恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域T様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
別れさせたい状況不倫相手に結婚を迫られて別れたい

対象者と別れたい!と考えたT様は妻、子供がいる家庭持ちであり、不倫当初は割り切ったお付き合いをしていたものの、次第に対象者がT様に離婚を勧めて来る事になり、家庭を壊したくないT様は遠回しに対象者との距離を離していきます。
T様が対象者との距離を離すと、対象者は職場に連絡をして来たり、会社の前で待ち伏せする等、ストーカー紛いになっていきます。
対象者の行動に次第に恐怖を感じてきた頃、対象者から『別れたら奥さん達に私たちの事をバラすから!!』と半ば脅迫紛いの事を言われてしまいます。
家庭を壊したくない一心で頭を抱えたT様はどうすれば解決出来るのかをネットで検索し、別れさせ屋の存在を知ります。

ストーカー紛いの状態でT様への愛情が一直線の対象者と別れる為に別れさせ屋に相談しても『別の異性の工作員を接触させて別れさせます!!』という方法ばかりを提案され、自意識過剰ではないけれど、自分への愛情がまっすぐな対象者が別の異性に振り向くとは思えず別の方法で別れる事は出来ないか?と弊社にご相談頂くまで何社も相談したとの事でした。
ハニートラップ以外の方法を提案したのは別れさせ屋の中でも弊社だけだったとの事で、逆に何故ハニートラップを仕掛けて別れさせられるのか?という疑問しかない事をT様に伝えると、T様も同様に考え、別れさせ工作の契約書を交わします。

対象者の趣味嗜好もそうですが、対象者の行動パターンもある程度把握しているT様と何度も打ち合わせを重ねながら接触ポイント等を決定していきます。
調査を省けるほどの情報量があったのですが、工作に時間が掛かる事が予測できた為、工作期間を多めに取り、調査を省く形で別れ工作を進めていきます。
T様と対象者が会っている時にT様の紹介という形で工作員を紹介され、事前に決定したポイントで工作員と対象者を引き合わせます。

あとはT様と打ち合わせた通りに事を進めていき、別れるまでの状況作りをして行く最中に対象者とT様にはケンカをしない様に気を付けて頂きました。
T様と対象者が揉めればT様の家庭に被害が行く可能性が高く、T様には対象者とのケンカは絶対にご法度にして頂き、家族との時間を極力とる様に約束して頂きました。
T様が家族仲を深めている間に対象者との接触を工作員が図り、対象者の本心を聞き出して行きます。

T様の煮え切らない態度や不倫関係である事に揺れる対象者の本心を丁寧に剥き出していくと、対象者はT様の家庭を壊したいのではなく先の不安やT様と交際した期間を無駄にしてしまった事を認める事が出来ない弱さを持っている事が分かります。
T様と結婚したいというよりも、自分だけが辛い想いをして不安を抱えている状態という不満を口にし、対象者の気持ちを理解しないT様に半ば復讐じみた感じで離婚を迫っている事も対象者は口にします。
心底からT様の家庭を壊したい訳ではなく、自分だけが幸せになろうとしているT様の態度に腹を立てていると対象者は零し、対象者に『別の復讐方法があるんじゃないか?』とT様への復讐を別の方法で叶えなければ対象者の心が晴れない事を理解させます。

別の方法に興味を示した対象者は工作員に協力を求め、T様にも報告をして家庭崩壊を防ぐ為の復讐をT様にする旨を事前に伝えます。
ここまでは事前に打ち合わせた通りの内容でしたが、対象者の要求はT様と事前に打ち合わせた事よりも酷い復讐を提案して来た為、対象者を宥めながら対象者の満足感を達成させる復讐を行います。
事前にT様には復讐方法は伝えていた為、不自然にならない様にして頂き、対象者と工作員が復讐を実行するとT様への今までの不満をぶちまけ、T様の元から去る旨を対象者が口にします。

不満を吐き出した対象者と工作員が復讐の打ち上げをし、上機嫌で饒舌に語る対象者の口から『もうあんな奴に未練はない』という言葉が出て来て、T様から対象者に連絡をしても既読スルーになり、今までとは全く違う対象者の態度に後ろ髪を引かれながらも『無事に別れられて良かった』と別れ工作は無事に成功しました。

リベンジポルノの画像を消して恋人と別れたい

依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
別れさせたい状況リベンジポルノの映像を消して別れたい

リベンジポルノで脅迫されているY様は以前に一度だけ体の関係を持った時に事が終わって裸で寝ていた写真を撮影されており、行為の最中も隠し撮りをされていた動画が残されており、対象者の言いなりにならざるを得ない状況に陥っていました。
Y様が気付かない間に撮影された動画と写真を元にリベンジポルノで脅されていた為、どんな映像なのかが分からないまま言いなりになるY様は警察に相談して警察から画像や動画を削除してもらったモノの、本人は警察に知られていない場所に保存されているとY様に伝え、怯える日々を過ごしていたとの事でした。

初めて相談を頂いた時は顔に疲れが滲み出ており、見えないものに脅される恐怖は本人以外には分かりません。
同様の案件で相談頂く事は多いので、ある程度の気持ちは分かるモノの本人の気持ちを全て理解出来るか?といえば同情は出来ても恐怖を完全に理解出来る訳がありません。

苦しみを面談時に担当者に打ち明けながら解決策が自分では見出せず、別れさせ屋に頼らざるを得なかったものの、対象者との縁は切れても動画等が残っていれば永遠に恐怖と闘わなければならない先の見えない状況に別れさせ屋に依頼しても…という悩みがなくならなかったそうです。

リベンジポルノの画像や動画を本当に警察が立ち行って捜査したのにまだ保存しているのか?
そしてリベンジポルノの動画等を削除できるのか?
Y様が別れさせ屋に求めていたのは、この2点になりますが、面談時にお話しをお伺いさせて頂き、Y様の要望を叶える方法を提案させて頂きました。

対象者の勤め先などの情報もY様は持っていた為、対象者を攻める為にあたって提案させて頂いた方法はいくつかありましたが、一番Y様に危害が加えられない様にする事やネット上に情報が流出しないであろう方法を選択し、別れ工作の契約を結んで対象者との縁を切る行動に移ります。
Y様から頂いた情報を元に、対象者の調査を行い、工作員を接触させる様に進めていきます。
その間もY様の元には対象者から連絡が入り、『いつ会える?』というlineが頻繁に入ります。
会える日を濁していると『そういう態度で良いのかな~?』というメッセージも入り、対象者の中では脅迫をしているつもりがないのであろう事も分かります。

対象者から来るlineに怯えるものの担当者に対象者からlineが来た事を報告して頂くと味方がいる事で少し安心出来ているという言葉がY様から担当者に伝えられます。
安心を与える為に依頼を請けた訳ではない為、依頼を成功させてリベンジポルノの脅迫の材料になるデータを全て消せる様に動く事を約束させて頂き、工作員の接触タイミング等をY様と打ち合わせしていき、辛い時期を共に乗り越える様に毎日Y様とのやり取りを行いました。

対象者に罪悪感などの気持ちがあるのか?良心がどれだけあるのか?が分からない為、工作員は接触して対象者の人間性から調べていく事になりました。
対象者の性格はY様から伺っていたものの、被害者となるY様の見方と被害者ではない人物から見た対象者の印象は大きく異なる事が予測できた為、工作員から見た対象者の印象をY様に報告すると、Y様の描いていたイメージとは離れてはいたものの、関係を初めて持つまでの対象者のイメージには酷似していたとの事でした。

元々のイメージが悪ければリベンジポルノをされるネタとなる映像を取られる事もなく、元々の印象が良かった為、リベンジポルノのネタを取られた事をY様は思い出し、工作員の感じた印象に納得が出来た様でした。
対象者の印象が変わり、工作員が接触して得た情報についても合点がいったY様は工作方法の修正を若干申し出て来ましたので打ち合わせの結果、工作方法の修正を行います。

対象者からリベンジポルノの動画を持っている事を聞き出した工作員がリベンジポルノを警察の捜査が入ったにも関わらず持っていた事で次に警察沙汰になった時には逮捕の可能性がある事を示唆します。
万が一逮捕となれば仕事も出来なくなる不安を与えましたが意に介さず動画を削除しようとはしませんでした。
逮捕の危険がありながら削除したくない動画はどんなものなのか?という興味を工作員が惹いた感じで対象者にお願いしてリベンジポルノの映像を見せてもらい、興奮したフリをしながらリベンジポルノの映像をパソコン上から間違えて削除したフリをすると対象者は大激怒します。

