復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁工作は依頼者と対象者(元恋人等)を復縁させる為に工作員を対象者に接触させて心理誘導する恋愛工作になります。

復縁工作の方法は対象者が復縁を意識する為に何をすれば良いのか?を提案するものであり、対象者と依頼者との関係性等を含む状況が分からなければ方法を提案出来ません。

復縁工作の方法にはどんな方法があるんですか?とご質問頂く事は多いのですが、対象者によって方法は変える為、状況をお伺いさせて頂かなければ方法を提案する事はもちろん出来ません。

  • 浮気が原因で別れた
  • 気持ちが冷めたから別れた
  • 自然消滅で別れた
  • …etc

別れの原因によっても復縁工作の方法は異なりますが、別れの原因だけでなく、依頼者と対象者との関係性だけでも復縁工作の方法は異なります。

状況によって復縁工作の方法は異なりますが、復縁工作の方法を詳しく知れば復縁屋探しの参考にもなり、適切な復縁工作の方法を提案してもらえる復縁屋に依頼する事で復縁成功率を上げる事にも繋がります。

復縁屋を選ぶ際には復縁成功率が高い復縁屋に依頼を検討するのが通常ですから、シッカリと復縁工作の方法について説明して頂ける復縁屋を選ぶ為の参考にして下さい。

方法以前に工作員が対象者に接触しても復縁できない事をご理解下さい。

復縁工作と聞いて工作員が対象者に接触するイメージまでは分かると思いますが、工作員が対象者に接触したから復縁できる訳ではない事をご理解されている方は少ないのです。

復縁工作は対象者に接触する事が目的ではありません。

対象者に接触して行う心理誘導の方法が本来の方法になりますが、工作を行った経験がない方々は接触=復縁工作と捉えがちになります。

工作を行った経験がない方々と記したのは復縁屋の中にも復縁工作をした経験がない業者もあり、経験がない事を相談者に話すので心理誘導の方法についての説明も復縁工作の方法を説明する事も出来ない復縁屋もあり、復縁工作の経験がない依頼者と同じ目線で考える復縁屋も存在するのです。

単純に考えて工作員が対象者に接触したら復縁できる訳ではない事は誰でもお気づきかと思います。

復縁工作=接触と考える復縁屋を選べば、復縁の可能性を上げる事は出来ませんのでご注意下さい。

方法を提案する前に復縁工作についての理解を深めて下さい。

対象者は人間である以上、全ての行動予測は出来ません。

全ての行動予測が出来ない前提で復縁工作は進めていかなければなりません。

対象者の行動全てを予測出来ない為、依頼から成功までの完全なる未来予測をする事は出来ません。

その為、復縁屋に問い合わせをして『絶対に復縁できますよ!』という言葉自体が嘘になり、何%の確率で復縁できるか?についても答えられるモノではありません。

工作方法の提案は、提案した心理誘導で如何に対象者の心理を変化させるか?を説明するものであり、その為にどんな事をするか?を説明するのが復縁工作のご提案になります。

復縁工作の方法にこだわる人は『どうやって接触するんですか?』といった接触方法にこだわりますが、接触方法よりも心理誘導の方法を理解しなければ成功する可能性のある復縁工作を提案する復縁屋を選ぶ事が出来ないのです。

復縁工作は事前に定められた回数で出来る事ではありません

対象者の行動全てを予測するのは不可能である為、復縁工作の方法を提案させて頂く際に回数で方法を提案出来る事はないのです。

仮にTOTAL20回の実働を保証する復縁工作の方法を提案した場合、下記の流れの様に工作が進む事はまずありません。

  • 1回~4回:調査(対象者に恋人がいるかどうかの確認)
  • 5回~10回:対象者と接触(連絡先を交換する)
  • 11回~15回:別れの原因の聞き出しや復縁に向けた心理誘導
  • 16回~18回:復縁成功
  • 19回~20回:不測の事態の予備期間

不足の事態の予備期間があっても、対象者が風邪でも引いた場合は外出はしませんし、コロナウイルスの影響で外出を控えてる時に回数制の工作の契約を他社で依頼した方々から『対象者が外出しなくて回数を使い切っちゃって接触もしてもらえなくて失敗しました』という相談も急増中です。

事前予測が出来ない人間の行動全てを把握できる復縁屋は存在しないので回数で復縁工作の方法を提案する復縁屋にはご注意下さい。

復縁工作の一連の流れを知ってから工作方法について考えて下さい

対象者と接触する場所はもちろん大切です

道端で対象者と接触する方法は心理誘導を行いづらいので効果なし!?

