復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルへ

復縁屋を選べない理由は様々ですが、選べないから選ばなければいつまで経っても何も進みません。

選べないなら選べない理由について考え、復縁屋を選んで先に進むか、復縁屋に頼らず復縁に進むか、復縁を諦めるかを決めなければなりません。

復縁屋を選べない理由は料金、方法、成功率等があり、他にも悪質な復縁屋に依頼しない様に…と復縁屋を選べない理由は様々です。

復縁屋を選べない理由について考えて頂き、依頼する、依頼しない、復縁を諦める。の三択をどうするか?について考える時の参考にして頂く復縁ブログになります。

復縁屋を選ぶ時に気を付けなければならない事なども踏まえて明記しておきますので復縁屋選びの際に参考にして下さい。

復縁屋選びで注意する点は復縁の方法について説明してくれるか?の見極め

復縁屋=復縁工作と考える相談者はとても多いのですが、復縁屋は復縁工作を提案する会社という訳ではありません。

何をすれば復縁に繋がるか?を依頼者と共に進めていくのが復縁屋になるので、何をすれば?の部分を理解していなければ復縁屋として業務を行う事は出来ません。

何をすれば?が分からない復縁屋は状況も分からず『復縁工作をしないとダメですね!』と復縁の方法=復縁工作と考えます。

何をすれば?が分かる復縁屋は状況を把握し、『〇〇の方法で復縁に向けて進めましょう!』と提案します。

結果的にどちらも復縁工作を提案する事になる場合もありますが、状況を把握している復縁屋と状況を把握せずに復縁工作の提案をする復縁屋とは全く異なります。

復縁の方法=復縁工作と考える復縁屋を選んでしまえば成功率が上がる事はないので復縁屋選びの際はご注意下さい。

相談者の予算ばかり気にする復縁屋も多いので要注意

復縁屋は業務として復縁をサポートするのですが、悪質な復縁屋の中には依頼者の資産まで聞き出す復縁屋もあります。

復縁と依頼者の資産(預金残高や給料の金額等)は全く関係ありません。

依頼者がお金持ちなのを自慢したくて復縁屋に自ら話すのなら百歩譲って分かりますが、依頼者の資産を復縁屋が聞く事はありません。

預金残高や給料の金額と復縁は何も結びつきません。

契約上必要だから…と嘯いて依頼者の資産を聞き出す様な復縁屋を選ばない様にご注意下さい。

何もしない復縁屋のイメージはどんなイメージをお持ちですか?

復縁屋に依頼したけど何もしてくれなかった。という相談者が弊社にご相談頂く機会は多いのですが何もしないというのは何をもって何もしないと指すのか分からない相談者も少なくありません。

以前に頂いた一番酷い復縁屋は対象者の家のグーグルアースの画像を送り『調査を行っています。』という報告が来たという相談者もいました。

基本的にそこまで何もしない復縁屋は珍しいのですが、グーグルアースの画像を報告として渡す復縁屋は今も運営されています。

何もしない復縁屋は基本的に何かしらの調査は実施します。

しかし、何もしない復縁屋は調査は実施するけれど全く意味のない調査を行い、調査している事を依頼者に伝えるだけの復縁屋が多いのも事実としてあります。

調査しても何も成果を挙げられず、稼働した事を依頼者に伝えるだけで何も発展しない復縁屋は多いのですが、何も発展してない事を伝えると担当者と連絡が取れなくなる復縁屋は少なくありません。

担当者にlineをしても未読スルー、既読スルーの状態で数日放置されてしまい、電話しても電話に出ず、電話に出ない事をlineすると『忙しいから邪魔しないで下さい』という連絡が来る復縁屋もあります。

何もしない復縁屋は契約までは頻繁に連絡を寄越すモノの、契約した途端に連絡が取りづらくなります。

契約前に『契約したら連絡取れなくなる事ないですよね?契約書に連絡出来る時間帯とかも書いてもらえますか?』という話しをしても意味を成さない復縁屋も大変多くあります。

2ちゃんねるに書かれている質問をしたところで悪質な復縁屋を選びます

2ちゃんねるには復縁屋を選ぶ時にどんな質問をした方が良いか?等が依頼者目線で書かれていますが、2ちゃんねるに書かれている様な質問をしたところで優良な復縁屋を選ぶ事は出来ません。

失敗は成功の元という言葉がありますが、2ちゃんねるに書き込みをしている方々の内容は悪質な復縁屋にとってカモにされてしまう様な質問ばかりであり、2ちゃんねるに書き込みをしている方々を見れば、悪質な復縁屋を選ぶ理由も復縁できない理由も明らかです。

失敗した事を糧にして成功させる様に考えられないので悪質な復縁屋を選んでしまい、自分に都合の良い事ばかりを並べるので、同じ失敗を繰り返します。

同じ失敗を繰り返しても失敗した経験を糧に出来ないので、復縁屋選びで失敗するどころか復縁もいつまでも出来ません。

2ちゃんねるの書き込みをしている人達を見ると復縁したいのか、悪質な復縁屋にカモにされたいのか良く変わらない方々が書き込みをしています。

復縁屋選びでその様な書き込みを元に選んでしまえば確実に復縁屋選びに失敗します。

復縁屋を選ぶ時に高い料金だな…と思うなら依頼しない方が良い

復縁屋を選ぶ時に『高い料金だな…』と思うなら依頼を見合わせなければなりません。

高い料金になってしまったのは別れの原因を作ってしまった依頼者になります。

別れを経験しているのは復縁屋ではないので元彼(元彼女)と復縁したいかどうかは依頼者が願う事になります。

復縁屋は冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが依頼者の復縁をサポートするだけの業務であり、復縁屋が復縁したい訳ではありません。

