の中で判断しなければなりません。

工作員の【質】が復縁屋各社で異なります。

工作員の質は工作員に同じ人物がいない様に復縁屋各社で異なります。

心理誘導の訓練の方法も復縁屋各社によって異なり、訓練次第で心理誘導は出来る為、探偵社の訓練方法を聞けば心理誘導の仕方を判断する事も出来ます。

面談員は探偵社の顔であり、復縁工作が出来るかどうか?の判断基準にもなります。

復縁工作は探偵の能力次第で吉と出るか凶と出るか変わります。

復縁工作は探偵の能力次第で吉と出るか凶と出るかが変わり、能力のない復縁屋に依頼して接触出来るチャンスがあるにも関わらず接触チャンスを逃して復縁工作に辿り着かない探偵社もあります。

調査能力がない探偵社に依頼した為、対象者を一度も発見した事がなく契約回数が終了してしまい、工作員の出番が一度もない状態で追加請求をされたというケースを良く耳にします。

工作員の能力以前に調査能力がない復縁屋に依頼すれば吉と出る事は殆どありません。

他社の口コミには対象者に尾行がバレ、尾行がバレた為、対象者から依頼者に連絡が入り、復縁が上手くいったという口コミが書かれているものもありますが、対象者に尾行がバレている時点で調査能力の無さが露呈しており、たまたま復縁出来た極めてレアなケースであると言えます。

復縁屋選びでホームページ等を参考にして調査能力の無い復縁屋に依頼するのは十分にご注意下さい。