復縁工作のご用命は復縁屋ジースタイルへ

復縁屋と依頼者との関係等、復縁屋の利用を検討している方は参考にして下さい。

お金を使ってまで元彼(元彼女)を取り戻したいと思わない人には復縁屋を利用する人の気持ちは分からないと思いますが、復縁したいけどどうにもならない方は復縁屋の活用を考えます。

  • 元彼(元彼女)を絶対に取り戻したい!!!
  • 世界中を敵に回しても復縁したい!!!

と思う気持ちを復縁屋は否定致しません。

強い気持ちを持って、どうしても元彼(元彼女)が必要であり、別れに到った失敗を自分では取り戻せないと感じた時に誰かの力を借りたいと考えているなら復縁屋の存在が必要だと考えるのは普通の感情だと思います。

簡単に諦められる相手なら復縁屋に頼る気持ちを持つ事はありません。

どうしても忘れられない…という気持ちを持つ人は復縁屋の存在はとても助かります。

復縁屋を利用する人は、復縁したいという一言を叶える為に試行錯誤し、1人ではどうにもならない事に気付いた末に頼る様になります。

依頼者の為の復縁屋である為に復縁屋が出来る事

私は復縁できると思いますか?

相談者から尋ねられる事があります。

復縁屋に相談すれば復縁できるかどうかの判断をしてもらえると考える方は少なくないのですが、復縁屋も状況が分からなければ復縁できるかどうかの判断をする事は出来ません。

状況判断をさせて頂けば、厳しい状況の方もいらっしゃいますし、厳しい状況の方に『高い確率で復縁できそうですよ』とお伝えする事は出来ません。

厳しい事は厳しいとお伝えするのが依頼者の為の復縁屋になります。

復縁できる可能性がない時に、相談する側にしてみれば『復縁できると思いますよ』と言われるのは、とても嬉しい言葉かと思います。

しかし、可能性がない方に対して『復縁できると思いますよ』というのは正しい事とは言えません。

依頼者の為を思えばこそ、復縁屋は依頼者に正直にお伝えしなければなりませんし、正直に伝えず、復縁工作の依頼を頂く事を目的とした復縁屋は依頼者の為の復縁屋とは呼べません。

依頼者と復縁屋がWin-Winな関係を築くのです。

契約をゴリ押ししない復縁屋

当たり前の事ですが、当たり前の事が出来ない復縁屋が多いと聞こえてくる事が多々あります。

復縁屋もビジネスであり、ビジネスの点から考えれば、契約をしてお金を頂かなければ成立しません。

しかし、契約をしてお金を頂く事に依頼者を騙すつもりで頂けばビジネスではありません。

契約をゴリ押しして、復縁工作の依頼を無理矢理もらおうとする復縁の押し売りもビジネスではありません。

  • 無理に契約をして頂く必要はありません
  • 復縁工作を無理に薦める事もありません
  • 他社の意見を聞きたい。と仰る方には、他社に相談して頂いています。

競争は競争相手よりも良いサービスを提供する事で技術革新等に繋がりますが、競争相手が同業者ではなくなれば、競争ではありません。

依頼者をカモにする様な復縁屋だけがwinの形ではなく、依頼者と復縁屋がwin-winな関係を築く事を目的とした契約を交わさなければなりません。

復縁屋と無理に契約をする必要はありません

復縁する為には依頼者と復縁屋が二人三脚で取り組まなければなりませんが、復縁屋から契約を強要された場合、二人三脚で復縁に取り組む事が出来るでしょうか?

復縁屋に対して不信感が沸きますよね?

復縁屋に不信感がある状態では、依頼者が二人三脚で歩む事は出来ません。

依頼者から信頼を得る事が出来ない状態で復縁屋が協力しても復縁に到る事はありません。

信頼を得られず、失敗する事が最初から分かっているなら最初から契約をしない方が良いですよね?

