復縁工作や別れさせ工作の他各種工作や、調査について、他社に依頼をした後に弊社にご相談・ご依頼をくださる方が増加傾向にあります。

Aという業者に依頼したんですけど、連絡が取れなくなって不安です。

Bという業者に依頼したんですけど、依頼してから何もしてくれません。

復縁、別れさせ、別れたいという問題を抱えているからこそ復縁屋や別れさせ屋を探しているかと思いますが、他社に相談、依頼をして失敗しても諦める事が出来ない為、再度復縁屋や別れさせ屋を探して依頼する事になったのだと思います。

他社で失敗してしまった事は残念ですが、弊社にご相談頂く事は非常に有り難い事ですが、注意して頂きたい事があります。

もしも他社の工作失敗が原因で弊社が工作業務を行う事が困難な場合については、ご依頼をお断りさせて頂く事があります。

工作業務は成功の目途が立つご依頼でしか承る事が出来ません。

理由はどうあれ、対象者に必要以上に警戒されてしまい、弊社の工作員が接触すれば依頼者が疑われる様な状況であったり、不要な警戒心から対象者が心を閉ざしてしまっている場合、工作業務の成功率の低下が予想出来ます。

成功率の低下が予測される工作業務のご依頼は弊社では承る事が出来ません。

もしも他社の失敗のせいで弊社が各種工作を行うことが困難な場合

復縁屋・別れさせ屋をお探しなら株式会社ジースタイル

もしも他社の失敗のせいで弊社が各種工作を行うことが困難な場合というのは、例えば調査能力のない探偵社が尾行業務を行っている最中に対象者に気付かれてしまい、警戒度が上がっている場合や、工作員の接触の際に接触が不自然過ぎて対象者の警戒心が強くなっている場合を示します。

探偵の給料が成功報酬型の完全歩合制の探偵社によっては浮気の証拠等を納めなければ給料として反映されない為、相当強引な調査を行い、対象者に丸分かりの尾行を繰り返す悪質な探偵社もあり、対象者の警戒心が強くなり過ぎれば接触はおろか、調査もまともに出来ない事もあります。

実際に他社に依頼して工作員が接触した事に恐怖した対象者が引っ越してしまったケースや調査過程で対象者にバレてしまい通報されたケースもあり、状況確認をするご依頼を頂きましたが対象者の警戒心が強くなり過ぎて工作業務に進む事はおろか、調査業務もまともに出来なくなってしまっていた事も過去にはありました。

復縁屋や別れさせ屋に依頼するのは、依頼者が要望を叶えたい為であり、復縁屋や別れさせ屋も基本は依頼者の要望を叶えてあげたいと考えます。

しかし、現実的に難しいと判断せざるを得ないモノに対して、出来ない事は出来ないと伝えなければならない事もあります。

現実的に難しいと判断した案件に関してはご依頼をお断りせざるを得ない事を事前にご理解頂いています。

最近多い悪質な復縁屋の手口に合った場合は依頼は可能です。

最近多い悪質な復縁屋の手口に合った場合は復縁工作、別れさせ工作のご依頼をしてしまった場合は、ご依頼を承る事は可能です。

最近多い悪質な復縁屋の手口は依頼後に連絡が取れなくなり、グーグルアース等のネット情報のスクリーンショットを報告として送られてくるだけで、対象者への調査業務、工作業務に関して何もしていなかったというご報告を依頼者からお伺いするケースが多発しています。

例えばとある依頼者は、他社に復縁工作を依頼した際に完全に業者任せになり、業者が何をしたか全く分からない状態で突然「工作が失敗しました。100パーセントを保証するものではないので仕方ないですよね」と言われて契約が終了したという報告も頂きました。

何もしていない状態ですから、対象者にも何もしていない事が分かります。

対象者に何かをして失敗したのなら兎も角、対象者に何もしていない状態ならご依頼を承る事も可能となっています。

調査、工作をして失敗したケースでは依頼を承れない事もあります。

他社で調査、工作をして失敗した後に弊社にご相談を頂いても、何をして失敗したのか?

失敗した事によってどんな影響を及ぼしているか?が分からなければ工作業務や調査業務をご提案する事が出来ません。

失敗した理由にも原因はありますが、原因が分かるから対応策を立てる事も出来、成功率のある程度の目安が見えて来ます。

しかし、原因が分からなければ成功率の低下が予見され、ご依頼を承る事が出来ません。

他社で尾行中に対象者にバレてしまい、復縁屋とはバレなかったものの依頼者が疑われて警察の事情聴取に応じた復縁屋と別れさせ屋もありました。

尾行が下手だったから事情聴取を受けた程度なら、調査能力が低い復縁屋や別れさせ屋は多いので問題なく工作業務を行う事も出来ますが、事情聴取の際に探偵で復縁屋としての依頼を請けていると警察に伝えて、依頼者に筒抜けになってしまえば接触してくる人物に対する警戒等も強くなる為、方法は限られて来るので依頼を承れなくなるケースもあります。

他社に別れさせ工作を依頼された依頼者についても、別れさせ工作が失敗した挙句、工作のせいで尚更対象者達の絆が強くなり、結婚まで至ってしまい手の打ち様がなくなったケースもあります。

失敗してもお金を払って他の復縁屋や別れさせ屋に依頼すれば良い!と考える方も稀にいらっしゃいますが、工作業務を依頼した一回でどうにもならなくなるケースもある為、復縁屋選びや別れさせ屋選びには慎重にならなければなりません。

工作業務が対象者にバレれば誰が何をやっても疑われます。

弊社に依頼頂く前に他社に依頼していた事を隠していた依頼者がいましたが、弊社の工作員がBARで対象者に接触したところ、別れさせ屋が不倫の証拠をポストに入れていて、たまたま妻子が実家に行っていたからバレなかったという話しを対象者から聞き出した事があります。

対象者から話しを聞き出していると『君も別れさせ屋じゃないよね?こんな事をしてくるのはアイツしかいないんだよな…』と既に対象者は依頼者の事を疑っている様子で、何をしても依頼者に結びつける考えになっている事が分かりました。

接触中に依頼者が他社に依頼していた事が分かり、依頼者に確認したところ、プロなので任せて欲しいと一任していた結果、依頼者が疑われる様な事になり、ほぼ依頼者の事がバレている状態でしたので、契約を続行するにしても依頼者の存在を隠す事がとても困難な案件になりました。

ファーストコンタクトの際に工作員は別れさせ屋業務というよりも人間関係の構築や話の聞き出しを目的として接触する為、弊社工作員も疑われはしたけれどバレる事なく進められましたが、何をどうやっても依頼者の存在に行きついてしまいます。

その為、別の工作員を接触させて別の工作員が対象者に対して恨みを持っている様な流れを作り出して工作業務を進めていく手間が掛かる工作が求められました。

誰が何をやっても疑われる様な状況は隠す事も可能と言えば可能ですが、バレる可能性もとても高いので極力依頼を承る事はありません。