別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ工作や復縁工作といった恋愛工作の依頼をする時に依頼者の方々が気になる事の一つがどうやって対象者に接触するのか?になり、接触した後に連絡先を交換出来るのか?がもう一つの気になる点の様です。

「本当に対象者と連絡先を交換して仲良くなれるんですか?」というご質問は大変多く頂くのですが対象者との連絡先の交換について書かせて頂きたいと思います。

別れさせ屋や復縁屋がよく使う連絡先交換の手口は幾つかあり、弊社では他社が使っている連絡先交換の方法を使う事はありません。

よくある手口として使われているのが対象者に接触して『タクシーに携帯電話を忘れてしまったようなので自分(工作員)の電話番号に掛けてもらえませんか?』という手口になります。

老舗やランキングサイトの業者がよく使う手口ですが、実際にこの方法を使えば対象者によっては連絡先を交換できます。

業者の手口は工作員の携帯電話を別の人間に持たせてタクシー運転手を装って携帯電話を届けるといった手口を使います。

そして携帯電話を貸してもらった工作員が後日対象者にお礼のショートメールや電話を掛ける事で連絡先の交換と同時にお礼を兼ねて人間関係を構築できるという手口を提案する業者が多いのですが、一般常識で考えて頂ければ、この連絡先を交換する手口で恋愛工作が成功に至る事はありません。

お礼のショートメールや電話を掛けるところまでの流れは対象者によっては作れますが、その後の流れは一般常識のある対象者によっては不信感を感じて誘いにのってくる確率はとても低く、不自然さを感じた対象者は依頼者を疑う様になり、依頼した事がバレたという相談が多発しています。

回数制の別れさせ屋や復縁屋がこの方法を提案する業者が多く、この方法なら何回目で連絡先を交換するという提案が事前に出来ます。

何回目で連絡先を交換するという方法が提案出来るなら最初から事前調査も必要なく、一回目から連絡先の交換をする為にタクシーに携帯電話を忘れたフリをする接触を試みれば済むのですが回数制の業者はそれをせずに調査を繰り返して空振りを繰り返します。

その為、回数を無駄に消費し、回数が足りなくなったので料金が掛かると請求し、回数が無くなりそうになったらタクシーに携帯電話を忘れたフリをして連絡先を交換する手口で延長契約を求めてきます。

この様な手口を使えば連絡先の交換は特に難しい訳ではないのですが依頼者様達は工作員が対象者に接触する事や連絡先の交換を目的とした依頼をしてしまいます。

連絡先の交換だけを考えれば難しい事ではないけれど、連絡先の交換をした後の恋愛工作の進め方が大切である事を忘れない様にして下さい。

連絡先の交換はタクシーを使わなくても出来る?

対象者と工作員が連絡先を交換する時に冒頭で説明した様なタクシーに携帯電話を忘れたフリをする方法を使わなくても可能です。

というよりもタクシーに携帯電話を忘れたフリをして連絡先を交換する方法を使えば後が詰まって恋愛工作を進める事は出来ませんし、業者が恋愛工作を進めているフリをして依頼者に【やっている感じ】を伝えるだけの方法がタクシーに携帯電話を忘れたフリをする方法なので、悪質な別れさせ屋や復縁屋でなければタクシーに携帯電話を忘れたフリをして連絡先を交換する方法を提案する事はありません。

連絡先の交換は必要であれば対象者もせざるを得ないものであり、タクシーに携帯電話を忘れて連絡先を交換する方法は対象者にとって連絡先を交換しなければ困る方法ではなく、工作員にとって連絡先を交換しなければ困る情報になります。

対象者が連絡先を交換できなければ困る方法を使えば連絡先を交換した後も対象者は工作員と連絡を取り合わなければならず連絡だけではなく再度接触する事にも繋がります。

連絡先の交換をするのにタクシーを使う必要はないのですが、連絡先の交換をすれば工作が進んでいると考える依頼者が質の低い別れさせ屋や復縁屋に連絡先の交換や接触を焦らせる為に生み出された質の低い方法がタクシーに携帯電話を忘れて連絡先を交換する手口になります。

本当に別れさせ工作や復縁工作の様な恋愛工作を行う別れさせ屋や復縁屋はタクシーを使う様な質の悪い手口を使わなくても連絡先を交換出来る方法を提案出来るのです。

連絡先を交換するのは何回の稼働で出来るモノなの?

