別れさせ屋ジースタイル

離婚したいけど離婚出来ないから結婚生活を我慢するのが正解でしょうか?

人には我慢の限界がありますし、愛情が冷めた人との同居生活は苦痛です。

離婚したいけど私は不倫しています。

夫、妻に不満があり、離婚したいけれど円満離婚出来そうにありません。

どうにかして離婚出来ないか?と思って別れさせ屋に辿り着く相談者様は少なくありません。

離婚したいけど離婚できない人達は離婚事由がなく、出来れば円満離婚や離婚を優位にさせたい。

離婚したいからどうにか離婚事由を作って離婚を優位に…という方が別れさせ屋に頼り、離婚しようと考えます。

別れさせ屋に依頼すれば円満離婚出来るのか?

別れさせ屋に依頼する事で離婚を優位に出来るのか?

離婚したい時に別れさせ屋に頼って離婚をスムーズにさせる方法について別れさせ屋がどんな方法で離婚させるのか?を解説させて頂きますので本当にパートナーと離婚したい方は参考にして下さい。

別れさせ屋に離婚したいと相談して来る方の多くは、相談者様が不倫しているので不倫している事がバレる前に離婚したいと考えます。

不倫してる事が夫、妻にバレてしまうと有責任者となり、離婚したいとお願いしても法律上は離婚出来ない事になっています。

有責任者になってしまうと、裁判では勝ち目がなく、パートナーが離婚に応じてくれる条件に合わせるか、離婚に応じてくれないパートナーでは法律上は離婚出来ないの今の日本の法律です。

婚姻関係にある場合、婚姻関係を良好に築く義務があり、義務を放棄したのが有責人者となる為、義務を放棄した側からの離婚の申し出をしても義務を果たしている側は応じる必要がありません。

不倫している事がパートナーにバレてしまえば裁判では勝ち目がなく、離婚したくても離婚出来ないという状況に陥ります。

不倫相手には慰謝料請求をされ、離婚出来ないなら…と去られてしまう事もあり、その状況になって別れさせ屋に頼り、離婚したいけど離婚出来ない…という状況を打破する為に別れさせ屋に依頼してパートナーを有責人者にさせたい!と考える人も大変多くいらっしゃいますが、実際に別れさせ屋が離婚させる方法はパートナーを有責人者にさせる方法ではなく、パートナーに離婚を意識させる方法を提案します。

離婚したい時に別れさせ屋にご相談頂く方々からは『その方法なら不倫してる事がバレないし離婚出来ますね!!!』と口にします。※参考記事:別れさせ屋の心理誘導の方法について

離婚に向けて別れさせ屋工作方法を提案する前に別れさせ屋は不倫している事を夫、妻にバレない方法を依頼者様にご説明させて頂き、パートナーとの離婚を揉めない為の状況作りを同時に行います。

不倫している事をターゲット(夫・妻)にバレてしまえば、協議離婚・調停離婚・裁判離婚を起こそうとしても法律では勝ち目がなくなる事と、離婚する時に財産分与等を優位に進める為に依頼者様の不倫がバレない様に進めていかなければ別れさせ屋工作にも支障を来す事があるのです。

不倫がバレて離婚しようとしても法律では勝ち目がないので、不倫がバレた状態で法律で争うと負けてしまう事から、別れさせ屋は工作難易度を少しでも落とす為に依頼者様に不倫している事がバレない方法をまず提案しなければなりません。※参考記事:別れさせ屋に依頼した事がバレた方からの相談が増えてきました。

負ける戦をするのではなく、勝てる戦をするのが別れさせ屋の提案する方法であり、不倫がバレた状態と不倫がバレてない状態では別れさせ屋工作の難易度も変わる事から不倫がバレてなければ勝てる戦の為に別れさせ屋も勝率を上げる為に不倫がバレない方法を提案し、法律と人間の心理の違いを利用した別れさせ屋工作の方法を提案するのです。

法律はあくまでも法律であり、法的にNGが出ても、夫婦間の話し合いで離婚の合意がなされれば法律の強制力はありませんから、法律の強制力の範囲外の方法で別れさせ屋工作の方法を進めていき、離婚工作へと進みます。※参考記事:別れさせ屋の工作方法について参考にして下さい。

不倫がバレない方法を提案した後は離婚工作を行いますが、離婚工作では夫・妻が離婚に応じないのか?を依頼者様と面談をさせて頂き、ヒアリングの際にプロファイリングをさせて頂きます。※参考記事:工作を成功させるカギとなる心理分析やプロファイリングとは?

