復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルへ

復縁屋に依頼をして復縁を目指すなんて、悪いことなんじゃないか」

と悩む復縁希望さんがいらっしゃいますが、そもそも復縁屋の利用を悩むこと自体がナンセンスであることはご存知でしょうか?

例えば世界で1番お金持ちのビル・ゲイツは、今もビル・ゲイツ自身がひとつひとつプログラムを書いて、ひとつひとつパソコンを組み立てているでしょうか?

していませんよね。

大統領になる前の不動産王ドナルド・トランプは、所有する物件全てを自分で掃除していたでしょうか?

こちらもしていません。

じゃあどうしていたかと言えば、ビル・ゲイツは人を雇ってプログラムを書かせパソコンを組み立てさせるためにマイクロソフトを創業し、ドナルド・トランプも人を雇って物件の管理をするためにトランプオーガナイゼーションを起業しています。

いちいち全てをビル・ゲイツやドナルド・トランプがする必要はないのです。

ビル・ゲイツやドナルド・トランプといった人生の成功者がしていることは、会社がより良くなるように考え決断し、会社がより良くなる改革をし続けること。

些細なことは誰かを雇ってお給料を支払い、能力がある他の誰かに任せればいいんです。

さて、この「些細なことは誰かを雇ってお給料を支払い、能力がある他の誰かに任せればいい」という原則を基に、復縁について考えてみましょう。

例えば今現在、

  • 破局した元カレ元カノが何をしているか知りたい
  • 破局した元カレ元カノに新しい恋人がいるか知りたい
  • 破局した元カレ元カノがどうして別れようと思ったか知りたい

といった、復縁するための情報を収集したい状態にあるとします。

復縁したい復縁希望者は、

  • 破局した元カレ元カノが何をしているか知りたい
    ⇒だから自分が元カレ元カノに何をしているか直接聞こう
  • 破局した元カレ元カノに新しい恋人がいるか知りたい
    ⇒だから自分が元カレ元カノに新しい恋人がいるか直接聞こう
  • 破局した元カレ元カノがどうして別れようと思ったか知りたい
    ⇒だから自分が元カレ元カノにどうして別れようと思ったか直接聞こう

と考えますよね。

そして、聞いても教えてもらえなかったり、そもそも関係が断絶しているために聞く方法すらなく、復縁活動が行き詰まります。

しかし、ビル・ゲイツやドナルド・トランプという人生の成功者の原則を思い出してください。

些細なことは誰かを雇ってお給料を支払い、能力がある他の誰かに任せればいい」。

復縁したい復縁希望者がするべきことは、復縁したい元カレ元カノに直接聞いて情報を集めることでしょうか?

いいえ、情報を集めることは、能力のある他の誰かを雇って任せればいいんです。

復縁したい人の立場は、ビル・ゲイツやドナルド・トランプの立場と同じです。

ビル・ゲイツやドナルド・トランプにとっての会社は、復縁したい復縁希望者にとっての人生と言えます。

ビル・ゲイツがプログラムを書いてパソコンを組み立てないように、またはドナルド・トランプが物件の清掃をしないように、復縁したい復縁希望者が自分で元カレ元カノに直接今現在の様子を聞く必要なんてないのです。

能力のある他の誰か、特に復縁について豊富な知識を持ち復縁にまつわる情報を集める能力に優れた復縁屋を雇う、というのは、本来至極当然のことなのです。

そもそも復縁屋に復縁の協力を依頼することについて、

  • 依頼する
  • お願いする
  • 頼む

と考える復縁希望者さんがいらっしゃいますが、まずはストレートに「雇う」と考えてみてください。

自分自身(復縁希望者)よりも優れた能力を持つ復縁専門集団である復縁屋ジースタイルを雇う。

「雇う」と考えれば、復縁屋ジースタイルを利用して復縁を目指すことは、何もおかしなことではないですよね。

そして、復縁屋ジースタイルを雇って復縁にまつわる些細なことを復縁屋のスタッフに任せた分だけ、復縁希望者自身は自分のことに集中できます。

自分のことに集中して、破局してしまった原因でもある復縁したい相手に嫌われた理由の自己改善を復縁屋のスタッフが動いている間にすれば良いのです。

復縁屋ジースタイルを雇った分だけ時間にも労力にも気持ちにも余裕ができるのですから、復縁屋ジースタイルを雇ったほうが効率的に復縁を目指せると思いませんか?

復縁屋ジースタイルを雇い復縁を目指すことは、何もおかしなことではありません。

まだまだ復縁屋に馴染みがある人が少ない時代だからこそ異様なこと、珍しいことのように感じるだけで、特化した能力がある人を雇い使うことは当たり前なことなのです。

本来悩まなくて良い復縁屋の利用について、悩まないでください。

復縁したい状況で悩むべきことは、もっと他にあるはずです。