復縁屋ジースタイル

復縁工作は依頼者様と対象者(元恋人や元夫(妻))を復縁させる為に、工作員を対象者に接触させて心理誘導する恋愛工作の一つになります。※参考記事:恋愛工作とは?
復縁工作の方法は、対象者が復縁を意識する為に何をすれば良いのか?を実行に移すものであり、対象者と依頼者様との関係性や、対象者の状況が分からなければ、その状況に合わせた復縁方法が提案出来ない事から生まれたものであり、工作員が対象者に接触する事で、依頼者様と対象者の双方の言い分を聞き出す事で、復縁する為に必要な落としどころを作り出し、復縁を意識させるように仕向けるものになります。
復縁工作の方法にはどんな方法があるんですか?とご質問頂く事は多いのですが、対象者によって方法が変わる為、状況をお伺いさせて頂かなければ方法を提案する事はもちろん出来ず、浮気が原因で別れた、気持ちが冷めたから別れた、自然消滅で別れた、…etc
別れの原因によっても復縁工作の方法は異なりますし、依頼者様と対象者の別れてからの関係性によっても復縁工作の方法は異なります。
依頼者様と対象者の関係性や状況によって復縁工作の方法は異なりますが、復縁工作の方法を詳しくご理解されると、復縁屋を探す時の参考にもなり、適切な復縁工作の方法を提案してもらえる復縁屋なのか?そうではない復縁屋なのか?についても依頼前に判断出来るようになりますので、復縁屋選びで失敗する可能性が減り、復縁屋に依頼する事で復縁成功率を上げる事にも繋がります。
復縁屋を選ぶ際には、復縁成功率が高い復縁屋に依頼を検討するのが通常ですから、シッカリと復縁工作の方法について説明して頂ける復縁屋を選ぶ為の参考にして下さい。※参考記事:絶対に復縁したい方へ!【復縁屋工作の方法】への理解を深めて復縁成功を勝ち取って下さい。

工作員が対象者に接触するだけでは復縁出来ない事をご理解下さい。

復縁工作と聞いて、工作員が対象者に接触するイメージを持っている方は多いのですが、工作員が対象者に接触すれば復縁できるかのように理解されている方も少なくありません。
工作員が対象者に接触したから復縁出来るのではなく、工作員が対象者に接触後に心理誘導や偶然を装った再会工作などを行う事で復縁成功率を上げるものであり、接触=目的達成のような考え方で復縁屋に依頼してしまうと、復縁屋への依頼が失敗に終わる可能性が高い事も忘れてはいけません。※参考記事:再会工作とは復縁工作の最終段階に偶然の再会を演出する恋愛工作です。

復縁屋選びのポイント①

復縁工作は対象者に接触させる事が目的ではありません。
工作員が対象者に接触してからが復縁工作の業務になります。

対象者に接触する事で、工作員が対象者と人間関係を構築し、人間関係をシッカリと構築するからこそ対象者に復縁を意識させる心理誘導を行えます。
心理誘導の方法が復縁工作の方法で一番重要なポイントとなりますが、復縁工作の方法をシッカリとご理解されていないと、心理誘導を行う前の接触が一番重要なポイントとして考えてしまい、心理誘導の方法よりも接触の方法ばかりに思考が偏りがちになります。
依頼をしても、調査はするけれど、復縁工作を実行に移さない復縁屋や、復縁工作の依頼をした事がない依頼者様にしてみれば、接触が難しいと考えるのですが、対象者の心理を誘導する事が一番難しい部分であり、一番難しい部分について説明を受けると、実際に復縁工作を行っている復縁屋なのか?を判断する材料するにもなります。
復縁工作を実行に移さない復縁屋と記したのは、復縁屋の中にも復縁工作の経験が乏しい復縁屋もあり、復縁工作の経験が乏しい事を隠して依頼者様に説明する復縁屋もあるので、心理誘導の方法について具体的に説明出来ないので、面談時に接触する方法について時間を割いて説明してくれますが、心理誘導の方法については説明出来ないので、実行に移さない復縁屋は、復縁工作の依頼をした経験がない依頼者様と同じ目線で考えるので、接触方法ばかりに時間を割いて説明する復縁屋には注意が必要になります。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【接触方法】について別れさせ屋や復縁屋が解説させて頂きます。
単純に考えて頂ければ、工作員が対象者に接触すれば復縁出来る訳ではなく、接触後に何をするか?が、復縁工作で一番大切な部分である事をご理解頂くと、稼働回数制の復縁屋が提案する様な、事前に定めた稼働回数で、人間の心理が簡単に誘導されるものではない事にお気付き頂けるかと思います。
復縁工作=接触と考える復縁屋を選べば、復縁成功率を上げる事は出来ませんのでご注意下さい。