依頼者が自らの意思で「契約したい」と思わなければ復縁屋と契約する必要はありません。

復縁工作を無理に勧める事もありません

復縁工作は復縁工作の必要がない状況で復縁工作を進める事はありません。

復縁工作を必要としない状況で復縁工作を勧めても依頼者の負担が増えるだけになります。

依頼者の負担が増える事は復縁屋としても望む事ではありません。

どう考えても復縁工作が必要な場合は復縁工作を提案しますが、復縁工作を必要とするかの最終的な判断は依頼者が決める事です。

依頼者と復縁屋がwin-winになるには復縁工作を無理に勧めてはwin-winの関係にはなりません。

他社の意見を聞きたい方には、「是非聞いて下さい」とお伝えします

他社の意見を聞きたい方には弊社では『ぜひ聞いてみて下さい』とお伝えしています。

復縁は様々な角度から話しを聞いて、置かれている状況を確認する必要があります。

他社の意見を聞く事で視えるものが異なるかもしれません。

様々な意見を聞く中で依頼者と復縁屋がwin-winの関係を築いて頂く必要があります。

復縁屋との上下関係で復縁屋や上の立場になってしまったら?

復縁させてやる!!と傲慢な態度をする復縁屋も存在します。

依頼者に遜る必要はありませんが、『復縁屋が復縁工作をやってやる!!!』と立場が上という認識で依頼者との関係を築かなければ、対象者から聞き出した情報を依頼者に伝えても依頼者は問題点を改善する事が出来なくなります。

依頼者は復縁したいから復縁工作の依頼をします。

復縁させてやる!!!と傲慢な態度の復縁屋と依頼者が良好な協力関係を結ぶ事は出来ません。

お互いに協力出来る関係とは、イーブンな関係であり、お互いに常に情報交換をするからこそイーブンな関係を築けます。

もしも復縁屋の立場が上という認識で考える復縁屋と契約した場合、契約後の態度で築く事が出来ますので、ご注意下さい。

復縁屋と依頼者との信頼関係の構築の大切さ

復縁屋と依頼者との信頼関係の構築が出来なければ復縁工作が進む事はありません。

クライアントとホストという関係で復縁屋が依頼者との関係を構築すれば、ホストはクライアントに依頼された内容を遂行すれば良いだけですから工作の内容が変わります。

対象者に工作員が接触した情報をクライアントに提供すれば復縁工作の依頼は遂行しています。

工作員が接触して入手した情報を元に、どうにか復縁させてあげたい!と思う関係だから、復縁させる為に気持ちが籠ります。

復縁屋と依頼者の間に信頼関係が構築されていなければ、気持ちが籠らない案件で復縁屋は依頼として復縁工作を承っただけですから、依頼者を復縁させてあげたい!に繋がる事はありません。

依頼者が復縁屋を信頼しなければ復縁屋も依頼者を信じる事は出来ません。

依頼者が復縁屋を信頼しなければ、復縁屋も依頼者を信じる事は出来ません。

双方に信頼関係が生まれていない依頼を復縁屋が請ける事はありませんし、双方が協力して復縁を目指そう!という信頼関係を築くから復縁工作の成功にも直結します。

復縁工作が成功した人達とは?

復縁工作が成功した人達は少なくとも復縁屋との信頼関係を築き、復縁に向けて二人三脚で進む事が出来た方達になります。

復縁するのに復縁屋に頼ったから負い目がある…と考える方は少なく、復縁屋に依頼した事を隠す人はいますが、復縁成功後は復縁した喜びを復縁屋と分かち合います。

復縁工作に頼って復縁した方達は本当に幸せなのか?という疑問を持つ人もいると思いますが、復縁した瞬間は復縁屋も存じていますが、復縁成功後の2人の関係には関与出来ない為、その後の関係については分かりません。

復縁した後に再度別れを告げられて再依頼を頂く方も少なくありませんし、再依頼をした方々から話しを聞くと最初は良かった…という話しをされる事もあります。

復縁した人達が皆幸せになるとは限りません。

復縁工作は復縁をサポートするまでが復縁工作になりますので、復縁した後に依頼者が失敗をする事や依頼者が別の異性を好きになってしまう事もあり得ます。

復縁屋と依頼者との関係が良好だから成功率も上がります

復縁屋は依頼者が元彼(元彼女)と復縁したい気持ちをサポートする立場になります。

復縁屋と依頼者との関係性は依頼者と依頼を承る側になりますが、協力者である事は間違いありません。

依頼者は復縁屋に対し、ちゃんと調査、工作をしてくれるのか?

