子供が成人し、社会人となって自分の収入で家賃を払い独り暮らししていた息子の家に女性が転がり込んで同棲になり、女性を息子から紹介されますが息子と交際して欲しくない女性の場合、息子に同性をやめるように説得するけれど、社会人の息子は自分の意思で同棲をしている為、『同棲をやめなさい』という親の言葉を聞き入れなくなります。

弊社にも『息子の同棲をやめさせたいのでどんな別れさせ工作の方法がありますか?』というご相談を頂きますが、社会人となったお子様の意志を変える事は簡単な事ではなく、別れさせ工作の方法も息子に合せて変えなければなりません。

『息子の同棲をやめさせたい』というご相談の際にご両親が持ち掛けて別れさせ工作の方法は『同棲相手に男性工作員を接触させて下さい』とハニートラップを仕掛けて欲しいと仰います。

しかし、同棲相手に工作員を接触させてハニートラップを仕掛ける方法を説明すると決まって『やっぱりそんなに甘くないですよね?』という話しになり、息子の同棲相手を別れさせるのにハニートラップを用いれば失敗する可能性について再考して頂くと皆さんがハニートラップ以外の方法を求めます。

息子の同棲相手を別れさせる為に何が適切なのか?ハニートラップ以外の方法も考えて頂く参考にして頂ければと思います。

息子の同棲相手にハニートラップは何故失敗するのか?

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

息子の同棲相手にハニートラップを仕掛ける方法を皆さんが持ち込んで来ますが、成功するか否か?ではなく失敗する可能性は?について考えて頂いた方が分かり易くなります。

息子の家で同棲しているという事は、同棲相手は家がありません。

家がなければ依頼者の息子と別れる為には新たな家を探さなければなりません。

同棲相手が浮気をすれば息子が確実に別れる事が確定しているなら同棲相手を家から追い出す為、別れに到るかもしれませんが、もしもあなたの息子さんはとても優しいお子様で、『浮気は許せないけど家が見つかるまでは同棲を継続しても良いよ。』と口にするタイプなら家から追い出せないだけではなく、同棲が継続している期間に別れる事も考え直してしまう事があります。

『息子は優しいから…』と、浮気の現場を作り出しても同棲相手を受け入れてしまう可能性を考えた時にハニートラップが失敗する可能性の方が強くなってしまうのです。

息子の同棲相手の情報がほとんどないから別れさせ工作が失敗する

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

息子の同棲相手の情報をあまり持ってない依頼者は多く、息子から聞かされた内容だけで判断しなければならない為、対象者がどんな人物なのか?に明るくなく、対象者がどんな人物なのかが分かっていない為、情報が無い対象者に合せた別れさせ工作の方法を提案しようとしても失敗に終わります。

息子の同棲相手がどんな人物でどんな性格なのか?が分かっていなければ心理誘導をする方向性も定まらず方向性が定まらなければ行き当たりばったりの別れさせ工作になってしまう為、同棲相手の情報がなければ別れさせ工作が成功する確率は当然下がります。

同棲相手の事を知るからこそ何をすれば自ら息子の元から離れるのか?を知る事にも繋がり、同棲相手の事を知らずにハニートラップも含めた別れさせ工作の方法を提案する事は出来ないのです。

別れさせ工作は情報があるから出来る事であり、情報がなければ情報を集める事から始めなければなりません。

息子の同棲相手の情報の有無は別れさせ屋に依頼する前に集められるものは集めておかなければ料金も高くなり、別れさせ屋もどんな方法を提案すれば別れさせる事が出来るのか?を提案出来ません。

同棲を解消する理由について考えてみましょう

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

同棲するという事は少なからずお互いに愛し合い、共に生活する事を考えているから取る行動になります。

好き、愛している。と息子が同棲相手にある感情を妨害するには一筋縄ではいきません。

親の立場で『別れなさい』と言っても、愛する人との交際を妨害されるロミオとジュリエットの様に気持ちが燃え上がってしまい、逆効果になりがちです。

逆効果になる事が分かっていても『別れなさい。同棲はやめなさい』と伝えてしまうのが親でもあり、息子を想う両親の不安になります。

好きな人と別れる時、人はそれぞれ何かしらの理由があって別れを決断しますが、別れを決断するのは浮気だけではなくお互いの関係性に何かしらの問題を抱えているから別れを意識します。

カップルが別れる何かしらの問題を起こすのが別れさせ工作になり、同棲を解消する理由も人それぞれですから、人それぞれが感じる不平不満を増幅させ、同棲解消を目指すのが別れさせ屋の仕事でもあります。

息子の同棲を解消させた別れさせ工作の成功事例

別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

依頼者Aは子供の頃から可愛がり、将来はAが経営する会社を継がせる事等、息子に対する想いが強く、息子の結婚相手も含めた将来の道筋はAがつけたいと考える親の考えでした。

しかし、親の想いとは裏腹に息子はAに逆行し、Aが創立した会社を継ぐ事にも反発して家を飛び出し、就職先を自分で探しました。

Aとは親子の関係も疎遠になったもののAの身体の容体が悪く会社の継承者がいない不安に駆られ、息子と連絡を取っている妻に所在を確認して、息子の家を訪問すると訪問先に息子が彼女と同棲している姿を発見してしまいます。

息子の婚約者を知人を介して紹介してもらっていた為、同棲相手と別れさせてAの住む実家に帰ってくる事を望んだAは別れさせ屋への依頼を考えたとの事でした。

息子を同棲中の彼女と別れさせる為に、Aは対象者に男性工作員を接触させて浮気の現場と作って欲しいと当初は仰っていましたが、男性工作員を接触させて浮気の現場を作り出すよりもAの息子の話しを聞かせて頂くと効率的に別れさせる方法を提案させて頂きました。

対象者に同性工作員を接触させ、息子と別れる方向に持っていく心理誘導を行い、対象者を唆してAの息子との関係を破局させていきます。

対象者が息子と別れるであろうポイントをAから伺っていたのが大きいのですが、息子の人生を全てレールに乗せようとしていたAが思いの外、息子の事を理解していた事も功を奏し、情報量の豊富さから息子が対象者を嫌悪する様に仕向けて同棲解消に繋がった別れさせ工作の成功事例になります。

  • ※別れさせ工作の成功事例についてはコチラを参照下さい