恋愛工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 70万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元彼との復縁を望む為、別れさせたい

Hから『浮気の既成事実を作ってくれれば別れさせられると思います。』と言われ、『浮気の既成事実を作る事だけがどうしても自分には出来ないので別れさせ屋を探していました。』とご相談いただきました。
別れさせたい対象者2人の性格は熟知しているとの事でHの情報だけを頼りに費用を抑えたいという要望も受け入れ、調査時間を削り、工作員を接触させて浮気の既成事実を作る事に専念した別れさせ工作のご依頼になりました。
工作員を接触させてデートの誘いにも応じ、5回目のデートで対象者から告白を受けました。

元々対象者は遊び人との情報をHから頂いていた為、告白はされたものの、対象者は別れておらず、対象者は最初から工作員と二股、もしくは浮気の状態で交際をしようとしていた事が分かります。
告白された事でHの要望はほぼ叶い、Hの描いていたシナリオ通りの展開にはなっていました。
工作員は対象者に別の恋人がいる事を知らないことになっている為、恋人との交際時に工作員を鉢合わせる形をHと打ち合わせさせて頂き確定させて頂きました。

対象者達と工作員が鉢合わせるところを実際に見てみたいとの事でしたので少し離れたところでHには待機して頂いていました。
Hの情報通り対象者達が現れたところに工作員を接触させると対象者は普通に話しかけられ、工作員が『この女の人誰?』と伝えると対象者から『元彼女にたまたまばったり会ったんだよね。嫌な思いさせたらごめん。』と言われてしまいます。
対象者に元カノと言われた本人は何も言葉に表さなかった為、『元カノにこっそり会うなんて…』と言いながらその場を去ろうとすると対象者は工作員を追いかけてきます。
実際の彼女を置いて工作員を追いかけて来た為、工作員への気持ちの方が強い事が分かったので工作は成功するものとHと後日話しをしている間も盛り上がりました。

調査を省いた契約の為、その後の対象者達の行動を弊社で確認は出来ませんでしたが、Hから2人が別れていない事を報告されました。
元々3人共同じ職場の為、Hが女性対象者達の話しを聞いていると『この前、○○(対象者の名前)が今好きな人と出くわしちゃってビックリしたけど私元カノって言われちゃったよ。まーいつもの事だから…』と別の女性がいても全く意に介していない事が分かり、Hが描いていたシナリオ通りにはいかなかった事を報告として受けました。
浮気しても対象者の女性は受け入れていた為、別れさせ工作が失敗した事例になります。