別れさせ工作の方法とは?

別れさせ屋はどうやって別れさせられるのか?という工作方法の原理を知る事で別れさせ屋に依頼するべきなのか?を判断出来ると思います。

依頼して別れさせ屋に任せきりにしていたら『失敗しました。』という報告を受けるだけでは依頼する意味がありません。

『失敗しました。』という報告を受けない為に別れさせ屋はどうやって別れさせるのか?という工作方法の原理を十分に理解して頂き、『成功しましたね!!』という喜びの声を別れさせ屋と共有出来る為の参考にして下さい。

別れさせ屋が提案する工作方法について本当に別れさせられるのか?という疑問を契約前に抱き、別れさせ屋が提案する方法が本当に工作を成功させられるのか?工作方法の原理について参考にして頂き別れさせ屋を選ぶ時に失敗しない為のページになります。

方法を提案する時にどれだけ情報が大切なのか?をご理解下さい。

例えばAという方法とBという方法の2パターンしか別れさせ屋が提案出来る方法を持っていないとします。

AとBのどちらが効果的なのか?を検証する時に情報がなければAとBの方法を検証しようがありません。

分かり易く言えばネジ山の穴を見なければプラスドライバーが必要なのか、マイナスドライバーが必要なのか分からないまま『どっちのドライバーの方がいいのかな?』と考えても意味がありません。

ネジ山の情報があれば対処出来る事も情報が無いまま『どっちのドライバーを使えばネジを外せますか?』と質問されても答えようがないのです。

そして、情報がないまま『安い方のドライバー下さい!』と言われても安い方のドライバーは使えない可能性があり、予算にこだわり過ぎて情報を疎かにすれば結局無意味な買い物をしてしまう可能性が上がる事をご理解頂けるのではないでしょうか?

別れさせ工作はネジを外す様に簡単なものではなく、人間関係や複雑な状況だけではなくターゲットの性格や別れさせたい相手との関係性等、様々な状況を加味して方法を提案しなければなりません。

別れさせ屋が方法を提案する時に情報量がなければ情報を集めて方法を提案させて頂く事が出来ますが、情報量はあるに越した事はなく、情報量が多ければ多い程、数ある方法の中から適切な方法を提案させて頂く事が出来るのです。

情報を活かす別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋はターゲットに異性の工作員を接触させるハニートラップの方法を用いても成功率が低い事を理解している為、ハニートラップを提案する事は殆どありません。

調査で下見確認して情報を入手しておくのも別れさせ工作の方法には必要です

ターゲットの写真があるから接触出来る訳ではありません。

どこで接触させるか?どこで張り込みをすれば良いか?等のポイントを抑えておかなければ警察に通報されてターゲットに警戒される事もあります。

依頼者様から頂く情報を元に調査員が下見確認しておく事で接触する際のポイントを逃さない様に出来、別れさせ工作の方法には調査で得た情報も組み込ませて依頼を進めていかなければなりません。

下準備を怠らないから実際に提案する方法も効果を上げられます。

下準備を整えるからこそ提案させて頂く別れさせ工作の方法が生きてきます。

準備なく、契約後に『今からターゲットに接触して別れさせます!!』といった方法を別れさせ屋が提案する事はありません。

プロファイリングする方法で別れさせ工作の成功率を劇的に上昇させます。

別れさせ工作を成功させる為には行動科学を分析するプロファイリングがとても重要視されます。

プロファイリングはFBI等で用いられる犯罪者を捜査する際に用いられる方法であり、人間の心理や行動科学を分析する事で犯人の特徴を分析する方法になります。

別れさせる方法は理由を説明出来るものが多く、例えばハニートラップも浮気をすれば浮気された事が許せなくなって別れるであろう。という理由が説明出来ます。

人間の行動は情報があればある程度の分析が出来、ターゲットの情報を依頼者様から頂く事や調査で情報を集めてプロファイリングする事で成功率が高い方法を提案させて頂けるのです。

情報もなく、プロファイリングする技術もなければ別れさせ屋が提案出来る方法は1つしかなく、プロファイリングが出来ない別れさせ屋は成功率の低いハニートラップの提案しか出来ません。

プロファイリングで提案出来る方法が増えるから適切な方法を提案出来ます。

ターゲットの情報をプロファイリングする事で方法にこだわった別れさせ工作の方法を提案出来ます。

硬い岩盤を崩すよりも比較的柔らかい部分を崩す方が崩しやすいのは想像出来ると思いますが、プロファイリングによって別れさせたい2人の崩しやすい部分を見出す事が出来るのでプロファイリングは別れさせ屋が方法を提案する際に必要とされるのです。

