別れさせ屋はどの様に別れさせるのか?

別れさせ屋が使う方法を真似すればお金を掛けずに別れさせられるんじゃないか?

別れさせ屋が別れさせる方法は別れさせ屋への依頼を検討している方にしてみればとても気になる部分かと思います。

何をして別れさせ屋が別れさせるのかを分かれば自分で別れさせる事が出来るかもしれないと考える方は少なくありません。

そして、別れさせ屋が提案する方法は依頼者様が真似を出来るか?と言われればやろうと思えば出来る。という結論になります。

大工さんではないサラリーマンが日曜日にDIYをして物を作れる様に、真似をしようと思えば出来る事はもちろんあります。

しかし、サラリーマンが大工さんに『やり方を教えてください。』とお願いしたところでやり方は教えてくれても細かい技術は教えてもらって出来る事ではありません。

細かい技術は教えようがありませんし、実践して学ぶ事になり、実践して学ぶから別れさせ屋は常に技術が向上し、素人では達成出来ない高い成功率を掲げる事にもなります。

方法はもちろん大切ですが、方法を知っているから出来る訳ではないのが別れさせ工作になります。

別れさせ屋の実行する方法は何がプロなのか?と合わせて分野ごとの別れさせ屋が提案する方法についてご理解頂ければと思います。

具体的な別れさせ工作の方法はいつ提案出来るの?

例えば、この記事をご覧になっているあなたが、この記事を書いている私を別れさせたい!!と思った時にハニートラップを仕掛ければ別れさせられる!!と思いますか?

この記事を書いている私の性別が男性なのか女性なのかも分からず、どこに住んでいるかも普段何をしているかも分からない私にハニートラップを仕掛けられるでしょうか?

私の性別が男性なのか?女性なのか?が分からなければ工作員を接触させる事は出来ません。

どこに住んでいるかも分からなければ工作員を接触させる事は出来ません。

住まいが分かり性別が分かればハニートラップを仕掛けられますか?

性別が分かっても私がLGBTだったら異性の工作員を接触させても成功しないのは確定していませんか?

ハニートラップであっても対象者がどんな人物なのか分からなければ仕掛けようがありません。

情報が揃わなければ別れさせ工作の方法を提案する事は出来ませんし、電話やメール、lineの相談で対象者がどんな人物なのか?が分からなければ方法を提案しようがないのです。

本当に成功率の高い方法を提案するなら具体的な別れさせ工作の方法を提案出来るのは情報をシッカリと集めてからというのは分かると思います。

もちろん依頼者様が情報をお持ちであれば情報を活用して方法を提案するのは電話やメール、lineでも可能になっています。

別れさせ工作の方法は一定ではありません。

別れさせ工作の方法は事前に決まった方法を提案するのではなく情報を利用して提案する為、対象者それぞれに考え方、人間性などが異なる為、一定の方法を提案する事はありません。

工作員が対象者と接触する方法

工作員が対象者と接触する方法も対象者次第で変わります。

どこにいるか?どこで何をしているか?によって工作の方法を変えて接触させるのが別れさせ工作になります。

最終的な別れさせの決め手は心理誘導になります。

別れさせの最終的な決め手は心理誘導になり、心理誘導を活用する別れさせる方法が別れさせ屋が提案する方法になります。

プロファイリングを活用した方法で成功率が高い別れさせ工作を提案出来る

別れさせ屋が提案する方法で重要な部分を占めているのがプロファイリングが出来るかどうか?という点になります。

プロファイリングは人間の行動学に基いた人の心理を読み解く技術になり、何をしてどう考えているのか?を別れさせ屋は経験で学んでいます。

人間の心理を読み解くプロファイリングが出来なければ人の心理を突いた別れさせ工作の方法を提案する事は出来ません。

プロファイリングが出来る、出来ないで提案出来る方法も異なる事から別れさせたいならプロファイリングは必須になります。

プロファイリングで提案出来る方法が増える

プロファイリングには情報が必須ですが、対象者の性格、趣味嗜好、行動等の情報の詳細があればあるほど人物像が分かり、人物像に合わせた方法を提案出来るようになります。

プロファイリングを用いる為、提案出来る方法も異なる為、プロファイリングが出来なければ提案出来る方法も限定的になりますし限られた方法では成功率も激減します。

プロファイリングで別れさせる弱点を見抜ける

別れさせたい対象者をプロファイリングする事で別れさせる弱点を見抜く事が出来ます。

  • 異性関係
  • 金銭的な問題
  • 人間性仕事
  • …etc

人が破局する為には何かしらの要因が求められ、要員を調べるのがプロファイリングでもあります。

別れさせ屋に欠かせないプロファイリングする方法は真似できる事?