もしも不倫している事がバレていた場合には夫・妻が依頼者様が不倫していた事に対して許せない!!という意地を張り、プライドの面から離婚に応じない可能性もあり、夫・妻が何故婚姻生活に拘るのか?を判明させる事で離婚に応じ易い状況作りをさせる方法を提案します。

離婚に応じない理由が判明すれば、離婚に応じない理由を逆手に取り、離婚に応じる様に条件を出していく事で依頼者様の望む離婚に進める事が出来ます。

不倫がバレたので離婚に応じてもらえないなら、どうすれば不倫がバレた怒りを納める事が出来るのか?婚姻生活に拘らない様になるには何が必要なのか?を知る事でターゲットを離婚しても良い…と誘導していくのが別れさせ屋工作の方法でもあります。

離婚工作を成功させる為にはターゲットへの配慮や離婚を意識させるキッカケを与え、婚姻生活を継続させる事で時間を無駄にしている…と考えさせる様に心理誘導していく方法が求められるのです。

夫、妻以外の異性を愛したから離婚しなければならない!!という状況かで行う離婚工作の方法で、パートナーにも不倫させればお互いに想いが同じになる為に離婚してくれるのでは…と考えて既婚者に対してハニートラップを仕掛けたい!!と考える依頼者様や、別れさせ屋工作の技術がない別れさせ屋はハニートラップの提案をし、鵜呑みにして依頼したけど結局離婚出来ない…という結果になり、離婚したいけど…と悩みを抱えてご相談頂く依頼者様は後を絶ちません。※参考記事:娘夫婦を離婚させる方法がハニートラップではダメな理由

パートナー以外の異性を愛してしまうのは仕方のない事です。

出会いが早ければ結婚せずに愛した方との交際⇒結婚と繋がっていたかもしれません。

しかし、現実は先に結婚してしまい、既婚者の状態だから離婚したいけど離婚出来ない…という状況に陥っているのが別れさせ屋の依頼者様達であり、別れさせ屋の依頼者様は愛した恋人と家族を比較して愛した恋人を選択し、夫婦関係のあった夫・妻に別の恋人を作る事でお互いに納得のいく形で離婚したい…と考えるのです。※参考記事:離婚させる為に異性の工作員を接触させれば料金が安くなる事はあり得ないのです。

人は何か手に入れる為には何かを捨てなければ得られない事があります。

欲しいものと捨てたいものを天秤に掛けて必要なモノを選択します。

夫・妻は依頼者様と天秤に掛けるものがないので天秤に掛けない状態なら、天秤に掛けるモノを作り出す=夫・妻に不倫をさせるという単純な構図で考えるので離婚したいからハニートラップを仕掛けたい!!という依頼者様は少なくなく、その気持ちを利用しようとする悪質な別れさせ屋は夫・妻が不倫している状況を作り出そうと提案するのです。※参考記事:ハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない

離婚したいから夫・妻に不倫させたい!!という方法を別れさせ屋は提案しません。

夫・妻が離婚を意識させる様に状況作りをしていくから夫・妻は離婚を意識するようになりますが、不貞行為をすれば有責人者になるから離婚を切り出せる!!という甘い考えは持たない様にご注意下さい。

不倫相手と一緒になりたいから離婚工作をする時の方法は細かくシナリオを描かなければならず、夫・妻が天秤に離婚によって得られるモノが大きくなければ婚姻生活を辞めようとはしません。

離婚<天秤に掛けるモノ。という状況を作り、離婚>天秤に掛けるモノ。という状況から夫・妻に必要なモノを変えていくからこそ離婚を意識させられます。

離婚<天秤に掛けるモノ。という状態を作れていないまま離婚の申し立てをするので離婚に応じてくれない訳ですから、離婚<天秤に掛けるモノ。という状況になる様にターゲットが何故婚姻生活に拘るのかを判明し、判明した情報に向けてターゲットの心理状態を揺さぶるからこそ離婚を意識させる事に繋がり、円満離婚を迎える事が出来るのです。