別れの原因を作ったのは依頼者であり、1人で復縁できないのも依頼者であり、復縁屋は言うなればただの協力者になります。

協力者にお金を支払わなければ協力してもらえない状況を作ったのも依頼者であり、そのお金が高い!と感じるなら依頼する理由がありません。

復縁屋を選ぶ時に復縁屋が持っているノウハウや復縁屋が抱えている人員に払う料金が高いと感じるなら自分で復縁を目指すなり復縁を諦めるなりの選択をすれば良い訳で、復縁屋が『お願いします。復縁した方が良いですよ。』と言う事はないのですから料金が高いと感じるなら依頼する理由はありません。

接触方法を提案するだけの復縁屋を選べば失敗します。

依頼者は復縁屋に依頼したら接触してもらう事を重要視します。

そして悪質な復縁屋も依頼者の気持ちを知っている為、接触方法ばかりを復縁工作の方法として提案します。

接触方法は工作員を接触させて話しを聞き出すので重要な事の様に考えるかもしれませんが、接触は接触であり、接触したから復縁に繋がる訳ではありません。

上述した2ちゃんねるの書き込みをする人達は接触にこだわっているので結局接触も出来ず、復縁も出来ず復縁屋に依頼した事も無駄になります。

復縁は付き合う事を目的とすれば叶いません。

関係を取り戻した後にどんな関係を築き上げるか?という先の事を考えるから復縁に繋がるのです。

復縁工作も接触する事に重きを置くような説明をする復縁屋は接触した後の事を考えず、復縁に繋がる事はありません。

2ちゃんねるには接触を求めて復縁する事を求めている考えを持たない方々が復縁屋選びをしている方ばかりなので復縁屋選びも失敗し、復縁も失敗し、失敗しても何も反省を糧に出来てないので得られるモノはないのです。

復縁屋選びで接触方法ばかり説明する様な復縁屋にはご注意下さい。

接触方法よりも先の問題が依頼者にとって一番重要な部分である事を忘れて復縁屋を選べば確実に失敗します。

復縁屋が必ずしも正しい事を言っているとは限らない事を忘れずに

復縁屋は復縁屋と名乗れば誰でも出来る業務とも言えます。

本来は経験などを元に依頼者にサービスを提案させて頂くのですが、経験がない状態で復縁屋を名乗る復縁屋も少なくありません。

同業者として『何て酷いアドバイスをしているんだろう…』と感じるアドバイスをしている復縁屋もあり、プロだから、専門家だから、という目線で復縁屋に相談して復縁屋選びに失敗した相談者、依頼者を沢山見て来ています。

当たり前の事を当たり前として出来ない復縁屋も多く、間違っている事を正しい事の様に説明する復縁屋も少なくありません。

復縁屋なら確実に復縁の事を分かっているだろう!という目線で復縁屋選びをすれば復縁屋選びで失敗します。

復縁屋を選ぶ時に疑ってかかるのは当然であり、疑い方もどんな角度で疑わなければならないか?を考えて質問して復縁屋を選ばなければなりません。

親身になるという意味を良く考えて復縁屋を選んで下さい

復縁屋選びで失敗した相談者、依頼者の方々に『何故おかしな事を言っている復縁屋に依頼しちゃったんですか?』という質問をすると、皆様が『親身に相談に最初はのってくれてたしメールの返信も早かったし…』という返答を頂きます。

相談者や依頼者達に話しを聞いていると親身になる。という意味を間違えて親身という言葉を使っています。

親身になるというのは心配してるフリを指す訳ではありません。

心配してるフリではなく親身になるからこそ厳しい事も伝えなければならないし、嫌われる様な事を言わなければならない事もあるのです。

『復縁したい!』という事は確実に別れの原因があり、別れの原因を作ったのは依頼者自身の問題です。

依頼者自身に問題があるのに依頼者を肯定する様な姿勢で復縁屋が対応すれば復縁できないのです。

しかし、相談者、依頼者の多くは自分は復縁で悩んでる、自分は心が弱ってる。だから優しくしてもらいたい。と考え、復縁屋を選ぶ時に自分に優しくしてくれる復縁屋を選ぼうとします。

弱ってる時に優しい言葉を掛けてくれる復縁屋を親身な業者というのですが、本当に親身になって復縁を考えてくれる復縁屋は嘘の優しさを出すのではなく、優しいからこそ厳しい事を伝えて復縁させてあげたい!という気持ちで接するのが親身な復縁屋というのです。

2ちゃんねるの書き込みを見て頂ければ親身になるの意味を履き違えて自分にとって都合の良い事を言ってくれる復縁屋を探した結果、復縁屋選びに失敗している事が分かります。

自分にとって都合の良い事ばかりを言ってくれる復縁屋は結局何もしてくれないので悪質な復縁屋に依頼して何も進まず契約が終了するのです。

親身になるのは傷付いた心に優しい言葉を掛ける事ではありません。