方法を提案してもらう前に復縁工作についての理解を深めて下さい。

対象者は人間である以上、対象者の行動や心理状態を把握し、対象者の行動や心情を予測する事は出来ますが、人間の行動や言動全てが予測下通りに動く事はありません。
対象者は人間である以上、行動に於いても心理状態に於いても予想外の行動やトラブルが発生するのが人間を対象とした復縁工作でもあり、依頼者様から頂く情報があっても、その情報通りに動かないのもまた人間である対象者である事を理解していない復縁屋もありますのでご注意下さい。
対象者の行動や心理状態の全てを予測出来るものではないので、依頼から成功までの完全なる未来を予測通りに進められるものではないのが復縁工作でもありますが、復縁屋に問い合わせをすると、「絶対に復縁出来ますよ!!」といった、復縁出来る未来が確定しているかのような説明をする復縁屋もあり、依頼者様も復縁の保証は欲しいかと思いますが、復縁の保証を匂わせる復縁屋は、その言葉自体が嘘である事がお分かり頂けるかと思います。
対象者が人間である以上、復縁の保証を付けられるものではありませんが、「何%の確率で復縁出来るのか?」という、成功率を数字で説明出来るものでもありません。
復縁工作の成功率は、事前に提示出来るものではなく、同じ案件、同じ依頼者様、同じ対象者というものは存在しないので、復縁屋のホームページにある復縁成功率の記載などは、参考になるモノではありません。
復縁工作の成功率を事前に提案する復縁屋は、本来答えられないものを答えている事になるので、復縁工作の成功率は気になる部分かとは思いますが、案件によって変動するモノであり、事前に成功率を提示出来るものではない事がご理解頂けるかと思います。※参考記事:復縁屋に100%復縁成功の保証を求めるなら依頼者様も変わらなければならない
復縁工作の方法の提案は、心理誘導で如何に対象者の心理を変化させるか?を説明するものであり、どういった対象者の心理状態の変動で、対象者に復縁を意識させられるか?を説明するのが、復縁工作の方法の説明になります。
逆に言えば、対象者の心理状態がどの様に動いていくか?を説明出来ず、復縁工作の方法を、「企業秘密の方法になりますが対象者の心理状態に揺さぶりを掛けます。」といった説明をする復縁屋もありますが、心理状態を説明しない復縁屋には注意が必要です。※参考記事:最新の悪質な復縁屋詐欺の手口は『4回の稼働で復縁させます!』と豪語する方法を【企業秘密】と説明する
接触方法の提案や、接触方法だけに捉われて復縁屋から説明を受けると、一番肝心な部分は説明されなくなりますので注意が必要になります。
接触方法だけに捉われて復縁屋を探せば、復縁工作の方法の説明を求めて相談ではなく、対象者の連絡先の入手方法などの説明を受ける事と変わりません。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。
対象者の心理を工作員が読み解き、別れの本当の原因の解明や、別れの本当の原因に対して依頼者様がどう対応すれば良いか?などの改善があるから、復縁工作が成功し、復縁成功と繋がりますが、接触したから復縁成功に繋がる訳ではないので、復縁工作の理解を深めた上で復縁屋を選ばなければ、結果として、「他社に依頼して接触してもらったけど進みませんでした…」と弊社にご相談頂く形になります。※参考記事:弊社は別れさせ屋や復縁屋の【セカンドオピニオン】としての活用もご利用頂いてます。

復縁工作は事前に定められた回数で出来る事ではありません

対象者の行動や心理状態の全てを把握して予測するのは不可能である事。
これを分からない依頼者様もいらっしゃいますし、復縁屋の中にも理解していない復縁屋も数多く存在します。
復縁工作の依頼で事前に回数を定めて稼働しても、対象者は人間なので、対象者の行動や心理を完全に掌握出来るものではありません。
対象者の行動や心理を完全に掌握出来るのは人間ではなく神様と同じになります。
対象者の行動や心理を完全に掌握していても、対象者は人間なので何かのキッカケでどう転ぶか?は誰にも未来を予測出来るものではありません。
その為、稼働回数を事前に定めて稼働する復縁屋がありますが、事前に稼働回数を定めたところで、対象者が依頼者様や復縁屋の思うように行動するとは限らないので、稼働回数を定めて契約をしても、追加請求がいつまでも止まらない形となりますので事前に稼働回数を定めて提案する復縁屋には注意が必要になります。※参考記事:稼働回数制料金システムの別れさせ屋や復縁屋の【保証】は意味がありません。

20回の稼働を保証する復縁屋の提案の一例

1~4回:調査(対象者に恋人がいるか?の確認)

5~10回:対象者と接触(連絡先を交換する)

11~15回:別れの原因の聞き出しや復縁に向けた心理誘導

16~18回:復縁成功

19~20回:不測の事態の予備期間

20回程度の稼働を保証する復縁屋は上記の様な提案になり、18回稼働してもらえば復縁出来るかの様に説明されるので、依頼者様は18回の稼働で復縁成功が保証されている様に感じてしまいます。
不足の事態の予備期間は、対象者が出て来ない時などを説明されるのですが、対象者が出て来ない事もある。という説明をされている時点で、対象者の行動を全て予測出来ない事を説明されるのですが、18回の稼働で復縁出来るかの様に説明されるので、予測出来ない事よりも、復縁出来るかも!?という言葉が印象に残り、稼働回数制の復縁屋と契約してしまいます。
しかし、実際に稼働してもらうと、対象者が予期せぬ行動をするのが日常的である事の報告を受け、依頼者様は復縁屋からの報告回数が増えれば増える程、復縁出来ないのでは?という不安に陥ります。
不足の事態の予備期間があっても、対象者がコロナや風邪の様に、体調を崩す事もありますし、急な出張などが控えている、外出せずにリモートワークで一日を過ごしてしまった…などの不測の事態に対応出来る日数ではないので、事前に予測した回数を消費するだけで、調査報告の報告が来る度に、接触も心理誘導も行ってもらえない事に気付き、調査だけで契約回数が終了した…という依頼者様も多いので、ご注意下さい。
他人の行動や心理状態の全てを把握出来る人間は存在しないので、復縁屋だから過去の経験上で何回稼働すれば復縁出来るのか?を提案出来る事もありません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋が口にする『プロなのでお任せ下さい!』の言葉には要注意
昨今では、3~4回程度の稼働回数で契約し、1回目の稼働で対象者に工作員を接触させる方法を提案する復縁屋が増え、1回目の稼働で、対象者に工作員が、「携帯電話を忘れたので貸して下さい。」といった手口で接触し、対象者の連絡先を入手後に、SMSでお礼のメッセージを送り、食事に行く方法を提案する復縁屋があります。
この方法で対象者と接触する方法は、運の要素が強く、携帯電話を貸してくれない時点で、その先の展開が何もありません。
対象者をロクに調べもせずに、行き当たりばったりの復縁工作の方法とも言える手口の為、事前にシナリオを描く復縁工作の方法とは異なり、携帯電話を貸してもらおうとする時点で、50%50%の成功率となり、そこから心理誘導などの通常の業務の事を考えて頂くと、成功率が極めて低い復縁工作の方法であるとも言えます。

