復縁工作を成功させる為に必要なポイントが幾つかあります。

復縁工作を失敗させたくない!と考えているなら復縁屋選びの段階から気を付けなければなりません。

ポイントを抑えてから復縁工作の説明を聞く事と、ポイントを知らずに復縁工作の説明を受けると一番間違えてしまう部分が復縁工作の方法になります。

例えば、復縁工作の方法を復縁屋に問い合わせすると復縁工作について理解がない復縁屋は対象者との接触方法を説明して来る復縁屋があります。

対象者との接触方法を気にする方も多いのですが、本来復縁屋が接触方法ではなく心理誘導の方法が復縁工作の方法だと説明しなければなりませんが復縁工作の方法を知らない復縁屋は接触方法について説明します。

工作員が対象者に接触するのが復縁工作ではなく、復縁工作の方法1つとっても適切な説明が出来る復縁屋と適切な説明が出来ない復縁屋があります。

復縁工作の方法についてポイントを抑えておく事で復縁屋選びで失敗する可能性も減ります。

ヒアリングの方法が復縁出来る復縁屋とそうではない復縁屋では違います

復縁工作の依頼をする時に復縁屋は状況判断をしなければなりません。

  • 復縁出来ますか?
  • 復縁したいです

と、復縁屋に質問した後にどんなヒアリングをしてくれるか?で復縁屋選びの方法を変えなければなりません。

基本的に復縁は対象者から以前の様に好かれてはいない事が前提になる為、好かれなくなった原因を作ったのは復縁を望む側にあると言えます。

原因を作った人物が作った原因を改善する意思がなければ復縁に到る事はありません。

別れの原因を対象者(復縁したい相手)に見出すのか?

依頼者に原因があると見抜くのか?

どちらの目線でヒアリングを行っているかで復縁屋選びを失敗する可能性が軽減されます。

依頼者の自己改善の必要性をシッカリと話してくれる復縁屋を選びましょう

復縁工作を成功させる為に重要な依頼者の協力が自己改善になります。

依頼者の協力がなければ対象者から最終的に対象者から『復縁しても良いって思っていた』と言われる事はありません。

工作員が復縁を意識させた所で自分には原因がなく、対象者に原因がある!と考える人は復縁出来ない事をヒアリングの段階から説明してくれる復縁屋でなければ復縁工作の依頼をしても復縁の可能性は0%になります。

対象者に合せた接触方法と心理誘導の方法の提案は?

復縁工作の方法で対象者に合せるのではなく復縁屋が持ち合わせる方法で対象者に仕掛ける方法を提案する復縁屋もあります。

中には心理誘導の方法について社外秘だと説明をしない復縁屋もある為、接触方法については軽快に話すものの心理誘導の方法について言葉を濁す復縁屋もあります。

接触方法を復縁工作の方法と認識している復縁屋は多く、依頼者の方々も接触方法ばかりを気にして、心理誘導の方法についてあまりお考えにならない復縁屋が多くあります。

復縁工作は接触が目的ではありませんから正しい復縁工作の方法を提案してもらっているか?を良く考えなければ復縁屋選びで失敗します。

調査、工作の方針について適切な方法を提案されているか?

  • 何を調べるのか
  • どのような手段で調べるのか
  • 大体どの時間帯を調査の対象とするのか
  • どのような方針で復縁工作をするのか?
  • どのタイミングで復縁工作をするのか?
  • どのような手段で復縁工作をするのか?

方法の提案をしてもらう際に適切な方法を提案されているか?は最低限確認して下さい。

「方法については企業秘密な部分が…」と誤魔化す復縁屋や「我々はプロなので任せて下さい」と、説明を濁す復縁屋との契約を結ぶ際は一旦保留にして検討しましょう。

代表者との面談は本当に重要なのか?復縁屋選びのポイントにもなります。

工作員に能力(技術)がなければ復縁工作が成功する可能性は低下しますが、依頼前に工作員の能力を判断する事は出来ません。

しかし、面談をすれば復縁屋の能力について分かる事があり、例えば代表者が必ず面談をする復縁屋は現場から離れた代表者が本当に復縁について理解しているのか?を考えなければなりません。

工作員は何をするから復縁に繋がるか?を現場の流れを読み取って進めていきますが、代表者が必ず面談をする復縁屋は現場には出ていません。

現場に出ていない代表者が復縁を理解しているのか?