『この画像はもうないんだぞ!!』と怒る対象者に何度も謝罪する工作員に対象者は金銭を要求して来ました。
確実にリベンジポルノの動画等がなくなった事を確認する為に賠償金を払う話しに進めていきましたが、万が一動画等の情報が流出した際は嘘の恐喝である事も約束した対象者に金銭を渡します。
Y様に工作員が対象者のパソコンから動画などのデータを全部削除した事と、対象者とのやり取りで流出させない約束を取り付けた事を報告させて頂き、対象者から誘いが来ても脅迫ネタがない状態なので開き直って縁を切る話しをさせると、対象者はリベンジポルノのネタもなくなった為、Y様との関係を切らざるを得なくなり、別れ工作は成功に到りました。

常に彼氏から監視されて苦しんでいる状況だから別れたい

依頼者の名前、住まいの地域M様 大阪
契約期間と料金1ヶ月の契約 70万円 成功報酬10%
別れたい状況DV彼氏から別れを切り出させた

常に対象者に監視された生活をしていたM様は一度その生活が辛くなり、別れを告げたものの、別れ話しの最中に暴力を振るわれて別れるに別れられなくなってしまったとの事でした。
一度暴力を振るわれると暴力を振るわれるのが当たり前の様に常習化し、何をしても恫喝されて精神的にも参ってしまいました。
日常的にDVをされる事から暴力を振るわれない様に生活する事に慣れてしまい、正常な判断が出来ない様になり、常に苦しんで生活するのが当たり前になってしまったとの事でした。

暴力を振るわれる際にM様が悪いからと対象者から言われ、半ば洗脳状態に近い形でDVをされる行動に問題があると叩き込まれ、苦しんでいるけど誰にも助けてもらえない状態から精神的にも疲弊していったとの事でした。
精神的に追い詰められ、何かをすれば暴力を振るわれる状態で誰かに救いを求めたくても誰にも救いを求められず何度も自殺を考えたとの事でした。
DVを受ける日々でどれだけ精神的にも追い詰められていたのかが分かりますが、1人で別れを切り出すのは難しく、現状から抜け出したいという強い思いで別れさせ屋への依頼を決意したとの事でした。

自分の人生が掛かっている事なので別れさせ屋探しにも必死になり、面談も対象者の目を盗んで4社程行ったとの事でした。
面談に行った先で別れさせ屋がどんな方法で別れさせてくれるのか?を聞くと、あまりシックリ来るイメージがなく、本当に別れられるのか?という疑問ばかりがあったとの事でしたが、弊社で提案させて頂いた方法は他社とは全く異なる方法だった為、一番シックリくる方法との事で契約するまでに至りました。

別れ工作の契約書を交わし、対象者との別れ工作に早速取り掛かります。
対象者の行動はM様から全て流れて来る為、情報で困る事は何一つなく、調査を省いて工作員の接触から開始する事になりました。
対象者に接触して対象者から異性の扱い方について聞き出す事が出来、M様の話しも出て来る様になりました。
『何も出来ない。自分が教えてあげなければならない。』と対象者はM様に対するDVを肯定して話します。

M様に問題があるからDVを振うのも仕方のない事であり、本当はDVを振いたくないけれど、DVしなければならない状態を作られてしまうので仕方がないとDVされるM様に問題があるという話しを聞き出します。
しかし、M様と別れる選択肢はなく、M様の為を思えばこその行動であり、M様を矯正してあげられるのは自分しかいないという考えを持っていた為、M様と対象者は不釣り合いであると誘導していきます。
M様への執着心を別の異性に向かわせる様に仕向けていきましたが、その間もM様への束縛は止まりません。
しかし、M様への束縛を失くす心理誘導を継続させていくと、対象者の考えが変わるちょっとしたキッカケを作り出す事に成功します。
対象者の考えが変わるキッカケを元に別れる理由を考え出す対象者は少しづつM様への束縛が減っていき、M様との別れを決意します。

対象者からM様に別れ話しが持ち出され、お互いの荷物の整理などをする間も暴力が止まる事はなかったのですが、荷物の整理が終わり、別れた後にM様から『無事に別れる事が出来ました』という報告が担当者の元に来て別れ工作が成功した事例になります。

ストーカー被害で警察に相談しても動いてくれないけど別れたい

依頼者の名前、住まいの地域Y様 京都
契約期間と料金2ヶ月の契約 80万円 成功報酬20%
別れさせたい状況ストーカーの元恋人に悩まされていた

Y様からの依頼はストーカーとの縁を切りたいとのご相談を頂き、相談内容からストーカーの特定は出来ているものの、いつまでも付き纏われ、警察等への相談をしたもののストーカーへの警告すらしてもらえなかったとの事でした。
ストーカーはY様の元交際相手になり、男女のトラブルがもつれた状態だと判断した警察は対象者をストーカーという目で見る事がなく、あくまでも交際がもつれた状態を継続中という判断で何もしてもらえなかったとの事でした。

警察に頼っても頼りにならず、ストーカーに直接話しても会話が成立しない為、聞く耳を持ってもらう事すら出来ない状態でした。
新しい恋愛を始めたくて気になる異性も出来たY様はストーカーとの縁を心底切りたくなり、ネットで別れさせ屋の存在を知り、別れさせ屋への依頼を決意します。数社に相談すると別れさせ屋から提案される方法は対象者に異性を接触させてY様への関心を失くすハニートラップばかりとの事でした。
Y様は『自惚れている訳ではないけれど、あの人が他の異性に気が向くとは思えないんです…ストーカーをする位に私の事が好きなんですから…』とハニートラップに対する疑心暗鬼が起こります。

弊社ではストーカーにハニートラップを仕掛けても全くと言っていいほど効果がない事を存じている為、ハニートラップを提案するのではなく全く別のストーカー対策の別れ工作方法を提案させて頂きました。
人間の心理に基いた別れ工作の方法の為、ハニートラップよりも効果的で成功率も高い方法に興味を示して頂いた末にご契約させて頂く事になりました。
契約後は着手金の入金後速やかにストーカーへの接触を試みます。

対象者の情報は元々お付き合いしていた人物という事もあり、ほぼ正確な情報を持っていた為、接触してストーカー行為をしている事やY様が迷惑に感じている事、そして対象者の思考が通常のものではない事を自覚させる心理誘導を行えばY様へのストーキングは止みます。
本当のストーカーを知らない別れさせ屋は異性を接触させるハニートラップを推奨しますが、ストーカーを理解している別れさせ屋はストーカーの自覚がストーキングを止めさせる最優先事項だと知っています。

対象者への接触の仕方から心理誘導までの一連の流れについてY様にご説明させて頂いた通りに進めさせて頂き、Y様に対象者がしていた事や関係を取り戻したいなら方法が異なる事を間接的に伝えていき、対象者の考えの基本となる部分を覆していきます。
別れ工作が終盤に差し掛かる頃には対象者は初めて接触した頃とは打って変わり、Y様しか見えない盲目状態に近いところから大きく異なり、視野も広くなり、Y様に対する固執も激減していきました。

Y様への気持ちは残っていてもY様に対して相当な嫌がらせや迷惑な行為をしてい事を自覚したストーカーは自分が近くにいたらY様をきっと不幸にすると考え、Y様へのストーカーを止める考えにシフトし、Y様に近付かない決意をしてストーカーとの縁を切る別れ工作成功致しました。

絶対に別れ工作を依頼した事がバレないで別れたい

依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬30%
別れたい状況DV被害を恐れていたのでバレない様に別れ工作をお願いしたい

DVの度合いによっても別れたいと想う気持ちは異なりますが、Y様は日常的なDV被害に遭われており、誰が聞いてもDVと言えるレベルのDV被害を受けていました。
対象者は暴言や物にあたるだけに留まらず、Y様に奮う暴力でY様はトラウマになり、過呼吸状態になる被害も受け、面談中も対象者の事を思い出して過呼吸になるほどの状態になっていました。

対象者と別れたくて別れさせ屋を探してはいたものの、別れさせ屋に依頼した事が対象者にバレてしまえば身の危険を感じる為、なかなか相談や依頼に踏み切る事が出来なかったとの事でした。
しかし、我慢も限界を来し、命の危険を感じたY様は仕事中に早退の手続きを取り、一大決心をして弊社にご相談頂きました。
面談に掛ける時間も極力短縮して欲しいとの事で、面談した後にフリーメールアドレスでやり取りをし、状況確認を絶対に対象者にバレない様に進めていきました。

