復縁屋ジースタイル

恋人と価値観の違いやすれ違いが原因で別れてしまった状態になり、復縁を求めるけれど恋人とのすれ違いが埋められず復縁出来ないけど恋人を諦めたくない!!という方々が復縁屋工作のご依頼を検討して頂きます。

ケンカしてしまった…仲直りのキッカケがない…どうすれば良いか分からない…復縁する為に一人で出来る事は全部したつもり…といった状況に陥ってしまい、一人でモヤモヤとしていつまでも恋人の事が忘れられず、復縁を諦める道は全く考えられない状態になり、どうしても一人ではどうにも出来ない事を理解し、復縁する方法はないか?と探した末に辿り着くのが復縁屋であり、復縁屋は復縁したい依頼者様をサポートする為に復縁屋工作のご提案をさせて頂くのです。※参考記事:離婚、別れさせ、復縁の悩みの様な【人間関係の歪み】をまずは一度相談して解決しよう!

復縁屋工作は恋人を取り戻す為に依頼者様から頂いた情報を元に工作員をターゲットである復縁したい恋人に接触させ、別れの原因を解明させたり、復縁に向けて心理誘導をし、依頼者様とターゲットを偶然の再会を装って運命の再会を作り出す再会工作までを行います。※参考記事:再会工作とは復縁工作の最終段階に偶然の再会を演出する恋愛工作です。

別れの原因が判明した際は依頼者様とターゲットの間に発生した問題点を第三者目線でアドバイスさせて頂く事も含まれ、依頼者様と復縁屋のスタッフが協力して復縁成功を目指す工作でもあります。

別れの原因が解明させた際にプロファイリングといった方法で依頼者様がご自身では気付かない自分自身の問題点を改善させて頂くご協力おmさせて頂き、一人で復縁活動をするよりも遥かに効果的な形で復縁に進む為のサポートが復縁屋工作でもあります。

恋人との仲直りをする為に一人で行動した結果、ストーカー扱いや恋人の不満を更に爆発させてしまったという結果、復縁を諦めなければならなくなってしまった方々は少なくなく、復縁を諦められない依頼者様が最後の拠り所として頼るのが復縁屋になり、復縁出来ない状況を変える唯一のキッカケを作ってくれるのが復縁屋工作になり、復縁に携わる業務を行う復縁屋が復縁方法についてご説明します。

恋人と仲直りする唯一の方法が復縁屋工作になりますが、復縁屋工作の使い方を学ぶ前に本当に自分の状況でも復縁できるのか?を一番気にされると思います。

復縁屋工作のご相談の一例

彼氏(または彼女)と喧嘩をしてしまいました。
きっかけは些細なことだったのですが、お互いに意地を張ってしまい、引き返せなくなった感じです。
仲直りをしたいのですが、その方法が分かりません。
このまま別れるのは嫌です。
どうすればよいでしょうか?

復縁屋工作の依頼者様たちは上記のように仲直りしたいけど仲直りするキッカケを作れず、キッカケがあれば簡単に仲直りする事が見込めるけれど、対応の仕方を一歩間違えれば復縁出来ないどころか関係を悪化させてしまい、悪化した関係を取り戻す事が出来ない状態まできてしまい、最終手段として復縁屋工作を頼らざるを得ない状況に陥っている依頼者様が少なくありません。※参考記事:復縁屋工作の相談事例:一人暮らしの経験がない為に同棲して別れた彼と復縁したい

客観的に見れば復縁は難しくないけれど、当事者である依頼者様には復縁が難しい状況にある時に、仲直りのキッカケを作り、関係を良好な状態に向けるように復縁屋工作の工作員がターゲットに心理誘導を行い、復縁の可能性を上昇させるのが復縁屋工作となるのです。※参考記事:復縁屋工作の依頼をすれば依頼者様とターゲットが相思相愛になる訳ではありません。

恋人とケンカした時に仲直りの方法を考えれば復縁屋工作の効果がどれほどのものかご理解頂けると思いますので復縁屋工作に頼った復縁方法ではなく個人で出来る復縁方法について一度考えてみていただけると分かります。

恋人と仲違いをした際に当人同士で話し合って解決出来るのが理想な形であり、恋人同士の間に第三者が入り込めば話しが拗れてしまい復縁は難しくなる事は想定できるかと思いますが、二人で話しを出来る状態ではなくなった時や恋人の怒りが頂点に達している状態で『話し合いをしよう!!』と提案しても『話す事なんて何もない!!』と断られてしまうケースがあります。