この意味が分かる人は復縁屋選びで失敗する可能性が低下します。

工作員の能力(技術)を判断出来るポイントは?

工作員の能力(技術)は復縁屋に依頼してみなければ分からないポイントの様に感じるかもしれませんが、工作員の能力(技術)は復縁屋に依頼する前に気付く事が出来ます。

面談を担当する人物は少なからず一度は復縁工作に携わった経験がなければ面談で話しをする事が出来ません。

復縁工作の経験も復縁の経験もないままに面談をしたところで復縁工作について説明出来ないのですから復縁屋それぞれの面談員と話せば工作員の能力(技術)について判断する事が出来ます。

面談をしている人物から成功事例を聞くのではなく、どんな復縁工作を今までにした事があるか?

復縁工作が失敗した事例について担当者と話してみれば今までにどんな復縁工作の方法があったのか?を知る事が出来、復縁屋選びで失敗する可能性を低下させられます。

復縁工作の成功率について成功を仄めかされていないか?

以前は復縁工作の依頼をすれば100%復縁成功するといった説明をする悪質な復縁屋も多かったのですが、100%復縁成功を謳う事で不信感を与える事に気付いた復縁屋は100%復縁成功すると仄めかす事をしなくなってきました。

100%復縁成功する事を仄めかす事をしなくなってきた復縁屋が次にとった方法が復縁成功率80%以上!といった本来なら算出する事が出来ない数字を算出して、復縁工作の依頼をすれば高い確率で復縁出来る事を仄めかす復縁屋が出て来ました。

過去の統計はまだしも未来の予想数字は復縁工作をしていれば出せない事を復縁工作を行っている復縁屋なら誰しもが知っている事になります。

ご相談頂いた内容に『あなたの復縁成功率は〇〇%位はあります』といった説明をする復縁屋を回避する事で復縁屋選びで失敗する確率を下げる事が出来ます。

復縁屋に依頼すると必ず復縁成功させてくれる?

復縁屋に依頼すれば100%復縁成功する訳ではありません。

業者の中には復縁成功率80%以上とホームページに記載している業者もありますが、復縁は未来を創るものですから未来の成功率を提案する事は出来ません。

対人関係の修復は壊れた物をアロンアルファで接着させるだけの作業とは異なります。

人間同士の問題を接着出来る可能性は本来未知数になり、必ず接着出来る訳ではありません。

復縁屋に依頼すれば復縁成功率は上がりますが、必ずしも復縁成功率の上昇が100%になるという訳ではありません。

復縁屋に依頼したら全てを復縁屋に任せていれば復縁させてくれるのか?

復縁屋に依頼したら全てを復縁屋に任せれば復縁させてくれる訳ではありません。

対象者との関係を再構築するのは復縁屋ではない為、復縁屋に任せていれば何もしなくても復縁出来る訳ではありません。

復縁屋に依頼するのは予備校等に通う事と同様に、依頼者自身も復縁に向けて努力する姿勢がなければ復縁には結びつきません。

復縁工作のメリット・デメリットを説明してくれるのか?

復縁工作にはメリット・デメリットが当然あります。

メリットを説明する復縁屋は多いのですが、デメリットは契約をもらえないと考えて説明してくれない復縁屋もあります。

メリット・デメリットは確実にある為、メリットだけではなく、デメリットもシッカリと説明してくれる復縁屋を選びましょう。

復縁屋選びで失敗する可能性を少しでも下げたいなら一番大切な事は?