契約後の着手金も口座を対象者が管理している為、着手金の振込にも注意しながら全てにおいて警戒する形で着手に到りました。
着手後、対象者の行動を表すデータを頂きながら工作員が対象者に接触するポイントを判明させ、メールでY様と打ち合わせをする形になりましたが、メールではいかんせんやり取りが遅く、接触の方法等もタイミングがズレこみました。
Y様もメールでのやり取りしか出来ない為、とてもヤキモキしていましたが、なるべく返信は早くしていた為、時間のロスはありましたが最小限の時間のロスで済ませる形が取れました

対象者に接触後、工作員と対t照射の会話の中にはDVをとてもやる様な人物ではない口ぶりで暴力反対の言葉まで出る始末です。
対象者がY様にしている事はDV加害者特有の暴力ではなく教育の一環の様な言い方をし、正当化している事が垣間見えます。
Y様に見せる姿と工作員に見せる姿は明らかに違うであろう事をY様からの話しで想像出来ました。

担当者とのやり取りで気を紛らわせる事が出来ると仰っていたY様への暴力は工作開始直後はエスカレートする一方でメールには常に苦しいですの一言が添えられて送られて来る為、担当者も心苦しく感じていました。
対象者への別れ工作を進めていくところどころに対象者の暴力的な一面も見え、お酒を飲み交わすと乱暴な言葉遣いになる事や反グレを匂わすような事を口にし、Y様を脅していた事が分かります。

別れ工作を進めていく中で一度対象者が道行く人に絡む様な事までして工作員が対象者の代わりに絡んだ相手に謝罪をする等、酒癖の悪さも目につきました。
日常的に暴力を振るわれ、ある種洗脳されて生きているY様にしてみれば何をされるか分からない恐怖はとても怖い事が分かりますし、急いでどうにかしてあげたくても出来る限り以上の事をすれば怪しまれてしまう為、出来ないジレンマに陥ります。
人間関係を構築していく上で対象者との上下関係が逆転し、対象者は工作員の事を尊敬する大先輩の様な扱いに変わっていきます

お酒の席での失敗などを世話をしてあげる形を取り、工作員を慕う対象者との関係が出来、当初予定していた方法よりもやり易い方法へとシフトチェンジする事になりました。
Y様にもその時の状況をお伝えしましたが、対象者が酒に飲まれて失敗をする姿が想像出来なかったとの事で驚きを表現するメールを頂いていましたが、その文章の中にも苦しみを担当者に伝える内容が書かれており、心苦しく思いました。
Y様の苦しみを露程も感じていない対象者を助ける義理は本来ならないのですが、助けた事によって別れ工作がスムーズに成功する流れになり、仕事としては大喜びの展開になりました。

工作員の言いなりに近い状態まで関係を昇華させ、対象者の気持ちを他に向かわせればほぼ完ぺきに別れ工作が成功する流れになった為、対象者の興味をY様に向かわせる様に仕向ける工作に移りましたが、この頃には暴力はほとんどなくなっており、DVをする気配はほぼ感じられないとの事でした。
DVを受けなくなった事でひとまず安心したY様でしたが、早々に別れたいという想いが強くなり、工作の進捗具合が気になるメールを頻繁に返して下さる様になりました。
対象者がY様に固執していたのは、Y様以外に構ってくれる友人などもおらず、1人になり寂しくなりたいからという事まで分かり、工作員との関係が出来上がってからはY様が少しづつ邪魔になったような言動が増えたとY様から報告がありました。

工作員と遊ぶ事に慣れた対象者の心情の変化を感じたY様の身の安全が確保できた為、別れ工作の最終段階に入りましたが、工作員の心理誘導で彼女がいる事の不便さを信じ切った対象者はY様との別れを工作員に口にします。
一度口にした事を実行に移さない事はY様への未練がある事と事前に対象者のプライドを刺激する言い回しをしておいた為、対象者は実行に移さなければならない状態になり、自分で自分の首を締める言葉を出します。
Y様との関係に未練がない様に振る舞う対象者を煽り、更にY様との関係を終わらせる様に誘導していくと、Y様はその日の内に別れを告げる電話をY様に掛け出しました。

酔った勢いで伝えた等、後々対象者が自分の言った事をご破算にさせない様に念押しして一度言った事をひっこめない様に話しをしておきます。
Y様からは『別れたくない』ちおう言葉を出させ、スグに別れに応じてしまわない様に事前に説明しておいた為、Y様にも拗れたカップルの様な別れ話に乗る形を取って頂き、別れ工作が成功した事例になります。
別れ工作が成功した後も対象者が付き纏わないか?の心配をY様はしていた為、工作員の抑制をする為に連絡だけは今現在も対象者と取り合っている状態になり、Y様が次に恋人を見つけるまでは付き纏わせない様にご協力させて頂いています。

仕事を辞めて荒れてる彼氏に別れたいと言えない

依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況将来のビジョンが見えなくなった彼氏と別れたいという悩み

結婚する将来のビジョンが見えなくなった彼氏と別れたい。という別れ工作の依頼を頂いたY様が別れたいと考えたのはY様への暴言が原因との事でした。
会社を辞めた対象者を陰で支えていたY様への口汚い暴言の数々はY様の心を折らせるのに十分との事でした。
Y様が彼氏から言われた言葉の数々をまとめたメモ用紙を拝見させて頂きましたが、酷い言葉ばかりで、よくここまでの酷い言葉が出せるな…と逆に感心したものばかりでした。
暴力は振るっていないけれど言葉の暴力と呼べるものばかりで、Y様が耐え切れなくなった気持ちも分かり、対象者との別れを決断するんは充分な理由でした。
しかし、弊社にご相談頂く前に対象者に別れ話をしたところ、初めて胸倉を掴まれ、小柄な女性のY様は男性に対して初めて恐怖心を持ったと仰っていました。
対象者はすぐに謝った様でしたが一度恐怖を感じたY様は対象者との未来が見えなくなり、穏便に別れる為に別れさせ屋を探したとの事でした。

弊社にご相談頂いた際ももうあの人とは付き合えないです。という言葉を連呼しており、会社を辞め、生活費その他のお金の負担をY様が賄わなければならなくなり、対象者も胸倉を掴む前は職探しもしていましたが、それも段々としなくなり、対象者を支えなければならない状況にもうんざりして様でした。
対象者は昼に起き、夜は1人でゲームをする日々が続き、怠惰な生活を繰り返し、その皺寄せはY様に降りかかっていたとの事でしたが、いつまたキレるかもしれない。という恐怖があり、分かれb無しを再度切り出せなくなった状態で別れ工作のご依頼を頂く事となりました。

仕事をしない体操者との生活で余計に生活費も掛かり、貯金も後々は切り崩さなければならない事が予想出来、対象者との未来のない生活の為に貯金を切り崩さなければならない未来に不安を感じ、貯金を失う前に別れたいと考えて別れさせ屋を探し、何社か別れさせ屋に相談したところ、弊社に別れ工作のご依頼を頂く事となりました。
別れ工作が得意な担当者と面談を行い、Y様から状況を聞かせて頂き、状況把握をします。
Y様が別れようと伝えて、そのまま別れられればお金をっ変える必要もなく別れられる訳ですし、それこそ別れさせ屋に依頼するお金が勿体なくなるのではないか?という話しも何度かさせて頂きましたが別れたいという決意は強く、別れ工作の方法を提案させて頂く形となりました。

対象者とキレイに別れられればそれで良いとの言葉にY様の口にするキレイとはどういうい事を指すのか?を確認し、Y様の要望を別れ工作に組み込ませて頂きました。
対象者がY様と別れない理由は職を失った事による生活の援助含まれているとY様は考えていたのですが、日常的な対象者とY様の会話から生活の援助だけではなく愛情等も含まれている事を察し、Y様にその旨を伝えますが、Y様は生活の援助だけが目的であると対象者からの愛情は否定的でした。
仕事をしなくても生活を面倒みてくれるY様の存在が便利な為、Y様との交際を続けていると考えるY様は対象者からの愛情が全く見えない状態になっていた事が分かりました。

対象者からの愛情が全く見えなくなっていれば対象者の気持ちも分からなくなり、見えているモノが全く見えない状態になっている事もある為、Y様から頂く情報の信憑性について懐疑的に見なければならなくなる事をお伝えさせて頂きました。
情報の真偽の程を確かめながら別れ工作を進めていく方法をとる契約をさせていただき、着手金のご入金確認後にY様を対象者と別れる別れ工作に着手致しました。
弊社に依頼した事を対象者にバレない様に気を付けて頂き、少しでもY様が疑わない事を心掛ける様に生活して頂く事を約束の前提として進めていきます。