別れさせ屋に欠かせないプロファイリングする方法は一般の方に真似できる事でしょうか?

人間の心理を読み解く事が出来ているなら別れさせ屋に相談、依頼する必要はありません。

人の気持ちを理解出来ていないから別れさせ屋に頼らざるを得なくなるのです。

プロファイリングが下手な別れさせ屋も存在します

別れさせ屋とは名ばかりでプロファイリングの技術が全くない別れさせ屋も中にはある為、ご注意下さい。

ハニートラップ一択の別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋には要注意です。

プロファイリングする為の情報とは?

プロファイリングを行う為には情報が必須になります。

プロファイリングに必要な情報は性格、考え方、趣味嗜好等、人間音特徴を表す情報になり、行動や言動などから情報を読み取ってプロファイリングさせて頂く為、自分が対象者をどう思っているか?という情報が求められる訳ではありません。

例えば優しいを一言で表してもどんな優しさなのか?が分からなければ優しさは分かりません。

何をしたから優しいのか?どんな言葉を出したから優しいのか?等、本人の性格などを表す情報がプロファイリングには必要です。

交際している相手の浮気相手を別れさせる方法は対象者次第で変える。

交際相手に浮気相手がいれば別れさせたい…と考えるのが一般的な方の思考になります。

浮気相手が自分が浮気相手だと気付いていなかった場合と浮気相手だと気付いている場合では別れさせ工作の方法は異なります。

浮気の証拠を利用した方法を用いるのか、二人の関係に溝を作るように進めていくのか、対象者のプロファイリングが出来なければ異性の工作員を接触させましょう!というハニートラップ一択になってしまいます。

対象者の事を分かってないまま方法を提案しても成功する見込みはない為、ご注意ください。

恋人と浮気相手を別れさせる方法でハニートラップを進める別れさせ屋は多い

恋人と浮気相手を別れさせる為にハニートラップの方法を提案する別れさせ屋は多いのですが、浮気相手にハニートラップを仕掛けて本当に別れさせられるのか?をよく考えた上で別れさせ屋に依頼するようにして下さい。

対象者の状況に応じた方法と方法に対象者を合わせる事は全く異なります。

状況も分からずハニートラップを推奨する別れさせ屋にはご注意ください。

浮気相手を別れさせる方法を間違えれば最悪の場合、失敗するだけでは終わらない

浮気相手を別れさせる方法を間違えれば、最悪のケースですと別れさせようとして自分が別れを告げられる事があります。

最悪なケースに進みやすいのがハニートラップの方法を使って浮気相手を別れさせる方法を使った場合、目論見では浮気した事でケンカに発展して別れさせる目論見が二人の関係を強固にしてしまい、別れさせようとしていた本人が別れを告げられてしまう場合があります。

ケンカをすれば別れさせられるだろう…という安易な考えですと目論見とは大きくズレてしまう事もありますので失敗した方がまだ良かった…という事がない様にご注意ください。

元恋人と新しい恋人を別れさせる方法は?

復縁したいから元恋人の新しい恋人を別れさせたい方は多いのですが、元恋人を別れさせる時は依頼者様が復縁したいなら元恋人の相談にのれる様な状況作りをする別れさせ工作の方法を提案しなければなりません。

ハニートラップを安易に考える人は多いのですが、元恋人の新しい恋人に異性の工作員を接触させて浮気の状況を作り、依頼者様が浮気された元恋人の相談にのる。と考える人はとても多く、別れさせ屋も素人同然の考えを持ちますが、ほとんどハニートラップは失敗します。

別れさせる事も出来ず、相談にのる事もなく別れさせ工作が失敗に終わるので元恋人を新しい恋人と別れさせる時もプロファイリングを活用し、何が別れさせるキッカケになるか?を読み解く方法を提案出来なければ失敗に終わります。