その状態になった時に怒りを鎮めてもらう為に時間を空けるのが冷却期間を空けるという復縁方法ですが冷却期間を空けるのは実は復縁委とって諸刃の剣となる場合があり、冷却期間を空けている間に恋人は別れていると認識してしまい、お互いに冷静になって話し合う時間を作る前に新しい恋人を作られてしまい、復縁を考える余地を持たなくなってしまうケースも存在するのです。※参考記事:復縁屋工作の成功事例:冷却期間3か月の間にラインのブロックをされてたけど復縁したい

依頼者様は冷静に話し合う為に冷却期間を設けていたのに、恋人は冷静になって交際が難しい…と判断してしまったのですから復縁方法としては失敗になります。※参考記事:復縁方法を【教えられない】のが復縁屋になります

仲違いし、価値観の違いや交際の継続が厳しい事を考えた恋人の気持ちは冷めていき、冷めた気持ちの状態に更に拍車を掛けるのが冷却期間となるケースは意外に少なくないのです。

そして恋人の冷めた気持ちを取り戻す為に必死になるのですが、冷却期間を空けた状況ですと恋人への接し方がギクシャクしてしまい、ギクシャクしている状態から関係を深めようと焦れば焦るほど恋人の気持ちを考えない行動を取ってしまい、逆に疎遠になってしまいますが、冷却期間を空けずにキチンと話し合えば解決出来ていた事も想定出来ますし、復縁する方法は冷却期間のようにテクニックに頼ってどうにかしようとするのではなく恋人の気持ちを理解し、恋人の気持ちに合わせて行動するのが一番有効でもあるのです。※参考記事:絶対に復縁したいから復縁屋に頼る!!という選択は間違った事ではありません。

依頼者様の中には復縁する方法として、自分も悪いけど恋人も悪いよね!だから過去の失敗は水に流してまた仲直りしよう!!という考えを持つ方もいらっしゃいますが、恋人にも非があるのは勿論ですが、恋人の気持ちを考えたなら恋人にも非があるという考え方を持って接しようとすれば復縁は難し事が分かると思います。

仲直りに必要な事はどちらが悪いか?であったり、どちらにも非があるよね?と話す事でもなく、まずは自分の非を認める事から始めなければならず、自分の非を認めて問題部分を改善するから恋人は許してくださり、怒っているのが自分だけだと大人げないな…と感じさせる事が出来るのです。

相手の非を責めるような話し方をすれば当然壁を作られ反発されるのは分かり切った事ですから恋人が悪かったとしても恋人を責めるのではなく恋人が非のある状況を作ってしまった自分を責める事から始めなければなりません。

恋人とケンカした時の仲直りのコツは自分の非を認める事から始めるのですから、仲直りの基本は自分の非を認めて恋人の非を責めるモノではないのが基本となり、恋人への謝罪の仕方も自分の非を認めるからこそ出来る事であり、自分の非を本心から認められなければ仲直りは難しい事を忘れてはいけません。

非を認めるのはとても難しい事であり、自分で問題があると自分で気付く人はなかなかいませんから自分の非に気付く為には誰かに自分の非を指摘してもらう事で自分では気付けなかった事に気付く事が出来、恋人の気持ちになって復縁に向けて考える事が出来る様になるのです。

仲直りしたいはずなのに余計な一言を言ってしまい、恋人が許してくれそうになっていたものを再燃してしまう方もいらっしゃいますから仲直りしたい時こそ余計な事を喋るのではなく恋人の言い分に耳を傾けなければならないのです。

自分の何が悪かったか、恋人を傷付けてしまった点、今後どうするつもりか、同じ過ちを繰り返さない様にするには?を伝えようとして、余計な一言を口走ってしまい、そこから関係が更に悪化してしまうケースもあります。

余計な言葉を出さない様に気を付けなければならないのですが、かと言って必要な言葉を伝えず『ごめんなさい。』と伝えても恋人との仲直りは難しい事も忘れてはいけません。

友人とケンカした場合に仲直りするにはどうしていたか?を思い出して頂けば、どんなケンカにもお互いに言い分があり、双方の言い分を貫き通せば友人関係は終わってしまう事はご存知かと思いますが、恋人と仲直りする時は皆さんが友達以上の関係だから…と甘い気持ちがあり、甘い気持ちがあるので恋人との仲直りは拗れてしまうケースが多いのです。

ケンカ後にどちらかが歩み寄り、相手の気持ちを汲み取りながら自分の非を認めた発言をするのでお互いが許す形の話し合いに発展しますが、歩み寄ろうとする側が相手の非を責めるような発言をすれば双方が歩み寄る姿勢を見せる事が出来なくなります。

友達との仲直りの経験がない方は少ないので恋人と仲直りしたいなら過去の経験を基に行動に移してみるのも大切です。

恋人と仲直りする為の仲介人の役割を復縁屋工作は行うのですが、ケンカして仲直りするキッカケが無くなった時に友達が間に入ってくれる状況はとても助かりますよね?

