恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れさせたい状況将来のビジョンが見えなくなった彼氏と別れたいという悩み

結婚する将来のビジョンが見えなくなった彼氏と別れたい。という別れ工作の依頼を頂いたY様が別れたいと考えたのはY様への暴言が原因との事でした。
会社を辞めた対象者を陰で支えていたY様への口汚い暴言の数々はY様の心を折らせるのに十分との事でした。
Y様が彼氏から言われた言葉の数々をまとめたメモ用紙を拝見させて頂きましたが、酷い言葉ばかりで、よくここまでの酷い言葉が出せるな…と逆に感心したものばかりでした。
暴力は振るっていないけれど言葉の暴力と呼べるものばかりで、Y様が耐え切れなくなった気持ちも分かり、対象者との別れを決断するんは充分な理由でした。
しかし、弊社にご相談頂く前に対象者に別れ話をしたところ、初めて胸倉を掴まれ、小柄な女性のY様は男性に対して初めて恐怖心を持ったと仰っていました。
対象者はすぐに謝った様でしたが一度恐怖を感じたY様は対象者との未来が見えなくなり、穏便に別れる為に別れさせ屋を探したとの事でした。

弊社にご相談頂いた際ももうあの人とは付き合えないです。という言葉を連呼しており、会社を辞め、生活費その他のお金の負担をY様が賄わなければならなくなり、対象者も胸倉を掴む前は職探しもしていましたが、それも段々としなくなり、対象者を支えなければならない状況にもうんざりして様でした。
対象者は昼に起き、夜は1人でゲームをする日々が続き、怠惰な生活を繰り返し、その皺寄せはY様に降りかかっていたとの事でしたが、いつまたキレるかもしれない。という恐怖があり、分かれb無しを再度切り出せなくなった状態で別れ工作のご依頼を頂く事となりました。

仕事をしない体操者との生活で余計に生活費も掛かり、貯金も後々は切り崩さなければならない事が予想出来、対象者との未来のない生活の為に貯金を切り崩さなければならない未来に不安を感じ、貯金を失う前に別れたいと考えて別れさせ屋を探し、何社か別れさせ屋に相談したところ、弊社に別れ工作のご依頼を頂く事となりました。
別れ工作が得意な担当者と面談を行い、Y様から状況を聞かせて頂き、状況把握をします。
Y様が別れようと伝えて、そのまま別れられればお金をっ変える必要もなく別れられる訳ですし、それこそ別れさせ屋に依頼するお金が勿体なくなるのではないか?という話しも何度かさせて頂きましたが別れたいという決意は強く、別れ工作の方法を提案させて頂く形となりました。

対象者とキレイに別れられればそれで良いとの言葉にY様の口にするキレイとはどういうい事を指すのか?を確認し、Y様の要望を別れ工作に組み込ませて頂きました。
対象者がY様と別れない理由は職を失った事による生活の援助含まれているとY様は考えていたのですが、日常的な対象者とY様の会話から生活の援助だけではなく愛情等も含まれている事を察し、Y様にその旨を伝えますが、Y様は生活の援助だけが目的であると対象者からの愛情は否定的でした。
仕事をしなくても生活を面倒みてくれるY様の存在が便利な為、Y様との交際を続けていると考えるY様は対象者からの愛情が全く見えない状態になっていた事が分かりました。

対象者からの愛情が全く見えなくなっていれば対象者の気持ちも分からなくなり、見えているモノが全く見えない状態になっている事もある為、Y様から頂く情報の信憑性について懐疑的に見なければならなくなる事をお伝えさせて頂きました。
情報の真偽の程を確かめながら別れ工作を進めていく方法をとる契約をさせていただき、着手金のご入金確認後にY様を対象者と別れる別れ工作に着手致しました。
弊社に依頼した事を対象者にバレない様に気を付けて頂き、少しでもY様が疑わない事を心掛ける様に生活して頂く事を約束の前提として進めていきます。

対象者がY様が言っている通りの人物なのか?を確認しつつ調査を進めていくと、日中職探しもせずに家でゴロゴロしているという情報自体が既に間違えており、職安に足を運んで再就職先を探す等、Y様からいただいた対象者の行動は間違いだらけであった事が分かります。
対象者に工作員を接触させる段階に移り、工作員を職安で対象者に接触させると、対象者はY様との結婚を夢見て早く再就職しなければならないと焦っている様子も伺え、愛情面においてもY様から頂いた情報は間違っていた事が分かりました。

対象者の気持ち等が分かってもY様の気持ちが変わる訳でありませんが、方向性を示す際に必要だった為、正しい情報を利用して別れ工作の心理誘導を行う事で合意して頂きました。
対象者に接触した工作員は対象者の再就職でどの様な職種を探しているのか?条件はどんな条件で探しているのか?を聞き出しました。
彼女がいるから彼女を養えるだけの収入があれば仕事はどんな仕事であっても構わないという対象者に仕事を探している最中に求職状態なら彼女の気持ちは離れてしまうのではないか?という話しを切り出すと、既に彼女の気持ちは離れていて、就職できない自分へのいら立ちもあるし、その苛立ちで彼女に暴言を吐いてしまう事から一旦別れて再就職できてからプロポーズしに行こうかと考えている。という言葉を聞き出します。

Y様に対象者が零した話の内容を報告させて頂くと、対象者は外面が良いから言っているだけで本心はそんな事を思ってない。と、あくまでもY様が感じている対象者の印象で見てしまいます。
対象者の考えている再就職したらプロポーズという考えに賛同した工作員は思ってても行動しなければ彼女の気持ちはどんどん離れていくだろうし、それこそ今は先に就職して落ち着くまで頑張ってみてはどうか?という話しを提案します。
最初は言いながらも行動に移さず、行動に移す事を恐れていた対象者もY様の気持ちが対象者から離れていた事に薄々気づいていた様で、今のままではどちらにせよ別れなければならなくなるし、良い機会かもしれない。と考える様に心の変化が訪れて来ました。

工作を進めていく内に対象者からY様に今の2人の事について一度話したいと真剣な表情で話しを切り出されて本心はどう思っているか?をY様に確認後、対象者から一度別れて関係を清算して、再就職をしたらまた連絡を取らせて欲しいと伝えられたとY様から担当者に報告が入りました。
対象者の口から別れの言葉が伝えられ、別れる事は出来ましたが、対象者が再就職してしまえば再度連絡が来る可能性が強く残ってる為、工作員が対象者にY様への連絡をしない様に仕向けていきます。
就職しても2~3ヶ月程度の就職では、またすぐに退社するかもしれないという不安があれば女性は結婚を考えづらいので、少なくとも一年近くは頑張らなければプロポーズをしても受け入れてくれない事を伝えると、対象者は納得し、冷却期間を設ける約束をして下さいました。

対象者がもしも一年後にY様に連絡して来た時に新しい恋人がおらず、対象者から復縁を求められた時は別れ工作のアフターフォローで工作員をY様の恋人として派遣させるので、対象者から復縁を求められた時はすぐにでもご連絡頂く事を約束して別れ工作を終了させた別れ工作の成功事例になります。