復縁屋ジースタイルの復縁工作成功事例集

復縁屋業務で実際に行った復縁工作成功事例を元依頼者の許諾を得て掲載させて頂いてます。
復縁工作の各事例はプライバシー保護の為、若干の修正を行っております。
復縁工作をご検討中の方は復縁工作成功事例集を参考にして頂いて復縁問題を解決する参考にして下さい。

【ケース毎の成功事例 目次】
復縁工作成功事例:突然の別れを切り出されて連絡不能状態から復縁
復縁工作成功事例:別れの原因が依頼者の浮気で復縁した
復縁工作成功事例:気持ちが冷めたと言われて復縁した
復縁工作成功事例:離婚を切り出された妻と復縁したい
復縁工作成功事例:別れたくないのに別れたいと言って別れた
様々な復縁工作成功事例

復縁工作成功事例:突然の別れを切り出されて連絡不能状態から復縁

出会いアプリで出会い、付き合うまでに至ったけれど、3か月後に突然別れを切り出された依頼者は彼氏からlineはブロックされ、電話も着信拒否状態になり、一体何が原因なのかも検討が付かず復縁する方法が一切なくなりました。
連絡する方法もなく、彼氏の家には行った事がないので彼氏がどこに住んでいるのかも分からない状態になり、弊社にご相談頂きました。
対象者がどこに住んでいるかも分からない状態でしたが、頂いた情報量から対象者を発見出来る可能性は高く、なぜ別れに到ったのか?という当たりを付ける事が出来なかった為、工作員を接触させて別れの原因を聞き出す以外に方法はありませんでした。
対象者がどこに住んでいるかを判明させるのに、特殊な調査方法を用いた為、一ヶ月程度の時間は頂きましたが、調査の時間を頂いた後は速やかに工作員を対象者に接触させ、別れの本当の原因の聞き出しに掛かります。

別れの原因を聞き出した時に、対象者から『今迄付き合ったのは2人いたけど、どっちもいつかフラれるんじゃないかって不安になって自分から別れようって言っちゃったんです。』という言葉を聞き出します。
工作員が『フラれるのが怖いから自分からフッたらいつまでも好きな人と付き合えないんじゃないの?』という質問をすると、対象者から『今までに付き合った2人とも本当に好きになり過ぎるのが分かってて、怖くて逃げちゃったんです。』という話しが出て来ました。
別れの原因が対象者が依頼者と向き合う事から逃げてしまう事なので、対象者は依頼者の事がまだ好きで、これ以上好きになってしまうと怖いので自分から離れた事が分かります。
依頼者と報告内容から打ち合わせを兼ねて復縁する為に『再会した後は対象者よりも好きな気持ちをアピールして下さい』というアドバイスをさせて頂きました。

対象者とのlineのやり取りのデータを拝見したところ、客観的に見て、依頼者よりも対象者の方が好意を表していた事もあり、依頼者は一歩引いて発言する癖があった為、それが原因で対象者はこれ以上好きになってフラれたら怖いという恐怖を与えてしまった事が分かります。
問題点が分かった後は再会工作に移り、対象者を工作員が街に連れ出し、お店に入った後に依頼者と別の工作員が対象者達のいるお店に入り、偶然を装って再会させる事に漕ぎ着けました。
対象者と再会した依頼者は再会した喜びから涙を流し、依頼者の事を好き過ぎて夜も眠れなかった事を吐露します。
依頼者が本当に対象者の事を好きで仕方がないというシナリオを描いていましたが、依頼者の想いから涙を流す予想外の出来事に胸を打たれた対象者は依頼者との復縁を考えてくれた復縁工作成功事例になります。

※復縁工作のご契約期間4ヶ月 料金110万円+成功報酬20%

復縁工作成功事例:別れの原因が依頼者の浮気で復縁した

別れの原因が依頼者の浮気にあり、浮気した事を対象者に何度も謝罪し、2度と浮気をしない旨を伝えていましたが、対象者は『信用出来ないので復縁しない』と首を縦に振る事無く別れに到りました。
対象者への謝罪も全て伝えて出来る事がなくなった為、依頼者は弊社にご相談頂き、復縁工作の依頼を頂く事になりました。
復縁工作の難易度を推し量る、別れの原因がハッキリしている事と依頼者と対象者の付き合っている時の関係性、そして別れた後のlineのメッセージのやり取りについても確認させて頂き、総合的な判断から復縁工作を成功させる可能性を見出す事が出来ました。

