復縁工作のご用命は復縁屋ジースタイルへ

復縁工作は本来復縁の成功率を上げる為に依頼するものになります。

復縁の成功率を上げる為に依頼するという事は復縁工作を依頼する時、少なくとも復縁の可能性が全く見えない状態であり、可能性を少しでも上げる為に復縁工作を検討します。

言い換えれば復縁工作の依頼をするという事は復縁できない状況を理解しているという事でもあり、復縁できない状況を打破する為に復縁工作の依頼をするという事になります。

復縁できない状況を打破する為には工作員が心理誘導するだけでは足りず、依頼者の協力があって初めて復縁の成功率を上げる事にも繋がります。

しかし、復縁工作に対する考え方を誤解し、依頼すれば復縁できると考える人もおり、復縁工作の依頼をしても成功率を落とす依頼者の特徴の一つでもあります。

復縁工作に依頼するお金を払えば復縁できるんじゃないの?

復縁工作に依頼するお金を払えば復縁できると思っている人がいます。

言葉では『100%復縁できないのは分かっています。』と口にするのですが『お金を払うんだから…』という気持ちが透けて見え、お金を払って復縁を買っているという認識が取れない方がいます。

自分の置かれている状況の悪さに気付いておらず、状況の悪さは認識していても自分ではどうする事も出来ないから復縁工作の依頼をするのですが、何が問題なのか?は復縁屋の工作員に問題があるのではなく依頼者に問題がある事を理解していなければ復縁工作の依頼をしても復縁が成功することはないのです。

復縁工作に依頼するお金を払えば復縁できるんじゃないの?

復縁工作の依頼するお金を払うんだから納得できる結果が欲しい!

復縁が成功しない依頼者のほとんどが復縁屋に問題を見つけようとして自分の問題に目を向けません。

それが分からないので依頼者の問題を指摘しないで『復縁工作で復縁させらます!』と説明する悪質な復縁屋にも引っ掛かりますし復縁もできません。

依頼を請ける以上、復縁の見込みがあるから復縁屋は復縁工作の依頼を承ります。

その可能性を潰すのは復縁屋ではなく依頼者にある事を理解出来なければ復縁できる可能性が1%も上がる事はありません。

自己改善とかは要らないから早く再会させて欲しい!

復縁工作の依頼を請けると対象者との再会を待ち侘びる依頼者は大変多いのですが、対象者との再会を焦るあまり自己改善は蔑ろにします。

復縁で一番大切な事は依頼者が元恋人から復縁してもいいかな?と思ってもらえることであり、復縁してもいいかな?と思ってもらえる為には自己改善は必須です。

一番大切な事を蔑ろにして失敗する確率が高いまま再会を求めれば復縁工作は当然失敗しますし成功率を上げる事も出来なくなります。

依頼者の『自分はもう前とは違うんで大丈夫です!!』という言葉にごり押しされて上手くいっていた復縁工作が失敗したケースはとても多いのです。

復縁工作を都合良く考える依頼者ほど復縁工作は失敗します。

復縁工作を都合良く考える依頼者ほど復縁工作は失敗します。

契約する前は『反省してるんです…』と口にする依頼者や『自分の悪いところは直したんで…』と口にする依頼者。

依頼を請けると何も反省しておらず、悪いところが直っていない依頼者を見るケースはとても多いのです。

復縁工作の依頼を頂けば毎日のように連絡を取り合いますから依頼者の問題に気づいてしまいます。

面談等でお話を聞く時間では判断できない事も時間を掛けるからこそ分かる事は多々あります。

復縁工作を都合良く考えて表面上だけ反省したフリをしていたり、自分の悪いところは直ったんで…と直ってないところを隠そうとしているだけの依頼者の復縁工作は失敗します。

