復縁屋を利用する前に大抵の方々が復縁屋について調べます。

しかし、調べるという事は何を調べればいいか?について分かっていなければ調べようがありません。

何を調べれば優良な復縁屋に辿り着けるのか?

何を調べれば悪質な復縁屋を回避できるのか?

復縁屋について知識がなければ調べ方も分かりません。

結果的にランキングサイトや老舗と呼ばれる復縁屋、メディア露出をしている復縁屋に相談して料金比較をした結果、悪質な復縁屋に引っ掛かってします。

そして『復縁屋ってやっぱりこんなもんか…』と感じてしまい、復縁を諦めざるを得ない方々が少なくありません。

『復縁屋ってやっぱりこんなもんか…』と思わない結果を得る為に復縁屋を利用する前に最低限自分の身を守る努力をしましょう。

復縁屋を利用する前に依頼者がやらなければならない事について書かせて頂きます。

各県警のサイトで探偵業法に基づく行政処分を受けていないか?を調べる

復縁屋は探偵会社が運営していますが、探偵会社の中には探偵業法違反で行政処分されている会社もあります。

例えば東京都であれば警視庁のサイトに「探偵業法に基づく行政処分」というページがあります。

探偵業法に基づく行政処分のページを見れば3年以内に探偵業法に違反した探偵業者の行政処分の状況や処分内容を見る事が出来ます。

探偵業の認可を得ていない復縁屋もありますが探偵業の認可を得ていない復縁屋は探偵業法に反する業務を請け負っている時点で論外です。

復縁屋が届け出を出している各県警の探偵業法に基づく行政処分を受けているページを確認するのは復縁屋を利用する際の初歩の初歩だとお考え下さい。

『会社名 評判』と検索をすれば口コミ情報が書かれています。

復縁屋の口コミを調べると優良な復縁屋だと口コミが書かれている事は多々あります。

『会社名 評判』といった検索方法で検索すると会社の評判がgoogleの口コミで書かれています。

googleの口コミを見て悪評が書かれていればどんな悪評が書かれているか?を参考に出来ますのでgoogleの口コミを参考にしてみれば依頼者が実際にどんな口コミを書いたのか?が分かります。

良い評判の口コミが書かれたランキングサイト等の口コミだけを信じるのではなく悪い評価を得た内容も調べなければ正しい評価が出来ません。

復縁屋に相談する前に状況を整理しておくのも大切です。

復縁屋に相談する前に状況を整理しておく事で状況をスムーズに説明する事が出来、どんな方法でどんな形の復縁を目指せるか?を聞く事が出来ます。

復縁屋に相談する時は1時間以上の時間が掛かる事もあり、1時間以上の時間話をするのは詳細状況を確認する為でもあります。

正しい状況を判断してもらえなければ復縁屋も適切な方法を提案する事は出来ません。

復縁工作の依頼を検討しているなら状況判断をしてもらわなければどの様に復縁に繋げるか?が分かりません。

復縁したくても甘い言葉に注意しなければ復縁屋に騙されるかも!?

復縁したい時に『復縁工作の依頼をすれば100%復縁出来ますよ。』と言われたらどう思いますか?

『そんな言葉は信じられないでしょ!』となる人もいますが、そうではない人もいます。

では、『企業秘密の方法があって3~4回稼働の復縁工作の依頼を頂けば復縁を高い確率で成功させられますよ。私たちはプロなので!!』と言われたらどうでしょう?

実際に詐欺会社が行っている手口になります。

復縁を望む時は冷静な判断がしづらく、甘い誘惑に惹かれてしまいがちです。

復縁屋を利用する前に本当にそんな方法で復縁できるのか?について考えて頂く事はとても重要です。

復縁工作の依頼をして復縁を目指す事に抵抗がありますか?

復縁屋の利用を考える方の中には復縁工作の依頼をして復縁を目指す事に抵抗がある方もいます。

復縁工作の依頼をして復縁を目指す事に抵抗があるなら復縁屋を利用しない様にして下さい。

復縁を諦めて下さい。と同義語になりますが、気持ちに罪悪感があるまま復縁を目指しても復縁した後に大切なパートナーとの生活が幸せになる事はありません。

幸せになる為に復縁屋の利用を検討するのですが幸せになれないかもしれないなら復縁屋の利用自体を控えましょう。

自分の幸せは自分で決めることであり、人生は他の誰のものでもない自分のものです。

元恋人は復縁したいとは思っていない状況を受け入れられますか?