対象者がY様が言っている通りの人物なのか?を確認しつつ調査を進めていくと、日中職探しもせずに家でゴロゴロしているという情報自体が既に間違えており、職安に足を運んで再就職先を探す等、Y様からいただいた対象者の行動は間違いだらけであった事が分かります。
対象者に工作員を接触させる段階に移り、工作員を職安で対象者に接触させると、対象者はY様との結婚を夢見て早く再就職しなければならないと焦っている様子も伺え、愛情面においてもY様から頂いた情報は間違っていた事が分かりました。

対象者の気持ち等が分かってもY様の気持ちが変わる訳でありませんが、方向性を示す際に必要だった為、正しい情報を利用して別れ工作の心理誘導を行う事で合意して頂きました。
対象者に接触した工作員は対象者の再就職でどの様な職種を探しているのか?条件はどんな条件で探しているのか?を聞き出しました。
彼女がいるから彼女を養えるだけの収入があれば仕事はどんな仕事であっても構わないという対象者に仕事を探している最中に求職状態なら彼女の気持ちは離れてしまうのではないか?という話しを切り出すと、既に彼女の気持ちは離れていて、就職できない自分へのいら立ちもあるし、その苛立ちで彼女に暴言を吐いてしまう事から一旦別れて再就職できてからプロポーズしに行こうかと考えている。という言葉を聞き出します。

Y様に対象者が零した話の内容を報告させて頂くと、対象者は外面が良いから言っているだけで本心はそんな事を思ってない。と、あくまでもY様が感じている対象者の印象で見てしまいます。
対象者の考えている再就職したらプロポーズという考えに賛同した工作員は思ってても行動しなければ彼女の気持ちはどんどん離れていくだろうし、それこそ今は先に就職して落ち着くまで頑張ってみてはどうか?という話しを提案します。
最初は言いながらも行動に移さず、行動に移す事を恐れていた対象者もY様の気持ちが対象者から離れていた事に薄々気づいていた様で、今のままではどちらにせよ別れなければならなくなるし、良い機会かもしれない。と考える様に心の変化が訪れて来ました。

工作を進めていく内に対象者からY様に今の2人の事について一度話したいと真剣な表情で話しを切り出されて本心はどう思っているか?をY様に確認後、対象者から一度別れて関係を清算して、再就職をしたらまた連絡を取らせて欲しいと伝えられたとY様から担当者に報告が入りました。
対象者の口から別れの言葉が伝えられ、別れる事は出来ましたが、対象者が再就職してしまえば再度連絡が来る可能性が強く残ってる為、工作員が対象者にY様への連絡をしない様に仕向けていきます。
就職しても2~3ヶ月程度の就職では、またすぐに退社するかもしれないという不安があれば女性は結婚を考えづらいので、少なくとも一年近くは頑張らなければプロポーズをしても受け入れてくれない事を伝えると、対象者は納得し、冷却期間を設ける約束をして下さいました。

対象者がもしも一年後にY様に連絡して来た時に新しい恋人がおらず、対象者から復縁を求められた時は別れ工作のアフターフォローで工作員をY様の恋人として派遣させるので、対象者から復縁を求められた時はすぐにでもご連絡頂く事を約束して別れ工作を終了させた別れ工作の成功事例になります。

旦那の親族からも謝罪され後腐れなく穏便に別れたい

依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 140万円 成功報酬30%
別れたい状況夫との離婚を考えていたけれど離婚に踏み切れず悩んでいた

夫と離婚したい。とご相談頂いた際にH様から何が原因で離婚したいのか?をお伺いさせて頂きました。
H様が離婚したい理由は結婚前と結婚後の夫の対応が全く異なり、交際期間が短かった為、性格の不一致に気付かなかった為、結婚して同居した後に同居生活が苦になり離婚を考えたとの事でした。
元々婚活パーティーで出会ってから結婚に至るまでの期間は一ヶ月程度になり、結婚を意識した出会いの為、お互いの事を良く知らずにトントン拍子で結婚に到ったとの事でした。

夫には離婚を考えている旨を伝えておらず、離婚届を見せたらどうなりそうなのか?を考えた時に、ズルいとは思っても完全に気持ちがなくなった為、どうにかH様の親族も納得出来る離婚の仕方を探して、別れさせ屋の力を借りて離婚する選択肢を選んだとの事でした。
別れさせ屋に依頼して別れる決意をしたものの、対象者が離婚に応じない可能性があり、何かしら離婚出来ない理由があれば離婚出来ずに同居生活が長引く事を恐れたH様は離婚する為に対象者に不利な状況を作り、すぐにでも別れたい!と要望を伝えて下さいました。

離婚したい理由が対象者との性格の不一致だけになる事から、裁判で争っても離婚を認めてもらえない事も考えられ、どうにか離婚出来る理由が欲しいとの事でした。
女性関係、不貞行為があれば離婚出来るかもしれないと考えたH様は別れさせ屋に相談したものの、本当に対象者が不倫に走るのか?という疑問を持っていました。
何社か相談している内に、対象者の行動から不満が塵も積もり、H様の気持ちは完全に冷めきってしまい、少しでも早く離婚出来る方法を求めて弊社と別れ工作ののご契約を交わす事となりました。

結婚に憧れていた2人が結婚をして、理想と現実の違いに気付き、理想と現実の違いから対象者への愛情は皆無になり、婚活で出会った2人の間に元々愛情はなかったのではないか?という夫への愛情すらも疑う様になってしまったとの事で志た。
対象者の嫌な部分が目につき、早々に離婚したいと考える為、幾つか方法を提案させて頂き、H様が考える最短の方法を選んで頂き、契約書を交わして着手金の入金後、速やかに別れ工作に取り掛かる事となりました。

対象者は女性に関して無関心という訳ではありませんが、夜の関係は結婚当初から多くて週に1度程度、セックスレスを主張できる程の婚姻期間を経ておらず、好みの女性のタイプについてH様もあまり存じていませんでした。
対象者と離婚する為にハニートラップを仕掛けるのではなく、対象者との婚姻生活が厳しい事を主張できる情報を求めて調査します。
元々はH様も結婚に前向きだった事もあり、対象者も結婚に向けて身辺を整理していた事もありましたが、H様から事前に頂いていた情報の中でめぼしい点に辺りを付けていた点を重点的に調査し、H様の話しから当たりを付けていた部分を入手しました。
離婚の仕方を間違えれば対象者の両親も離婚を止めに来てしまう可能性もあり、親族が納得出来る理由もなければ離婚に時間が掛かる事が予想出来ていました。
しかし、調査によって判明させた内容は親族も離婚に納得せざるを得ない情報であり、内容は明記出来ませんが、それをネタに工作員を接触させ、離婚工作を開始する事となりました。

工作員が対象者に接触し、調査で得た情報を元に別れ工作を進めていきます。
対象者は別れさせ屋の工作員だと気付いていない為、人間関係を構築しながら結婚生活の楽しさを語る対象者から離婚する時の優位な条件を吹き込みます。
工作員は離婚経験有の工作員を使った為、結婚生活や離婚についての知識を対象者に見せ、対象者に少しづつ離婚についての知識を植えさせていきました。

工作員と対象者の関係が深まり、H様を対象者から紹介され、対象者、工作員、H様の三人で会っている際に調査で調べた情報を暴露し、H様がその事実を初めて知ったかのように装い、離婚話しに発展しました。
判明した内容は親族も何も言えないほどの対象者の問題であり、対象者の問題は婚姻生活を継続させていく事が不可能だという判断になり、親族からも離婚を推し進められ、対象者の親族からも謝罪の言葉をH様が頂き、無事に離婚成立に繋がった別れ工作の成功事例になります。

子供への被害もなくDV彼氏と穏便に別れたい

依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
別れさせたい状況DV被害に遭っている彼衛使徒別れたい

別れたいです…助けて下さい…とご相談の電話を頂いた深夜2時。
対象者と別れたいと小さな声でお話しするH様に『大丈夫ですか?』とお声を掛けさせて頂いた相談員は『仕事の時間でも対象者がいない時間でもいつでも良いんで話せる時間にご相談下さい。きっとお力になれます。』という言葉を伝えて早々に電話を切らせて頂きました。
ご相談を頂いた翌日の昼間にH様から再相談を頂き、H様が何故別れたいのか?別れる為に出てくる問題は何か?をお聞かせ頂きました。