好かれていないから好かれる様に努力をする。を理解してない依頼者ほど復縁工作が失敗するのでお気を付けください。

復縁工作の依頼をするんでなんとかして下さいよ!!!という依頼者が復縁する事はない

「復縁工作の依頼をするんでなんとかして下さいよ!!!」と、今の状況をどうにかして欲しいと懇願する方はどうにもなりません。

何とかして下さいよ。という状況を作ったのは依頼者自身であり、何とかしなければならないのは復縁屋ではなく依頼者です。

何とかしたいなら依頼する事を考えるのではなく自分自身を何とかしないとどうにもならない事に気付かなければなりません。

復縁屋は復縁を売る探偵会社ではありません。

復縁をサポートする探偵会社になります。

依頼するからどうにかして欲しいのなら依頼者自身がどうにかする気持ちを持てなければ復縁工作は失敗します。

復縁工作の依頼をするから何とかして欲しい!という考えの方は自分のした事を理解してないので復縁屋に値引きを求めます。

復縁工作の依頼をするんでなんとかして下さいよ!!!と言う方は、何とかして欲しいなら自分が何をしてたのか?を本当の意味で理解しなければなりません。

自分がした事を考えて頂けたら復縁工作の依頼料はとても安いと思います。

とても安い料金である事を分かっているなら復縁屋に値引き交渉の様な事はしません。

値引き交渉をする時点で自分のした事を理解してないのですから復縁できる訳がないのです。

復縁工作の依頼を安易に考えるなら依頼は控えましょう

復縁工作という言葉を聞いた事がない人は復縁工作をどの様なものだと考えますか?

復縁工作という言葉を聞いた事がある人も復縁工作をどの様なものだと考えるでしょう?

復縁工作を安易に考えている人、復縁工作って一体何だろう?と考える人、復縁工作の依頼をすれば復縁させてくれるのではないか?と考える人、様々いらっしゃると思います。

もしも今から復縁工作の依頼を検討しているなら、復縁屋に相談する前に復縁工作についての理解を深めて頂ければと思います。

復縁工作で安易に復縁させてもらえると考えている依頼者は失敗します。

復縁工作の依頼をすれば復縁させてもらえると考えている依頼者は断言できますが100%復縁工作は失敗します。

依頼者が仕事をしている間に工作員が元彼(元彼女)に接触して、依頼者と復縁する様に説得してくれると考える人は多いのですが、全く知らない第三者が説得して復縁できる訳ではありません。

最終的に復縁してくれるかどうかの判断は依頼者がされるのですから工作員が説得したところで依頼者が別れの原因を抱えたままでは確実に失敗します。

もしも復縁工作の依頼をすれば安易に復縁させてもらえると思っている方は復縁屋に依頼するべきではありません。

復縁工作の依頼をして失敗しない為に考えて頂きたい事

  • 本当に復縁したいのか?
  • 本当に復縁工作の依頼をする価値があるのか?
  • 復縁の為に必死に頑張れるのか?
  • 復縁したら元恋人を幸せに出来るのか?

復縁工作の依頼を安易に考えない為に最低でも上記4つの事項を再度考えてみては如何でしょうか?

まず考える事が復縁工作!では復縁工作は失敗します。

復縁したいから復縁工作の依頼を検討するのは間違いではありませんが、復縁したいから復縁工作と直結させる考え方では復縁工作は失敗します。

復縁工作は依頼者が出来ない事をサポートする為の方法でしかありません。

復縁工作がメインで復縁できると考えている依頼者は確実に復縁工作は失敗します。

復縁する為にまず考えなければならない事は何でしょう?

まず考えなければならない事は工作でどのようにして復縁させてくれるか?ではありません。

まず自分が変わること。

その上で、復縁するためにはどういう道筋が必要か?になり、自分が変わるから復縁工作というサポートは効果があるのです。

それが分からない依頼者から依頼を承っても復縁工作は失敗します。

復縁するために必要なものは工作ではない事を理解していなければ失敗します。

復縁する為に必要なものは復縁工作ではありません。

どれだけ工作をしても依頼者が復縁に向けてヤル気や覚悟がなければ復縁工作は失敗します。

例えば、DVが原因で破局し、別れた相手と連絡を取り合えない状態の依頼者から復縁工作の依頼をいただいて再会の場を作れた時に、無意識に依頼者が元恋人にストレスを与える様な言動、行動がなされた時に復縁できると思いますか?