依頼者様に復縁工作を成功させる心理誘導の方法を提案させて頂き、契約書を交わして着手する事になりました。
対象者の住まいは分かり、写真もある為、本人を弊社で特定する手間は省けている為、工作員をどこで接触させるか?というポイント探しの調査を開始し、対象者との接触場所を判明させます。
依頼者様への報告を兼ねながら、接触方法の打ち合わせをさせて頂き、提案した方法通りに接触を行い、連絡先の交換に繋げます。

工作員が対象者との接触を繰り返している内に女性同士の会話に多い男性とは?が話題に上がります。
男性とは浮気をするものという女性同士の会話の中で、いざ男性が浮気をしたらどうするのか?という話題を工作員が出した事で男性の浮気についての会話が始まりました。
工作員が『結局好きだったら許しちゃうけど、すぐに許す事は出来ないからイジメる形を取ってから許しちゃうかもしれない』という言葉を出すと同席していた別の工作員が同意し、同意した工作員に対象者も同意します。
工作員が横やりを出し、対象者の同意に『〇〇ちゃん(対象者)は怒ったら許さなそうだよね~』と口を挟みます。
許さなそうという言葉に反発した対象者が浮気された男が次に浮気したら下半身を切る約束をするなら最終的には許してしまう。という話しを聞き出し、依頼者には復縁したら2度と浮気をしない覚悟が必要だと伝え、反省の深さについて考えるアドバイスをさせて頂きました。

工作員と対象者の接触はその後も続き、『彼氏いないとつまらないよね』という話しを聞き出した後に依頼者と対象者の再会を企てます。
寂しい、つまらないといった状況を聞きだし、再会工作に進んだ後は依頼者と対象者を偶然を装って再会させ、再会させた時に対象者の口から『コイツ浮気したんです!!』という言葉が出たものの、工作員がその場で『浮気しても許しちゃうってこの前言ってたよね?』と浮気をしても許すと言った対象者の言葉を使いました。
ぎこちなくなったその場の雰囲気を工作員が依頼者を責める形で緩和させ、工作員から責められる依頼者を見て『2度としないなら許してあげる』と対象者が復縁の落としどころを付けてくれた為、復縁した復縁工作の成功事例になります。

※復縁工作のご契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬30%

復縁工作成功事例:気持ちが冷めたと言われて復縁した

7年付き合っていた彼氏から『気持ちが冷めたから別れたい』と言われてしまい、一旦は距離を置く様に説得に成功した依頼者でしたが、彼氏の気持ちを取り戻す事が出来ず、『気持を再確認したけど気持ちが戻らないから別々の道に進もう』と言われてしまい、別れなければならない状況に陥り、弊社に復縁工作のご依頼を頂きました。
ご依頼を頂くにあたってお付き合いしている7年の間、どんなお付き合いをしていたのか?また、ケンカはどの程度あったのか?等、細かい状況をお伺いさせて頂き、復縁する為に何が必要なのか?を提案させて頂きました。
依頼者が今のままでは復縁は難しい事に気付き、復縁工作のご依頼を頂き、契約書を交わして早速復縁工作を実行に移します。

気持ちが冷めた理由の1つに他に好きな人が出来た可能性も捨てきれず、対象者の調査を開始しましたが、対象者の動きから依頼者以外の女性との接点は出て来ず、女性の影はない事から別れの原因は依頼者にあると判断出来ます。
依頼者の抱えている問題は何か?を工作員を対象者に接触させて聞き出すと『マンネリ化していてもいなくても同じ様な気持ちになって1人でいるのも付き合ってるのも変わらないって思いだした』という話しを聞き出す事に成功しました。
依頼者に伝えると『彼がそういう風にいうのも分かります。私も実は同じ気持ちだったけど別れてから彼が大切な事に気付きました。』という話しをされ、何故マンネリ化してしまったのか?マンネリ化を解くにはどうすれば良いのか?というアドバイスをさせて頂き、お互いがお互いを必要とする為には何が必要なのか?を依頼者に伝えます。
同時進行で対象者には『いてもいなくても良い存在になれるのは良い家族になれる要素でもあり、先々を考えた時の幸せを想像してみればとても幸せなカップル、夫婦になれるのでは?』という提案を工作員がします。