H様が別れられない理由は対象者から暴言や暴力があり、DVによって体に恐怖が染み付いている事や対象者と住んでいる住所の近くが実家という事もあり、逃げられず、別れ話をすれば、『お前を殺して子供も殺して自分も自殺する』と殺人を仄めかした言動も多く、子供達を守る母として恐怖との戦いを強いられていました。
対象者はH様との結婚願望が強く、精神的に幼い事もあり、H様への接し方はH様から聞く限り病的なものをヒアリング時に感じました。
対象者と別れたいという気持ちは少しは残っているモノの、H様に別れたくない気持ち少しでもあれば別れ工作は失敗に終わります。

H様の気持ちに対象者への気持ちがなくなっている事が前提になり、少しでも対象者への気持ちが残っているなら依頼を控えた方が良いという説明しましたが、H様の決意が固かった事もあり、対象者との別れが子供の幸せになる…と信じてご依頼を頂きました。
別れる為の工作方法をH様に幾つか提案させて頂き、提案した方法の中からH様が選んだ方法で契約書を交わす事となりました。
H様が求める要望には対象者が子供への危害を加えない事を一番に希望され、子供への危害がない様に念入に打ち合わせを重ねます。

別れ工作の契約書を交わして着手金の入金確認後に対象者への接触を優先し、接触後はH様と打ち合わせを重ねた方法を進めました。
別れ工作が終盤に差し掛かると問題が1つ発生します。
対象者と別れた後に対象者を住まわせようとしていた居住地が使えなくなり、近隣に頼れる人物もいない事から、別れた後の対象者の住まいについて考えなければならなくなり、H様が別の所に引っ越す事も検討しなければならなくなりました。

H様の奮闘により対象者の住まいが確保出来、対象者の住まいが確保できた為、一旦中断していた別れ工作を進めていきました。
別れてからの住まい確保に若干の時間は掛かっていまいましたが、子供への被害も一切考える必要がなくなり、対象者も快適に1人暮らしができる環境に満足した別れ工作の成功事例になります。

別れるなら300万払えと脅されたので穏便に別れたい

依頼者の名前、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金1ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
別れさせたい状況付き合っている時のデート代等も請求してくる彼氏と別れたい

常に束縛状態の彼氏と別れたいと口にする度に交際期間中のデート費用を返せと脅され、その額300万円を請求される為、別れたいけど別れられない状態が続いていました。

交際期間中のデート費用に関して言えば、出してもらっていたとはいえ、借りたお金ではありません。稀に復縁を迫る方の中にもデート費用を請求する方もいますが、返済する必要のないお金なのでM様も返済する気はないと対象者に伝えたとの事でした。

デート費用を返済しない事と別れを切り出したM様が対象者から更に束縛され、別れたいけど別れられないある種軟禁状態に近い形となり、途方に暮れていたM様が別れさせ屋を探し、弊社へご相談頂いた形となりました。

対象者が別れたくない理由は35年の人生で初めての彼女がM様だった事でもあり、初めての彼女という想いから結婚などを考え、M様と別れたら一生独身かもしれないという恐怖からくるものだとM様は予測します。

M様の考えが合っているかどうかは分からない為、調査しつつ工作を仕掛ける形を取り、M様への固執が本当かどうかを確かめました。

しかし、対象者に接触するとM様への執着は初めての彼女だからという訳ではなく、M様は何度も浮気を繰り返し、時間もルーズで約束を守らない等、人として問題がある部分を変えてあげたいという想いから執着している事が判明しました。

対象者の話しを確認する為にM様と打ち合わせをさせて頂きましたが、対象者の話しに嘘偽りはなく、M様が時間や約束にルーズで金銭的にだらしない部分もあり、問題を抱えている事をお話し頂けました。

M様の予測は外れていた為、工作の方法の修正を加えながら別れさせ工作を勧めていきます。方法としては対象者がM様を変えてあげようとすればするほど反発するのではないか?という事と、過保護過ぎればM様が更にダメになる事を心理誘導していきます。

対象者も関与しないで済むなら関与しないで済ましたいけど、M様の両親との約束等があり、M様との別れに進めなかったとの事でした。

対象者がM様に対する執着している部分も分かり、対象者が自らM様の元を去る事を考えた時に、金銭的なM様との約束を工作員にも話し、別れても良いけどお金を返して欲しいとの話しを聞き出します。

デート費用に関しては返済義務のないものであり、デート費用を請求するのはお門違いである事を伝えると、対象者はデート代を返してもらいたいのではなく、新居に引っ越す為や結婚した時の為の貯金をしていたお金を返してもらいたいという旨を話して来ます。

新居の引っ越し代や貯金をM様が預かっていたのなら返さなければならないお金ですし、そのお金に関してM様と打ち合わせをするとM様はお金を使いこんでしまい持っていないと言いだします。

さすがに預かっているお金は返さなければなりませんから、返済に充てるお金を準備して頂く様に話します。対象者にはお金を使い込む様なM様とのお付き合いは人生の時間を台無しにしてしまう為、早急に別れた方が良いという方向で誘導し、対象者が別れに踏み切ります。

対象者からM様と別れたという話しを聞き、他に良い女性がいるから早く縁が切れて良かったという話しをし、お祝いに夜のお店に工作員と行く事になり、別れ工作が成功しました。

3年間DVされ続けた彼氏と別れたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 32歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れたい状況DV彼氏からとにかく逃げ出したい

S様は3年付き合っていた彼氏からDVを受ける日常を過ごしていましたが、暴力を奮われる事に慣れてしまい何をされるか分からない恐怖から別れを告げる事が出来ませんでした。

帰宅すれば、いつ彼氏がキレるか分からない状態に怯え、心身共に疲れ切っていたS様は仕事も手につかずゴールの見えないトンネルをひたすら歩き続けている気持ちに陥っていたとの事でした。

初めてDVをされたデコピンの様な冗談混じりに接していた事が原因になり、当初は何も気にしていなかったものが徐々にエスカレートしていき、殴られる事や蹴られる事、物に当り散らして部屋がメチャクチャになる事等、エスカレートしたDVが止まる事はありませんでした。

DVがエスカレートしていくにつれて体の痣も増え、弊社にご相談頂く直前には首を絞められる状態にまで進行し、いつ命のを落としてしまうか分からない状態に陥ってしまいました。

身の危険を感じたものの、逃げれば何をされるか分からない恐怖と職場を知られている為、職場への迷惑を考えたS様は我慢を続けていましたが、解決の見通しが立たない状態に苦しみ、別れ工作のご依頼を検討し、弊社を頼って頂けました。

弊社カウンセリングルームでご相談頂いている最中もDV彼氏からの連絡は止まらず、時間の束縛をされるS様の苦しむ姿を担当者は目の当たりにします。

別れ工作の提案をするにも15分毎に連絡が入り、方法を提案するにも常に説明が途切れ途切れになってしまう為、2時間の面談の最中に10回ほどDV彼氏から連絡が入り、面談を中断して一旦帰宅して頂きました。
日を改めて面談の続きをした際にS様の痣は増え、再度面談した時には涙ながらに助けて欲しいと訴えかけます。

方法については弊社に任せて頂く形を取り、早々に契約書を交わし、命の危険もある事から別れ工作を実行に移す事になりました。

DVをする男性は基本的に心が弱く、肉体的に弱い女性にしか暴力を振るう事が出来ません。

S様の彼氏(対象者)もS様から聞いていた話しでは他のDV彼氏と同様であり、弱い立場の女性にしか暴力を振るえない事が事前に分かっていましたが対象者の言い分を聞き出し、対象者が行っている事は犯罪である認識があるかどうかの確認を事前に済ませます。

対象者に接触し、DVは逮捕される事もあり、傷害罪で起訴される事も当然あります。

傷害罪の罰則は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金(刑法204条)になり、とても重い罪になる事を知らないDV加害者は多い為、この情報を対象者に吹き込みます。

対象者に傷害の罰則の情報を与え、近隣に知られた際も通報される事等、他人のケースで実際に逮捕されて刑務所に入ったケースをそれとなく伝える事に成功させました。

第一段階が成功した後は、対象者が依頼者に対して訴えを起こさない様にプレッシャーを掛けて来る事が想定できますので、事前に依頼者にプレッシャーを掛けられたとしても『訴えを起こしたりはしない』と言わせる様にアドバイスをしておきます。

依頼者の言葉を信じられない対象者は常に依頼者にプレッシャーを掛けますが、工作員がプレッシャーを掛ける対象者に別のプレッシャーを掛け、対象者を動揺させます。

DVを行う者は気が弱く、自分への被害に対して過剰に反応する為、プレッシャーに耐えられなくなると逃げる癖があります。

対象者の弱い心を利用した方法を提案していた為、対象者は依頼者との縁について悩み抜き、そこで事前に提案させて頂こうとしながら対象者の執拗な連絡によって説明出来なかった方法を用いて対象者が完全に依頼者との縁を切る様に検討し始めます。

