別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ屋が提案する工作方法の中には【暴露】という方法があります。

暴露と一言で言っても何を暴露するのか?誰に暴露するのか?によっても暴露の工作方法は異なり、暴露は時と場合によってはとても有効な工作方法にもなります。

暴露と聞いて想像するのは浮気している事を暴露すれば良いんじゃ?と考える方は多いと思いますが、浮気している事を暴露するだけでは暴露は有効になるとは限りません。

複合的な要素と対象者の心理状態、置かれている状況等の全ての要素が噛み合った時に暴露は有効活用されるケースがありますが、暴露する工作方法の使い方を間違えれば暴露は逆効果になる事もあるのです。

別れさせ屋がよく提案する方法の中にハニートラップがあり、異性の工作員が対象者と浮気しているかの様に見せかけ、浮気しているかのように見せかけた状況を別れさせたい相手に暴露する方法となります。

ハニートラップと暴露という方法はとても想像し易く、成功すれば別れさせられるかも!?と考えるのですが簡単に異性の工作員と浮気には繋がらない為、ハニートラップ後の暴露を提案しても失敗するケースが多いのです。

暴露は時として有効ですが、どの様に暴露すれば有効活用されるのか?について掲載させて頂きますので参考にして頂ければと思います。

暴露が失敗した方法をとった別れさせ屋

以前に他社で暴露する方法を用いる別れさせ工作の方法を提案され、暴露した事が仇となり、別れさせるどころか依頼者様が疑われてしまい弊社にご相談頂いたケースがあります。

他社が暴露した方法はポストに不倫していた写真を撮影したものを入れて対象者に揉めさせるという方法の様でしたが、ポストに入れた暴露写真を不倫していた対象者に見られてしまい、結果的に対象者2人の仲は良くなってしまい、別れさせ工作は失敗し、尚且つ二人の仲が深まってしまい別れさせるどころか依頼者様が別れさせ屋に依頼した事までを疑われてしまい依頼者様のご主人からも疑われてしまいどうにもならなくなってしまったというケースでした。

暴露をどのタイミングでするか?もポイントになります。

暴露するタイミングはとても大切で、タイミングによっては暴露は不発に終わる事があります。

タイミングは対象者達の関係性によっても異なり、タイミングが悪い時に暴露すれば共通の敵が依頼者様に向かってしまい2人の仲は深まってしまいます。

タイミングを見合わせて暴露しなければ取り返しのつかない結果に繋がる為、暴露するタイミングは依頼者様と入念な打ち合わせを行わなければなりません。

暴露する相手を誰にすればいいのか?

別れさせる為に暴露するのですから暴露する相手は対象者2人のどちらかに暴露するとお考えになると思います。

しかし、暴露するのは対象者2人だけと決まっているのではなく、対象者どちらかの親であったり会社の上司、部下であったり、友人であったりと暴露する相手を選ぶのも別れさせ屋が提案する方法次第で変わります。

暴露する相手を変える事で暴露の効果も異なって来る為、暴露する相手の選定はとても重要なプロセスになります。

暴露する情報はどんな情報が有効か?

一言で暴露と言っても何を暴露するか?によっても異なります。

例えば男性対象者の秘密を暴露する際に風俗やキャバクラ等に行った事を暴露する方法があります。

風俗やキャバクラ等に嫌悪感を示している女性にしてみれば風俗やキャバクラで遊んでいる事を暴露されればケンカの原因となり、暴露は効果的ですが風俗やキャバクラについて抵抗のない女性に風俗やキャバクラに行っている情報や証拠を暴露したところで全く効果はありません。

対象者が何に対して嫌悪感を示し、ケンカの原因を作り出す事が出来るのか?を情報として持っているなら、対象者が嫌悪する事に対する情報が効果的になります。

暴露する工作員の暴露の仕方でも変わりますし成功率も変わります。

対象者に敵対的に暴露するのと対象者の味方となって暴露するのでは暴露の仕方も変わります。

工作員がどの様な接触の仕方でどの様な人間関係を構築するかでも暴露の効果は変わっていきます。

敵対的に暴露する方法は受け入れない対象者もおり、味方となって暴露する方法は聞き流される事もあります。

暴露の結果は工作員の接触の仕方から関係の構築方法でも変わりますので工作員の技術や情報量で暴露の成功率も変わります。

何かしらの暴露をしたい…とお考えならご相談下さい。

何かしらの暴露をしたくて協力してもらいたい…とお考えならまずはご相談下さい。

別れさせ屋が提案する工作方法の中でも暴露は有効な方法の一つになります。

しかし、暴露は依頼者様が自分で行えば確実に対象者から疑われる方法になり、疑われる様な暴露の方法を使えば結果的に何の効果も生みだしません。

何かしらの暴露をしたいとお考えなら専門家に相談するのも一つの方法となります。

暴露で対象者を別れさせたいとお考えなら暴露以外の方法を提案させて頂く事も出来ますし、依頼者様の要望であれば暴露する方法を実行に移す事も可能です。