100%復縁できません。

連絡が取れない状態から再会の場を設けられて復縁の可能性は少なからず上がっているにも関わらず依頼者が自分で可能性を潰してしまいます。

復縁する為に必要なものが復縁工作だと考えて、一番大切な事に気付かなければ復縁できる可能性が上がる事はなく、復縁工作は確実に失敗します。

復縁に向けて一番大切な事を教えてくれるのも復縁屋になります。

一番大切な事を教えてくれず復縁に必要な事が復縁工作だと考えていれば復縁工作が成功するはずはありませんし、復縁屋の中には一番大切な事が分からない復縁屋もありますので必要なものが何か?をよく考えて頂く事をお勧めします。

復縁工作の依頼を請けても無意味な人からの依頼は【失敗する】から請けません。

復縁工作の依頼を請けても自分を変える努力をせず復縁の可能性を自ら潰す様な人からの依頼は請けることがありません。

依頼を頂く前に依頼者とは面談しなければならず、面談をして協力すれば復縁の可能性があるか?を判断させて頂きます。

判断するのは状況や情報量はもちろんですが、依頼者の人間性になります。

DVや付き纏いが原因で別れた人が高圧的な態度で面談をして復縁できると思いますか?

復縁工作の依頼を請けても無意味な人からの依頼を復縁屋が請ける事はないのです。

復縁屋は依頼者が面談を希望すれば面談をお受けしますが就職希望の会社の面接に行って高圧的な態度をする人はいませんよね?

高圧的な態度だけではなく人間性を確認するのが面談ですから依頼者を見て依頼を請ける意味が見いだせなければ復縁工作の依頼は失敗するから請けません。

復縁工作の依頼をしたのは『復縁したいから依頼したんです!』と言う人も失敗します。

復縁工作の依頼をしなければ復縁への想いが強くない。は嘘になります。

復縁工作の依頼をしたから復縁したい気持ちがある訳ではありません。

依頼は出来ない事をサポートしてもらう為にするものであり、復縁工作の依頼をした=復縁したい。ではありません。

復縁屋の中にも同様に考える復縁屋がありますが、復縁したい!と、復縁工作の依頼をした!は全く別物になります。

『復縁したいから依頼したんです!』と口にする人は復縁工作の依頼をした事で満足し、肝心の復縁活動は手を抜く傾向にあります。

予備校に通ったから満足して勉強しなければ大学に入れない事と同様で、復縁屋に依頼した事で満足すれば復縁工作は失敗します。

復縁工作の依頼中は失敗しない為に何をすれば良い?

復縁工作の依頼をする際に依頼者の協力がなければ復縁工作は失敗します。

しかし、復縁工作の依頼をした経験がない方がほとんどなので復縁工作の依頼中は何をすれば良いのか?が分からない依頼者がほとんどです。

ほとんどの依頼者は復縁工作の依頼中は何をすれば良いのか?を分からず、復縁屋も依頼者に何をしてもらえばいいか?のアドバイスが出来ないので復縁工作が失敗します。

復縁を本当に理解している復縁屋を選び、復縁工作の依頼中は失敗しない為に何をすれば良いのか?を依頼者各々でやらなければならない事は変わりますので復縁工作の依頼をしたら復縁屋にアドバイスを受けて失敗しない為に依頼者も復縁する為に行動しなければなりません。

失敗しない為に依頼者の改善部分を知る事はとても重要です。

復縁工作の依頼が失敗しない為に依頼者の改善部分を知る事はとても重要です。

改善部分を知り、改善した姿を対象者に見せるから復縁の成功率を上げるのですから改善部分を知らなければ復縁の可能性を上げようがありません。

復縁工作が失敗する人は改善部分を知っても改善していない人になります。