復縁工作の一連の流れをご理解頂いてから工作方法についてお考え下さい

復縁工作の一連の流れとして、復縁調査⇒対象者への接触⇒何度か会って顔見知りとなる⇒連絡先の交換⇒交友関係を深める誘い出し⇒復縁に向けた心理誘導と別れの原因の聞き出し⇒依頼者様と対象者の偶然の再会⇒復縁を意識させる工作員からの後押し⇒復縁成功という流れがあり、復縁成功までの流れとして8つの段階をクリアし、8つの段階毎に稼働回数が数度あるので、10回程度の稼働契約で復縁屋に依頼した場合、全て順調に進んで8稼働掛かるものとして考えて頂くと、実際に必要な稼働回数は何回程度なのか?という点にお気付き頂けるかと思います。

  • 復縁調査で1稼働の調査を行い、分かる事で復縁成功に至るのか?
  • 対象者への最初の接触で1稼働
  • その後に人間関係を構築するまでに要する稼働回数1稼働
  • 連絡先を交換する稼働回数1稼働
  • 対象者との人間関係を構築するのに1稼働
  • 別れの原因の聞き出しと心理誘導で1稼働
  • 依頼者様と対象者の運命の再会の演出で1稼働
  • 復縁の後押しをする稼働で1稼働

上記をご覧頂くと分かると思いますが、対象者と人間関係を構築する事が1稼働で出来るのか、別れの本当の原因の聞き出しと心理誘導を1稼働で出来るのか、復縁の後押しをするのに1稼働で間に合うのか?を考えて頂く必要があります。
依頼者様と対象者は、第三者である復縁屋の工作員が1度接触して復縁を意識させる様に話しただけで復縁を意識する程、別れ方は悪いものではなかったでしょうか?
依頼者様と対象者が偶然を装って再会した後に、復縁の後押しをすれば復縁出来るほど良い別れ方をしていたのか?
第三者である復縁屋の工作員が数度接触して復縁の話しを出せば復縁出来る関係であれば、復縁屋に依頼する必要が無かったのではないか?となります。
復縁工作は、最低でも8工程を踏みますが、8工程の中でも数度の稼働が求められるのですが、これらを省略すれば省略する程、対象者から警戒心を抱かれる事や、後々の成功率にも影響を及ぼします。
復縁工作をご検討される多くの方々が、復縁成功という目的達成の為に復縁屋と契約をするはずが、目的が連絡先交換という復縁工作の工程の半分程度の部分を目標として復縁屋と面談をするので、依頼する目的が復縁成功!!ではなく、連絡先の入手!!となっており、連絡先の入手を目的とした方法の提案に納得している事にお気付きになられず、復縁屋を選ぶ時に重要なところを間違えてしまう傾向があります。※参考記事:復縁屋への相談から復縁屋工作成功までの流れを簡単にご説明させて頂きます。

対象者と接触する場所はもちろん大切です

復縁工作では、対象者と接触するポイントを探す為に復縁調査を行いますが、復縁調査をせずに復縁工作を行えば、対象者と接触するポイントは限られます。※参考記事:調査員とは?
復縁調査の重要性を説明しない復縁屋もありますが、復縁調査を行わなければ、対象者との接触では路上での接触を提案され、ナンパに近い形で対象者と工作員を接触させたり、依頼者様から頂いた行きつけのお店やジムなどで接触となります。
復縁調査を省く方法を提案する復縁屋は、対象者の調査を省いて接触するので、とても重要な部分を省いて接触する為、接触しても人間関係を構築する事や心理誘導を行う事が出来ず、携帯電話を忘れたフリをして連絡先を入手しても、一番大切な心理誘導が出来ない状態での接触となるので、復縁工作は頭打ちとなります。
復縁調査を省いて対象者と接触するポイントを間違えれば、一度の接触で最終的な結果が出てしまう事もあり、方法を間違えれば同じ場所で何度も対象者に接触する形となるので、先行き不明な復縁工作を進めなければならなくなります。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

路上で対象者と接触する方法は心理誘導を行いづらいので効果なし!?

路上で対象者と接触する方法は、対象者をナンパするような形になり、接触自体は簡単ですが、接触して心理誘導を行う!!となれば別の話しになります。
路上で対象者と工作員が接触しても、そこから人間関係の構築を深い関係で作るのは難しく、深い人間関係が出来なければ心理誘導を行うのも難しいので、路上で対象者と接触する方法を復縁屋は推奨しません。

お店、会社での接触する方法は人間関係が構築し易い!?

お店、会社で対象者と接触する方法は、人間関係を構築し易い場所でもあり、人間関係を構築し易い場所は、連絡先の交換もし易く、連絡先を交換した後も、良好な関係を構築し易いメリットがあります。
立場を利用して工作員が対象者に接触し、人間関係を構築し易い場所でもあるので、例えば、会社への接触はBtoB(Business to Business)を装い、法人会社を利用して、ビジネスの話しから人間関係を構築し易いメリットがあります。
お店でお客さんとして対象者と接触する方法も同様になります。
対象者が内勤の事務仕事等を行っている場合、利用出来ないデメリットもあるので、対象者の勤務場所や勤務状況によって、お店、会社での接触は難しい。というデメリットもあります。

スポーツジム等の施設で対象者と接触する方法は関係性が築き易い!?