復縁屋選びで失敗しない為に一番大切な事は本当に復縁について知っているのか?を確認して下さい。

どんな方法で復縁させるのか?という質問をして『社外秘』と答える復縁屋はもちろん論外です。

復縁方法についてネットにある情報の様な話しか出来ない復縁屋ももちろん論外になります。

例えば冷却期間の説明についても相談の段階で『冷却期間は〇ヶ月空けましょう』という返答をする復縁屋は素人並みの復縁の知識しかない事が分かります。

『心理学でいうところの~』といった復縁屋も復縁についての説明をしなければならないのに心理学の説明をするので論外になります。

そもそも復縁屋は心理学を学んだところで復縁出来る訳ではない事を知っているハズなのに、心理学についての知識をひけらかす復縁屋が多く、ホームページやブログで心理学についての薀蓄が沢山書いてある復縁屋にはご注意下さい。

何をしたら復縁に繋がるのか?を知っている復縁屋に依頼しなければ復縁工作をしたところで何をしたら復縁に繋がるのか?が分からないのですから復縁工作は失敗する可能性が高くなります。

復縁屋を選ぶ時に一番大切なのは復縁の知識がある復縁屋を選ぶ事になり、ネット上にある素人が書いているブログと同様の事を説明する復縁屋選びをすれば必ず後悔する事になりますのでご注意下さい。

【自らを優良な復縁屋】だと言い張る復縁屋にはご注意下さい。

本当に優良な復縁屋は他社を貶す事や自ら『私たちは優良な復縁屋です。』と言う必要がありません。

優良かどうかを決めるのは依頼者の方々です。

元依頼者の方々が『○○の復縁屋は優良だった』と言えば優良な復縁屋になりますが、復縁屋が自ら優良だと証明するのは結果を残す以外にありません。

結果を残して残して初めて優良な復縁屋となるのですから結果以前に契約前に自らを優良な復縁屋だと言い張る復縁屋は選ぶべきではありません。

自らを優良な復縁屋だと言い張る復縁屋は自作自演サイトを大量に持ってステマ広告をします。

自作自演のサイトを大量に保有して、自作自演のサイト内で優良な復縁屋と紹介する手口が大変多く発生していますがネット情報で優良な復縁屋だと錯誤させる手法には十分お気を付け下さい。

復縁とは関係のないオフィス自慢や登記簿などを見せて優良だと錯誤させる復縁屋もあります。

復縁と復縁屋の会社規模は関係がありません。

会社規模が大きいから復縁工作の成功率が高い訳ではありませんが、復縁を知らない復縁屋は会社規模の大きさなどで復縁工作の成功率があたかも高いかのように装う復縁屋もあります。

同様に老舗の復縁屋等も老舗だから復縁工作の成功率が高い訳ではありません。

復縁工作の成功率が高いか低いかをオフィスの広さや入っている建物、登記簿などの復縁とは全く関係のない部分で優良だとご認識させようとする復縁屋にはご注意ください。

復縁屋を【会社として】選定するポイント

  • 法人登記されている業者かどうか
  • 探偵業届出登録番号の有無
  • 行政処分の過去の有無
  • 住所・電話番号の記載の有無(フリーダイヤルの有無)
  • 料金に関しての記載・説明の有無
  • 事務所での面談や相談が可能かどうか
  • 事務所にスタッフが常駐しているかどうか
  • 迅速な対応が可能かどうか

法人だから復縁できる訳でも個人経営だから復縁できる訳でもありませんが、個人経営の会社よりも法人経営の会社の方が安心できる方は上記チェックポイントを参考にして下さい。

復縁屋には探偵の技量と復縁の知識や経験が必要になります。

復縁屋は探偵業の認可があれば運営出来ますが、復縁についての知識や経験がなければ復縁屋は出来ません。

調査や工作を行う際に探偵の技量がなければ調査・工作も出来ず、調査・工作の技量+復縁の知識や経験があるから依頼者を復縁成功に導ける復縁屋になれます。

復縁と関係のない話しをする復縁屋の2chの書き込み

特定も出来ない、警察呼ばれる、住民に怪しまれる、対象者見失う、
元カレ・元カノから連絡が来たからアドバイスを乞うメールを入れるも無視。
何のためにいるんだお前ら。無能役立たず。
ダメなとこばかりでまともにやるところってないの?
連絡つかなくなる、尾行に失敗する、とにかく言いわけだらけ、人物の写真一切なしで建物の写真のみとか普通の探偵ができることすらできない人だらけ
こんなんで工作なんかできるわけないよね 引用:2ch