道端で対象者と接触する方法は難しくありませんが接触して心理誘導を行うシュチュエーションを作りづらくなります。

接触してから時間が掛かり、心理誘導を進めづらい欠点があるので道端で接触する方法を勧める復縁屋はほぼありません。

お店、会社での接触する方法は人間関係が構築し易い!?

お店、会社で対象者と接触する方法は連絡先の交換や話しの引き出し易く、お客さんという立場を利用できる為、人間関係の構築がし易いメリットがあります。

会社への接触はBtoB(Business to Business)を装い、法人会社を利用してビジネスの話しから人間関係を構築し易いメリットもありますが、対象者が内勤の事務仕事等を行っている場合、利用できないデメリットもあります。

スポーツクラブ等の施設で対象者と接触する方法は関係性が築き易い!?

スポーツクラブ等の施設を利用して接触する方法は共通の趣味の話がし易い場所になり、質問を投げかける事も不自然ではなくなる為、人間関係の構築は容易になります。

同じ趣味を持つ者同士の会話から意気投合するケースもあり、交友関係を作り、関係性を築き易い為、復縁屋も対象者が施設に出入りしている情報を頂けば接触方法が提案し易い面があります。

対象者と人間関係を構築する方法も対象者に合せて行います。

対象者は1人の人間として全く同じ考えを持つ人物は存在しません。

工作員が対象者と接触する際はいんげん関係を築かなければならず、人間関係を築くには対象者の情報が必要不可欠になります。

対象者と人間関係を構築する際に全く情報がない状態で接触するのと、相手の情報があるのでは会話の作り方、会話の切り出し方、情報の引き出し方が異なります。

別れの原因を聞き出すにも、どんな会話からどんな流れで聞き出すか?は、対象者に合せて会話を作らなければなりません。

工作員と話しても良いな…と対象者に思わるから、別れの原因の聞き出しや心理誘導を行えます。

人間関係の構築には工作員の技術も求められますが、あくまでも対象者に合せた流れを作るから人間関係を構築出来るのです。

復縁に向けた心理誘導も話しの聞き出し方も対象者次第で変える

会話の中から依頼者を特定する方法も対象者との会話の流れで変える

対象者との会話の中から依頼者を特定させる方法を用いますが、依頼者を特定する方法も対象者との会話の流れで変えなければなりません。

対象者の心のコンディションが悪い時に無理に聞きたい事を聞き出そうとすれば関係が崩れる為、ここでも対象者に合せて会話の流れを作らなければなりません。

別れの本当の原因を聞き出すのも対象者から無理に聞き出す訳ではありません。

心理誘導を行い復縁を意識させた後の再会工作の方法

復縁工作の方法は【掛け算】という事はご存知ですか?

別れた状態は恋人との関係性がフラットになる為、復縁成功率は1%になります。

1%という成功率のまま何もしなければ、いつまで経っても復縁成功率は1%のままになります。

しかし、復縁活動を行う事で1%を2%にも3%にも増加させる事が出来ます。

1人で復縁活動をする人の成功率は10%未満と言われていますが、10%未満の成功率を掛け算方式で飛躍的に上げるのが復縁工作になります。

復縁工作は復縁活動で成功率を上げたものを掛け算で急上昇させるものであり、10%未満の成功率を20%…30%…40%…と掛け算方式で上げる事が出来ます。

もちろん復縁活動で1%を少しでも上げなければ復縁工作は効果を表しませんが、復縁活動のサポートも復縁屋は同時に承り、復縁活動で成功率を積み上げた状態に復縁工作で掛け算方式で2倍、3倍、4倍…と成功率を上げるのです。

工作方法は依頼者と担当者が細かく打ち合わせするから成功に繋がります。

心理誘導を進めていく為にも事前調査は必要になります。

人間相手なので心理誘導の方法を【事前に細かく】は説明出来ません。

人間相手の復縁工作で対象者の状況を対象者から聞かず、依頼者から聞いただけの状態で詳細に説明出来る復縁屋はありません。

接触方法や調査方法は事前に説明出来ますが、心理誘導については大まかな流れは説明出来ても、対象者と接点がない状態で説明するのは不可能になります。

事前に説明出来るのは【予測】であって方法の説明とは異なります。

対象者の心理状態を誘導するから心理誘導と言い、心理状態は心のコンディション次第で日々変化します。

日々変化する心のコンディションを事前に細かく説明出来る人間は存在しない為、対象者が何を想い、何を考えているのか?を説明出来る復縁屋がいれば人間ではなく神様になります。

工作の方法を料金よりも気にしなければ復縁屋選びで失敗したと後悔します

新しい恋人が対象者にいた場合の工作方法は別れさせ工作!?