と考えますが、復縁屋は依頼者に対し、ちゃんと復縁できる下準備をしてくれるのか?

と考えます。

お互いがお互いに不信感を覚えていれば協力出来る関係ではありません。

お互いに不信感を持ったまま、協力出来る関係性を持たないまま復縁屋と依頼者が契約を結んだ場合、復縁工作は成功するのでしょうか?

ほぼ成功しません。

依頼者と復縁屋が協力するからこそ復縁工作は成功します。

お互いに協力し合える関係だからこそ成功に繋がりますから、お互いに協力し合える関係ではない場合、復縁工作が成功する事はあり得ません。

復縁屋と依頼者は友達ではありません。

復縁屋と依頼者は友達ではないのは、どの依頼者もご理解頂いてる事ですが、友達ではないからこそシッカリと関係を築いていこうという姿勢が双方になければ工作は失敗に終わります。

復縁屋と依頼者が友達関係であった場合、お互いの関係がなあなあになり過ぎてしまい、復縁は上手く行く事がありません。

復縁屋と依頼者が信頼関係を築けるパートナーだからこそ復縁成功に向けて協力して歩を進める事が出来ます。

パートナーとは、言われた事をただ二つ返事で「はい」と答える存在がパートナーではなく、パートナーだからこそ、パートナーを想った事を伝えなければなりません。

元彼(元彼女)との関係もパートナーとしての関係を築いていかなければならなかった訳ですから、復縁屋との信頼関係を築く関係性は復縁に繋げる為の訓練です。

復縁屋との関係が友達の様な関係性では復縁工作が上手くいかないのは当然であると言えます。

間違った事を伝えるからこそ信頼関係を築ける

間違った行動をしている時に、『間違った行動をしているよ。』と伝える事が出来て初めて関係性を築き上げていく事が出来ます。

間違っていると伝えず、注意できない関係は信頼関係を築く事が出来ません。

復縁屋は復縁成功の為に依頼者と共に進むパートナーです。

パートナーだからこそ依頼者に間違いを指摘する必要があります。

復縁屋と依頼者は金銭で結ばれた関係だけではない

依頼者の中にはお金を払っているんだから、復縁屋に全て任せておけば復縁させてくれると考える方もいらっしゃいます。

金銭的な関係だと考えていれば依頼者と復縁屋が協力して復縁成功を目指す事は出来ません。

金銭で結ばれただけの関係では対象者と接触して、対象者から『〇〇(依頼者)は本当にどうしようもない人間だった!!』という話しをされた時に復縁屋は対象者の話しに合せなければなりませんが、味方であるはずの復縁屋への信頼関係が築けていなければ、対象者に合せなければならない事も復縁屋が思っている事だと誤認識されてしまいます。

依頼者の味方だからこそ思ってもない言葉を対象者に伝えなければなりませんが、金銭的な関係だと依頼者が思っていれば復縁工作自体への信用が出来なくなり、結果的に復縁工作が失敗する事にも繋がります。

復縁屋と依頼者は協力関係だから心のケアも意味があります。

復縁屋と依頼者が協力関係にない場合、復縁屋が心のケアをしようとしても心のケアを受け入れてくれるでしょうか?

逆に依頼者が心のケアをしてもらいたい…と思っても、協力関係にない復縁屋に心のケアをお願いするでしょうか?

心のケアは復縁には必要であり、依頼者の暴走や復縁出来ず苦しんでいる状態に手を差し延べるのも復縁屋になります。

復縁工作の依頼を頂いて、翌日には復縁できる様な簡単な案件なら復縁屋の心のケアは必要ありません。

しかし、依頼を頂いても当然時間は掛かりますし、復縁屋は復縁を販売する訳ではないのですから復縁できていない間の心のケアが道を踏み誤る事もあります。

お互いに協力関係だからこそ、復縁屋に依頼した後も復縁屋に頼る事が出来、復縁屋に頼る事ができるから安心して復縁工作の進み具合の報告を受ける事も出来ます。

復縁工作の依頼後は復縁工作の報告だけではなく、常に依頼者と良好な関係を築く為の連絡を取り合うから依頼者の安定を得る事が出来、依頼者の安定があるからこそ復縁工作を少しづつ進めていく事にも繋がり、復縁工作の成功率を上げる事にも寄与します。