その後も工作員からのプレッシャーは止めず、対象者の味方を装って別れる様に誘導していったところ、プレッシャーに負けて別れる事になった別れ工作の成功事例になります。

命の危険を感じる程にDVされ続けた彼氏と別れたい

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 アルバイト 26歳 東京
契約期間と料金1ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
別れたい状況命の危険を感じたDV彼氏との交際をやめたい

Y様は日常的にDV被害に合っており、暴力を奮われない日はない程だったとの事でした。

身の危険を感じて別れさせ屋に相談したかったけど、別れさせ屋に依頼した事がDV彼氏にバレてしまった時の恐怖からなかなか相談出来ず、依頼を見合わせていたとの事でした。

しかし、DV被害は収まらず限界を超えてしまった為、意を決して弊社に相談頂き、DV彼氏との別れ工作の契約を交わす事となりました。

DV後は『お前(Y様)が悪いから暴力を振わなければならなかった。お前(Y様)が余計な事をしなければ暴力を振わないで済むんだ。』と、洗脳されていた為、ご相談時も『私が悪いんです…』と常に口にしていたY様に正常な日常生活を取り戻せる様にご協力させて頂く形となりました。

契約書を交わして着手金の確認後、早急に対象者に接触する方法をご提案し、工作員が対象者を連れ出す事で、DV被害を軽減させる事から始めます。

対象者は家族やY様にはDVを行っても、外出先では外面も良く社交的で、Y様と一緒にいても外出先では絶対にDVがなかったとの事で、対象者に工作員が接触して関係を構築すると女性の扱いに対する会話がお酒交じりで進みます。

工作員と男同士の会話を楽しむ対象者から過去にお付き合いして来た女性についての話しが出て、『自分は亭主関白で彼女には強気で接するから、今迄の彼女にも今の彼女(Y様)同様の接し方をして来た為、彼女が逃げ出していった』という話しを聞き出します。

過去に交際して来た女性に対して悪びれた様子もなく、『逃げるなら追わないけど、逃げる前にトコトンやってやる!』という強気な発言が出て来ます。

唯一対象者から逃げなかった過去の彼女は対象者が付き合う事に飽きたので別れを切り出した事だけで、別れたいと思ったのは逃げ出さなかった彼女のみという話しも聞き出す事に成功しました。

対象者を持ち上げる事でY様との交際を飽きさせれば対象者が『別れたい』と言うのが判明し、対象者を連れ回して、Y様への感情を冷めさせる方法を提案しました。

Y様の許可を得て遊びに連れ回し、男性同士の遊び方を満喫する対象者からY様への暴力が格段に減ります。

連れ回しの効果が功を奏し、Y様の事を『最近つまらないんだ…アイツ』と工作員に零し、対象者の気持ちの変化をY様も感じます。

『Y様の顔も見たくない』という心情の変化を心理誘導を行った結果引き出す事に成功し『お前つまらないから別れよう』と工作員の前で別れを告げます。

別れ方に対してY様は『最後まで自分勝手なあんな奴死んで欲しい!』と仰っていましたが、大きな事件に発展する事なく無事にDV彼氏との別れを果たす事が出来た別れ工作の成功事例になります。

不倫相手から家族にバラすと脅されたので別れたい

依頼者の名前、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況不倫した相手から脅されていて別れたい!

M様が不倫した対象者に別れを告げたものの、別れを受け入れてくれず別れるならM様の家庭に全てをバラすと脅されます。
家庭を大切にしたいM様は不倫した事を悔い、家族に迷惑を掛けない様に別れたいと思い、別れさせ屋を探したとの事でした。
何度か対象者の気を静める為に離婚するから待って欲しい事を伝えますが、それが仇となり、今度は離婚を迫る様になった対象者との縁を切りたくて弊社に辿り着いたとの事でした。

別れたいけど別れられない状況にM様は怯え、対象者との別れを進めたいけど進められない今の状況に不安を残す日々を送ります。
不安がある状況でいつ家族へ何かされるかもしれないという状況を面談時に伝えて下さり、対象者から脅迫じみた言葉を伝えられる事等、様々な言葉をこぼし、どうすれば良いんだろうという不安な言葉を担当者は耳にし、辛い気持ちが担当者にも伝わり、不倫したM様は悪いけれど、だからといってそこまでされるのか?という疑問を感じました。

離婚を迫られる為、着手にスグ当たって欲しいとの要望をいただき、ご契約後スグに着手に応じる形となりました。
M様から対象者の情報をお聞かせ頂くと早急に頂いた情報をまとめて調査に着手出来る形を取り、着手後3時間後には対象者の元へ調査員を派遣する形となりました。
M様には家庭を大切にして頂く為の行動を取って頂き、対象者の事は弊社にお任せ頂き、家族を守り、一度の過ちが原因でお子様を不安にさせる事は避けて欲しい旨を伝えます。

対象者からひっきりなしに連絡が来る状況で、いつ家族にバラされるかもしれないという不安は面談中に対応した担当者も感じた事であり、不安を感じるM様には不自然な行動は避ける様に指示させて頂きました。
対象者への接触を早めて工作員を対象者に接触させると対象者は常に誰かにlineを送り、その相手がM様という事を知っている工作員はスマホへ集中している対象者を会話に集中させる様に仕向けます。
対象者が工作員と会話している時はM様へのlineが減り、M様も安心して家族サービスを行う事が出来ます。

家族サービスをしているM様を妨害する事を忘れて工作員との会話が進み、人間関係の構築は早い段階で済みました。
しかし、工作員と会っていない時間はM様へのlineは止まらず、1日~2日で別れる事は難しい事を知っていたM様でしたが、精神的に追い詰められ、なんとか早い段階で別れたいと担当者に懇願します。
別れたい事を直接言えば家族に何かしらの行動をされては困る為、M様からは対象者との会話もノラリクラリと交わして頂きながら工作を進めていくと、対象者が何故M様に固執するのか?という原因が分かります。

工作員との会話を進めていき、M様が固執していた理由も判明した為、固執した理由に沿って心理誘導を行っていきます。
心理誘導を進めていくと少しづつですが対象者からM様に送られるlineの数も減っていき、少しづつM様は離婚する気がなく、対象者と別れるつもりなのではないか?と不安を感じ、2日ほど対象者からM様にlineを頻繁に送る日が続きましたが、その後はパッタリとlineが止まり、工作員が状況伺いをしてみると虚しくなった事を告げられました。

虚しいけれど、引くに引けなくなった対象者はM様に何かをしたいけど家族を壊す事は一度は愛した人の子共を悲しませてしまう為したくないと口にし、顔を殴ってスッキリしたいとも口にします。
M様の顔を叩く事で別れる方向に進んだ対象者を煽り、M様の顔を叩く為に工作員も同行する旨を伝えて、M様と対象者が接触する日を対象者と打ち合わせします。
対象者の考えをM様に伝えると、対象者から思いがけない言葉が返ってきます。
別れる事を望んだM様から、殴られたくないという言葉が連呼され、担当者は殴られる事で別れられる様になったのだから顔を叩かれる事で対象者をスッキリさせて別れようと説得します。

殴られる事に最後まで抵抗していたM様も担当者の説得により、対象者と会う決意をし、別れる為に殴られる為の再会の場を設ける事となりました。
しかし、予想に反して対象者はM様と再会しても顔を叩くどころか暴言を吐く事もせず、スッキリした顔でお互いに言葉を交わします。
M様の煮え切らない態度が対象者の気持ちを冷めさせ、どっちつかずの考えに気持ちが完全に冷めた為、M様と再会して顔を見た途端にどうでもよくなったと再会した後に工作員にこぼしました。対象者が完全に興ざめする形を取り、別れ工作は無事に成功した案件でしたが、M様は少し情けないな…と担当者が感じた案件でもありました。

3年間付き纏われていたストーカーへ別れ工作が成功した事例

依頼者の名前、住まいの地域T様 千葉
契約期間と料金2ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況3年付き纏ったストーカーとの別れたい

ストーカー被害に遭ったT様は会社、友人、家族、警察に相談したものの解決に到らず、相談後にも執拗にストーカー被害に遭っていたとの事でした。
初めてストーカー被害を疑い出したのは3年前になり、3年前は気のせいじゃないかと思っていたものの、次第にストーカー被害はエスカレートしていき、周囲の方々に相談したものの周囲の方々からは妄想癖の様に捉えられてしまい、友人や職場での信用を失っていきます。
別れさせ屋に依頼しようと思ったのは、ストーカーへの恐怖が止まらなくなり、ストーカーから何をされるか分からないという恐怖から外出自体が怖くなり、生活への支障を来すからとの事でした。

