元彼(元彼女)と復縁したいと思っている最中に元彼(元彼女)に恋人が出来てしまったら本来なら復縁を諦めなければなりません。

元彼(元彼女)から愛想を突かれたのは他でもない自分であり、別れを告げて新しい人を選ばせてしまったのも自分ですから、元彼(元彼女)との復縁は諦めなければなりません。

しかし、頭で分かっていても気持ちで理解出来ない方は多く、元彼(元彼女)に新しい恋人がいても復縁を諦められない時に別れさせ屋に頼るという選択肢があります。

大切な人の恋人を別れさせなければ復縁を手にする事は出来ませんし、元彼(元彼女)に新しい恋人がいて復縁したいなら2人の関係が破局しなければ復縁の話しは出来ません。

恋人同士を破局させるから復縁に繋がる訳ではありませんが、少なくとも大好きな人に恋人がいれば大好きな人は恋人が好きで、あなたが好きではないので『復縁したい!』と伝えたところで復縁に辿り着く事がありません。

そこで復縁したい方々が辿り着くのが『どうにか元恋人と新しい恋人を別れさせられないか?』という事であり、別れさせ屋に辿り着きます。

別れさせ屋はどんな方う方で大好きな人と新しい恋人を別れさせるのか?

元彼(元彼女)との復縁を望み、別れさせ屋への依頼を検討している方は参考にして下さい。

別れさせ屋が提案する方法は依頼者の要望に沿える提案?

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

元彼(元彼女)との復縁を望む依頼者が別れさせ屋に依頼する際は、如何に別れさせた後に復縁し易い状況が作れるか?が依頼者の求める別れさせ工作の方法になります。

元彼(元彼女)と対象者が別れても依頼者と復縁できなければ依頼者は何の為に別れさせ屋にお金を払って依頼したのか分かりません。

別れさせなければ復縁の可能性が無い以上、元彼(元彼女)に恋人が出来てしまえば別れさせる様に進めていかなければなりませんが、依頼者の目的はあくまでも復縁であって、別れさせる事ではないのです。

その為、別れさせ屋は依頼者の要望に添える様に少しでも復縁し易い環境を作れる別れさせ工作の方法を提案します。

依頼者の要望は何か?と、依頼者の気持ちはもちろん人の気持ちを理解出来なければ工作業務を行う事は出来ません。

人間の心理を誘導して別れさせる方法を提案する別れさせ屋は依頼者の要望に沿った別れさせ工作の方法が出来なければ技術の無さが露見します。

元彼(元彼女)と復縁したい依頼者に提案する別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋に問い合わせすれば技術がある別れさせ屋なのか?に気付く事が出来ます。

元彼(元彼女)と新しい恋人を別れさせる時にやってはいけない方法は?

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

元彼(元彼女)に新しい恋人がいる時に別れさせ屋が提案する方法がハニートラップを提案された場合はご注意下さい。

別れさせ屋の代名詞ともいえる対象者に異性を接触させるハニートラップという方法は『別れさせたい!』と考える人にとっては単純に分かり易い図式が出来、新しい恋人に浮気をさせれば元彼(元彼女)は別れるだろう!?とハニートラップが成功した時の事まで想像し易いものになり、素人考えでも『上手くいくかもしれない!?』と考えます。

しかし、依頼者が復縁を望んでいる場合、ハニートラップを行い、別れさせる事に成功したら復縁しやすい環境が作れるでしょうか?

別れさせ屋が考えなければならないのは依頼者の要望に沿う結果になり、別れさせた後に依頼者と復縁し易い環境を作る事までを考えなければなりません。

恨みや復讐心から来る別れさせ工作ならハニートラップを提案しても問題ありませんが、元彼(元彼女)と新しい恋人の別れの原因が浮気になれば元彼(元彼女)が浮気しても対象者が浮気してもどちらに転んでも復縁に結びつかない事から、元彼(元彼女)と新しい恋人を別れさせる為に『ハニートラップをしましょう!』という別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋には注意が必要になります。

別れさせ屋が元彼(元彼女)と新しい恋人を別れさせるには何をすればいい?

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

別れさせ屋は依頼者の要望に沿える方法を提案しなければ別れさせ工作を提案する意味がありません。

従って、対象者をどの様に別れさせれば復縁し易いか?までを考えた時に対象者の情報が何もない状態で別れさせ工作の方法を提案する事は出来ません。

対象者はどんな人物で、どんな性格なのか?どんな趣味があり、どんな人間性なのか?

