復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁工作ってどんな工作があるんですか?

復縁工作の依頼を検討している方は本当に復縁工作の依頼をして復縁成功率が上がるんだろうか?

復縁できるのか?

とても気になる部分になり、心理誘導って一体何をしてくれるの?と、復縁工作のとても気になる心理誘導の具体的な説明が出来る復縁屋はあまりありません。

復縁工作の具体的な方法と言えば心理誘導になるのですが、具体的な方法を説明せずに接触方法などの説明で心理誘導の説明を疎かにする復縁屋が大変多くあります。

心理誘導とはいったい何をするのか?

心理誘導で実際に復縁成功に繋がるのか?

復縁工作の具体的な方法の心理誘導について書かせて頂きますので心理誘導を理解してない復縁屋にも参考にして頂き、少しでも依頼者様の復縁成功率を上げる為に努力して頂きたいと思います。

心理誘導を例を挙げて説明させて頂きます。

例えば、甘い物が嫌いな人の糖質を制限すれば糖質を求める体になります。

対象者のアルコール、ご飯などの糖質を絶ち、体が糖質を求める体にすれば甘い物を食べなかった人が甘い物を欲する事があります。

人によって何が不足していて何を求めさせれば良いのか?というゴール地点に向けて誘導していく事が復縁工作の心理誘導になり、方法が対象者によって異なる為、復縁工作の方法は沢山ありますが、復縁工作の方法は心理誘導1つになります。

復縁の為の心理誘導を理解して頂いたら復縁屋への問い合わせ内容が変わります

復縁工作の心理誘導をご理解すれば復縁が目的で復縁屋に問い合わせする訳ですから問い合わせする際に心理誘導の方法について問い合わせしなければ何の為に復縁屋に問い合わせするのか分かりません。

復縁屋に『どうやって接触するんですか?』と問い合わせする方は多く、心理誘導の方法について問い合わせするのではなく接触方法について問い合わせするので心理誘導を知らない復縁屋のカモになってしまいます。

本来の目的は復縁ですから心理誘導の方法を聞かずに接触方法について問い合わせしても復縁できません。

復縁工作の心理誘導を理解されている方は接触方法が…という部分にこだわる事はない為、復縁工作の依頼をする事でなぜ復縁できるのか?についても理解が早くなります。

心理誘導は言葉だけでどうにかするものではありません。

冒頭で糖質を絶てば甘い物を欲するとご説明させて頂きましたが言葉で『糖質は取らない方が良いですよ。』と伝えても糖質を取ってしまいます。

心理誘導は言葉でどうにか対象者の心理を揺さぶるものだと考える依頼者も復縁屋も多いのですが、復縁工作で用いる心理誘導は復縁しやすい環境作りをするという行動も込みで心理誘導と呼ばれています。

言葉だけで復縁を後押しするのが復縁工作ではありません。

言葉でどうにかしようとしても実際に糖質を取らない行動には繋がりません。

復縁工作の心理誘導も『復縁した方が良いよ』と言葉でどうにかするだけではなく、言葉+行動させる事を含めて心理誘導と呼びます。

心理誘導の方法を知れば復縁工作の料金が安い事に気付くと思います。

心理誘導の方法を知れば工作員が1回、2回接触したところで復縁成功に繋がる訳がない事もご理解いただけるかと思います。

最低でも数回、多ければ数十回の接触が求められ、接触以外にも電話やlineで連絡を取り合う事等を考えれば復縁工作に掛かる費用の70~80万円という金額が如何に安い料金なのかをご理解頂けるかと思います。

依頼者の中には一週間位で復縁したい!!明日には復縁したい!!と仰る方もおり、1週間程度で復縁成功したレアなケースもありますが、レアなケースはほぼ当て嵌まる事はなく、数か月程度の期間が掛かり、料金も期間の分だけ掛かるのもご理解頂けるかと思います。

心理誘導を行う事で復縁成功する確率ってどの位なの?