スポーツジム等の施設を利用して接触する方法は、共通の趣味の話がし易い場所でもあり、質問を投げかける事も不自然ではなくなる為、ファーストコンタクトとして利用する場所としては有効利用しやすい場所とも言えます。
しかし、惰性でスポーツジムに通ってるだけの対象者と、本気でボディメイクをしている対象者では、スポーツジムの利用方法も異なるので、スポーツジムに行ってるから、そこで人間関係を構築すれば良い!!という訳でもありません。
対象者がどの程度本気でスポーツジムに通っているか?でも接触出来る場所、方法が異なりますが、スポーツジムに通っている!!という情報だけで、机上の空論を提案して、実際にはジム内で接触は出来ても人間関係を構築するに至らないケースもあるので、復縁調査で判明させてからでなければスポーツジムでの接触を提案出来るものではありません。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【ターゲットの情報】について

対象者と人間関係を構築する方法も対象者に合せて行います。

対象者は一人の人間です。
人間に似ている人はいても、同じ人はいないので、過去の成功事例などを参照に復縁工作を行いますが、過去に似たような成功事例があったとしても、依頼者様の復縁したい対象者は別の人間として復縁工作を進めなければなりません。
全く同じ考えを持っている対象者は存在しないので、人間関係を構築する方法も対象者に合わせて行いますが、人間関係を構築する為の情報を依頼者様から頂き、対象者の趣味嗜好に合わせた会話や、対象者の性格に合わせた接触方法を重ねる事で、対象者との人間関係を構築出来るようになります。
人間関係を構築する際に、全く情報が無い対象者と接触する事と、情報が有る対象者では接触後の会話の内容も異なりますし、趣味嗜好や性格を把握している状態で会話をすれば盛り上がるものも、お互いに何を考えているのか?どんな人なのか?も分からない状態では関係の構築に掛かる時間も異なるので、対象者との会話の作り方、会話の切り出し方、情報の引き出し方を変える為の情報は必須となります。
依頼者様と別れた本当の理由を聞き出すにしても、過去の恋愛話しの流れを作り、その中で依頼者様との交際時の話しを聞き出さなければなりません。
人間関係を構築せずに、対象者から依頼者様の話しを聞き出そうとしても、対象者は依頼者様の事を話したがりません。
対象者から話しを聞き出す時は、工作員が復縁する為に聞き出したい事を話すのではなく、対象者が話したい内容を誘導する事も工作員には求められます。
対象者との人間関係が出来るから工作員は対象者との関係が出来た上での会話をする事が出来、その上で対象者との関係に違和感を与えずに関係を構築していく事が出来るので、その先にある心理誘導も効果を出し易くなります。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント

心理誘導も別れの原因の聞き出し方も対象者次第で変える

心理誘導や別れの本当の原因の聞き出しは、復縁工作でとても重要な部分を占めていますが、対象者と工作員の人間関係が出来上がっていなければ、別れの本当の原因を聞き出す事も、復縁に向けた心理誘導を行う事も出来ません。
対象者と工作員が人間関係を構築し、対象者に合わせた聞き出し方をするので、正確な情報を入手する事にもなりますが、人間関係の構築を疎かにすれば、対象者に嘘の情報を掴まされてしまい、依頼者様への報告も誤った情報を報告する事となります。
別れの本当の原因を対象者から聞き出すので、依頼者様と別れた問題点の改善に繋がり、復縁を意識させる心理誘導や復縁成功にも繋がります。※参考記事:復縁に必ず必要な復縁屋ジースタイルの自己改善プログラムについて【有料サービス】
別れの本当の原因の聞き出し方も対象者次第で変えなければならず、対象者が話したくなさそうな話題なら、それを察知し、話しを変えて話し易い様に誘導する事も復縁工作の工作員には求められます。
無理に対象者から話しを聞き出そうとすれば、折角構築した人間関係を壊しかねないので、一度の接触で全ての話しを纏めて聞き出そうとするのではなく、可能な限り対象者から一度の接触で話しを聞き出す必要があります。
大切なのは、対象者に警戒されない事や、依頼者様との繋がりがバレ無いようにしなければならないので、対象者の表情、声のトーン、仕草、行動などを確認しながら進めていかなければなりません。※参考記事:工作員とは?
状況次第で現場判断が求められ、現場判断で心理誘導や、別れの本当の原因の聞き出しを進めるので、現場判断を間違えれば、接触したけど心理誘導に進まない…となり、接触はしてもらったけれど、復縁には至らなかった…と、他社に依頼したけど無駄な稼働で復縁工作の契約が終わってしまった…といった依頼者様からのご相談も少なくありません。
対象者次第で会話の流れを作るので、対象者が工作員に合わせるのではなく、対象者に工作員が合わせる方法を提案する復縁屋にはご注意下さい。※参考記事:【心理誘導の方法】を理解しないで復縁屋に依頼をすれば復縁屋工作は失敗しますのでご注意下さい。

会話の中から依頼者様を特定する方法も流れで変える

対象者との接触後の会話の流れで、対象者から依頼者様を特定する流れを作り、別れの本当の原因を聞き出す作業を工作員は行いますが、依頼者様との交際時の状況を対象者から工作員が聞き出す際に、依頼者様との交際時の事ばかりを対象者と話そうものなら、対象者から疑われる可能性が出てしまいます。
その為、復縁工作では、依頼者様との交際時の話題をピンポイントで聞き出そうとするのではなく、他の過去の交際相手の話しも交えながら会話をしていかなければなりません。
依頼者様以外の異性との交際の話題を出す事で、依頼者様だけの話しを聞き出そうとしている。という警戒される可能性がある事は消していきながら対象者とのコミュニケーションを取る過程で、怪しまれずに依頼者様との交際が破局した本当の原因について聞き出します。※参考記事:別れさせ屋に依頼した事がバレた方からの相談が増えてきました。

情報の引き出し方は無理に聞き出す訳ではありません。

復縁工作で対象者から依頼者様との交際時の情報を引き出す時は、対象者が自ら過去の恋愛について話しをしたい!!と思わせる様に会話の流れを誘導していきます。
工作員が自らの恋愛話をする事や、対象者の恋愛事情について話しをしていく流れ、対象者と工作員がいる場所や状況によっても、会話の引き出し方を変えなければなりません。
例えば、対象者とスポーツ観戦等に行った際に、会話をする場所ではない時に、恋愛の話しをしようとしても、対象者との関係が継続しない事が見越されます。
その為、場所も含めて対象者と話しがし易い状況があった上で、無理に話しを対象者から一度に引き出そうとするのではなく、対象者の状況によっては少しづつ話しを引き出していく方法が復縁工作では求められる事があり、話しの引き出し方は工作員の技術の差もあり、技術の無い復縁屋は、状況などを考えずに対象者に工作員が聴きたい事を全部聞き出そうとして関係を切られてしまい、復縁工作は失敗に終わる事がありますので、技術力の低い復縁屋には十分にご注意下さい。※参考記事:弊社工作員の復縁屋工作や別れさせ屋工作の技術力と他社の工作員の違いとは?

