復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルへ

復縁工作のお問い合わせを頂く際に『成功率ってどの位ですか?私のケースは難易度はどの位ですか?』とご相談頂くケースはとても多いのですが、難易度判定や成功率は状況をお伺いしてみなければ分かりません。

どの様な状況なら復縁工作の難易度が上がるのか?を知りたい方はとても多いのですが、例えばlineのブロック1つとっても状況が各々異なります。

  • ケンカの延長でlineをブロックされたのか?
  • 自然消滅の流れでlineをブロックされたのか?
  • 既読スルーされて何度もlineを送ってしまった結果ブロックされてしまったのか?

lineのブロックだけでも状況は異なりますので、その先にある復縁となれば様々な要因が絡み合ってくる事なので簡単に状況をお伺いさせて頂くだけでは難易度を判定する事は出来ません。

別れの原因を聞いている、聞いてない。でも異なりますし、別れの原因を聞いた内容に矛盾がある、ない。でも別れの原因の信憑性も違う為、『彼(彼女)から気持ちが冷めたって言われたんですけど復縁工作したら難易度はどの位なんですか?』とお問い合わせされても一概には答えられない部分があります。

難易度を判定させて頂くには様々なお話をお伺いさせて頂かなければなりませんが、簡単に難易度判定をする際にはいくつかポイントがありますので、復縁屋に難易度判定をしてもらうのに少し勇気が出ないな…という方は参考にして頂ければと思います。

対象者(復縁したい相手)との別れ方

復縁工作の難易度判断をする際に別れ方は状況判断をさせて頂く際の項目の1つになります。

別れ話の内容、別れ話が出る以前からの出来事等も含めて何が原因で別れに繋がったのか?という情報を元に難易度判断をさせて頂きます。

ご相談時に頂く情報は主観的な情報が多々入っている為、例えば依頼者様が『些細な事でケンカしちゃって…』の些細な部分についてもお伺いさせて頂き、客観的な視点から些細な事と捉えられるかどうかを難易度判断の基準の中に入れさせて頂いています。

些細な事が対象者から見て本当に些細な事だと感じているのかどうか?

依頼者様の考え方の問題等も別れ話の内容から気付く事もあり、難易度判断に活用させて頂いています。

別れ話の内容で聞かせて頂く主な内容は下記の通りになります。

  • 今付き合っている状況で別れ話がパートナーから出てきてしまっている
  • 当時自分から別れを告げた
  • 遠距離恋愛等、距離の壁で別れてしまった
  • 仕事の時間が合わず時間の壁で別れてしまった
  • 別れた原因が自分の浮気によるものである
  • 別れた原因が相手の浮気によるものである
  • 突然連絡がつかなくなり別れるハメに
  • 結婚に関する相違の違い
  • パートナーに好きな人が出来た
  • 自分に好きな人が出来た
  • 金銭的なトラブルによって別れる事になった

対象者(復縁したい相手)と別れた後の関係性

別れた後の関係性も復縁工作の難易度判定には必要な判断基準の一つになります。

別れ際に拗れに拗れていれば単純に復縁工作の難易度が上がるのはお分かり頂けるかと思いますが、連絡が取り合える仲なのか、完全に連絡をシャットアウトされている仲なのか?

復縁工作で復縁を意識させられるかどうかの1つの基準になります。

何故連絡が取り合えない仲になってしまったのか?

原因はどこにあるのか?

原因が依頼者だとして、原因を改善する気持ちがあるのか?

依頼者が本当に復縁したい気持ちがあるかどうかを確認出来る部分にもなります。

対象者(復縁したい相手)との現在の関係性を確認する内容は下記の様になっています。

  • 消息が分からない
  • 連絡を頻繁にとっている
  • 連絡はたまにとれるくらいである
  • 連絡先も変えられて分からない
  • 連絡先は分かるが着信拒否をされている
  • 別れてから全く連絡をとっていない
  • 友人を介してなら情報が入ってくる
  • たまに食事に行くことがある
  • 自宅も引越しされ携帯電話も変えられた

復縁工作の難易度判定を行う上で一番大切な事は情報と状況確認ではない

復縁工作は復縁を目的として行う恋愛工作になりますので、復縁の可能性がないと判断したご相談に関してはご依頼をお請けする事が出来ません。

復縁の可能性は依頼者様から頂く情報を元に判断致しますが、依頼者様が復縁する為に努力をする気持ちがあるか、ないか?という部分も難易度判定には含まれます。

皆様が『本気で復縁したい』と仰いますが、客観的に見て本気で復縁したい様には見えない方のご相談、ご依頼を承る事は出来ません。

復縁で一番大切なのは元彼(元彼女)に対する気持ちがどれだけあるのか?

復縁したらどんな気持ちで接する事が出来、元彼(元彼女)を幸せにしたい気持ちがあるかどうかで成功率は大幅に変わってきます。

殆どの方が『元彼(元彼女)を幸せにします!』と口では仰いますが、本当に元彼(元彼女)を幸せにしたいと思っている人の行動、言動なのか?を確認させて頂くのも復縁屋の業務になります。

本当に元彼(元彼女)を幸せにしたい気持ちが復縁屋にすら伝わらなければ、元彼(元彼女)に『復縁したい』という言葉が届く訳がないので、どれだけ真剣に復縁を考えているか?は復縁工作の難易度判定には必要不可欠になります。

復縁工作の難易度判定で復縁の可能性があるなら迅速に動く必要があります

復縁工作の難易度判定をして復縁の可能性があるなら時間と共に難易度は変わっていきますし、迅速に行動に移す必要があります。

復縁の可能性がある!と判断された数か月後に対象者が妊娠してしまったので復縁工作の依頼をする!と決めても同じ難易度で進める事は出来ません。

難易度は水物であり、状況次第で変わるのが難易度になりますから、復縁の可能性があると判断したなら早い段階で動き出し、後々出て来る可能性があるトラブルを事前に回避する事が求められます。

時間が経てば経つほど復縁の可能性が上がる事はなく、時間が経てば経つほど復縁の可能性が低くなってしまう可能性があります。

復縁屋に試しに復縁工作の難易度判定をしてもらおう!と考え、『復縁の可能性がありますよ!』と言われた時に、復縁の可能性があるから安心して時間を経過させてしまい、復縁の可能性を潰してしまう方もいらっしゃいます。

安心して動き出しが遅くなってしまえば復縁の可能性を下げてしまう事になり兼ねないので復縁の可能性があると判断された時に本当に復縁したいなら安心するのは禁物です。