復縁する方法について説明せずに復縁工作の方法ばかり説明しようとする復縁屋にもご注意ください。

復縁するには復縁する方法が分かっていなければいけません。

復縁する方法が分かっているから復縁工作の方法も提案出来るようになるのですが、復縁する方法を説明せずに復縁工作の方法だけを説明する復縁屋には要注意です。

依頼者がどんな状況で、何が足りないから復縁工作で足りない部分を補い、復縁させられるか?を面談時に判断するのが復縁屋になります。

単純に依頼者が出来ない事を補足するだけの復縁工作では復縁に至る事はありません。

復縁屋に依頼して失敗しない為には復縁する方法をしっかりと理解している復縁屋を選ばなければなりません。

復縁屋が接触する方法ばかり説明する時は要注意

復縁屋が依頼者に提案する方法で接触方法を提案する復縁屋が大変多いのですが、工作員が対象者に接触すれば復縁出来る訳ではありません。

接触方法と復縁工作の方法は全く異なり、接触する方法と心理誘導は異なります。

復縁の知識がない復縁屋と初めて復縁屋を利用しようとする方が話をすると、『どこで、どの様に対象者と接触するか?』についての説明を重視しがちになります。

どの様に復縁させるか?を重要視しなければなりません。

肝心なのは心理誘導の方法になりますので心理誘導の方法を重要視して下さい。

必ず他社にも相談して数社ある内から決める様にしましょう。

1社と面談した当日に復縁屋の言葉を信じて契約するのではなく、他社との違いを判断した上で依頼して下さい。

高額の買い物をするのに他社と比較するのは当然です。

提案した方法に自信がある場合、他社を貶す事や他社に相談に行く事を拒否する必要がありません。

提案する方法に自信がない場合、他社を貶める言動も多く、他社に相談に行く事を拒絶します。

復縁屋に依頼する時は必ず数社へ相談し、比較して頂く事をおススメします。

復縁屋の評判をネットで調べても正しい情報は見つかりません。

復縁屋の評判をネット上で検索しても正しい情報をネットで得る事は出来ません。

比較サイトを運営して自社に誘導する復縁屋やグーグル等の口コミで悪評が書かれていても『他の業者の悪評を書かないで下さい』と平然と嘘を吐く復縁屋もあります。

ネットの情報を鵜呑みにして復縁屋を選ぶと悪質な復縁屋に引っ掛る可能性がとても強い為、復縁屋の評判をネットで検索した後は実際に数社の復縁屋に問い合わせる事をお勧めします。

悪質な復縁屋はネット上に横行していますのでご注意下さい。

探偵業の認可があれば復縁屋を運営出来る事から安易に復縁屋を運営する技量がない悪質な復縁屋がネット上には横行しています。

『プロなのでお任せ下さい』とホームページの製作ばかり力を注いでいる復縁屋もありますのでネット情報やホームページだけを見て復縁屋を選ぶのは大変危険です。

悪質な復縁屋と契約すれば復縁工作の依頼をしても復縁とは関係の無い行動を起こし、復縁の可能性を下げてしまう事もあります。

ステマサイト・比較サイトは信用しない。

ネットにはステマサイト・比較サイト・ランキングサイト等、復縁屋の口コミや評判が書かれたサイトが多数ありますが復縁屋のステマサイト・比較サイト・ランキングを信用して他人の評価で復縁屋を選ぼうとするのはご法度です。