元恋人は復縁したいとは思っていません。

復縁を望んでいないにも関わらず復縁を目指します。

元恋人の気持ちを取り戻すのは並の努力では足りません。

その状況を受け入れられなければ復縁を目指しても叶うものではありません。

復縁屋の利用を検討するのは間違いではありません。

復縁したい元恋人は本当に必要な人なのか?本当に大切な人なのか?を考えずに復縁したいなら復縁を望むなら寂しいだけで復縁を望んでいる可能性もあり、その場合は復縁屋の利用を検討を奨めません。

復縁屋の利用自体は間違いではありませんが本当に必要な人に向けた復縁工作でなければ復縁工作を依頼する料金に見合うものではありません。

復縁成功率の高さと復縁工作に掛かるお金のどちらを優先しますか?

復縁工作に掛かるお金と復縁成功率のどちらを優先しますか?

復縁屋に掛かるお金は決して安い訳ではありません。

復縁屋を利用する上でどちらを優先するかで復縁屋選びの仕方も変わってきます。

成功率か?お金か?

どちらを優先するかを考えて復縁屋の利用を考えましょう。

復縁屋へ実働を求める場合は料金が発生します。

復縁屋の利用を検討する方の中には「無料で助けてくれないんですか?」と仰る方もいますが、説明するまでもなく復縁工作も含めて実働を求められればお金が発生します。

他人に何かをしてもらえばお金がかかるのは当然ですが復縁屋が復縁相談にのるのは復縁する方法を提案する為であって、復縁工作等で実働しなければ復縁の可能性が見えなければ料金が発生する方法を提案するのは当然です。

『無料でどうにかしたいんですけど?』と言う方は多いのですが、無料でどうにか出来ない状況なので復縁工作を提案しなければなりません。

自分でどうにか出来ない状況を理解していないまま復縁屋に相談しても無料でどうにか出来る方法は存在しないので復縁屋が実働しなければならない場合はお金を取るか復縁を取るかの二択になります。

復縁屋の利用を検討するなら失敗に突き進む依頼者の実例も参考にしてください。

実際にご依頼いただいた方とのやり取りでは下記の様なやり取りがありました。

  • 依頼者:早く工作を進めてください
  • 担当者:対象者が今○○なので接触しても成功率が下がると昨日お伝えしましたよね?その際に失敗する可能性が高いなら別日にしましょう。と話して、そうですね。と仰いませんでしたか?
  • 依頼者:昨日聞いたけどやっぱり進めてください
  • 担当者:○○になって失敗すると思いますけど良いんですね?
  • 依頼者:いえ、やめてください。こちらはお願いしてるだけです
  • 担当者:どうしたらいいんですか…?
  • 依頼者:やらないでください。

というやり取りがあります。

依頼者からお願いされれば実行はしますが実行して失敗する事が見えている場合、失敗するであろう事を事前に伝えます。

失敗するであろう事をお伝えすると「依頼者の希望を無視するのか」と怒り出す始末なので依頼者の要望通り進めて失敗すれば『思うように動いてくれなかった。』と言われる始末です。

復縁工作どころではありません。

復縁工作を失敗させたいのかな?と疑いたくなる様な依頼者の共通点

工作を進める過程で打ち合わせをし、打ち合わせた内容に合意を得て次の工作に進みますが、話を聞かず、一方的に要望を押しつけられれば復縁屋も復縁工作を進めようがありません。

調査を進めるにしても対象者の情報がある前提で依頼を請けた後に対象者は頂いた情報の場所にいない時に『調査能力がない』と言われる事や料金が異なる事もお伝えしますが『話が違う!』と口にされます。

話が違うのはそもそもの情報が違うのですから依頼者の話しが違いますよ。とお伝えしても『どうにかしろ』の一点張りで自分のミスは棚に上げる依頼者が対象者から好かれる事はありません。

嘘や冗談に見えるかもしれませんが復縁工作を成功させようとする姿勢が見えない依頼者は自分のミスを棚に上げて他人を責める。

別れの原因を反省せず元恋人を責める事と似ています。

協力的な姿勢を取れない依頼者や自分の問題は何も見ない依頼者は復縁工作を失敗させたいのかな?と見えます。

依頼者が【ストーカー】ではないという判断も復縁屋はしなければなりません。

依頼者がストーカーの場合、探偵業法で定められた業法に反する為、依頼を承る事が出来ません。

ストーカーは犯罪です

ストーカーであるかどうかの判断をするのは復縁屋であって、依頼者ではありません。

ストーカーであると判断されれば復縁屋は依頼を承る事が出来ないので悩んでいても無駄になる可能性もあります。

復縁屋の利用に対して慎重にする事で悪質な復縁屋から逃れられます。

焦って復縁屋に依頼するのではなく復縁屋を利用する際は数社に相談し、シッカリと吟味して依頼するか考えなければ悪質な復縁屋に依頼してしまう事があります。

復縁屋は復縁をサポートする探偵会社になりますが、必ずしも復縁屋は優良な復縁屋とは限りません。

契約前に本当に復縁屋に依頼して良いのか?を自分なりに確かめてから依頼を検討するようにして下さい。