復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルにご依頼ください

復縁工作方法には定まった方法はありません。対象者の心理を読み解き、復縁を意識させる為の心理誘導が求められます。

基本ベースの復縁工作方法として、対象者に接触し、別れの原因を聞き出し、別れの原因を依頼者に伝え、アドバイスする事で復縁成功に向けた内的要素を改善した上で、対象者に復縁を意識させる心理誘導を行う事で外的要素からも復縁を後押しする方法が一般的です。

復縁工作方法として復縁したい相手とどの様に接触するか?どうすれば自然な流れで復縁の後押しをする事が出来るのか?という部分が復縁工作方法として求められます。

心理誘導を行う工作員は自然に接触出来る方法を調査員から聞き出す事や、ヒアリング時に依頼者から頂く情報で接触ポイントを選定させて頂き、自然な形で接触します。

復縁屋ジースタイルが提案する復縁工作方法は情報、状況に応じて対応させて頂きますので、対象者次第で様々な方法があります。

復縁工作員が対象者と接触する方法

復縁工作員が対象者と接触する為には場所を特定しなければなりません。

どこで?どの様に接触するか?という、『どこで?』が定まらなければ接触する事は出来ません。

一般的に社会人で外出しているなら職種問わず接触は出来ますが、不自然な形での接触方法になれば、心理誘導を行えなくなります。

場所を特定をする事で、『どの様に接触するか?』という次の段階に進む事が出来、先の段階を見据えた場所の特定と接触方法が求められます。

復縁しても良いかな?と復縁工作で心理誘導する方法

復縁しても良いかな?と復縁工作で心理誘導を行うには情報の聞き出しが求められます。

対象者と復縁工作員は初対面なので、依頼者から事前に伺っていた情報を知っていては対象者に怪しまれてしまいます。

情報を聞き出し、聞き出した情報を元に心理誘導を行います。過去の恋愛状況を聞いていく事で、依頼者を特定させ、依頼者と別れた原因を追求していく方法が求められます。

依頼者特定の為には事前情報が必要になり、依頼者と対象者の情報を照らし合わせて依頼者の特定をします。

別れの原因がすれ違いや誤解であった場合、誤解を解く復縁工作方法を用いる事で関係を再構築する様に復縁を意識させます。

復縁工作時の心理誘導の方法は対象者の心理状態に合せて行う為、状況に合わせた復縁工作方法が用いられます。

復縁工作方法:対象者と連絡が取れるケース

接触場所の特定や復縁工作員のプロフィール設定を行い、自然な形で接触して関係構築を計ります。

依頼者と対象者が連絡を取れるケースでは依頼者の友人を装って接触する方法もありますが、依頼者と対象者が友好な関係である事が前提になります。

接触時に依頼者の知人として接触した方法を用いる場合、依頼者の味方として接触するのではなく対象者の味方として関係を構築していく方法もあり、復縁工作の方法は一律ではありません。

復縁工作方法:対象者と連絡が取れないケース

完全に依頼者とは無関係な状態から接触する復縁工作方法になります。

対象者の行動を把握して復縁工作を行いますが、情報を元に対象者の趣味・嗜好を利用する接触方法になります。

lineをブロックした理由や着信拒否にした理由を判明させ、依頼者との連絡手段を復活させる様に仕向ける復縁工作方法になります。

復縁工作方法:新たな恋人がいるケース

新たな恋人がいる中で復縁を促した所で復縁の可能性は限りなく0%に近い為、先に別れさせ工作を行い、別れさせ工作が成功した後に復縁工作を行う復縁工作方法になります。

別れさせ工作の過程で対象者の相談にのるlineや電話等で依頼者と連絡が取れる場合は、依頼者には対象者の良き相談相手となって頂く形になります。

別れさせ工作を利用した復縁工作の方法

何をすれば別れるか?を判明させ、情報を元に別れさせ工作員が接触を行い、同時進行で復縁工作員を接触させる方法が用いられます。

別れさせる工作を利用して復縁工作を行う際に、新しい恋人との関係の歪みを利用し、別れさせ工作と復縁工作を同時に進めていく復縁工作の方法になります。

恋人と対象者の関係に破局が見えた頃に、依頼者の存在感をアピールする心理誘導を行い、依頼者が心の隙間に入れる様に復縁工作員が心理誘導を行い、心に空いた隙間を依頼者が埋める復縁工作方法になります。