別れさせ屋ジースタイル

子供が成人し、社会人となって自分の収入で家賃を支払うまでに成長した姿は親としては嬉しい事だと思いますが、子供が一人暮らしをしている家に彼氏(彼女)が転がり込んで来たものの、子供の恋人としては相応しくない…と思ってしまう相手だった時に親の立場としては複雑な気持ちを持ってしまうのも仕方がありません。※参考記事:別れさせ屋工作のご相談:ご両親から子供を別れさせてくれますか?

子供の家に転がり込んで来た恋人との交際を認めたくない親の立場で『同棲はまだ早いからやめなさい。』と伝えたところで社会人の子供の意見は自分の収入で生活をしているので干渉して欲しくない…という気持ちになり、同棲が進めば妊娠・結婚という流れも出てくる事から認められるような恋人ならまだしも認められない恋人の場合、同棲をやめさせたいけど同棲をやめされられない状況で複雑な気持ちを持ってしまうご両親からのご相談は少なくありません。

特に社会人としてまだ未熟である…という子供を持つご両親からは社会人となって日が浅いのに同棲してしまって結婚・妊娠という流れに進んでしまった場合に今までにシッカリと育て上げた子供のこれからを案じて交際相手とせめてもう少し清い関係を作って欲しい…と願う依頼者様も少なくないのです。

その結果、別れさせ屋への依頼を検討するご両親からのご依頼も増え、コロナの時期になってからは遠方に離れている子供の事が心配で悪い虫がついてないか…?という心配の為に探偵に依頼する依頼者様も多く、子供に悪い虫(恋人)が出来ていた時は別れさせたい!と考える依頼者様からのご依頼を大変多く頂いています。

『子供の同棲をやめさせたいんですけどどんな別れさせ屋工作の方法があるんですか?』というご相談を頂き、まだまだ子供の成長を見守らなければならない優しいご両親の依頼者様たちからのご依頼を頂きますが、皆様が別れさせ屋への依頼をした経験がないのでどうやって子供の恋人を別れさせるか?が分からないようで、同棲をやめさせたいけど同棲をやめさせる事が出来るのか?と不安もある中、ご相談頂き、別れさせ屋工作の方法にご納得いただき別れさせ屋工作のご依頼を頂きます。※参考記事:明日からあなたも別れさせ屋になれる!別れさせ屋工作が成功する原理とは?

子供の同棲をやめさせる為にご両親が最初に思い付く方法は子供の恋人に異性の工作員を接触させて浮気させるか本気にさせてもらって子供と引き離して欲しい…という方法を口を揃えて仰います。

この方法はハニートラップという呼び名があり、同棲相手に美男美女の工作員を接触させれば子供の事を放り出して別れてくれるのでは?とお考えになるようですが、子供と同棲しているターゲットに異性の工作員を接触させて浮気させようとしても簡単に子供世代の年齢がターゲットではハニートラップに引っ掛かる事はない為、依頼者様たちは皆口を揃えて『やっぱりそんなに甘くないですよね?』と仰います。※参考記事:工作方法で浮気相手を作るハニートラップをする時の流れと効果について

しかし、同棲相手に工作員を接触させてハニートラップを仕掛ける方法を説明すると決まって『やっぱりそんなに甘くないですよね?』という話しになり、息子の同棲相手を別れさせるのにハニートラップを用いれば失敗する可能性について再考して頂くと皆さんがハニートラップ以外の方法を求めます。

子供の同棲相手にハニートラップを仕掛けても失敗する理由の多くは子供の家で同棲しているターゲットなのでターゲットには他に帰る家が無い場合があり、実家に帰るという選択肢を同棲相手が持っていれば成功する可能性もありますが、子供世代の同棲相手は帰る家がない可能性が高く、浮気をして子供との関係が解消しても同棲している子供の家から出て行かないケースも存在するのです。

同棲相手を追い出す為には子供の意思が強くなっていなければならず、子供の性格が優しい性格で浮気しても同棲を解消せずに別れたけれど一緒に住んでしまう…というケースも頻繁に存在するのです。

過去の事例の中には『浮気は許せないけど家が見つかるまで一緒に住んでいて良いよ。』と言って別れたけれど同棲は解消されなかった別れさせ屋工作の失敗事例もあり、同棲を解消させて別れさせるには依頼者様の子供の意思を強くさせる必要があるのです。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例や失敗事例

子供は優しいから…という依頼者様の場合、単純に同棲相手と別れさせる事だけではなく、別れさせた後に同棲解消に進むように誘導しておく必要があります。※参考記事:別れさせ屋工作の心理誘導の方法について解説させて頂きます。

