復縁工作成功事例集2

復縁屋に依頼したらどんな形で復縁工作を行ってくれるのか分からない方に参考にして頂く成功事例になります。
状況に応じて復縁工作の方法は変わり、成功した方々は皆同じ道を辿りません。
これから復縁工作の依頼を検討している方、他社で復縁工作の依頼をしてるけど失敗しそうだ…失敗してしまった…という方、復縁工作の成功事例集を参考にご依頼を検討頂ければと思います。
復縁工作の各事例はプライバシー保護の為、若干の修正を行っております。

【ケース毎の成功事例 目次】
結婚に対する意識の違いで破局した復縁成功例
別れて職場でギクシャクした状態から復縁成功例
ケンカが原因で別れに到った復縁成功例
別れの原因が年齢差!?の復縁成功例
離婚を迫って別れた不倫相手と復縁成功例
東京、大阪の距離の壁で別れた状態から復縁成功例
別れた理由を教えてもらえなかった状態から復縁成功例
頑固で優柔不断な対象者への復縁工作成功事例


復縁工作成功事例:結婚に対する意識の違いで破局した

依頼者 Mさん
地域 大阪府
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金110万円+成功報酬20%

婚活で知り合った対象者との復縁を望むMは対象者から『結婚は考えられない…』と言われてしまい、『婚活で出会ったのにどういう事なの?遊びだった訳?』と対象者を問い詰めた末に別れを告げられました。
真剣に交際していたと思っていたMには対象者の言葉は受け入れられないものの、別れもまた受け入れられず、別れ話の後も何度も縋って『復縁したい』と告げたけれど受け入れてもらえない為、復縁屋に頼らざるを得ない状況になってしまいました。

Mから相談を頂いている間に何度も『対象者を問い詰めるべきではなかった』という言葉が漏れ聞こえて来ましたが、何故問い詰めるべきではなかったのか?については理解していない様でした。
Mには婚活で出会ったのですから結婚を前提としたお付き合いになるのは当然であり、それを主張するのもまた普通なので自分をそんなに責めるべきではない事をお伝えさせて頂きました。
復縁したい気持ちの強さをその後の話しの中でも確認出来、復縁する為の方法について提案させて頂き、復縁工作のご依頼をいただく事になりました。

対象者の言葉がMを傷付け、対象者に伝えた言葉は本当に対象者の事が好きで必死だからこそのものであると理解しましたが、復縁工作を行う際にMの必死さを抑えなければ暴走して失敗してしまう可能性もあると、十分に気を付けていただく様に説明させて頂きました。
婚活で出会った対象者の心情を確認する為の復縁工作を開始するにあたって注意点を幾つか伝えた後に早速対象者の調査を行う事になりました。
対象者の自宅や職場などが分からず、どこに対象者はいるか?を判明させる事から始め、対象者の状況を確認する作業が開始されます。
稀に婚活で出会った男女の場合、片方が実は既婚者であり、女性を騙す目的で婚活に参加するケースもある為、対象者が既婚なのか、もしくは別にお付き合いしている人物がいるかを確認する流れとなりました。

対象者の発見から異性の存在の確認までに要した期間は一ヶ月ほどになり、異性の存在はなく報告時にもMからは安心したとの声をいただきました。
対象者との接触に入る段階になり、対象者と接触するにあたってMから聞いた対象者の情報を元に工作員に関心を持たせて人間関係を構築するオーソドックスな方法で接触を図ります。

無事に対象者と接触した後にMに接触の報告をさせて頂き、対象者から現在の心境などを聞き出していく過程でMも知らない対象者の事実に気付いていきます。
Mが描いていた対象者のイメージと実際の対象者のイメージは異なり、Mの気持ちが離れないか?の若干の不安はありましたが、対象者との結婚を熱望していたMには、その不安は当て嵌まらず対象者への想いの強さを担当者は実感します。

必ず復縁成功させてあげたいと担当者も思い、工作員との打ち合わせの日々やMへのアドバイスを行う日々が続き、対象者から工作員が聞き出した情報を元に少しづつMも落ち着きながら自己改善を進めていき、ご相談当時とは異なる姿が担当者の目にも見える形で表れて来ました。
Mの自己改善の最中、工作員が対象者から聞き出す話しはMにとって心が折れそうな日もあったと後に聞く事になりますが、工作の報告をさせて頂いている間はMからは不安は微塵も感じなかった事もあり、復縁に向けて頑張って欲しいと願うばかりになりました。