対象者に新しい恋人がいた場合、別れさせなければ復縁はない為、別れさせ工作を復縁屋は提案します。

依頼者が求める復縁がセフレや浮気相手の場合、別れさせる必要はありませんが、セフレや浮気相手になる復縁も叶いません。

対象者との未来を見据えた交際を提案出来るから復縁の可能性が上がり、セフレや浮気相手で満足する復縁は都合の良い関係の為、お互いの未来を見据えた関係とは異なります。

お互いの未来を見据えた関係を見据えて、対象者の恋人は自分だけになりたいなら別れさせ工作を提案せざるを得なくなり、お互いの未来を見据えた復縁の為に別れさせ工作は必須になるのです。

元彼と連絡が取れず所在も分からない状態から復縁成功した工作事例

依頼者Aから初めて相談を頂いた時に『元彼の所在が分からず連絡も取れない。』というご相談を頂きました。

Aから初めて相談を頂いた時に所在も分からず連絡も取れなければ自己改善をしても復縁は難しい為、対象者を調査して探す事から提案させて頂きました。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 以前に住んでいた住所
  4. 以前の携帯番号
  5. 勤務先
  6. 免許証の有無
  7. 写真の有無
  8. lineの履歴

Aが持っていた情報はこの程度であり、勤務時間帯等の情報は面談をさせて頂き、お伺いさせて頂きました。

上記の情報から対象者を特定し、対象者の判明が出来た為、素行調査を行いました。

素行調査の結果、新たな恋人の存在は確認出来ず、対象者に工作員を接触させて別れの原因の聞き出しから開始しました。

対象者がAと別れた原因を判明させ、Aに判明させた内容を報告すると、Aが考えていた別れの原因とは異なっていた事に気付き、Aには対象者から好かれる為の自己改善を施しました。

Aの自己改善と同時に対象者から別れてからの状況を聞き出す事に成功し、Aとの楽しかった頃の思い出等を蘇らせる様に話しを進めていきます。

デートで行った場所やケンカの内容等、交際当時に考えていた気持ちと現在の気持ちの比較を対象者自身にさせ、心理誘導を行う事で復縁を意識させていきます。

対象者の気持ちが復縁に向かっていく事が話の内容から確認出来、気持ちが完全に向かった確信を工作員が得たところで再会工作に移りました。

偶然の再会を演出した結果、対象者はAとの再会を懐かしみ、久し振りに見たAの顔を見て笑顔をにじませます。

Aとの再会を果たした後、デートを繰り返し、lineのやり取りも頻繁に行う中で対象者からAに『復縁してみる?』という申し出があり、復縁の申し出を受けて復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。

復縁屋に相談や依頼する前に注意して頂きたい事

方法を吟味して復縁屋に依頼しなければならない為、即決は止めて下さい

復縁工作の方法を問い合わせた後はシッカリと提案された方法について吟味して下さい。

方法を吟味せず提案されたプランで即決すれば復縁工作の依頼をした事を後悔する可能性もあります。

提案された方法を吟味し、トラブルやアクシデントが起きた時の対応等についても説明して頂き、初めて依頼しても良いか?等を判断して下さい。

提案された方法についての質問をその場で出す事は中々簡単ではありません。

提案された方法を一度持ち帰り、冷静になって方法について検証するから疑問点が浮かび上がります。

復縁屋に方法を提案されたからすぐに契約ではなく、契約する前に一度持ち帰り、冷静に提案された方法に穴はないか?を検討して納得出来てから契約する様にしましょう。

復縁屋への復縁相談は復縁工作の方法について問い合わせるものです。

復縁屋への復縁相談は復縁工作の方法について問い合わせるものです。

もちろん全ての相談者に復縁工作が必要ではありませんが、復縁屋に相談するという事は相談者様が一人ではどうにもならない状況になっている場合がほとんどです。

一人ではどうにもならない状況だからこそ第三者の協力が必要となり、第三者の協力が必要だから復縁工作に辿り着いた訳ですから、どんな方法を提案されるのか?について問い合わせる為に現在の状況を詳しくご説明下さい。

復縁工作の方法について提案された時にどこに注目する?

復縁工作の方法について提案された時にどんな質問をすれば良いのか分からないと思います。

  • 接触方法を気にする?
  • 何回稼働するかを気にする?

方法ではないですよね?

どんな方法で相手の心理誘導を進めるか?何をキッカケに復縁を意識させるか?

復縁工作の方法を聞いたら相手の心理状態を読み解けているのか?を確認しましょう。

復縁工作の方法について耳を傾ければ復縁屋を語る詐欺会社がすぐに分かります。