子供の同棲相手がどんな人物であり、どんな性格、考え方の持ち主なのか?を分かっていれば子供の性格を一番に知るご両親のご協力を頂ければ子供と同棲相手に合わせた別れさせ屋工作の方法をご提案させて頂けますが、子供の同棲相手の情報がなければ子供の同棲相手の情報を集めなければならず、子供から同棲相手の話しを聞かされただけの情報ではなく子供や同棲相手に接触して情報収集をしなければ別れさせ屋工作が成功する事はないのです。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【ターゲットの情報】について

暗いタイプ明るいタイプ、炊事洗濯が出来るタイプか否か、子供に対する考え方が優しい、厳しいなどターゲットの性格も含めてターゲットを知らなければ何をどうすれば同棲解消に向かうか?について別れさせ屋工作の方法をご提案させて頂く事が出来るのです。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋に依頼する時にターゲットの情報が少なくても諦める必要はありません。

同棲相手の情報や依頼者様の子供の情報があって初めて別れさせ屋工作が成功する方法をご提案させて頂くものであり、情報が全くない状況ですと成功率の低いハニートラップをご提案させて頂くしかなく、別れさせ屋工作が失敗する方法を提案せざるを得ないので子供を同棲相手と別れさせる為の情報収集が求められ、別れさせ屋工作を行う前の事前調査の重要性をご説明させて頂いています。※参考記事:事前調査が別れさせ屋工作や復縁屋工作には絶対に必要な理由

子供の同棲を解消させて別れさせたい依頼者様には同棲を解消する人達が何を理由に同棲解消になるか?を考えて頂き、同棲するという事は少なからずお互いに愛し合い、共に生活する事を考えているので同棲という行動に至る訳ですが、好き、愛しているといった愛情が子供と恋人の間にはある訳で、その愛情をご両親が壊そうとしている事が分かれば子供はご両親の言う事を聞きません。

親である依頼者様が『別れなさい。同棲なんて早い。』とでも言うようなら愛する人との交際を妨害されて燃え上がるロミオとジュリエットのように気持ちが盛り上がり、同棲解消どころか結婚に踏み切ろうとする子供も少なくありません。

逆効果になってしまうのが分かっていながら親子の関係を信じて子供に同棲解消を進めると子供は反発し、同棲解消どころか親子の縁を切ろうとしてくる子供もいるので好きな人と別れる時は何があれば別れるのか?誰かから言われた別れるではなく、自分の意思で別れたいと思わせる必要があり、子供が自分の意思で別れたい!!と思う理由は浮気に限らず些細なケンカを起こさせる必要があり、同棲していれば些細なケンカを起こさせる火種を与えれば同棲解消に向けて子供の心が動く事を覚えておくと別れさせ屋工作では何をすれば子供の同棲解消に向けた別れさせ屋工作をすれば良いか?という方法に辿り着くのです。

息子の同棲を解消させた別れさせ屋工作の成功事例

依頼者A様は子供の頃から可愛がり、将来は依頼者様が経営する会社を継がせる事等、息子に対する想いが強く、息子の結婚相手も含めた将来の道筋は依頼者様がつけたいと考える親の考えでした。
しかし、親の想いとは裏腹に息子は依頼者様に逆行し、依頼者様が創立した会社を継ぐ事にも反発して家を飛び出し、就職先を自分で探しました。
依頼者様とは親子の関係も疎遠になったものの依頼者様の身体の容体が悪く会社の継承者がいない不安に駆られ、息子と連絡を取っている妻に所在を確認して、息子の家を訪問すると訪問先に息子が彼女と同棲している姿を発見してしまいます。
息子の婚約者を知人を介して紹介してもらっていた為、同棲相手と別れさせて依頼者様の住む実家に帰ってくる事を望んだ依頼者様は別れさせ屋への依頼を考えたとの事でした。
息子を同棲中の彼女と別れさせる為に、依頼者様はターゲットに男性工作員を接触させて浮気の現場と作って欲しいと当初は仰っていましたが、男性工作員を接触させて浮気の現場を作り出すよりも依頼者様の息子の話しを聞かせて頂くと効率的に別れさせる方法を提案させて頂きました。
ターゲットに同性工作員を接触させ、息子と別れる方向に持っていく心理誘導を行い、ターゲットを唆して依頼者様の息子との関係を破局させていきます。
ターゲットが息子と別れるであろうポイントを依頼者様から伺っていたのが大きいのですが、息子の人生を全てレールに乗せようとしていた依頼者様が思いの外、息子の事を理解していた事も功を奏し、情報量の豊富さから息子がターゲットを嫌悪する様に仕向けて同棲解消に繋がった別れさせ屋工作の成功事例になります。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例や失敗事例