恋愛工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 140万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元カノとの復縁を求めて今彼を別れさせたい

Aが別れさせたいのは元カノと復縁したいので元カノと今彼を別れさせて欲しいとの事でした。
復縁する為に今彼を別れさせた後に復縁工作の依頼を請けて復縁に向かいとの要望で別れさせ工作のご依頼を承る事となりました。

契約書を交わし、着手金の入金後に別れさせ工作の着手に到り、調査を行い、工作員を接触させた後の報告をしているとAは『復縁が見えて来ました。』と口にして頂けました。
担当者と報告も兼ねて日常的にlineをしていましたが、Aとlineでやり取りをしていると突然Aから担当者に電話が入りました。
電話をする際はお互いの事情もあるのでlineで電話出来るかどうかの確認をして掛けるという約束でしたので突然の連絡に担当者は何かがあったのだな?と察しました。

電話に出ると焦った様子でAが担当者に話し始め、落ち着いてもらうまでに時間が掛かりましたが、要約すれば担当者に送ろうとしていたlineの内容を対象者に送ってしまい、『このlineは一体どういう事?』と対象者からAの元にメッセージが届きました。
Aが対象者に間違ってlineを送ってしまった事で対象者は警戒心を剥き出しにし、Aへの不信感を持ち、工作員の存在についてはバレなかったものの別れさせ工作を進めようがなくなってしまった失敗事例になります。