復縁工作のご用命は復縁屋ジースタイルへ

復縁工作を行えば依頼者と対象者の人間劇場を目の当たりにします。

弊社では復縁工作のご依頼を頂いた際に様々な人間劇場を目の当たりにし、依頼者の笑顔、依頼者の絶望、対象者と依頼者の間にある人間性について担当者は様々な人間劇場を目の当たりにし、様々な人間劇場が担当者、工作員の知識、経験となり、復縁屋として復縁相談を頂く方々に対するアドバイスを行う為に必要なものとなります。

復縁工作の知識や経験があるからこそ対象者が何を考え、復縁についてどの様に考えているか?を知る事も出来、その知識や経験を元に他の復縁相談者に対するアドバイスが的確なものとしてご提案させて頂けます。

復縁相談を頂く方々には様々な個性があり、対象者にも様々な個性があります。

双方の個性が結びつくからこそお付き合いに発展し、人生のとても大切な時間を共有したパートナーとの関係が破局を迎えた際に復縁を考えます。

復縁を考えた方々には誰にでも訪れる人間劇場について、多種多様な復縁操舵を頂く復縁屋が復縁に悩む方々にアドバイスをさせて頂いています。

自分は自分、対象者は対象者。お互いの意見が復縁工作後もぶつかり合う依頼者達

復縁工作のご依頼を頂くという事は、依頼者はどうしても復縁したいと考えており、依頼者の願望を復縁屋がどんな依頼者でも叶える構図を考える方は少なくありません。

しかし、復縁工作の依頼をいただいても依頼者の協力がなければ復縁屋は依頼を成功させる事は出来ません。

復縁工作が失敗する最大の理由の一つに依頼者の協力が得られないケースがあるのですが、依頼者の中には復縁屋に協力する意味を理解していない方が少なくありません。

何故別れに至ったのか?を考える前に、依頼者によっては自分はお金を払うお客様という認識が強い方も多く復縁屋との関係をお金をもらう人とお金を払う人という認識で挑む為、その気持ちが対象者に伝わってしまう依頼者が少なくないのです。

『お金を払って復縁を目指しているんだぞ!』という気概が対象者にも伝わってしまい、復縁を望む側であるはずの依頼者と対象者の立場が何故か逆転してしまうケースがあり、少なくとも復縁できない状況に自分で自ら進むのですが、依頼者にはそれが分からず対象者から更に嫌われる依頼者は少なくありません。

当然の事ですが、復縁屋は依頼者に注意喚起を行いますが、『大丈夫!分かってますよ。それよりそちらもお金を払ってるんですからシッカリやって下さいね』と何を誤解しているのか分かりませんが、復縁屋がシッカリやれば復縁出来るかのように考える方がいます。

勘違いしている依頼者と対象者の人間劇場は酷いもので、対象者がいくら依頼者の問題点を工作員に告げて、工作員から依頼者に問題点が伝わっても依頼者は何も自分を変えようとしません。

対象者の意見を工作員が汲み取っても依頼者は『そんな事はない。』の一点張りで、復縁屋も何も手の施しようがないほど依頼者は自分の失敗を改善しようとはしません。

自分は自分。対象者は対象者という考えのまま復縁工作の依頼を請けると何故対象者が別れを告げたのか?を理解でき、依頼者が自分の問題点に気付き、改善できなければ依頼者が幸せになる事は一生無いだろうな…と分かり易い人間劇場を復縁屋は経験でき、結果的に復縁できない事に気付きます。

復縁工作で復縁できない依頼者と担当者の人間劇場

復縁工作で復縁できない人は主に依頼者に問題があります。

対象者から聞きだした情報を担当者が依頼者の自己改善も含めてアドバイスをさせて頂きますが復縁工作で聞き出した情報を元にアドバイスをしても聞き入れない依頼者は少なくありません。

依頼者と担当者のアドバイスのやり取りはとても複雑な人間劇場が繰り広げられ、依頼者の成長を促す人間劇場は様々な人間模様が繰り広げられます。

その中でも復縁工作の依頼をして復縁できない依頼者と担当者の人間劇場はとても酷いもので、担当者が対象者から工作員が聞きだした情報を元に依頼者にアドバイスする内容を全く理解しない方が少なくありません。

『自分には改善点はない』と対象者から聞きだしたにも関わらず担当者に断言する依頼者もいますし、『自分には改善点はない』と依頼者に断言されれば担当者は改善する点がある事をどうやって依頼者に理解させるか?で頭を悩ませなければなりません。

対象者から聞き出した情報を元にしたアドバイスにも関わらず、『直すところがない!』と断言されれば、『それなら別れてないですし復縁工作を依頼する理由すらないですよ』という言葉以外に伝える事はありませんが、その言葉を伝えても理解していただけない依頼者と担当者の人間劇場は依頼する前の方には想像出来ない事かと思います。

依頼者の暴走劇に歯止めを利かせる担当者

復縁工作の依頼を頂いた方の中には担当者が『やってはダメですよ!』と口をすっぱくして伝えても暴走する依頼者は少なくありません。

依頼者の暴走劇に歯止めを利かせなければ復縁工作は失敗する確率を上げてしまうので担当者は必至に依頼者の暴走を食い止めようと努力します。

勝手に対象者の家に行かないようにさせるのは当然ですし、突然連絡をする事など、事後報告で依頼者が連絡した後に担当者に伝えられるケースもあります。

依頼者の言い分と担当者の言い分はお互いに復縁を成功させる為の協力者でありながら、どちらが立場が上だとか下だとかという事はありませんから、お互いに信用して成り立つものでもあります。

お互いの立場を尊重するからこそ成功させる事に繋がるのですが、依頼者が暴走する事で担当者からの信用は少しづつ失っていきますし、信用を失えばアドバイスを行う際に理解してもらえないであろう前提でアドバイスの方法を考える事や復縁工作の方法自体も変えなければならなくなる為、依頼者と担当者が織り成す人間劇場は当事者にしか分からないこともあります。

元彼(元彼女)の気持ちを意のままに??

復縁工作をするにあたって、対象者の気持ちを意のまま操れれば、どんな依頼者の依頼でも叶わない事はありません。

それこそ復縁屋は復縁を売るサービスを提供し、超能力者の様な特殊な人間の集団になりますが元彼(元彼女)の心を絶対に扱える人等、この世に存在しないのです。

しかし、復縁工作の依頼を検討する方の中には復縁工作は魔法の様なものであり、復縁工作の依頼をすればどんな状況でも復縁させてくれるのではないか?と想像します。

復縁したい気持ちは分かりますが対象者の気持ちを完全にコントロールするのが復縁工作ではありません。

復縁工作の原理を分かっており、何をするから復縁に繋がるのか?を理解している人が復縁工作の依頼をすれば成功率は勿論高くなりますが、復縁工作の原理を理解しておらず、何も分からないけど、とりあえず依頼すれば成功させてくれるかもしれない!?と考える人は『早く対象者に心理誘導を掛けてください!』と仰います。

元彼(元彼女)の気持ちを意のままに操作出来るなら、これ以上の復縁方法はありません。

しかし、対象者も人間ですから復縁工作をしたところで最終的に依頼者が魅力的な異性として認められなくては復縁は出来ません。

復縁工作の依頼を検討する方は自由自在に人の心を操作する方法等、人間は持ち合わせているものではなく、もしも復縁屋が人の心を自由自在に操作出来るなら依頼者に暴走させてしまうこともありませんし、復縁屋に依頼すれば必ず復縁させてもらえると考えている人と、復縁屋の間にも人間劇場があります。