プロファイリングで判明した弱味を突く工作方法をご提案します。

プロファイリングを行う事で判明したターゲットの弱味を突く工作方法を提案するので高い成功率の別れさせ工作の方法をご提案出来ます。

  • 異性関係
  • 金銭的な問題
  • 人間性
  • 仕事

ターゲットも人間である以上、隠し事の無い人間はいません。

プロファイリングによって判明させた弱味をどの様に使うか?がポイントであり、プロファイリングが出来なければ成功率の高い別れさせ工作をご提案する事は出来ません。

別れさせ屋が別れさせる為の技術としてプロファイリングを活用させて頂きます。

別れさせ工作の方法には定まった方法はありません。

別れさせ工作の方法は一定ではなく、ターゲットや状況次第で方法も変えなければなりません。

ターゲットをプロファイリングして別れさせたいターゲット達の関係に亀裂を入れる心理的要素が多分に含まれているのが別れさせ工作になりますので定まった方法がある訳ではなく、状況に応じて対応を変えなければなりません。

基本的な工作方法の流れは

  • 工作員がターゲットに接触
  • 別れの原因の作り出し
  • 決定的な別れに踏み切らせる心理誘導

の流れが基本ベースとなり、別れの原因の作り出し方や別れに踏み切らせる心理誘導は状況によって異なります。

別れさせ工作には緻密なシナリオが求められる事もあります。

別れさせ工作は事前にシナリオを描いた通りに進むことはありませんが、依頼者様から頂いた情報次第では緻密なシナリオを描いておかなければならない事もあります。

自然に接触するには何をすれば良いか?どんな心理誘導が求められるか?等、要所要所に関しては緻密なシナリオが求められ、大まかな流れは状況に応じて変化させなければなりません。

何もシナリオがなく、とりあえず調査します。とりあえず接触してみます。では、確実に別れさせ工作は失敗します。

どこで工作員を接触させるか?どんな心理誘導をするか?というシナリオは少なくとも必要な事はご理解頂けるかと思います。

工作員がターゲットと接触する方法も状況によって変化します

ターゲットと工作員を接触させる際にタイミングや場所、接触の仕方等、方法も変わります。

会社員のターゲット、アルバイトのターゲット、学生といったターゲットの身分だけでも方法は異なります。

別れさせる原因の作り出し方も一律ではありません。

ターゲットによって別れさせ工作の方法をご提案する内容も変動します。

ターゲットによって別れさせ工作の方法をご提案する内容も異なります。

甘い食べ物が好きな人もいれば辛い食べ物が好きな人もいます。

異性の好みのタイプも違えば性格、考え方、育ち方等、ターゲットと同じ人物は存在しません。

Aさんは浮気が原因で別れてもBさんは浮気をされても気にしない。という事もある話で、ターゲットの情報を加味した上で別れさせ工作の方法を提案する為、提案させて頂く方法は依頼者様によって異なります。

ターゲットの年代によっても別れさせ工作の方法は異なります。

異性を接触させるハニートラップの工作方法は成功率が高いの?

ターゲットに異性の工作員を接触させて疑似恋愛をさせる事で浮気の状態や二股状態を作り出す工作方法がハニートラップと呼ばれる方法になります。

ハニートラップは別れさせたい相手が浮気、不倫、二股を許せないタイプであり、ターゲットが浮気心のあるタイプである。という条件が揃わなければほとんど成功しません。

別れさせ屋に工作方法を問い合わせるとハニートラップを提案されるケースが多々ありますが、ハニートラップの成功率はとても低い事を忘れない様にして下さい。

ハニートラップを行う為に同性の工作員をターゲットに接触させる工作方法

ターゲットに警戒心を与えない為に同性の工作員を接触させた後に異性の工作員を接触させるハニートラップの方法があります。

直接異性の工作員を接触させるよりは効果的ですが9割方、ハニートラップに進まず成功しません。

ターゲットに直接異性の工作員を接触させるハニートラップの工作方法

ターゲットに直接異性の工作員を接触させるハニートラップの方法もありますが、年月を掛けるから成功する可能性があるものであり、短期間で疑似恋愛を起こさせ様としてもターゲットに警戒される事から失敗する可能性以外ありません。