工作員の言葉に押された対象者は依頼者との関係を思い出し、気持ちが冷める要因を作ったのは自分にもある。と自分の行動を振り返ります。
自分の行動を振り返った対象者は『距離を置こうと言ったのも別れたいと言うよりも別れようと決めてたから言った事で、彼女との将来を考えたものではなかった』と口にします。
真剣に依頼者以外の女性との交際は上手くいかないのかを考え、工作員の言葉が後押しになり、対象者から工作員と会った3日後に依頼者の元へ連絡が入り、復縁に辿り着いた復縁工作成功事例になります。

※復縁工作のご契約期間2ヶ月 料金70万円+成功報酬10%

復縁工作成功事例:離婚を切り出された妻と復縁したい

依頼者Aは離婚を切り出された後に妻と何度も話し合いをしましたが復縁に応じてくれず離婚を余儀なくされていました。
Aと奥様の話し合いは平行線で、奥様からは離婚に応じてくれなければ調停や離婚裁判も辞さないと言われており、子供の事も考えた時に離婚に応じる事はしたくないので復縁屋に頼らざるを得なくなりました。

面談で話しを聞いていると、奥様が離婚を切り出した理由に検討もつかず、子供の事を可愛がっていた奥様が離婚を切り出すには何かがあるでは?と考えていましたが確証は何もなく、思い当たる節は何もありませんでした。
しかし、離婚を考えるには理由があるのは明らかであり、何が原因で離婚を考えたのか?を判明させる事から復縁工作を始める事となりました。

Aから情報を頂き、奥様が昼間の時間帯に何をしているのか?を調査する事から始めましたが、不倫している様子も見られず、離婚を言い出した理由が出て来ません。
奥様への接触を早め、直接奥様から離婚したい理由を聞き出したところ、奥様の口から『青春を取り戻したい』という言葉が出て来ます。
結婚までに男性とお付き合いした経験がAしかおらず、付き合って3ヶ月程度で妊娠し、出産した為、子供に追われ、自分の人生について考えてしまった時に離婚の二文字が浮かび上がった様でした。

担当者がAから話しを聞かせて頂くと、仕事が忙しく、育児は奥様に任せきりで、奥様と恋人の期間も少ない状態で子供を身籠ったので恋人らしい関係を築かないままに父や母の立場になっていた事を明かします。
女性として妻に接っしていなかった事に気付き、Aは妻への愛情不足に気付きます。
妻への接し方、妻の青春時代の少なさに気付いたAは、どれだけ妻に寂しい想いをさせていたかに気付き、改善すべき点を修正していきます。

Aが抱えている問題を改善すると同時に工作員が対象者である奥様に『青春を取り戻す為に離婚するのではなく、今ある状況でも青春を取り戻す事が出来るようになる』という話しをします。
青春というものが何なのか?について分かっていなかった対象者は工作員の言葉に耳を傾け、離婚で争うのではなく、離婚せずに今の生活を充実させる道を選ぶ為に何をすれば良いのか?を工作員に尋ねます。

対象者の奥様の中にあった考えとは全く想定外の話しが工作員の口から聞こえた事で奥様は『あ~なるほど…』という言葉を何度も口にします。
『私は離婚しない方が良いんですかね?』と工作員に尋ねる対象者に『離婚したいならするべきだと思うけど、青春を取り戻したいなら離婚しても青春を取り戻せるものではない』と伝えると、『最終的に私は現実逃避をしようとして子供も旦那も捨てて逃げようとしてたんですかね…』という言葉をこぼします。
『決めるのは自分だからちゃんと考えて決めた方が良いよ』という工作員の言葉に『離婚はもう少し様子を見て、旦那に自分の想いを伝えてみようかと思います』と伝え、離婚に進まず復縁できた復縁工作成功事例になります。