それと同じ役割以上の役割を復縁屋工作は行うものであり、復縁屋は依頼者様の味方であるけど恋人よりの考えにそって復縁屋工作を進めていくので恋人は復縁屋工作の工作員を受け入れ、工作員が恋人の味方のふりをして実際は依頼者様の味方をするので恋人も折れるところを折れないといけない…という考えに至るのです。

仲介役の工作員はあくまでも仲介役なので依頼者様の努力はとても大切な役割を占めますし、依頼者様が復縁屋工作の意味をシッカリと理解しているから復縁屋工作は効果を出す事が出来るのです。

依頼者様が恋人を責めるような考えを持っていれば仲介役がいくら頑張ったところで復縁は難しくなり、それが復縁屋工作が失敗する確率を高める事にも繋がります。※参考記事:復縁工作の依頼をして成功率を落として失敗する依頼者の特徴

別れた恋人と復縁するのは誰の為なのかを復縁方法を探しているなら考えなければならず、別れた恋人と復縁したいのは依頼者様ですが、単純に復縁すれば依頼者様は幸せかもしれませんが別れた恋人は復縁しても幸せではない事を忘れてはいけません。

復縁した後に別れた恋人を幸せに出来る資質があるかを恋人は復縁前に判断しますし、復縁したらまた同じ失敗を繰り返すかも…?と思えば恋人は復縁に向けて気持ちが進む事はなく、復縁したら幸せになれるよ!!と言葉だけで幸せにする保証をするのではなく、行動で幸せにしてくれる形を見せるから復縁を意識してくれるのです。

復縁屋が復縁屋工作のご依頼を頂くのは依頼者様の幸せを願う為でもあり、拗れてしまった恋人が依頼者様と復縁した後に幸せになる為に恋人の幸せも願うのが復縁屋工作でもあります。

別れた恋人へのアプローチ方法は復縁し易い環境を作らなければならず、復縁出来ない依頼者様の特徴として復縁し易い状況を作るのではなく依頼者様がしたい事をして恋人に依頼者様の要望を押し付けているだけの復縁活動をするので復縁方法が間違っているケースも多々あります。

復縁の経験がない依頼者様にありがちですが、復縁経験がない為に何をすれば良いか分からず恋人の気持ちよりも自分の気持ちを優先した行動を取るので復縁方法として間違っているのですが、別れた後になっても恋人の気持ちを考えていないと捉えらえてしまい復縁に進めません。

そして恋人の気持ちを考えてないと捉えられるので復縁出来ない訳ですから恋人の気持ちを理解した行動が求められ、恋人の気持ちを理解する為に復縁屋工作の利用者が多いのです。

別れた恋人の気持ちを理解し、別れた恋人の気持ちに合わせた行動や言動が求められますが、別れた恋人とlineやメール、電話など連絡が取れない状態では別れた恋人が何を考えているのか?が分からず別れた恋人の気持ちを理解した行動や言動が出来なくなるので復縁屋は別れた恋人をターゲットにした復縁調査を推奨します。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

別れた恋人と連絡が取れない状態で連絡を待っていても冷却期間中のように他に新たな出会いが別れた恋人にあった場合、依頼者様との関係は過去のものになってしまい、復縁活動を頑張っても報われない事が考えられます。

連絡が取れない状態で連絡を取ろうとしてもストーカー扱いされてしまう事も考えられますし、ストーカー扱いされれば更に復縁は困難になるのです。※参考記事:復縁屋工作の成功事例:彼とケンカしてlineブロック、ストーカー扱い

別れた恋人と連絡が取れない状態になれば依頼者様が一人で復縁活動を頑張ったところで復縁に繋がる確率はほぼ0%になり、連絡が取れない状態なら復縁屋に頼る以外に復縁方法はなくなります。

復縁屋は依頼者様からターゲットとなる別れた恋人の情報を頂き、事前調査を行い、ターゲットの特定から依頼者様との復縁を意識させる心理誘導する為の工作員の接触出来るポイントを判明させます。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の工作員の接触に必要な能力や技術について解説

人数を使って復縁屋工作を行うからこそ復縁の可能性を上げる事にも繋がりますが、プロであっても人数を使って復縁成功を目指さなければならない状況で依頼者様が一人で復縁活動をしたところで復縁できる可能性はとても低いのです。

