別れさせ屋はどんな手口を使って別れさせるんですか?とご質問頂く事は多いのですが別れさせる方法は一定ではないのでお答えしようがありません。

Aさんに対する別れさせ工作の手口とBさんに対する別れさせ工作の手口は異なります。

AさんとBさんに対する方法だけでも異なりますし、対象者によって別れさせ工作の手口は変える為、どうやって別れさせるんですか?と質問されてもお答えしようがないのです。

別れさせ屋が使う手口の中には『ハニートラップ』という方法がありますが、大抵の方々がハニートラップをイメージして別れさせ屋に相談する為、別れさせ屋は対象者に異性の工作員を接触させて浮気の既成事実を作るというイメージをお持ちの方は多く、どんな手口で別れさせるんですか?という方のほとんどがハニートラップを行う際の工作員の接触方法を気にします。

別れさせ屋がどんな手口で別れさせるか?を質問する方の多くは別れさせる方法というよりも、どうやって工作員を対象者に接触させるのか?という手口を知りたい方が多く、別れさせ工作の手口と接触の手口を混同している方が少なくありません。

別れさせ屋の手口は接触方法ではないのですが異性の工作員を接触させる方法が頭にある為、どうやって別れさせるんですか?という質問はどうやって接触するんですか?という質問に遭ってしまいます。

別れさせ屋の手口を別れさせ工作の方法と接触の方法と誤解されている方が多いので誤解のない様に別れさせ屋に依頼する時はお気を付け下さい。

手口1:別れさせ屋の工作員

別れさせ屋の工作員は男性、女性の両方います。

工作員は何をする為に接触するのか?を考えながら接触しなければなりません。

ハニートラップを仕掛けるならハニートラップを仕掛けやすい様に接触するのが工作員の仕事であり、工作員は対象者の動きに合わせて別れさせ工作の方法を実行していきます。

浮気現場を作る方法なら工作員の見た目を重視しなければならないと思いがちですが、見た目が良ければ浮気させられる程、甘い物ではありません。

見た目だけではなく先を見据えた行動が出来る人材が工作員には求められ、別れさせ屋が使う手口には対応力のある工作員が必要不可欠になります。

工作員の対応力がなければ?

工作員の対応力がなければ状況に応じて会話の流れを作る事も会話の流れにのれなければ対象者との関係性を築く事は出来ません。

工作員の対応力がなければ別れさせ屋がどんな方法を提案しても成功する事もなく、どんな手口で別れさせるか?の提案自体が出来ない事を出来ると伝える意味のないものになってしまいます。

工作員はどんな人物?

別れさせ屋に努める工作員は知識や経験があるだけで一般的な人間です。

何か特殊な能力がある訳ではなく描いたシナリオを忠実に再現するだけになりますので特別な能力を持っている訳ではありません。

工作員の育成の仕方は?

別れさせ屋の手口では描くシナリオが大切ですが、描いたシナリオを忠実に再現出来る能力が求められますので工作員の育成の仕方次第で別れさせ工作の成功率は変わります。

工作員の育成方法は別れさせ屋によって異なりますが工作員の育成を何もしない別れさせ屋も多々あります。

別れさせ屋の育成方法はどの別れさせ屋も企業秘密になっています。

工作員の見た目は?

工作員の見た目は一般的な見た目の工作員が重宝される為、特別綺麗な女性や特別カッコいい男性が工作員になれる訳ではありません。

特別外見が良い工作員ですと不自然さを感じさせてしまう為、見た目に関しては一般的な見た目の工作員が別れさせ屋で従事します。

手口2:別れさせ屋の接触の仕方

別れさせ屋は工作員を対象者に接触させる際に自然な形で接触を図らなければなりません。

自然な形で接触出来なければ依頼者への疑いはもちろん、別れさせ屋への依頼を疑われて最悪のケースでは依頼した事がバレてしまう事も考えられます。

自然な形で接触する方法で自然に対象者に接触すると別れさせ屋のホームページを見れば大抵書かれていますが、別れさせ屋の接触の仕方があまりにも不自然な接触方法を使う別れさせ屋も少なくありません。

別れさせ屋に依頼する時に一番気にされるのが接触の仕方になりますが、自然な形での接触には人間が日常生活を送るうえで起こりうる形と説明する以外になく、接触の仕方も対象者の行動等に合わせて進めなければなりません。

自然な形での接触とは?

自然な形で接触する手口とは日常的な出会いの形を装う手口になり、日常的に起こりうる方法で対象者に接触する手口を自然な形での接触と呼びます。

不自然な形の接触とは?

不自然な形で接触する手口とは自然な形での接触とは真逆な方法になり、日常的に起こりえない事をする手口の接触方法になります。

接触後の対象者とのやり取りとは?

接触後の対象者とのやり取りは工作員が対象者と人間関係を構築していく方法と対象者を攻撃するやり取りの2パターンがあります。

接触する時の工作員のプロフィールとは?

接触する時の工作員のプロフィールは対象者のプロファイリングを元に接触させる工作員のプロフィールが作られます。

接触する工作員の選定の仕方は?