ネット情報を鵜呑みにすれば確実に失敗します。

自分の事ですからシッカリと自分の目で優良な復縁屋である事を確認して下さい。

復縁のプロなので!!を真に受けないで下さい。

復縁屋は復縁のプロだから依頼すれば復縁できる!!と復縁のプロの力を過信しないで下さい。

相談者の立場からしてみれば、復縁のプロという言葉は心強いと思います。

しかし、世の中には自称プロという人は多数います。

復縁のプロなので任せて下さいという復縁屋には気を付けて下さい。と復縁屋のホームページには大抵書かれていますが、素人同然の調査、工作をする復縁屋や素人並みのアドバイスをする復縁屋も大変多くあります。

復縁のプロを名乗る似非カウンセラーや心理テストもどきを行う復縁屋もありますので十分にご注意下さい。

実際にアドバイスを聞いてみる事が大切

復縁屋を選ぶ際には実際にアドバイスを聞いてみる事も大切です。

どの部分に着目して復縁の可能性があるか?の判断をしてもらえる為、復縁の可能性についても理解出来ます。

核心に迫った話しが出来るか?で復縁屋を選ぶポイントにもなります。

信頼できる復縁屋は親身になる事の意味を履き違えません。

信頼出来る復縁屋は親身になるという意味を履き違えません。

相談者に対して親身になって相談にのってくれる復縁屋を選ぶ事=相談者に対して厳しい事を言わない復縁屋を信頼できる復縁屋だと考える方はとても多いのですが、崖から落ちそうな状態の依頼者に『危ないから気を付けなさい!!』と叱ってくれる復縁屋が本当の意味で親身になるという事です。

崖から落ちそうな人に「大丈夫だよ。落ちないよ」という復縁屋は本当の意味で親身とは言いません。

『辛いよね?苦しいよね?』と相談者を心配しているフリをする復縁屋が親身な復縁屋ではありません。

本当に復縁させる気があるからこそ間違っている事は間違っていると厳しい事を言うのが親身になる復縁屋であり、信頼出来る復縁屋でもあります。

相談時の分析能力で信頼できる復縁屋か分かります。

相談時の分析能力で甘い言葉を掛けられる復縁屋と客観的に見て厳しい事を伝える復縁屋の対応で信頼の出来る復縁屋か、信頼出来ない復縁屋かの判断が出来ます。

信頼できる人は『信頼して下さい』とは言いません。復縁屋も同じです。

信頼できる人は『信頼して下さい』とは言いません。

復縁屋に『怪しいです。』と伝えて『信頼して下さい。』と口にすれば信頼する価値がありません。

信頼は言葉で『信頼して下さい。』と伝えるから積み上げられるのではない事を復縁屋なら知っていなければなりません。

『信頼して下さい。』という復縁屋にはご注意下さい。

復縁工作の契約を復縁屋が強要して来たら要注意!

復縁工作の契約を復縁屋が強要して来たら要注意です。

監禁状態を作り、契約を強要する復縁屋がありますが、契約は依頼者が復縁したいから望むものであって復縁屋が望むものではありません。

依頼者に『復縁工作しないとダメだ!』という復縁屋や面談した日に『契約しないと復縁できない』という復縁屋もある為、ご注意下さい。

依頼者様が依頼しなくて復縁できなくても復縁屋は困りません。

契約を強要されそうになった被害者も多い為、ご注意下さい。

契約内容は時間制と期間制のどちらを選ぶ方がいい?

復縁工作は対象者が復縁屋と依頼者の思った通りに行動しない事が前提の恋愛工作になります。

事前に打ち合わせた時間や回数の通りに対象者が動く事はありません。

対象者の行動等から復縁工作を実際にしていればどちらが適切な契約内容か分かります。

時間制や期間制で選ぶのではなく本当に復縁に近付けるか?を判断するのがポイント

契約内容で復縁に近付く訳ではありません。

回数や時間、期間などの契約期間が復縁に繋がる訳ではありません。

何をするから復縁に繋がるのか?を説明してもらえるか?を判断しましょう。