離婚を考えた時に財産分与や親権等の話し合いがまとまらない為、離婚が進まないケースは沢山あります。

夫婦で築いた財産は夫婦共有のものであり、夫婦共有の財産をは裁判所が認めている事ですが、どうしても財産分与が納得いかないという方もいらっしゃいます。

財産分与は権利として認められているものなので、相手が権利を放棄しなければ分け合わなければならず、嫌だと強情を張っても裁判所の命令が出れば従うしかなくなります。

財産分与をとっととして離婚したいという方もいますが、財産分与で無理な要求をされて離婚に進まない方もいます。

せっかく築いた財産を欲張って請求される為、お互いに意地を張り合い、離婚も進まず、かといって余分な財産も渡したくないという葛藤から離婚話が平行線になり、精神的に疲れ果てる夫婦も少なくないのです。

弊社には余分な財産分与をせずに離婚したいと考えている方に向けた別れさせ工作の方法もあり、他社には真似が出来ない方法で別れさせ工作を成功させます。

余分な財産分与をせずに離婚したいとお考えの方は参考にして下さい。

離婚時に配偶者と分ける財産分与とは?

婚姻関係を結ぶと夫婦の財産は夫婦共有の財産となり、家事、育児で追われる女性は仕事が出来なくなる為、収入がなくなります。

収入がない妻は婚姻生活を続ける間、全くの無収入状態になり、夫は仕事をして給料をもらって来る為、仕事が出来ない妻の立場を考慮された制度が婚姻すれば夫婦の財産は共有のものとなる制度になります。

婚姻した際の条件になる為、婚姻する前の財産は夫婦共有の財産とはなりません。

結婚した後に購入した不動産や自動車等の動産、もちろん夫が会社から支給される給料等、夫婦共有の財産は決して少なくありません。

社会保険に加入している会社に夫が勤務していれば厚生年金も財産分与に含まれますが、財産分与と慰謝料請求を同じに考えてしまう方もいらっしゃいます。

財産分与は夫婦で築いた財産を離婚時に清算しましょう。という制度であり、慰謝料は謝罪で解決出来ない事をお金で解決しましょう。という制度ですのでお間違えの無い様にして下さい。

離婚時に話しがまとまらなくなる余分な財産分与とは?

収入が多い夫婦にありがちですが、収入が多い分、財産分与で揉める夫婦は少なくありません。

財産分与は基本共有の財産を二つに分ける話し合いがされますが、不動産等がある場合、半分を妻の所有、半分が夫の所有とする事が出来ず、離婚すれば共に生活しなくなる訳ですから家を売って心機一転したい側と購入した家に住み続けたい側とで分かれた場合、財産をきっちり半分づつ分ける事は出来ません。

現金で不動産の価値の足りない部分を補おうとしても現金が家になければ不動産手放す手放さないでお互いに譲れません。

財産分与で難しいのは、その時々の動産や不動産の価値を算出し、算出した財産を如何に公平に分けるかが問題であり、分けづらいモノに関してお互いに認められず財産分与で揉めるケースは少なくありません。

財産分与は公平に分けなければなりませんが、公平に分ける事が出来ない為、離婚がスムーズに進みませんが、公平に分けない形でも相手が納得すれば財産分与の話しは進む為、財産分与が原因で離婚になかなか進めない方から余分な財産分与を渡さないで済む別れさせ工作の方法を弊社ではご提案させて頂いています。

余分な財産分与をしない為にどんな別れさせ工作をすればいい?

余分な財産分与をしないで済ませるには、相手から財産をある程度放棄させる様に仕向けていかなければなりません。

別れさせ工作の方法といえばハニートラップを思い浮べる方が多いのですが、例えばハニートラップを行い、工作員との交際を熱望すれば早々に離婚の話しを進める為、財産に対しての話し合いも妥協せざるを得なくなる事が想像出来ると思います。

しかし、ハニートラップを仕掛けて工作員との交際を熱望するかどうかはやってみなければ必ず出来る事とは言えず、余分な財産分与を与えたくない依頼者にとっては不確定な方法とも言えます。

どうすればあなたなら財産分与の問題で離婚が進まない状態から前に進もうとしますか?

そこに余分な財産分与を与えないで離婚に向かうヒントが隠されているのです。

別れさせ工作は人間の心理を利用して別れさせる工作ですから、人間心理を利用して余分な財産分与をさせない様に仕向ける事も可能です。

余分な財産分与をしたくない…と悩みを抱えている方はご相談・ご依頼頂ければと思います。

余分な財産分与をしないで済んだ別れさせ工作の成功事例

依頼者Aは夫との離婚を考えていましたが離婚する為には不動産がネックになっていました。

対象者である夫は不倫をしており、慰謝料請求をしても数百万円程度の慰謝料しか取れず、住む家がなくなれば子供の行き場を失ってしまう為、家の売却話しには乗る事が出来ませんでした。

弊社にご依頼頂き、対象者が財産を放棄する様に仕向ける心理誘導を行って欲しいとの事でしたので、弁護士も弊社で懇意にしている弁護士を付けて夫との財産分与に挑んで頂きました。

Aと弁護士が打ち合わせした内容は逐一報告して頂き、対象者には工作員を接触させてAとの話の交渉もさせます。

対象者にも弁護士を紹介する形を取れる様に人間関係を構築していくと、弁護士の知り合いがいない対象者は工作員に弁護士を紹介して欲しいと懇願し、対象者にも懇意にしている別の弁護士を紹介する形となりました。

弁護士双方の話しを聞く事になり、依頼者と対象者の言い分を聞きながら対象者への心理誘導を工作員と弁護士を使って進めていきます。

弁護士と工作員から説得される形となった対象者に裁判の大変さや不倫相手に対する迷惑等を考慮してあげる事等、味方のフリをして対象者に有利になる様に事を進めていきました。

双方の弁護士を利用し、対象者に財産分与を諦めさせる事が出来、不動産は全てAの所有になり、更に不倫の慰謝料として300万円を要求して見事に勝ち取った別れさせ工作の成功事例になります。

  • ※別れさせ工作の成功事例はコチラを参照下さい。