接触する工作員の選定の仕方は別れさせ工作のシナリオに基づいて外見、性格等を加味して選定されます。

手口3:別れさせるキッカケ作り

別れさせるキッカケ作りの為に何をすれば別れさせられるか?は別れさせ屋が一番重要視する部分になります。

別れさせるキッカケ作りにはキッカケとなる何かがなければならず、キッカケとなる何か?は、対象者の情報次第で変わります。

性格、人間性を含む対象者の情報をプロファイリングし、2人の間にどんな波紋を起こせば関係が終わるのか?を見抜かなければなりません。

それが見抜けて初めて別れさせるキッカケ作りを作り出す方法が提案出来、別れさせ屋の手口の中でとても重要な部分を占めます。

浮気をキッカケにする

浮気をキッカケにする事で痴話喧嘩を起こさせて別れさせるキッカケとする手口を好む依頼者はとても多くいらっしゃいます。

金銭的な弱みをキッカケにする

借金や金銭的にだらしない部分を責める事で別れさせるキッカケとなる手口があります。

前科前歴をキッカケにする

前科前歴を調べて前科前歴をキッカケにする事で元犯罪者との交際を意識させる事で別れさせるキッカケとする手口があります。

仕事関係の弱味をキッカケにする

仕事関係の弱味をキッカケとして仕事絡みの問題を発生させて別れさせる手口があります。

ギャンブル好きをキッカケにする

ギャンブルが嫌いな人もいる為、ギャンブルを隠して行っている事をキッカケとする手口もあります。

人間関係の弱味をキッカケにする

人間関係の弱味をキッカケとして別れさせる手口もあります。

性格の問題に拍車をかけてキッカケにする

性格の問題は交際をする上で一番ネックとなる部分でもある為、性格の問題に拍車を掛けてキッカケとする手口も別れさせ屋はよく使います。

嘘つき、だらしない、清潔感の無さ、育ちの悪さ…etcの性格や人間性の問題をキッカケとする手口があります。

手口4:キッカケを与えたら破局に追い込む

キッカケを与えるだけでは別れさせるには至りません。

キッカケを与え、ヒビを入れた関係に別れさせる後押しをする為に対象者を追い込まなければなりません。

キッカケを与えただけで、なあなあで流されてしまう事も考えられる為、別れさせ屋はキッカケを与え、ヒビを入れた後の一押しも行う事で別れさせる事に繋がります。

暴露する事や浮気現場で揉める事で終われば時間が経てばなかった事にされるケースも考えられます。

時間が経ってなかった事にさせるのではなく、鉄は熱いうちに打ての言葉通り、関係にヒビが入った時に最後の一押しで追い込む必要があります。

暴露する追い込み方

逃げ場を失わせる追い込み方

逃げ場を失わせる追い込み方で交際の継続から逃げさせる手口があります。

選択肢を与える追い込み方

選択肢を与えながら選択肢を選べば選ぶほど別れる様に仕向ける追い込み方で別れさせる手口があります。

第二対象者を引き込む追い込み方

第二対象者を工作員が引き込む事で交際継続を難しくさせる追い込み方で別れさせる手口を使います。

損失を与える追い込み方

心理誘導していく事で大きな損失が出てしまう事をイメージさせ、損失を与えないなら別れるしかないという形を取る追い込み方で別れさせる手口があります。

手口5:対象者のプロファイリング

対象者をプロファイリングする事で別れさせる対象者のどちらに工作員を接触させれば別れさせ易いか?を選定出来ます。

男性対象者、女性対象者というだけで判断するのではなく人間性、考え方、趣味嗜好等の情報を元に誰に何をするのか?の【誰に】という部分を特定させる事で描くシナリオの最初に進むべき方針を決める事が出来ます。

工作員の選定や工作員のプロフィール設定にも対象者のプロファイリングは必要となり、対象者のプロファイリングは別れさせ工作のシナリオにも影響してきます。

手口6:対象者の調査

対象者を調査する事で工作員が接触する為の情報を集める事や別れさせるシナリオの不足している情報を埋める事にも繋がります。

調査する事で対象者が何をすれば別れるのか?という情報収集が出来、収集した情報を元に依頼者と打ち合わせを重ねる事で成功率の高い別れさせ工作のシナリオを描く事にも繋がります。

情報がなければ対象者が何をすれば別れるのか?という方法を提案する事は出来ません。

別れさせ屋の手口を使って別れさせたいならご相談下さい。

別れさせ屋の手口を簡単に説明させて頂きましたが別れさせ屋の手口にはどんな人材の工作員を活用するのか?という部分から何をするのか?まで、一連の流れを理解していなければ対象者を別れさせる為の別れさせ屋との共闘は出来ません。

別れさせるのは決して簡単な事ではなく、依頼者様と二人三脚で進めていくからこそ成功率を上げる事にも繋がります。

弊社では状況に応じた別れさせ工作の方法をご提案させて頂けますので別れさせ屋がどのような手口で別れさせるのか?はご相談頂き、詳細状況をお伺いさせて頂かなければ提案しようがありません。

別れさせたい!!と本気でお考えの際は様々な方法をご提案させて頂き適切な方法を別れさせ屋ジースタイルではご提案させて頂いています。

成功率の低いハニートラップ等の方法に頼るのではなく、本当に効果のある方法を提案する別れさせ屋をお探しならご相談下さい。