連絡先を交換するのは何回の稼働で出来るのか?

依頼する前に接触と同じくらい依頼者様が気になる点の様ですが、連絡先の交換を〇回目の稼働で出来ます!と断定してもらおうとする事がそもそも間違っているのです。

あなたが初めての人と会う時に仕事の用事であれば出会った日に連絡先を交換しますよね?

仕事の用事であったのですから連絡先の交換は必要だと感じ、必要だから連絡先の交換を求められれば応じませんか?

同様にあなたが連絡先を交換したいと考えればあなたから連絡先の交換を申し出るかと思いますが、必要ではないと感じれば何回会ったら連絡先を交換すると決めず、会話の流れで連絡先を交換しますよね?

会話の流れを作るのは工作員ですが、対象者の状況次第で工作員が会話の流れを作ろうと作れない時ももちろんあります。

対象者の気分やプライベートの状況によっても会話の流れは大きく変わるので連絡先を何回で交換できるのか?を事前に分かる訳がないのです。

連絡先交換のツールは電話?line?メール?

現在の連絡先交換のツールは主にlineになり、工作員は対象者と連絡先を交換する為の携帯電話を支給されます。

以前は電話番号の交換が多かったのですがlineの普及で連絡先を交換する際に『lineを交換しましょう』と言うとほとんど抵抗なくlineの交換が出来る時代になってきました。

lineにはブロック機能がついており、既読、未読という通知機能も付いている事からline交換をして合わないなと思えば簡単にブロック出来る事や個人情報が守られている安心感から電話番号よりも容易に入手できるようになってきました。

電話をするのもline電話を使えば無料通話も出来る機能があり、携帯電話の呼び名はあれどline通話をメインに使う対象者もおり、simを入れずにwi-fi機能を使ってline電話で通話する為、電話番号がない対象者も稀にいます。

一昔前ほどメールアドレスを交換してやり取りする事もなくなり、メールアドレスを交換する接触の仕方をしてもgmailのアドレスを交換するケースもありますが、メールに付いてる昨日のほとんどをlineには付いている為、メールアドレスの交換も電話番号の交換も衰退し、lineの交換が恋愛工作で対象者と工作員が接触する際に一番利用されるツールとなっています。

連絡先を交換するシチュエーションはどんな状況?

連絡先を交換するシチュエーションは『初めまして。lineの交換しませんか?』という状況はありません。

婚活の様に出会いを目的の場であってもお互いに会話をし、会話が盛り上がり、もう一度会っても良いかな?って思う相手と連絡先の交換をします。

双方に出会う目的があっても会話が盛り上がらなければ連絡先の交換には至りませんから、会話が盛り上がっている状況が連絡先を交換するシチュエーションであるとも言えます。

例えば、別れさせ屋や復縁屋が依頼者様に接触場所で提案する場所で、トレーニングジムの様な施設が挙げられます。

トレーニングジムで接触しても会話が盛り上がらなければ『連絡先を交換しませんか?』という言葉は出せません。

始めて会う工作員に警戒している会話の流れなら不用意に連絡先の交換を目指すのではなく対象者との人間関係を作る為の時間が必要になります。

警戒心を解く流れの会話が出来る様になって初めて『連絡先を交換しませんか?』という言葉を出せるようになりますから連絡先を交換するシチュエーションは対象者次第でも変わります。

もちろん最初から会話が盛り上がる様な対象者の性格、警戒心の無さなら最初から連絡先の交換に至るケースもあります。

連絡先の交換は連絡先の交換でしかありません。

連絡先の交換をすれば一仕事終わったかの様に説明する別れさせ屋や復縁屋も多く、依頼者様の中にも連絡先を交換すれば恋愛工作が上手くいくかの様に話す方もいらっしゃいます。

しかし、連絡先の交換はあくまでも連絡先の交換であり、恋愛工作の過程ではあっても恋愛工作の結果とは結び付きません。

連絡先の交換がし易い対象者としづらい対象者はもちろん存在し、対象者との接触の仕方次第では冒頭に説明した様に接触したところで何も進展はありません。

進展がない接触の仕方をすれば連絡先の交換をしたところで得られるものはなく連絡先の交換は無駄に終わります。

連絡先の交換は恋愛工作の一連の流れの一部であり、一連の流れは最初から躓けば途中過程は挫折します。