心理誘導後の再会工作の方法

心理誘導で対象者に復縁を意識させた後は、依頼者様と対象者を偶然を装って再会させる工作に進みます。
再会工作は、復縁を意識した対象者と、依頼者様を偶然を装って再会させるのですが、復縁を意識した対象者は、偶然の再会を運命の再会と捉える事があり、対象者に依頼者様との復縁の後押しをする為の再会を果たさせます。
復縁工作で心理誘導をせずに、依頼者様と対象者を再会させたところで、対象者が依頼者様と再会するのは予期せぬ遭遇になってしまうので、対象者に依頼者様の意識を植えさせた上で再会工作をしなければ、ストーカー扱いされてしまう可能性もあります。
再会工作では、工作員と対象者が飲食店で会食している最中に、同じお店に依頼者様が来店する事や、工作員と依頼者様が赴いた場所に、工作員が対象者を連れて行き、偶然を装って再会させるケースがあります。
依頼者様を単独で対象者と再会させる事も、不自然になってしまう事や、明らかに依頼者様が訪れない場所で再会させようとする方法を提案する復縁屋もありますが、再会工作は心理誘導をしているとは言え、ストーカー扱いされない様に最善の方法で対象者と再会させる方法となりますので、状況によって対象者と依頼者様を再会させる場所や方法は異なります。
再会工作の方法には対象者を誘き出す方法と対象者の行き先で待ち構える方法があり、偶然を装って再会させる演出をするのですが、再会工作でも工作員の技術力の差で成功率は変わります。
稼働回数制の復縁屋であったり、実際に復縁工作の稼働をしない復縁屋は再会工作までに辿り着かずに契約が終了してしまうので、運命的な再会を演出させる事が出来ない復縁屋が殆どになります。

心理誘導を進めていく為には復縁調査は必須になります。

心理誘導は工作員が対象者に接触すれば簡単に出来るものではありません。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の難易度が簡単なものとしてご依頼を検討している方へ
復縁調査で情報を収集し、情報をプロファイリングするからこそ、どの様に心理誘導を進めるか?の具体的な方法をご提示出来る様になります。
心理誘導の進め方次第で、復縁工作の方法も異なりますが、復縁調査をせずに対象者に接触したところで、対象者とは人間関係を構築するのが難しく、心理誘導以前に人間関係の構築で時間が掛かってしまい、心理誘導に進めずに契約が終了してしまう復縁屋も多数あります。
復縁調査をせずに工作員を対象者に接触させても、その場しのぎの会話の流れになり、その場しのぎの会話は対象者も同様になります。
工作員と対象者がその場しのぎの会話を繰り返したところで、関係性が深まる事がないので、対象者への心理誘導は効果を成しません。
それどころか、復縁調査をせずに復縁工作を進めると、依頼者様の話題に特化した不自然な会話になる流れになり、対象者に工作員と依頼者様の関係を疑われてしまう事もあるので、復縁調査を省いた工作方法を提案して来る復縁屋には注意が必要になります。
復縁調査を省いて工作員を接触させるのはリスクが伴う事であり、リスクを抱えて復縁工作を進めれば進める程、対象者の警戒心が上がるのでご注意下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

復縁工作の方法は【掛け算】という事はご存知ですか?

依頼者様と、対象者が別れた状態は、依頼者様と対象者との関係がフラットになり、対象者は復縁を意識する事なく、依頼者様以外の別の異性との恋愛に進もうと考えている状態なので、別れた状態の復縁成功率は1%もない状態からスタートするイメージを持って下さい。
1%もない状態から復縁する為には、可能性を1%⇒10%⇒30%⇒50%⇒70%と上げる事が必要になり、復縁の可能性を上げる為に復縁活動をすれば、1%⇒2%と、徐々にですが復縁の可能性を上げる事は出来ます。
もちろん正しい復縁活動をしていて、1%⇒2%⇒3%と復縁の可能性は変動していきますが、復縁を意識させるには、1%+1%のように少しづつ成功率を上げていく!!という足し算方式で成功率を上げる復縁活動ではなく、1%⇒2%⇒4%⇒8%と、掛け算方式で成功率を上げる様に進めていかなければ復縁成功には辿り着きません。
その為、1人で復縁活動をする人の復縁成功率は10%未満と言われていますが、0%から1%を生み出した後は成功率を加速させる必要があり、別れてからの時間が経てば経つほど復縁成功率は下がる一方となります。
その復縁成功率を劇的に上げる方法が復縁工作になりますが、復縁工作の依頼をすればどんな復縁屋に依頼しても掛け算方式で復縁成功率が上がるものではなく、掛け算方式で復縁成功率を上げる方法を提案してくれる復縁屋に依頼するから、復縁工作の成功率も高く、復縁成功を目指せるのです。
復縁屋に依頼して、稼働を重ねる毎に1%の成功率を2%に…20%の成功率を40%に…と、掛け算方式で成功率を上げてくれる復縁屋がある一方で、復縁成功率は復縁屋に依頼しても0%のまま変わらない…という復縁屋も存在します。※参考記事:復縁屋はどの復縁屋に依頼しても同じではありません。