ストーカー被害の内容を聞いているとT様が外出したくなくなる理由もよく分かり、話しを聞いているとよく3年間も我慢できたな…という印象でした。
T様との面談時もストーカーが近くに来ていないかを警戒しながら歩き、弊社の面談室に入る所を見られれば余計にストーカーの感情を逆なでるかもしれない…という不安から面談はT様が指定した場所での面談を行う事になりました。

面談中のT様は常に人に怯えている状態で、周りに味方が誰にもいなくなった状態で心労を重ねている姿が分かりました。
疲れ切った表情のT様と面談で5時間ほど話しをし、別れさせ工作の契約を交わしましたが、T様の要望はどんな形でも良いから日常生活を送れる様になりたいとの事で、どれだけT様が悩みを抱えていたかを共有する形で契約書を交わした後も会話が続きました。

方法については一任して頂きましたが、本当のストーカーの恐怖を知っている為、簡単にストーカーを諦めさせるのは難しい事もT様は知っていて、本当にストーカーから逃れる事が出来るのかを何度も確認していました。
ストーカー撃退に効果的な方法を提案させて頂き、ストーカーがT様から離れる事を確証したものの、実際にストーカー被害に遭っているT様にしてみれば不安は拭いきれない為、安心して頂く為に出勤時、退勤時に工作員を同行させる事も提案させて頂きました。

T様から聞いた情報を元にストーカーの特定を急ぎ、誰がストーカーをしているかを特定した後はストーカーに接触します。
ストーカーに接触した後はT様のどこに惹かれてストーカーを繰り返しているのかを聞き出す作業を進めていきますが、当然ストーカーはT様にストーキングをしているとは答えません。
ストーカーからT様の存在を聞き出すには少し時間が掛かり、好きな人がいるという言葉を聞きだし、T様の魅力について語りはじめました。

ストーカーがT様に対する想いを語りはじめ、報われない恋だという事に気付いていたものの、報われないから自分の存在をアピールする為にストーキングを繰り返している事に罪悪感もなく、このままでは更に嫌われる事になると指摘します。
ストーカーの恋を協力する方向でストーカーと話し合った結果、進めていく事になりますが、T様には事前にストーカーの懐に入る為の我慢をお願いします。
嫌われない様にする為の行動をストーカーに伝えながら、相手(T様)がどんなに迷惑だと感じているかを指摘すると少しづつストーカーは自分がしている事の間違いに気付いていきます。
ストーカーに自分の行動の失敗を考えさせるとストーカー行為自体を考えさせ、取り返しのつかない行動をした事に気付きます。

取り返しのつかない行動からストーカーの抱える恋心が絶対に花咲く事はないと気付き、ストーカーから次の恋に進む決意を聞き、他の異性との接触を持たせる事になりました。
別の異性に関心を持ったT様が恋愛心を持てるようになり、恋愛心を丁寧に育てる事でT様への執拗なストーキングは収まっていき、T様への執着心がなくなったストーカーの別れさせ工作は無事に成功しました。

対象者とゲームセンターで接触して依頼者との別れを進めた別れ工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況恋人以外に好きな人が出来てしまって悩んでる

交際している彼とは別に好きな人が出来てしまったS様は彼に別れたいと伝える事が出来ず3ヶ月経過していた状態で別れさせ工作のお問い合わせをいただきました。
交際中の彼に好きな人が出来たと言えば好きな人を威圧する事や傷害事件に発展する恐れがあり、好きな人との関係が終わる可能性が予想されたとの事でした。

好きな人には交際している男性がいる事は知られておらず、別れたいと切り出して彼が好きな人の所に行ったらと考えると不安があり、別れを切り出せないとの事でした。
別れたいと言えないまま時間が過ぎ、交際している彼からはS様との結婚話まで出る様になり、好きな人への気持ちを隠しきれなくなり、別れさせ屋への依頼を検討する事になったとの事でした。

対象者と別れる為にS様が弊社にご依頼頂くまでにS様も遠回しに何度も別れたいと伝えたようですが、対象者はS様の言葉を冗談だと捉え、一度真剣に別れたいと伝えたものの『俺を裏切るのか?冗談は二度と言うな』と脅されてしまい、S様は別れたいと伝えられなくなったとの事でした。
対象者と別れられず、二股に近い状態を隠し通せる訳ではない事をS様も分かっていたものの、どうにも出来ない状況のまま別れさせ屋に頼らざるを得ない状況になってしまったとの事でした。

対象者の情報を聞く事や、S様が対象者に対して別れ話を持ち掛けた状況を伺う等、面談で詳細をヒアリングさせて頂く時間は5時間程度掛かりました。
面談中は対象者とのデートの思い出や新しい彼への想い等、プロファイリングする為の情報を細かく頂きました。
対象者がS様に対する想いは好きという愛情のみと判断し、S様への愛情が薄まらなければ別れられそうになく、S様の要望は叶わない事が分かります。
S様のどこに惹かれて別れ話を受け入れないのか?を対象者に接触して聞き出す事から始めました。

対象者の調査を行うと、無趣味、交友関係無しという事が分かり、対象者には守るべきものが何もない状態なのでS様に固執して関係を切らないであろう事が判明します。
面談で趣味がない事や交友関係が薄い事は伺っていましたが、交友関係が薄いというよりも会社の方々ともほとんど話しをせず、1人で黙々と作業をして職場でも同僚と話す姿はほとんど見かけられませんでした。

対象者は誇れるモノがなく、何もないからこそS様への固執が強い事が分かります。
S様への固執の表れは対象者の虚無心を埋める為でもあるので、対象者にS様以外の興味を与え、S様への執着ちを解く方法で工作員を接触させる事になります。
対象者への接触は良く行くお店で行う事となり、会社帰りに1人で遊ぶという情報を頂いていた為、ゲームセンターで遊ぶ対象者にゲームを口実にして接触する方法になりました。

コインの競馬ゲームをしていた為、接触もし易く、無下にされる事もなく順調に接触は成功しました。
競馬ゲームについての質問を重ねながらメダルをプレゼントし、育成方法などを質問しながら人間関係を築き上げていきます。
工作員と対象者の関係も深まった頃にS様と打ち合わせしていた方法を進めていき、対象者の心理状態をS様から切り離す様に誘導していきます。

S様との交際は対象者にしてみれば社会との繋がりを感じさせるものであり、唯一ワガママを言える相手であった為、S様への固執はとても強かったのですが、工作員との関係を作る事で少しづつS様への執着が減少している事が目に見えて分かりました。
対象者の気持ちがS様から工作員に傾いている事を実感した工作員の話しを担当者からS様にすると、S様も対象者の変化に気付いていた様で、S様への執着も減っていた報告をS様から頂きました。

工作員との関係が築かれ、S様への執着が完全に薄れていったところでS様との関係について工作員が聞きだし、最近彼女と上手くいってない事を口にし、彼女の必要性について工作員と意気投合した対象者から彼女は不要という話しを聞き出し、彼女との別れについて進み出しました。
彼女との別れに進んだ対象者に完全に別れる様に仕向ける工作員が心理誘導を進めていきましたが、コインゲームの方をして工作員と遊ぶ方が楽しいと何度も聞かされ、工作員が何かをしなくても別れに向かっている事が分かります。
ゲームをしていると彼女がうるさい事を言うと対象者から言われたので、そんなにめんどくさい彼女なら別れちゃえば?という一言を伝えると、対象者はスマホを取りだし、その場で別れようというlineを送り、笑いながら工作員に見せて来ました。

最後は対象者からS様に別れのlineを送り、別れを告げ、S様の別れたいが成功した別れ工作の成功事例になります。

入念な下準備が功を奏したDV彼氏に向けた別れ工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域R様 埼玉
契約期間と料金2ヶ月の契約 90万円 成功報酬20%
別れたい状況DVの恐怖から逃げ出したい

交際が2年続き、2年の内、同棲1年の彼氏と別れたいとご相談頂いたR様。

彼氏い別れ話をすると暴力を振るわれ、片親で育ったR様は心配かけたくないと身内に相談する事が出来なかったとの事でした。

親に心配を掛けたくないと我慢に我慢を重ねていたものの暴力はエスカレートしていき、家に帰ろうとすると動悸が激しくなっていた程に悩んでいたとの事でした。

とにかく穏便に別れたいと考えて別れさせ屋に相談するものの他社から提案された方法は彼氏に異性の工作員を接触させる方法ばかりで提案された方法を真に受ける事が出来なかったR様は別れさせ屋への依頼に踏み込めなかったと仰っていました。