Mとの復縁に向けて別れの原因を聞き出した後に心理誘導を行っていると対象者の気持ちは会う度にコロコロと良い方向にも悪い方向にも変化する為、報告をMにする度にMの感情も変動していました。
Mとの復縁について揺れ動く対象者の気持ちを更に誘導していく事で対象者の気持ちを復縁に向けさせます。
対象者の気持ちがタイミング的にもクリスマス前だったので恋人がいない寂しさ等も手伝い、復縁へと気持ちが傾いていきます。

復縁に向けて対象者の気持ちが傾いたところで、アドバイスによって改善されたMとの再会に向けて再会工作の打ち合わせを重ねていきます。
再会後に対象者から良い印象を与えられる確信を持った担当者はなるべく早い段階で再会させたいとMに伝えさせて頂きましたが、Mの仕事の事情でタイミングを合わせる事が出来ず、再会工作は打ち合わせを重ねてから3週間後に行う事になってしまいました。

再会工作を行うタイミングはクリスマスを越えてしまい、タイミングを失ってしまう可能性や対象者の気持ちが更に揺れ動いて復縁を意識している状態から変わってしまう事も危惧されましたが、不安がある中、工作員が対象者との接触を重ね、復縁を意識させた状態を継続させる事が出来ました。
対象者とMの再会工作の当日、対象者はMとの再会に驚きを隠せません。
偶然の再会に対象者は驚き、『どうしたの?なんでこんなところであったんだろうね?』と対象者からMに積極的に話し掛ける形となりました。

Mと対象者の再会後、話しが弾んだ2人の姿を工作員は笑顔で聞いているだけに徹し、Mの変化を感じた対象者は『前よりももっと可愛くなったね』とMを褒めちぎります。
Mには外見のアドバイスに関しては何も伝えておらず、M自身も自分磨きを多少はしていたものの、外見は別れた当時と何も変わらない事を自覚していた為、中身の変化が外見を良く魅せるという復縁の鉄則を実感した様でした。

対象者から婚活で出会った頃の様な勢いで口説かれる様になり、『復縁したい』という対象者の言葉に二つ返事でOKを出したMは、復縁した当日に担当者に連絡を下さり、復縁成功した事をご報告頂いた復縁工作の成功事例になります。

復縁工作成功事例:別れて職場でギクシャクした状態

依頼者 Yさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金70万円+成功報酬30%

元々は職場の先輩、後輩の関係だったYと対象者は仕事とプライベートの切り替えが出来なくなり、関係が悪くなったとの事でした。
周囲にはお付き合いは公言していたものの、別れた事は言えず、別れた後のぎこちない関係が気付かれてしまい、職場での陰口等が耳に入って来ると共に別れた事を後悔して何もかも投げ出したくなったとの事でした。

Yから復縁相談を初めて頂いた時は復縁したいのか、それとも職場での居心地の悪さを解消したいのか分からない様な話しぶりで、Yの復縁への気持ちの有無について不安なところもありました。
しかし、話しを聞いていると職場の事よりも対象者との関係を修復したい気持ちが徐々にですが伝わってきます。
復縁したいかどうかを判断するのは『復縁したい』という言葉ではなく、復縁したい気持ちが伝わるかで判断している為、初めてご相談頂いた時はご相談を打ち切らせて頂くか悩む位でしたが話せば話すほど 復縁への気持ちが伝わって来ました。

Yが気持ちを伝えるのがあまり上手ではない事に気付き、気持ちの伝え方について質問し、指摘すると『この短時間で良くそれが分かりますね』という言葉を頂きました。
伝え方があまり得意ではない事に気付き、気持ちの伝え方等を改善していけば復縁の可能性も見えてくる事やギクシャクした関係で対象者も職場では気まずい思いをしている事がYからの情報で聞けた為、Yの復縁したい気持ち次第で復縁の可能性がある事を伝えさせて頂き、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