※復縁工作のご契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬30%

別れたくないのに別れたいと言って別れた

依頼者Sは別れたくないのに別れたいと何度も繰り返してしまい彼を後悔させてしまいます。
弊社にご相談頂いた際に彼に対しての寂しさや後悔をこぼし、復縁する為に何が必要なのか?を一つ一つ説明させて頂き、ご理解頂いた後に復縁工作のご依頼を頂きました。

復縁工作のご依頼を頂いた際に弊社担当者と復縁したら『別れたい!』と2度と言わない事を約束して頂いてご契約を交わす事になりました。
別れてからの期間も短いので彼の物理的な情報について不足している事はほとんどありませんでした。
面談時にお話しをお伺いしていると元々相思相愛の2人なのにシツコク別れを切り出した事が原因で別れに到った事が分かります。

状況的には同じ事を繰り返さないと反省や謝罪の気持ちが伝われば復縁できる可能性があり、復縁工作の方法も対象者である彼の怒りを鎮める為に工作員が捌け口になり、想いの強さと怒りを天秤に掛けさせる方法を提案させて頂きました。
Sからお話を聞いていた通り、対象者に接触した工作員はSへの愛情をヒシヒシと感じ、怒りを納める為に話しを聞く事や対象者がこぼす愚痴を肯定する事に終始します。
『何度も同じ事を繰り返し言われて、自分の事を好きじゃないんじゃないかって疑って辛くなって別れたいなら別れよう!って線が切れた感じなんです』とSとの関係について悩んでいる姿が確認出来ます。

工作員が怒っている対象者に何を言ったところで聞く耳を持たないのは分かっていた事なので復縁に向けて心理誘導をするよりも怒りをフラットに持って行くように対応します。
工作員が対象者の話しに頷き、何度も『うん。うん。』と首を縦にする事で対象者は溜まっている鬱憤を晴らしていき、少しづつ表情も穏やかになっていきます。
表情の変化や声のトーン、話している会話の内容から落ち着いたと判断出来た時に工作員が『結局のところ好きだから別れようって言われたのがつらかったんでしょ?』と対象者の本音について探る会話を展開します。

『本当に好きだから別れたい!って言われるといつも悩んで苦しませてた自分が悪いって思ってたけど、きっと自分もそれで苦しんでお互いに傷つけ合う関係になってたんじゃないかって思っちゃったんです』という対象者の本音を聞き出したところで工作員が『好きって幸せな事だけど目に見えるものじゃないから苦しい事だよね』と伝えると対象者の口から『本当にそうですよね…』という言葉が漏れます。
『それって今も君は好きっていう事じゃないの?』と対象者の気持の確認をすると、対象者の口から『そうなんです。だから今怒りもあるけど後悔もあって自分の気持ちがぐちゃぐちゃになってて…』と聞きだし、復縁する為の落としどころを工作員が探します。

工作員の言葉につられて対象者が『それだったら復縁を考えても良いかな…』という言葉を引き出すまでに少し時間が掛かってしまいましたが対象者が復縁しても良い落としどころを見つけだし、落としどころまで誘導した為、復縁を意識させる事に成功しました。
復縁を意識させたところで、対象者に『気持ちがあるって事は後で後悔するだろうから早目に仲直りした方が良いよ』という言葉を工作員が掛け、対象者からSの元へlineが入ります。

Sの元へ怒りを表しながらも復縁を匂わせるlineが入り、lineの対応の仕方をアドバイスし、復縁成功まで辿り着いた復縁工作の成功事例になります。

様々な復縁工作成功事例

復縁工作・無料相談

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは以前の恋人と復縁したい…というお悩みを解決する為の復縁工作を行っています。
元恋人・元伴侶と復縁したい

元恋人、元伴侶と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは浮気相手と別れさせて、もう一度復縁したいなら復縁、別れさせ工作で対応させて頂きます。
浮気を止めさせ恋人と復縁したい

浮気、不倫を止めさせて現在のパートナー良好なお付き合いをしたいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは友達・職場の人と復縁したいとお考えならもう一度関係を取り戻す為の復縁工作を提案させて頂きます。
友人、知人と以前の状態に戻りたい

ケンカした友人・知人と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは親族と復縁したいとお考えならオリジナルのプランを提案させて頂き復縁工作を実行させて頂いています。
父母・兄弟・親戚と仲直り…

拗れた親族間と復縁したいなら参考にして下さい。