弊社にご相談頂いた際も『異性の工作員を接触させるのでしょうか?』という相談内容になり、ハニートラップを仕掛けて別れ工作が上手くいくケースはほとんどない為、別の方法になると思いますといった返答をさせて頂くと興味を示してくださり面談させて頂く運びとなりました。

R様との面談で話しを聞かせて頂くとハニートラップに引っ掛からないであろう情報もいただけた為、他社で何故ハニートラップを提案されたのか分からない事をR様との面談時に話させて頂きましたがR様も同意して下さり、弊社が提案させて頂いた方法にご納得頂き、別れさせ工作の契約を結ぶ形となりました。

同棲していた家の問題があり、家から彼氏を追い出し、完全に別れ工作が成功したとしても今までに積み重ねられてきた暴力のPTSDが残っている為、いつまた自宅に来られるか分からない不安があるとの事で先に次の住居を探す事となりました。

別れ工作の提案をさせて頂いた後にR様と別れた後の段取りを進めていく為、フリーメールや電話を使って打ち合わせを進めていき、対象者にスマホを確認されても問題のない形で別れ工作の打ち合わせを勧めていきました。

R様の案件の場合、同棲してた事から調査は不要になり、調査以外の事前準備が求められていたので事前準備を推し進めていきました。

同棲中の対象者に別れ工作を行う際に事前調査を勧める別れさせ屋は非常に多いのですが何を調査するのか理解が出来ない事をR様にもお伝えさせて頂きましたがR様曰く他社はハニートラップをする為に対象者を調査すると説明されたとの事でした。

調査をして結局接触せずに別れ工作が失敗するパターンだと説明するとR様から『調査については細かく説明されたけど工作についてはほとんど説明されませんでした。』と返答が来ます。

依頼前から『他社に依頼しなくてよかったです。』と繰り返していたR様ですが対象者と別れる準備が整い、工作員を接触させる運びの際にR様は同行して下さいましたが工作員が別れ工作を進めている間も少し離れたところで待機していた際も繰り返し『御社に任せって良かったです。』と仰っていました。

R様が別れ工作に同行して離れたところにいた間に工作員と対象者のやり取りは行われ、R様と担当者が雑談している間に対象者からR様に連絡が入り、『お前と別れたいから家から荷物を持って出て行って欲しい。』と電話口で言われて別れ工作が上手くいった実感をR様にはして頂けました。

工作が想定していた通りに進み、安堵したのかR様の手はずっと震えていましたが入念な下準備を行い、R様が気付いた時には別れに進んでいた別れ工作の成功事例になります。

別れ工作が成功した後に対象者がR様を探す可能性について質問されましたが、工作員が対象者とのやり取りの間に録音していた音声をR様にその場で聞いていただき、R様やR様のご家族に迷惑が掛からない事を確認して頂き、DV被害でずっと悩みを抱えていたR様の別れ工作は無事にR様の要望通りに進んだ案件でした。

新しい住居を探す為に時間が想定以上に掛かってしまった別れ工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域K様 東京
契約期間と料金5ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況彼氏と別れたいけど別れられずに悩んでいた

別れたいです。助けて下さい。とご相談の電話を頂いた深夜2時。
彼氏と別れたいと小さな声でお話しするK様に大丈夫ですか?とお声を掛けさせて頂いた相談員はK様に仕事の時間でも彼がいない時間でもいつでも良いんで話せる時間にご相談下さい。とお伝えさせて頂きました。
K様から相談頂いた翌日に再相談を頂き、K様が苦しんでいる事情についてお伺いさせて頂きました。
何故別れたいのか?別れる為に出てくる障害は何なのか?について相談時に聞かせていただきました。

K様が別れられない理由は暴言や暴力が重なり、DV被害で体に恐怖が染み付いている事や住んでいる近所が実家という事もあり、対象者から逃げ出せない事が理由になり、お前を殺して子供も殺して自分も自殺する。と脅迫される日々から逃げ出したいとずっと悩んでいた様でした。
K様には2人の連れ子がいた為、子供の身を守る為にも、逃げたくても逃げられない状況に板挟みになり、頭を抱える状況になったとの事でした。

対象者はK様と結婚するつもりでおり、K様は結婚を回避し、別れて対象者とは関わりの無い人生を望んでいる為、K様の望みは自分では叶えづらい事があり、別れさせ屋に依頼する以外に方法が思い付かなかったとの事でした。
対象者と別れたいと仰っていても、土壇場で別れたくない。とK様が感じてしまえば別れ工作は失敗する為、シツコク何度も気持ちの確認をさせて頂きながら別れ工作の提案をさせて頂きました。
K様の気持ちを確認させて頂くと、対象者との縁を完全に切りたい事が分かり、途中で気持ちの変化もないであろう事が分かり、別れ工作を進める段取りを進めていきました。

別れる為に行う別れ工作の方法をK様に幾つか提案させて頂き、提案させて頂いた方法の中から選んで頂いた方法をK様と煮詰めていきました。
K様が対象者と別れる為に求める要望は子供への危害を加えない事を一番に希望し、子供への危険がない様に子供の安全を第一にした別れ工作を進めていく事となりました.
別れ工作の依頼を頂き、情報量の豊富さから対象者への接触を優先し、接触後はK様と打ち合わせを重ねた方法で対象者との別れに向けて進めていきます。

別れ工作が終盤に差し掛かると問題が1つ発生します。
K様と別れた後は対象者には住まいがなく、近隣に頼れる人物もいない事から、別れた後の対象者の住まいをどうするか?それともK様がどこかに引っ越すか?という問題が発生しました。
対象者の住居を確保する様に工作を進めていき、K様が対象者と別れる為の住居を確保する時間が掛かってしまいました。
対象者が住居を確保するまでの間、別れ工作は進められず、一人暮らしをするまでの期間は工作をストップしなければならない事態になり、別れる事は出来たけれどK様の要望の1つである、早急な別れを叶える事が出来なかった別れ工作の成功事例になります。

女性経験が少ない事を利用した別れ工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 会社員 28歳 大阪
契約期間と料金1ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
別れたい状況身内に迷惑を掛けられないので別れたいけど別れられない

交際2年、同棲1年のDV彼氏と別れたいけれど別れ話は受け入れてもらえず、両親は死別、家族は祖父母しかいない状況で祖父母を頼って何かのトラブルに巻き込んでしまったら…と考えてしまい別れるに別れられない状況にR様は陥っていました。

とにかく穏便に別れたい、警察沙汰にして祖父母を心配させたくない。というR様からのご相談を頂き、別れ工作の方法を提案させて頂き、別れ工作のご依頼を承る事となりました。

対象者は研究職で、R様との出会いは婚活サイトで出会い、対象者の実家の住所等の詳細は交際歴の割にはご存知ではなく、R様は対象者の親族に会った事もなくR様の家族にも無関心でした。

R様以外の女性と交際した人数は5人と言ってましたが、真偽の程は分からずR様のお話しを聞いている限りですと女性経験の少なさが露呈している様にも見えました。

調査の段階で残業とR様に嘘を吐き、対象者がパチンコをしている事が発覚し、常に負けてばかりいた事を確認します。

給料はR様に伝えいてる額よりも多くもらっており、パチンコで結構な金額を遣っている事も判明します。

パチンコ屋で工作員が対象者に接触し、顔見知りになる形で人間関係を築き、パチンコをしながら盛り上がった2人は夜の街に溶け込みます。

『パチンコにお金を遣うよりも楽しい』と、工作員と遊ぶ事にお金を遣う方が楽しい事を覚えさせました。

対象者から話しを聞き出すと対象者はR様と付き合うまで素人童貞だった事が判明し、コンプレックスを女性に対して持っていた事が判明します。

女性へのコンプレックスを解消させてR様への固執を取り除き、キャバクラ等に出向く事が楽しい事に対象者は気付きます。

工作員とR様、対象者の3人で会う機会を設けた時には対象者が『あんな地味で年増の女と付き合う意味ないですね』と対象者の口から出るほどに夜の街の楽しさを覚えてしまい、キャバクラで会った女性に好意を抱き、口説き始めます。

キャバ嬢に貢ぎながらもアフターを繰り返し、キャバ嬢を口説けた事で自信を持った対象者はR様との別れを考え始めます。

女性経験の少なさが男性をカモにするキャバ嬢にカモにされながら完全にR様との別れを決断した別れ工作の成功事例になります。