心理誘導を行う事で復縁成功する確率を事前に出す事は出来ません。

心理誘導の進行状況や心理誘導を行っている間に起きるトラブル等、人間が行動する未来の計算を出す事は出来ません。

復縁工作を依頼する事で復縁成功する確率は1%でも100%でもない。という事だけは依頼者に伝える事が出来ますが、1%~99%の幅については事前にお伝えする事は出来ません。

一つだけ言える事は1人で復縁活動をするよりも復縁しやすい舞台が整う訳ですから、適切な心理誘導を用いた復縁工作の成功率は単独で復縁を目指すよりも格段に上昇します。

心理誘導が絶対に通用しない対象者の特徴も加味して復縁工作の依頼を検討してください

心理誘導が通用しない対象者には特徴があり、簡単に通用しない対象者の特徴を言えば依頼者の状況があまりにも酷く、依頼者の事を聞き出そうものなら完全に拒否反応をする方になります。

復縁する為に工作員が心理誘導をするには対象者から依頼者の話を聞き出さなければならず、完全に拒否されている依頼者に向けて心理誘導を行おうとしても効果は全くありません。

新たな恋人の存在がいれば復縁に向けた心理誘導は効果をなしません。

新たな恋人の存在は復縁には大きな壁となり、心理誘導を行っても新しい恋人の存在があれば復縁を意識させる事は出来ません。

新たな恋人の存在がいる場合は別れさせる事が求められ、別れさせた後に心理誘導を行う事で効果的な心理誘導を行う事が出来ます。

深層心理に恐怖心を植え付けた場合や生理的に拒否されている時は効果がありません。

深層心理に恐怖心を植え付けた場合、PTSDになってしまえば心理誘導を行っても効果はありません。

生理的にNGの場合、依頼者の事を聞き出そうとしても心理誘導のやりようがなく効果は全く見込めません。

物理的に接触出来なければ心理誘導を進めようがありません。

対象者が引き籠り、ニートになっている場合、工作員を対象者に接触させる事は出来ません。

工作員が接触出来なければ復縁工作を進める事は出来ない為、心理誘導に取り掛かる事は出来ません。

心理誘導が通用する対象者の特徴は面談時に詳細をお伺いさせて頂き判断します。

心理誘導が通用する対象者の特徴は簡単に言えば依頼者との別れ方に問題がなく判断材料は別れ話の内容や別れた時の状況をお伺いさせて頂き判断させて頂けます。

別れ方や別れ話の内容は人それぞれになり、状況に応じて何をすれば気持ちを揺さぶる事が出来るか?を判断させて頂き、状況によって心理誘導が通用しない場合は判断できますが対象者が人間である以上、心理誘導が通用しない対象者の特徴をクリアしている場合ならほとんど心理誘導を通用させる事は可能です。

結論から言えば心理誘導は対象者次第なので通用するかどうかはやらなければ結果は分からない

復縁工作の問い合わせをする方は『成功率はどの位ですか?』とお問い合わせ頂くのですが対象者は人間ですし、対象者が心理誘導をしてどの様に変化していくか?を確認しながら進めていくものなので心理誘導の仕組みを知っている方はやってみなければ分からないという事を理解しています。

接触して心理誘導を行って、心理誘導の結果について依頼者様と打ち合わせさせて頂き、打ち合わせした内容を元に次の心理誘導を進めていく為、次のステップに進むには一個前の心理誘導をどの様に進められたのか?が基盤となって作られるもので、常に対象者の行動、言動に沿って組み立てていくのでやってみなければ分からないというのが実際に心理誘導を行う復縁屋の見解です。

会った事のない人と話して仲良くなって○○をして下さい。と言われても出来るかどうかの判断は出来ません。

面談をさせて頂き、出来そうだな…という判断が出来るので依頼を請けるのですが、出来そうだな…というのはあくまでも会った事がない人に対しての机上の空論であり、心理誘導はやってみなければ分からないというのが心理誘導を行う復縁屋の見解です。

心理を読むと言いながら占い師の様なアドバイスをする復縁屋には心理誘導が分かりません。

復縁屋の中には心理を読むと言いながら占い同然の事をアドバイスする復縁屋もあり、占い同然のアドバイスをする復縁屋には心理誘導は出来ません。

弊社には占い師からのご依頼も多く、如何に占い師が復縁に対して無知であるかを実感しています。

そして、占い師もどきのアドバイスをする復縁屋は占い師よりも復縁の知識がない事も分かり、占い師よりも復縁の知識がない復縁屋に心理誘導を行う事は出来ません。

心理を読むのは復縁屋なら誰でも出来なければおかしな話ですが心理を読むと言いながら心理を読まず自分の意見を伝えるだけの復縁屋は少なくありません。

対象者の心理を読むのではなく自分が思ったことを伝えるだけの復縁屋に心理誘導は分からず、他社で依頼して失敗した方々が受けたアドバイスの内容を聞かせて頂くと心理を読めない復縁屋が多い事がよく分かります。