離婚する為の状況作りをする為の別れさせ屋工作の方法は契約前に時間を掛けて依頼者様からヒアリングをしなければなりません。

離婚する為に依頼者様は夫(妻)に離婚の申し出をするのですが、『離婚したい!』と言ったところで『離婚しよう!!』と応じてくれる家庭は殆どありません。

なぜ『離婚したい!!』と伝えても離婚に応じてくれないか?を考える事が離婚したい時に最初にやらなければならない事であり、何も波風が立ってない家庭で離婚の申し出をしたところで離婚に応じてくれる事はないのです。

依頼者様は離婚したいけど、夫・妻は結婚生活に支障を来していない訳で、何も支障のない夫婦生活に波風を立てず、家族として生活出来れば…と考えているのですから離婚したいと考えても応じる理由がないのですから、どこに満足して、どこに不満があるのか?を知る事で離婚に進める事にも繋がり、別れさせ屋は依頼者様から初めてご相談頂いた際はどんな家庭環境なのか?を確認させて頂く為にもヒアリングの時間を2時間程度は少なくとも頂戴しなければなりません。※参考記事:別れさせ工作方法のご提案にはヒアリングが必要不可欠です

依頼者様から家庭環境をお伺いする中で、子供の事や収入面、仕事面、体裁などについてパートナーの思う事を依頼者様からのヒアリングによって情報収集をさせて頂きます。

世の中には完璧な人間は存在しないので、依頼者様への不満や依頼者様への愛情など、どこかに離婚を意識させる情報が埋もれている可能性があり、ヒアリングに時間を掛ける事は埋もれた情報を引っ張り出す理由でもあるのです。

夫、妻が離婚に応じない理由が解明出来れば、離婚に応じない理由を崩せば離婚を意識させる事にも繋がるのですから、離婚する為の理由を知り、離婚に応じる理由を分かれば離婚に応じる状況を作る事で離婚を意識させる事にも成功します。

その為のヒアリングは別れさせ屋にとってどうやって離婚させるか?という最初の足掛かりを探す為に必要な事でもあります。※参考記事:別れさせ屋の工作方法について参考にして下さい。

離婚に応じない夫・妻の場合、両親や子供の学校のママ友、会社での評判など、周囲の方々が原因で離婚に応じないケースもあり、そういった周囲が原因で離婚に応じないケースでは周囲を巻き込んで離婚に応じなければならない状況を作る方法も離婚工作では活用されます。

周囲を巻き込んで離婚したいと意識させる別れさせ屋工作の方法では、ターゲットから依頼者様への不満・愚痴を聞き出す事で別居⇒離婚へと繋げた別れさせ屋工作の方法もあります。※参考記事:ターゲットを調査して別れさせる弱点を突く別れさせ工作の方法

周囲の人達を巻き込む為に夫・妻の関係者へと接触し、関係者達の後押しをもらう形を取り、離婚に応じず、婚姻生活を続けるようならターゲットが孤立する様に仕向ける事で婚姻生活を継続させる事を考え直させる事にも繋がります。

婚姻生活に満足しているので夫・妻が離婚したいと思わないのですから、周囲の人間を使って婚姻生活に不満を持たせる事で離婚の後押しを周囲の人間達にも協力させる誘導の仕方も効果的な方法の一つとも言えます。

離婚に応じなければ夫・妻が悪者になる別れさせ屋工作の方法では夫・妻が一人で強情を張っているだけの状態を作るので、時間は掛かりますが心をへし折りに掛かる離婚工作の方法であるとも言えます。

離婚する時に一番最初に思い付くのが『夫(妻)は不倫しててくれないかな~…』という考えかと思いますし、そう都合良く不倫していないので周囲を巻き込む方法や別れさせ屋にハニートラップをして貰う方法に辿り着くのですが、ハニートラップ以外にも夫・妻に落ち度を作らせる方法があるのはご存知ですか?

落ち度を作る一番の有責は不倫です。

不倫は分かり易く離婚出来る一番最初に思い付く方法だと思いますが、文中でも説明しましたが既婚者に異性の工作員を接触させて不倫をさせる方法は成功しません。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋の選び方を間違っていませんか?