別れさせ工作方法を提案する為の事前調査の必要性

ターゲットの情報がなければターゲットをどの様に別れさせるか?を定める事が出来ない為、情報を入手する為の調査は必須になります。

情報がなければプロファイリングも出来ず、情報がないターゲットに向けた別れさせ工作の方法を提案する時は成功率が低いハニートラップしか出来なくなります。

情報量がどの程度あるか?が別れさせ工作の鍵となる為、情報があるなら事前調査を省いて別れさせ工作を行う事が出来ます。

調査の必要性を省いた方法を説明されても上手くいきません。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず。という言葉がある様にターゲットを別れさせる為の情報が揃っていなければどんな優れた別れさせ工作の方法も不発に終わります。

調査が必要ない時に調査の説明を受ける必要はありませんが調査が必要な方法を提案されて調査の必要性を省いて説明されれば別れさせ工作は失敗します。

別れる原因を作り出す方法等、工作方法は依頼者様と打ち合わせるもの

別れる原因を作り出す方法等、依頼者様と打ち合わせをさせて頂いて方法を定めます。

打ち合わせさせて頂く理由はシッカリと依頼者様にも別れさせ工作に加わって頂き、依頼者様のご協力を得て進めていく為になります。

別れさせ工作は別れさせ屋が勝手に調査や工作を進めて成功するものではありません。

報告や打ち合わせ等、逐一させて頂いた上で依頼者様と別れさせ屋が作り上げていくものになりますので別れる原因となる情報を調査員が判明させれば依頼者様に報告させて頂き、ターゲットを一番理解している依頼者様の判断を最終的に仰いで実行していくものになります。

別れさせ工作が成功しても2度と関係が戻らない様にする方法

別れさせ工作が成功してすぐに復縁してしまう事がない様に2度と関係が戻らない様にする方法も別れさせ工作の仕上げとして提案させて頂きます。

別れさせて復縁を繰り返されては別れさせ屋に依頼した意味がありません。

疑似的に別れたフリをする浮気相手も存在する為、別れさせた後も縁が戻らない方法を状況に合わせて提案させて頂きます。

別れさせ工作の方法は別れたい人でも対応出来ます

別れたい人に向けた工作方法をご提案させて頂く際もプロファイリングは必要になります。

別れたいターゲットは何故別れたくないのか?を知る事で別れたいターゲットに向けた別れさせ工作方法をご提案させて頂く事が出来ます。

別れたい人が執着するものの中にはあなたへの固執・金銭面・支配欲・縁故理由等が挙げられます。

別れたいターゲットが何故別れないのか?という理由を判明させる事で別れない状態から別れたい状態に変える事が可能になり、別れたい状態に変える方法が別れたい人に向けた工作方法になります。

緻密な計算と心理を利用する方法を別れさせ屋は提案します

依頼者様の本来の目的に沿う事や別れさせるまでのシナリオ、ターゲットの心理状況や頂いた情報などを加味して別れさせ屋は方法を提案させて頂きます。

別れさせ工作の方法はご依頼頂く状況によって異なる為、一律ではありませんから状況に合わせて方法を変化させて頂くから成功に繋がります。

ターゲットの心理状態を読み解いた上で成功させる方法をご提案させて頂きます。

情報が全てであり、調査で得た情報や心理状態をプロファイリングしたものを土台として緻密な計算が別れさせ工作には求められ、別れさせ屋が提案する方法は素人考えで行う方法とは全く異なります。

成功率が高い別れさせ屋は情報分析から実行に移すまでに様々な計算が行われ、別れさせるまでのルートから逆算する方法を提案致します。

別れさせ屋へ工作方法の問い合わせ方

別れさせ屋にどんな方法で別れさせるのか?を問い合わせしてみると多くの別れさせ屋が異性を接触させる方法を提案します。

問い合わせの最初の段階で『どうやって別れさせるんですか?』と質問すれば、情報がないので別れさせる方法の提案が出来ないからの返答になります。

問い合わせの仕方や別れさせ屋との話し方で別れさせ屋が返答出来る方法は異なるのですが、相談者様の多くは状況の焦りから質問の焦りが出てしまいます。

どこで、どんな形で工作員を接触させるのか、工作員を接触させた後はどんな方法で別れさせるのか?

問い合わせの仕方次第で提案出来る方法は異なりますので工作方法の問い合わせ方については事前に質問事項を考えておくのも一つの方法になります。

別れさせ工作の基本はターゲットに合わせた方法を用います。

ターゲットに合わせた方法を用いるという事はターゲットの情報がなければ提案出来る方法はないのです。

問い合わせる際に『どんな方法で別れさせるんですか?』という問い合わせを頂く事は多いのですが、方法を提案する前にターゲットの情報を別れさせ屋に伝えなければ提案出来る方法はないのです。