依頼者様と細かく打ち合わせするから成功に繋がります。

復縁工作は、復縁屋に依頼して、復縁屋に任せきりにすれば対象者が依頼者様との復縁を意識してくださり、対象者から依頼者様と復縁したい!!となるものではありません。
復縁工作の依頼後は、復縁屋と依頼者様が打ち合わせも含めて細かく連絡を取り合い、協力して進めていくので成功率を上げる事になりますので、依頼者様と復縁屋の打ち合わせは必須になり、報告を待っていれば復縁出来る!!というものではありません。
例えば、対象者から別れの本当の原因を聞き出す事に成功した後に、依頼者様は対象者に受け入れてもらえる様に、別れの本当の原因を改善しなければなりません。
復縁屋からの報告を聞いて、別れの本当の原因を知っただけでは、対象者が復縁を意識してくれる事はありませんし、依頼者様に別れの本当の原因を報告しただけでは、依頼者様は対象者が別れを決断した理由を改善出来ません。
復縁屋が依頼者様の改善を、過去の成功事例などを元にアドバイスをするので、依頼者様は自身の改善部分に気付き、復縁する為に何をすれば良いか?が分かります。
客観的な視点も含めて依頼者様の自己改善を行うから、対象者に復縁を意識させた後に、交際時とは別の異性として見せる事が可能になりますので、報告の連絡、打ち合わせ、依頼者様へのアドバイスも含めると、細かく連絡を復縁屋と依頼者様が取り合わなければ復縁工作を成功させる事には繋がりません。※参考記事:復縁屋と依頼者との関係等、復縁屋の利用を検討している方の参考に
依頼者様が対象者から魅力的な異性として判断して頂く為に、復縁屋の工作員の心理誘導だけではなく、依頼者様の協力が必要不可欠であり、依頼者様に協力して頂く為には、復縁屋が依頼者様に協力要請をする形が求められ、頻繁に依頼者様との打ち合わせを行わなければなりません。
調査や工作を行った際は、次にどんな稼働をするのか?を打ち合わせし、同時に工作員が対象者から聞き出した情報を元に依頼者様の自己改善のアドバイスを進めていきますが、アドバイスを一度すれば放置という状態ではなく、キチンと改善されているか?を常に監督しながら進めていかなければならず、常に監督する為には細かな打ち合わせをしなければならないので、打ち合わせとアドバイスを兼ねた連絡を復縁屋と依頼者様が取り合うので復縁成功率にも影響を及ぼします。

心理誘導の方法を接触前に【細かく】は説明出来ません。

復縁屋であっても、直接話した事が無い、会った事がない対象者が何を考えて、どんな想いを持っているか?を知る事は出来ません。
復縁の経験の有無に限らず、会った事も話した事もない人物が何を考えているか?は、誰にも分からない事で、対象者がどんな方か分からない状態で、対象者の心理を読む事は出来ません。
対象者と工作員が接触するからこそ、対象者の心理が分かり、対象者と接触して会話をするからこそ、何を想い、どんな気持ちで、どんな状況で過ごしているのか?を知る事が出来、知り得た情報を元に心理誘導を行う事が出来る様になります。※参考記事:復縁工作を超能力の類で復縁させてくれると考えている人へ
「山田太郎さんの心理状態を教えて下さい!!」と、あなたが質問されても、「どの山田さんですか?」という質問と同時に、「山田太郎さんに知り合いはいないです…」という返答をするかと思いますが、山田太郎さんに接触して話しをすれば、山田太郎さんがどんな人で、どんな考え方を持っていて、どんな想いを持っているか?等が分かるようになると思います。
もちろん対象者の事を知ろうとしなければ、山田太郎さんの事は分かりませんが、復縁屋は対象者を知ろうとする分野において特化している工作員を派遣するので、対象者と接点がない状態で対象者の事を聞かれても答えられませんが、対象者と接点を持てばどんな人物なのか?を知る事が出来るので、依頼者様から頂く状況説明だけで判断するのではなく、対象者を知る事が出来るので、心理誘導の方法も提案出来る様になります。
対象者に接触する前に、心理誘導の方法を具体的に説明出来るものではありませんが、対象者に接触せずに対象者への心理誘導の方法を提案する復縁屋があるので、対象者がどんな人物か分かっていないのに、誘導の仕方が分かるという、あり得ない説明をする復縁屋にも注意が必要になります。
対象者に接触前や契約の段階で心理誘導の方法を細かく提案して欲しい…というお気持ちは分かりますが、接触前に対象者の心理状態を読み解く事が出来るなら、復縁工作の依頼をして心理誘導をしなくても復縁できる事も忘れてはいけません。
接触方法や調査方法は事前に説明出来ますが、心理誘導については大まかな流れは説明出来ても、対象者と接点がなければ、予測は出来ても予測が事実とは異なる場合は少なくないので、心理誘導の方法を細かく説明できる事はないのです。
心理誘導は、対象者の心理を誘導するから心理誘導と呼び、心理状態はコンディション次第で日々変化する事もあるので、日々変化するコンディションに合わせて工作員は心理誘導を勧めなければならず、接した事がない対象者の心理状態を把握出来る人間は存在しないので、接触前に心理誘導の方法を細かく説明できる事はありません。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法を超能力のような認識をしている依頼者様の参考に

工作方法と料金は復縁屋を選ぶ際にどちらが大切な事か分かりますよね?