過去には別れさせ屋がハニートラップを行って殺人事件を起こした事もありますが、離婚したいからといって都合良く物事が進む事はありません※参考記事:別れさせ屋が倫理観について実話を元に語ります。

美男美女の工作員ならハニートラップに掛かるかもしれない…と考える方も少なくないのですが、一般的に考えて既婚者の不倫に対する警戒心は強く、強い警戒心を持ったターゲットに異性の工作員を接触させて不倫現場を作るのは現実的な方法とは言えません。※参考記事:別れさせ屋業界10年の工作員が語る別れさせ屋の裏話

工作員の技術が問題というよりも現実的に考えて頂ければハニートラップを既婚者に遂行させようとしても引っ掛かるターゲットの方が稀であり、ハニートラップを既婚者に勧められるターゲットなら既に不倫してる可能性の方が強いのです。

異性の工作員を接触させて不倫させたい!!という考えが一番に思いつくのは別れさせ屋でなくても誰にでも分かり易い方法ですが、誰にでも引っ掛かる方法ではありません。

不倫に限らず落ち度を作りたいなら借金問題、ギャンブル、犯罪行為等、挙げればキリがない程、離婚理由に該当する落ち度を作る事が出来、ハニートラップよりも警戒心を持たせずにターゲットに落ち度を作らせる事が出来ます。

何をすれば夫・妻が落ち度を作るのか?は依頼者様から頂く情報を元に別れさせ屋が的を絞る事で方法を提案出来ますし、依頼者様の協力があればターゲットに落ち度を作らせて有責とさせるのは理論上可能なのです。

例えば、別れさせ屋に依頼しなくても生活を困難にさせる程に収入を激減させれば生活をしていく事が困難になりますよね?

生活費を家庭に入れない状態や育児放棄、家事放棄と、生活を困難にさせる協力を依頼者様がしてくれる事でターゲットを唆してギャンブルをさせる事や借金をさせる事など、ターゲットの心理を誘導していく事は可能なのです。

育児放棄や家事を放棄、生活費を家に入れない等の協力があれば誘導していく事は可能ですし、誘導していく事でターゲットに有責となる落ち度になるモノを考えさせる事も可能なのです。

夫・妻が離婚しない理由には耐えられる何かがあるから耐えるのであって、耐えられない状況を作る協力を頂いて離婚を意識させる事で少しづつ婚姻生活を継続させていく難しさを脳裏に植え付ける結果にも繋がるのです。

宗教にハマったターゲットと離婚したい時もあると思います。

宗教にハマってしまったターゲットから宗教の勧誘をされ、婚姻生活が耐えられないものになってしまう時に宗教にハマったターゲットと離婚したい…と悩む依頼者の要望を叶える為に、別れさせ屋は依頼者に2択の選択肢を提案します。

  • 宗教をやめさせたいか?
  • 離婚したいか?

宗教の勧誘が嫌なだけなら、宗教をやめさせる為の別れさせ屋工作を行えば済むのですが、宗教の勧誘がなければ婚姻生活を続けたい…と考える場合、依頼者の離婚したいという要望を叶えなくても良い…と考える方も少なくありません。※参考記事:初めて別れさせ屋を探す人達へ。現役工作員の体験談

精神的に辛いけれど、離婚理由がなく、宗教にハマったターゲットと離婚したいけれど離婚出来ない…宗教に入っているから離婚したいと訴えを起こしても裁判所は認めてくれない…という相談者からご相談頂く事もあります。

宗教にハマっただけでは当然裁判所は離婚を認めてくれません。

ターゲットへ離婚を申し入れても宗教上の問題で離婚出来ない…と言われてしまえば、八方塞になります。

八方塞ですが、別れさせ屋は対人関係の悩みを解消するプロですから、宗教との別れ、ターゲットとの離婚と依頼者に選択して頂く事が出来ます。※参考記事:『プロなのでお任せ下さい!』の言葉に要注意

ターゲットを宗教と別れさせたいなら、宗教との縁を切らせる別れさせ工作の方法を提案し、宗教がキッカケなだけで、ターゲットとの婚姻生活が難しい…と判断したなら、離婚工作を行い、ターゲットとの離婚に向けた方法を提案します。

宗教上の問題であっても、宗教への依存度等によって宗教との縁を切らせる事も可能になります。

洗脳された様な状態で宗教にハマっているターゲットとの関係を崩す別れさせ屋工作の方法があります。