復縁工作

復縁工作の成功事例を参考にする方は多いのですが、復縁工作の成功事例を参考にして頂いても依頼者の方々と同一の依頼はまずありません。

100%以前に工作した内容と同じ事はないので参考程度にして頂くのが一番ですが、なぜ参考程度にして頂くのが正しい見方なのかを理解している方はいません。

  • ターゲットが人間だから
  • 別れの状況が同じ事はないから
  • 別れてからの状況が同じ事もないから

簡単に言えば上記3点が理由になりますが、一番の理由はターゲットが人間なので復縁工作の成功例は参考程度にしかならないという理由になります。

ターゲットが人間という事は、工作員と話す会話の流れが以前のターゲットと全く同じという事はありません。

復縁工作を行う上で一番大切なのがターゲットに向けた心理誘導になり、心理誘導は工作員が作り出す会話の流れや復縁し易い状況作りになるので、ターゲットが同一人物であっても状況に応じて変えなければなりません。

人間の気持ちは瞬間瞬間で変わります。

瞬間で変わるターゲットの気持ちは1分前と全く異なる事もありますし、会話をしていく内に変化しない人間はいません。

復縁工作を行っている者なら誰しもが似た案件はあるけれど、全く同じ案件はない。と答えるのですが、実際に復縁工作を行っていると1時間前に話していた事と1時間後に話していた事が変わるターゲットは良く見ます。

例え、ターゲットが頑固な性格で、全く何も受け入れないとしてもです。

復縁に向けた心理誘導もターゲットの心に響いていないのかな?と工作員が判断して依頼者に報告をしている間にターゲットから依頼者の元へ連絡が入り、復縁に向けて前進した…というケースもザラにあります。

復縁工作が超能力ではなく、心理誘導と呼ばれる理由は復縁する為に工作員が種を撒いたところで、気持ちの変化は表面化せず、言葉の節々や接触後のターゲットの行動で効果が表れているかどうかを判断しなければなりません。

大まかな流れとしては過去に成功した事例などを参考にするのは問題なのですが、細かい部分は依頼者の方々が参考に出来る部分はなく、例えばボイスレコーダーで撮った音声を復縁屋のホームページに掲載する訳にはいかないので、復縁工作の成功事例は大まかな流れのみが書かれた成功事例になります。

成功事例の流れは分かっても、心理誘導の本質的な部分をお見せする事は出来ないので成功事例を参考にする場合は流れを参考にして頂く程度でお考え下さい。