復縁方法の大前提として復縁屋に頼れるなら頼った方がベストではありますが、復縁屋に依頼してる最中に復縁屋工作を進める前の段階で復縁成功に繋がる依頼者様も存在し、復縁屋工作に頼るのが復縁する方法ではなく、状況次第で復縁屋工作をしなくても復縁できる方法も存在するのです。

復縁屋は依頼者様と別れた恋人との関係を取り戻す為に必要だから復縁屋工作のご提案をさせて頂きますが、復縁屋工作が不要と判断すれば復縁屋工作のご提案をさせて頂く事がありません。

無料で出来る範囲の復縁アドバイスを行う事や無料アドバイスでは足りないと判断出来る依頼者様には有料の復縁アドバイスもご提案させて頂き、依頼者様の復縁をサポートさせて頂く形になり、適切な復縁方法をご提供させて頂きます。※参考記事:有料アドバイスやカウンセリングで別れさせや復縁の悩みも解消!

復縁したいけどどうすれば復縁できるのかが分からず、最終的に復縁屋に辿り着くのですが全ての依頼者様からのご依頼を復縁屋は承れる訳ではなく、少なからず復縁成功の見込みがある依頼者様でなければ復縁屋も対応をお断りさせて頂く事もあるのです。※参考記事:常識のない方と契約を交わす別れさせ屋や復縁屋はないので依頼を断る事も当然あります。

復縁したいから復縁屋に辿り着いても復縁屋から依頼をお断りされるケースもあるので、その時はいくら復縁方法を探しても復縁の見通しがないという判断をプロにされたとして復縁を諦めて頂くしかないのです。※参考記事:復縁方法で悩んでご依頼頂き復縁工作が成功した復縁屋工作の成功事例集

復縁方法を求めて復縁屋に辿り着く依頼者様たちの中にはお金を払えば復縁屋が協力してくれるのは当然という意識の元にご相談頂く場合もありますが、協力してもらおうとする人に対して協力するのが当たり前という態度で接するのは社会人としての感覚のズレがありますし、感覚のズレがあるので別れた恋人からも別れを決断された理由の一つである可能性も考えて頂かなければなりません。

復縁屋は復縁方法を教える事も出来ますし、復縁の協力をさせて頂く事も出来ますが、復縁の協力をさせて頂くといっても依頼者様に『復縁して下さい。』とお願いする事はありません。

協力させて頂くかどうかの判断は依頼者様の対応も含めて判断させて頂くものですが、復縁に置き換えて考えて頂くと復縁屋が何故この様な考えになるのか?もご理解頂けると思います。

復縁したい依頼者様が別れた恋人に対して復縁するのが当たり前という態度を見せようものなら100%復縁できる事はありませんし、少なからず復縁したい依頼者様は別れた恋人に対して復縁して欲しいとお願いする立場である事を理解していなければ別れた恋人が復縁を意識してくれる事はありません。

他人に何かをお願いするのに対応の間違いに気付かない依頼者様が別れた恋人への対応の間違いに気付く事は出来ないのですから復縁できるはずがないのです。

別れた恋人への対応の仕方ついては弊社の復縁ブログに多数復縁方法が掲載されていますので復縁ブログを参考にして頂ければ何故復縁出来ないのか?について分かり易く解説させて頂いています。※参考記事:弊社の復縁ブログの情報の正しさを参考にして復縁屋を探す事をお勧めしています。

復縁方法を考える前に大切なことは依頼者様の幸せよりも別れた恋人の幸せを心の底から願えるか?という事もあり、別れた恋人を本当に幸せに出来る自信が無ければ復縁を望むものではないと復縁屋は考え、復縁成功者の全員が自分の幸せよりも恋人の幸せを願っている事が客観的に見ても伝わるので復縁出来たと言えるのです。

誰よりも恋人の幸せを願い、例え別れた恋人に新しい恋人が出来ても新しい恋人よりも自分の方が恋人を幸せに出来る!!と考えられるから復縁成功にも繋がりますし復縁活動をしていても恋人が先々の事を考えて復縁を意識してくれるのです。

勿論自身があるだけでは恋人の気持ちは揺るがないですし、自信を裏付ける根拠となる復縁活動をするから恋人の気持ちは復縁に向けて傾きます。

復縁方法を模索している依頼者様の多くは別れた恋人の幸せよりも依頼者様の幸せばかりを考えてしまい、依頼者様の幸せを優先するので恋人の心には何も届かず、何も響きません。

本当に復縁したくて復縁方法を探しているならそれに見合った気持ちを恋人に与えなければなりませんし、恋人を幸せにする確たる自信と根拠があるので恋人の気持ちが揺れ動く事を忘れてはいけません。