元恋人を別れさせる方法を別れさせ屋に聞いてもほとんどハニートラップしか提案されません。

元恋人を別れさせる為に別れさせ屋に相談しても9割強の別れさせ屋がハニートラップを提案してきます。

ハニートラップ以外にどんな方法があるか?を別れさせ屋に聞く事でハニートラップ以外の方法を本当に提案出来るのか?を確認できる為、ハニートラップを提案された際は別の方法も提案出来るか?を質問する事をお勧めします。

不倫相手を離婚させる方法で別れさせ屋は何をする?

不倫相手を離婚させたい!!と考えた時に一番最初に思いつくのが不倫相手の夫、妻に不倫をさせて家庭を壊してしまえば…と考えますよね?

もしも別れさせ屋が離婚させる為に不倫をすれば依頼者サイドから慰謝料請求をされる事も考えられます。

別れさせ屋の着手金の相場が100万円前後、しかし慰謝料請求の相場が300万円前後。

別れさせ屋が不倫をすれば慰謝料請求をされてマイナス200万円前後のマイナスになります。

そして公序良俗にあたる方法を別れさせ屋は提案した事になり、民法に抵触する方法になってしまいます。

そんなリスクを背負う様な方法を別れさせ屋は提案しませんし、日本の離婚率を考えればプロファイリングをすれば離婚させる方法は自ずと見えてきます。

不倫相手を離婚させる時に注意しなければならない事は?

不倫相手を離婚させる為に注意しなければならない事は不倫相手の夫、妻に不倫している事を気付かれてはならない事になります。

不倫している事がバレれば不倫相手も離婚を言い出せなくなります。

法律では不貞行為を行っているものが離婚を申し立てても離婚は認められません。

裁判所が認められない事をしない様に不倫相手と会う時は細心の注意を払わなければなりません。

不倫相手を離婚させる方法は協力者次第で全く異なります。

離婚させる方法は協力者次第で全く異なり、依頼者だけが協力者となるケースと不倫相手も協力者となって下さるケースがあり、協力者の存在次第で方法も異なります。

不倫相手も別れたいけど夫、妻が別れてくれない状態と不倫相手は離婚したくない状態では提案出来る方法も異なる為、協力者の存在が離婚させる方法の幅を広げる事にもなります。

別れさせ屋が成功させる方法を提案するポイントは対象者の見極め

別れさせ屋が依頼者様の別れさせたい!!を叶える為の方法を提案する時は幾つかのポイントがあります。

依頼者様からお話をお伺いさせて頂き、どんな状況なのか?どんな要望があるのか?状況を判断させて頂く事はもちろんですが、対象者が別れるタイプの人間なのか?も判断させて頂きます。

どんな人物でも絶対に別れさせられる訳ではありません。

人間には様々なタイプがあり、様々なタイプの人間を分別するので別れるタイプ、別れないタイプも分析しなければなりません。

対象者が別れないタイプなら何をしたところで別れません。

そして別れないタイプに接触して別れさせ工作を行おうとしても最初から失敗する事は目に見えています。

対象者二人ともが別れないタイプという事はまずありませんからどちらをターゲットにするか?の段階から別れさせ屋は検証しなければならないのです。

情報と状況を検証した結果に提案出来るのが別れさせ屋が提案する方法になります。

別れさせ屋が提案する方法は様z真名情報をプロファリングした結果に出せるモノなので冒頭でご説明した様に方法は分かっても実際の細かい部分を真似する事は一般の方には簡単には出来ません。

プロファイリングも含めて様々な状況を利用する事や情報を活用する方法を提案するので別れさせ屋の方法を真似しようとしても簡単には出来ません。

細かな状況分析などが出来ても100%成功する保証が出来ないのが別れさせる。という事であり、一般の方が真似をして成功率の高い別れさせが出来るか?と言われれば、真似事をするのは出来ますが、あくまでも真似事であり、別れさせ屋が提案する方法よりも遥かに低い成功率である事はご理解いただけるかと思います。

別れさせるには緻密な計算が求められ、緻密な計算は情報と状況を検証した結果があるから出来るものになります。