復縁工作の方法は、復縁屋を選ぶ時の重要なポイントである事はご理解頂けるかと思いますが、復縁屋を選ぶ際に料金・費用を優先して復縁屋に依頼してしまう依頼者様も少なくありません。※参考記事:復縁屋に掛かる料金は元恋人の気持ちを取り戻す値段
料金・費用で復縁屋を選ぶと同時に、少しでも早い期間で復縁したい…という気持ちが強過ぎて、数回程度の稼働回数で復縁出来るかのように説明する復縁屋に依頼してしまう依頼者様もおり、冷静にお考え頂ければ絶対に無理な事を、希望や要望を重視した復縁屋の選び方をするので、依頼した事を後悔する依頼者様もいらっしゃいます。
本当に復縁したいなら、料金・費用はもちろん大切ですが、料金・費用を優先して復縁屋を選ぶのではなく、少しでも早く復縁したいから…と、現実的ではない稼働回数を掲示されて復縁屋を選ぶものでもありません。
安い料金で復縁工作の依頼を承ってくれる復縁屋は、依頼者様にとっては魅力的な提案をしてくれる復縁屋かもしれませんし、料金・費用が安いから悪いではなく、相場から逸脱した料金・費用の復縁屋に依頼するリスクについてシッカリと考えた上で復縁屋にご依頼頂くようにお伝えさせて頂いています。
安い料金・費用だから…という理由で、復縁工作の方法が曖昧だったり、企業秘密などで説明をされない復縁屋を選ぶのではなく、安い料金・費用とはいえ、数千円や数万円以上の料金・費用は必ず掛かるのですから、依頼して、復縁工作が失敗と同時に、大切なお金を使って、何も得られず終わってしまった…という事がないように十分に復縁屋を選定してご依頼頂くよう心掛けて下さい。※参考記事:復縁屋の料金って高いのかな?安いのかな?復縁工作の料金についてもっとよく知る為に

新しい恋人が対象者にいた場合の工作方法は別れさせ工作!?

対象者に新しい恋人が出来てしまった場合は、復縁を意識させる心理誘導を行おうとしても、現恋人がいる中で過去の恋人の話しを持ち出す人は殆どいません。
その為、復縁したい対象者に恋人がいる場合でも復縁したい!!とお考えなら、復縁屋から別れさせ屋工作の方法をご提案させて頂く事になります。※参考記事:どうやって別れさせ屋って別れさせるんですか?というご相談への回答
対象者に恋人がいた場合は、復縁工作で工作員を接触させても、依頼者様との交際で発生した別れの本当の原因を解明するのは至難の業になります。
更に言えば、恋人がいる対象者に復縁を意識させる心理誘導を行おうとしても、対象者から工作員は関係を切られてしまうので、復縁工作の要である心理誘導が出来ません。
復縁工作の成功の定義を、セフレに戻る事や浮気相手としてでも関係を再構築する!!という目的であれば、別れさせ屋工作は必要ありませんが、恋人や夫婦として復縁する為に復縁工作の依頼をされたなら、対象者が破局しなければ復縁工作を進めようがありません。
別れさせ方にも拘って別れさせなければ、別れさせたところで依頼者様と対象者が復縁する事はなくなりますので、復縁ありきの別れさせ屋工作を復縁屋は提案しなければなりません。※参考記事:別れさせ工作について

対象者と連絡が取れず所在も分からない状態でも復縁工作の依頼は可能です。

依頼者様の中には、対象者と連絡が取れない、対象者の所在地が分からない…といった状況でも、どうしても復縁したい!!というご相談を頂く事があります。
対象者がどこにいるか分からない状態では、対象者を探さなければ、工作員を接触させる事が難しく、対象者の所在調査を復縁調査の前に行う事で、対象者の身元を特定し、対象者に復縁調査⇒復縁工作を行う事も可能になります。
一部調査能力が無い復縁屋には出来ない事ではありますが、対象者の情報がどの程度あるか?によっても対象者の特定は可能になります。
対象者の所在が分からない場合、依頼者様が一人で復縁活動をしようとしても復縁成功に繋がる可能性はゼロになりますので、対象者と連絡がつかない、対象者の所在が分からない…といった状態でしたら、復縁屋の協力が無ければ復縁の可能性はありません。※参考記事:張り込み、尾行、聞き込み調査の技術力の差が探偵よりも別れさせ屋の方が高いのです。

復縁工作に必要な情報

氏名
生年月日
以前に住んでいた住所
以前の携帯番号
勤務先
免許証の有無
写真の有無
lineの履歴

対象者の情報が多ければ多いほど、復縁工作は進め易いのですが、対象者の情報が無くても、対象者を探す段階から復縁工作のご依頼を承る事が出来ます。
復縁屋は探偵社なので、調査能力がない、復縁屋と、調査能力が長けている復縁屋もあり、調査能力が無い復縁屋は、明らかに対象者を特定出来ない調査方法を提案して来る復縁屋もあるので、対象者の所在が分からない場合は、特に復縁屋がどんな調査方法で対象者を特定するか?という点から質問してみると、復縁屋を選ぶ時に失敗しない復縁屋を選ぶ事にも繋がります。
対象者を探す際に、復縁屋によっては様々な調査方法を用いて特定しますが、調査能力の無い復縁屋もとても多いので、調査能力がどの程度あるか?について復縁屋に話しを聞いてみる事も大切な事になります。※参考記事:工作成功率が高い業者の選び方を間違っていませんか?