別れさせ屋に相談する方は別れさせ屋から『情報はどんな情報をお持ちですか?』と質問されると住所や電話番号、職場を知っている等の調査する為の情報を伝えようとしますが、別れさせ屋が本来知りたいのは対象者の人となりを表す情報になるのです。

住所を知っていて元彼(元彼女)や対象者を尾行するから別れさせ工作が成功する訳ではありません。

人それぞれ考え方が異なる対象者に何をすれば別れさせられるのか?を考えるから別れさせ工作の成功率は上がります。

その為には対象者の性格を別れさせ屋は知らなければなりませんし、対象者の性格は日常的な行動や言動を含むエピソードがあるから判断出来るのです。

元彼(元彼女)と交わした会話、元彼(元彼女)と交際していた日々の行動等のエピソードを聞くから元彼(元彼女)がどんな人なのか?が分かります。

依頼者が考える元彼(元彼女)のイメージ像ではなく、客観的な視点で元彼(元彼女)を判断する為には依頼者と過ごした日々の事をお伺い出来るから成功率の高い別れさせ工作の方法が提案出来、それらのニュアンスは文章で伝える事が出来ない為、方法を提案するのは面談で身振り手振りを踏まえてお話しを聞かせていただくのです。

元彼(元彼女)を別れさせる為には元彼(元彼女)を知らなければなりません。

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

元彼(元彼女)を別れさせるには元彼(元彼女)を知らなければなりません。

依頼者は元彼(元彼女)の事を知っていますが、別れさせ屋は元彼(元彼女)を存じません。

見た事も会った事も話した事もない相手を別れさせ様としても何をすれば良いかは別れさせ屋も分かりません。

細かい事を言えばインドア派なのか、アウトドア派なのかすら分からない訳ですから休日に外出するかどうかも分からない人に『工作員を接触させましょう!』と提案する事自体出来ないのです。

依頼者から元彼(元彼女)の細かく話しを聞くから外出の有無、どんな所に行くのが好きな人なのか?どんな食べ物が好きで、どんな飲み物が好きで、どんな癖がある人なのか?等、元彼(元彼女)のイメージが作れて別れさせ工作の方法を提案出来ます。

しかし、依頼者の情報は主観的に見ているモノばかりになる為、情報の客観的な裏付けが必要なので裏付けを取る調査を別れさせ屋はします。

情報の真偽を確かめて初めて提案した方法が活用できるか?も確認出来、確認出来たから別れさせ工作に取り掛かれるのです。

依頼者から『対象者はアウトドア派なので〇〇に行けば接触出来ます!』と伝えられて、実際に調査すると家から外出せず自宅でゲームにログインしている記録が分かる対象者も中には檻、その場合、最初から別れさせ工作の計画は破綻している事が分かると思います。

元彼と新しい恋人を別れさせた別れさせ工作の成功事例

別れさせ工作が成功すると笑顔を取り戻せます

元彼との復縁を望んだ依頼者Aから相談を頂いた時、元彼に恋人がいながら別れさせる事もせずに復縁できる方法がないか?をご相談いただきました。

元彼と復縁したいなら少なくとも新しい恋人がいる状態では良くて浮気の関係になる程度であり、元彼が簡単に浮気する人でなければ浮気の関係にすら戻れない事を伝えると初めて新しい恋人の存在が復縁のネックになる事に気付いたとの事でした。

冷却期間を空けて待っていれば元彼は新しい恋人と別れてAとの復縁を考えてくれるかもしれない。と夢の様な事を話すAに現実的な話しをさせて頂き、『本当に戻ってくると信じているならそもそも相談して来ませんよね?』という話しをさせて頂きました。

元彼と新しい恋人を別れさせなければ復縁はない事を理解したAは別れさせ工作の依頼をする決意をされて契約させて頂く事となりました。

別れさせ工作の依頼を頂く際に元彼についての話しを2時間程度聞かせて頂き、新しい恋人に関する話は元彼から聞いた話しの内容から出てきた話しを聞かせて頂きました。

話しの内容から元彼と新しい恋人のプロファイリングをさせて頂きましたが、新しい恋人の情報が少なすぎて新しい恋人のプロファイリングは調査で得た情報を元に進めていく事になりました。

対象者の調査を進めていき、新しい恋人の情報も入手してプロファイリングも整い、契約前に提案していた別れさせ工作の方法が使えない事が分かりました。

Aと集めた情報を精査しながら打ち合わせを行い、別の別れさせ工作の方法を提案させて頂くとAも成功するイメージがついた様で別の方法で進めていく事で了承を得ました。

新しい恋人を対象者とした方法の為、対象者に工作員を接触させて人間関係を作ります。

人間関係を作った後に調査で集めた情報を利用してプロファイリングした内容を元に心理誘導をしてAの元彼と別れる様に仕向けます。

元彼に対して対象者が持っている印象を変えていき、元彼との交際に対する未来を見えなくする様に仕向けていき、先の無い交際と元彼の悪癖などを悪い印象へと変えていき、元彼と会ったり電話、lineをする度に、それらに嫌悪する様に仕向けていきます。

対象者が元彼と会う度に工作員に『最近彼が…』と口にする様になり、少しづつ別れる様に仕向けていくと元彼と連絡する機会が減っていき、別れに向かって進んでいる対象者の心情に更に後押しをする事で別れさせ工作が成功した事例になります。

対象者と元彼が疎遠になっている間、元彼から恋愛相談をAが受ける様になり、恋愛相談を受けて少しづつAと元彼の距離が近くなり、同時に元彼と対象者の距離が離れていく事をAにも実感して頂けました。

  • ※別れさせ工作の成功事例はコチラを参照して下さい。