恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況不倫した相手から脅されていて別れたい!

M様が不倫した対象者に別れを告げたものの、別れを受け入れてくれず別れるならM様の家庭に全てをバラすと脅されます。
家庭を大切にしたいM様は不倫した事を悔い、家族に迷惑を掛けない様に別れたいと思い、別れさせ屋を探したとの事でした。
何度か対象者の気を静める為に離婚するから待って欲しい事を伝えますが、それが仇となり、今度は離婚を迫る様になった対象者との縁を切りたくて弊社に辿り着いたとの事でした。

別れたいけど別れられない状況にM様は怯え、対象者との別れを進めたいけど進められない今の状況に不安を残す日々を送ります。
不安がある状況でいつ家族へ何かされるかもしれないという状況を面談時に伝えて下さり、対象者から脅迫じみた言葉を伝えられる事等、様々な言葉をこぼし、どうすれば良いんだろうという不安な言葉を担当者は耳にし、辛い気持ちが担当者にも伝わり、不倫したM様は悪いけれど、だからといってそこまでされるのか?という疑問を感じました。

離婚を迫られる為、着手にスグ当たって欲しいとの要望をいただき、ご契約後スグに着手に応じる形となりました。
M様から対象者の情報をお聞かせ頂くと早急に頂いた情報をまとめて調査に着手出来る形を取り、着手後3時間後には対象者の元へ調査員を派遣する形となりました。
M様には家庭を大切にして頂く為の行動を取って頂き、対象者の事は弊社にお任せ頂き、家族を守り、一度の過ちが原因でお子様を不安にさせる事は避けて欲しい旨を伝えます。

対象者からひっきりなしに連絡が来る状況で、いつ家族にバラされるかもしれないという不安は面談中に対応した担当者も感じた事であり、不安を感じるM様には不自然な行動は避ける様に指示させて頂きました。
対象者への接触を早めて工作員を対象者に接触させると対象者は常に誰かにlineを送り、その相手がM様という事を知っている工作員はスマホへ集中している対象者を会話に集中させる様に仕向けます。
対象者が工作員と会話している時はM様へのlineが減り、M様も安心して家族サービスを行う事が出来ます。

家族サービスをしているM様を妨害する事を忘れて工作員との会話が進み、人間関係の構築は早い段階で済みました。
しかし、工作員と会っていない時間はM様へのlineは止まらず、1日~2日で別れる事は難しい事を知っていたM様でしたが、精神的に追い詰められ、なんとか早い段階で別れたいと担当者に懇願します。
別れたい事を直接言えば家族に何かしらの行動をされては困る為、M様からは対象者との会話もノラリクラリと交わして頂きながら工作を進めていくと、対象者が何故M様に固執するのか?という原因が分かります。

工作員との会話を進めていき、M様が固執していた理由も判明した為、固執した理由に沿って心理誘導を行っていきます。
心理誘導を進めていくと少しづつですが対象者からM様に送られるlineの数も減っていき、少しづつM様は離婚する気がなく、対象者と別れるつもりなのではないか?と不安を感じ、2日ほど対象者からM様にlineを頻繁に送る日が続きましたが、その後はパッタリとlineが止まり、工作員が状況伺いをしてみると虚しくなった事を告げられました。

虚しいけれど、引くに引けなくなった対象者はM様に何かをしたいけど家族を壊す事は一度は愛した人の子共を悲しませてしまう為したくないと口にし、顔を殴ってスッキリしたいとも口にします。
M様の顔を叩く事で別れる方向に進んだ対象者を煽り、M様の顔を叩く為に工作員も同行する旨を伝えて、M様と対象者が接触する日を対象者と打ち合わせします。
対象者の考えをM様に伝えると、対象者から思いがけない言葉が返ってきます。
別れる事を望んだM様から、殴られたくないという言葉が連呼され、担当者は殴られる事で別れられる様になったのだから顔を叩かれる事で対象者をスッキリさせて別れようと説得します。

殴られる事に最後まで抵抗していたM様も担当者の説得により、対象者と会う決意をし、別れる為に殴られる為の再会の場を設ける事となりました。
しかし、予想に反して対象者はM様と再会しても顔を叩くどころか暴言を吐く事もせず、スッキリした顔でお互いに言葉を交わします。
M様の煮え切らない態度が対象者の気持ちを冷めさせ、どっちつかずの考えに気持ちが完全に冷めた為、M様と再会して顔を見た途端にどうでもよくなったと再会した後に工作員にこぼしました。対象者が完全に興ざめする形を取り、別れ工作は無事に成功した案件でしたが、M様は少し情けないな…と担当者が感じた案件でもありました。