復縁屋に相談や依頼する前に注意して頂きたい事

復縁屋に相談や依頼する前に、復縁屋の中には悪質業者も多く、復縁したい…という依頼者様の弱味に漬け込んで、あたかも依頼をすれば絶対に復縁できるかの様な話しをする復縁屋も多い事を念頭に入れて相談や依頼をご検討下さい。
例えば、株式会社の復縁屋なら、法人として運営されているから安心だし、優良な会社だと思う!!という判断をする方もいますが、復縁屋で株式会社として運営している会社であっても、詐欺紛いの復縁工作を提案する復縁屋は少なくありません。※参考記事:優良な別れさせ屋や復縁屋の判断基準とは?別れさせ屋や復縁屋のホームページに書いてある事の真偽
他にも、3~4回程度の稼働契約で120万円~150万円の料金で復縁出来ます!!という、4回程度の稼働で復縁させてくれるなら…と考えさせられる様な復縁屋も、依頼者様の直ぐにでも復縁したい!!という気持ちを利用して、依頼者様を騙そうとしている事を忘れてはいけません。
復縁屋は数多くありますが、復縁屋の中には、個人経営で運営者が一人にも関わらず、調査員や工作員が多数在籍しているかの様に説明する復縁屋もあります。
復縁屋のホームページに、代表者の氏名や、探偵業の認可番号が記載されていない復縁屋もあり、ホームページの住所に正確な住所を記載しない復縁屋や、法人会社ではないのに資本金が書かれている等、ホームページを見るだけでも悪質業者を見抜く事が出来る部分も多々あります。
悪質業者に依頼したが為に、お金を失うだけであればまだしも、復縁のチャンスを逃してしまい、永遠に復縁できる可能性が無くなってしまった…という依頼者様も少なくありません。
高額の料金をお支払いしても、無意味な調査しかせず、心理誘導どころか接触もせず稼働して対象者が外出しなかった…という報告だけが来る復縁屋も少なくありません。
悪質業者の中には、頼者様を騙す目的でランキングサイトを作成したり、Twitterなどで元工作員などを名乗って、特定の復縁屋に誘導するアカウントを作っている復縁屋も存在します。
復縁屋は依頼者様の復縁をサポートする会社ですが、依頼者様の財産を食いものにしようとする復縁屋も多数あるので、ホームページ上に復縁屋と書かれているから、復縁の専門家と考えるのではなく、悪質業者も多数あるので、復縁屋を名乗ればどんな復縁屋も、依頼者様の復縁を成功させる為に運営しているものではない!!という認識を持って復縁屋に相談や依頼をする様にご注意下さい。※参考記事:悪質な別れさせ屋や復縁屋の詐欺会社にはご注意下さい。

面談をしたら一度持ち帰って良くご検討してから契約を交わしましょう。

復縁屋と契約を交わす際は、探偵業法で定められている重要事項説明の読み聞かせがあるので、必ず面談をしなければなりません。
復縁屋は探偵社が運営しているので、探偵業法に則って契約書を交わさなければならないのですが、面談をしたから契約をしなければならないものではないので、復縁屋と面談をしたら必ず一度持ち帰って、復縁屋から提案された方法について再検討する様にして下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋に依頼前に複数の探偵社を相見積もりして工作料金を比較する手間を省かない様に!
復縁屋の中には、「今月あと一人しか依頼を請けないので、今日契約しなければ次に相談を頂いても依頼を請けられない可能性があります。」といった手口で契約を焦られる方法を使う復縁屋があります。
他にも、面談をしたら契約をしなければならない!!と相談時に伝える復縁屋もありますが、契約をする、契約をしない、という判断は依頼者様が判断するモノですから、契約を前提とした面談を強要されるケースは、面談を断るのも一つの方法としてあります。
「クーリングオフ制度があるので、今日契約書だけを書いてしまいましょう!!」と言いながらも、事務所契約でクーリングオフが効かない。といった手口を使う復縁屋もあり、あの手この手で依頼者様の財産を狙う復縁屋擬きも多数存在します。※参考記事:クーリングオフ等の説明を契約前に平気で嘘を吐く悪質な別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。
面談は契約を強要するものではなく、復縁工作の方法を提案する為に依頼者様から情報や状況をお聞かせ頂く為の時間ですから、復縁屋と面談したら必ず契約しなければならないものではない事を忘れない様にして下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事
復縁工作の方法を説明され、方法を吟味せずに契約すると、後になって取り返しのつかない状況になる事もあり、返金制度があるから契約しても稼働する前にキャンセルを申し出れば…といった考えのまま、契約書を交わし、キャンセルの申し出をしても返金されない。といったケースもあるので、復縁屋と契約する時はシッカリと検討した上で契約するようにご注意下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の【口コミの悪評】が事実なのかを確認したいならご相談下さい。

復縁屋への相談は一人で復縁出来ない方が問い合わせるものです。

復縁屋への相談は、一人では復縁出来ないけれど、大切なパートナーを諦めきれない…という状況に陥っている依頼者様が、復縁工作の依頼をしたら復縁の可能性を上げられるものか?という相談をするものでもあります。
復縁屋も、復縁の見込みがない案件のご依頼はお断りさせて頂くので、復縁の見込みがあるか?を判断させて頂く為に無料でお時間を気にせずご相談頂けるように相談窓口を設けています。
復縁出来る見込みがあるなら、どんな方法で復縁成功に繋げるのか?などを提案してもらう事が出来、一人で出来ない事を調査員や工作員を活用する事で出来る事が増え、復縁出来る未来を見せる事が出来るなら、依頼を承れる。というのが復縁屋の復縁相談になります。
依頼者様が一人で出来る事は限られており、依頼者様が一人では出来ない事を復縁屋の力を借りる事によって出来るようになるなら、その可能性に賭けて復縁工作の依頼をするか、それとも復縁出来ない状況を知り、復縁を諦めるか?という選択肢を増やせるのも復縁屋に相談する事の魅力になります。
現状のままでは復縁は難しいからこそ、誰かの力を借りるのは悪い事ではありません。
病気になったら病院に掛かり、医療の専門家からアドバイスや治療方法を聞き、病気を治しますが、復縁する為の病院が復縁屋であり、一人で解決出来ない病気を解決させる為の知識や経験を提供してくれるものとお考え下さい。
復縁屋への相談は、復縁工作の方法についての問い合わせや復縁工作の料金についての問い合わせの他にも、一人で復縁出来る方法が残されているなら、その方法の提案もあり、多角的な視点で依頼者様の状況を判断してもらえる復縁相談となりますので、復縁の悩みを抱えているなら、復縁屋へのご相談をご検討頂ければ幸いです。
一人ではどうにも出来ない状況でも第三者の協力があれば復縁の可能性を見出してもらう事が出来、大切なパートナーを諦めず、明るい未来を求める方々からご相談頂いています。※参考記事:抱えている悩みをご依頼頂いて明るい未来を掴みたい方へ