恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 140万円 成功報酬30%
別れたい状況夫との離婚を考えていたけれど離婚に踏み切れず悩んでいた

夫と離婚したい。とご相談頂いた際にH様から何が原因で離婚したいのか?をお伺いさせて頂きました。
H様が離婚したい理由は結婚前と結婚後の夫の対応が全く異なり、交際期間が短かった為、性格の不一致に気付かなかった為、結婚して同居した後に同居生活が苦になり離婚を考えたとの事でした。
元々婚活パーティーで出会ってから結婚に至るまでの期間は一ヶ月程度になり、結婚を意識した出会いの為、お互いの事を良く知らずにトントン拍子で結婚に到ったとの事でした。

夫には離婚を考えている旨を伝えておらず、離婚届を見せたらどうなりそうなのか?を考えた時に、ズルいとは思っても完全に気持ちがなくなった為、どうにかH様の親族も納得出来る離婚の仕方を探して、別れさせ屋の力を借りて離婚する選択肢を選んだとの事でした。
別れさせ屋に依頼して別れる決意をしたものの、対象者が離婚に応じない可能性があり、何かしら離婚出来ない理由があれば離婚出来ずに同居生活が長引く事を恐れたH様は離婚する為に対象者に不利な状況を作り、すぐにでも別れたい!と要望を伝えて下さいました。

離婚したい理由が対象者との性格の不一致だけになる事から、裁判で争っても離婚を認めてもらえない事も考えられ、どうにか離婚出来る理由が欲しいとの事でした。
女性関係、不貞行為があれば離婚出来るかもしれないと考えたH様は別れさせ屋に相談したものの、本当に対象者が不倫に走るのか?という疑問を持っていました。
何社か相談している内に、対象者の行動から不満が塵も積もり、H様の気持ちは完全に冷めきってしまい、少しでも早く離婚出来る方法を求めて弊社と別れ工作ののご契約を交わす事となりました。

結婚に憧れていた2人が結婚をして、理想と現実の違いに気付き、理想と現実の違いから対象者への愛情は皆無になり、婚活で出会った2人の間に元々愛情はなかったのではないか?という夫への愛情すらも疑う様になってしまったとの事で志た。
対象者の嫌な部分が目につき、早々に離婚したいと考える為、幾つか方法を提案させて頂き、H様が考える最短の方法を選んで頂き、契約書を交わして着手金の入金後、速やかに別れ工作に取り掛かる事となりました。

対象者は女性に関して無関心という訳ではありませんが、夜の関係は結婚当初から多くて週に1度程度、セックスレスを主張できる程の婚姻期間を経ておらず、好みの女性のタイプについてH様もあまり存じていませんでした。
対象者と離婚する為にハニートラップを仕掛けるのではなく、対象者との婚姻生活が厳しい事を主張できる情報を求めて調査します。
元々はH様も結婚に前向きだった事もあり、対象者も結婚に向けて身辺を整理していた事もありましたが、H様から事前に頂いていた情報の中でめぼしい点に辺りを付けていた点を重点的に調査し、H様の話しから当たりを付けていた部分を入手しました。
離婚の仕方を間違えれば対象者の両親も離婚を止めに来てしまう可能性もあり、親族が納得出来る理由もなければ離婚に時間が掛かる事が予想出来ていました。
しかし、調査によって判明させた内容は親族も離婚に納得せざるを得ない情報であり、内容は明記出来ませんが、それをネタに工作員を接触させ、離婚工作を開始する事となりました。

工作員が対象者に接触し、調査で得た情報を元に別れ工作を進めていきます。
対象者は別れさせ屋の工作員だと気付いていない為、人間関係を構築しながら結婚生活の楽しさを語る対象者から離婚する時の優位な条件を吹き込みます。
工作員は離婚経験有の工作員を使った為、結婚生活や離婚についての知識を対象者に見せ、対象者に少しづつ離婚についての知識を植えさせていきました。

工作員と対象者の関係が深まり、H様を対象者から紹介され、対象者、工作員、H様の三人で会っている際に調査で調べた情報を暴露し、H様がその事実を初めて知ったかのように装い、離婚話しに発展しました。
判明した内容は親族も何も言えないほどの対象者の問題であり、対象者の問題は婚姻生活を継続させていく事が不可能だという判断になり、親族からも離婚を推し進められ、対象者の親族からも謝罪の言葉をH様が頂き、無事に離婚成立に繋がった別れ工作の成功事例になります。