復縁工作の方法を提案させて頂く際にもYが考えている事を担当者に伝える説明がなかなか上手ではなく、弊社に丸投げで任せて頂けるとの事でしたから方法の説明をさせて頂き、これといった質問は特になく契約書を交わさせて頂きました。
調査を着手金の確認後に早急に行い、別れてからの対象者の行動を把握し、Yに報告すると付き合っている時と大きな変化はなく、外食の行きつけのお店も以前と変わらないとの事でした。

接触ポイントも調査開始後すぐに判明し、接触方法についてYに説明すると『全てお任せしているんで大丈夫です』と方法についての説明も特に質問もなく進めさせて頂きました。
Yは復縁工作の進み具合よりもアドバイスを受けて自分が変われるのか?を気にしている部分があり、調査や工作も順調にいっている間、報告内容よりもどうすれば自分が変われるのか?をしきりに担当者に質問し、自己改善プログラムを実行した質問の方が多く時間を割きます。

復縁工作が進んでいくと、Yは『まだ自分は変われた訳じゃないのに…』と焦り、『今のままでは復縁できない…』と復縁した後の事もシッカリと考えて自己改善に励んでいました。
社内での対象者以外の周囲の反応は以前とは異なり、『最近何かあったの?』と聞かれる事も増えていた頃、担当者に相談を持ち掛けます。

自己改善が順調に進んでいる中、Yの不安は高まり、復縁工作を一旦中止して欲しいという申し出を受け、担当者は困惑します。
Yの言い分は復縁したいけど今のまま復縁したらまた別れる事になるからという言い分があり、担当者が『せっかく復縁できるチャンスを棒に振るのは勿体ないし、このチャンスを活かさなければそもそも復縁の可能性が無くなってしまうかもしれない』と説明します。
対象者の心理誘導も工作員の成果が表れており、職場では対象者の方からYに話し掛ける機会も増えたとの事でした。

しかし、肝心のYが復縁に待ったを掛ける為、Yの休日を利用して担当者はYと面談をして今後の流れをどうしたいか?について話す機会を設けました。
Yと担当者の面談は5時間にも及び、復縁を成功させたい担当者と復縁に待ったを掛けるYの間で復縁してから別れない様にするのも大切だし、まずは復縁しなければチャンスを失くしてしまう可能性がある事から復縁に向けて進む事で合意し、復縁工作を続行する形となりました。

Yとの合意があった頃には対象者と接触している工作員からも『もう復縁できちゃいますよ。対象者が復縁に前向きになっちゃってます』と担当者に報告が入りました。
対象者とY、2人の工作員で食事会をした時は対象者はYにベッタリで既に復縁しているのではないか?と思えるほど距離が縮まっており、復縁するかしないかはY次第という様にも見えた状態でしたがYが先になかなか進みません。

Yに『復縁したくないの?』と担当者が聞くと『付き合ってなくても職場で雰囲気が悪くないし今のままでも良いかなって思う事もあるんです。』と返答が返ってきます。
『とりあえず復縁してみます。』というYの言葉を聞き、復縁は成功しましたが、Y自身も復縁をあまり望んでない様に見えました。
結果的には復縁は成功しましたが依頼者が喜んで復縁するという復縁ではない為、何とも歯切れの悪い形で復縁工作が成功した事例になります。

復縁工作成功事例:ケンカが原因で別れに到った

依頼者 Yさん
地域 千葉
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬30%

付き合って3ヶ月程度で大きなケンカをしてしまい、別れてしまったYと対象者のケンカの発端はYの考えと対象者の考え方に大きな違いがあるのが原因でした。
もちろん別れの原因を知ったのは復縁工作を行った後で工作員が対象者から聞き出して分かった事ですが、Yはケンカの発端や別れの原因について 自分では理解しているつもりになっていたけれど全く対象者の気持ちを理解出来ていなかった事に工作員が対象者から聞き出した情報を報告して気付きました。

『どうすれば復縁できますか?』というYからご相談を頂いた際に、Yは『別れの原因は分かってるけど、どうすれば良いか分からなくて…』と仰っていましたが、蓋を開けてみるとYは全く対象者の気持ちを理解していなかった事を知ります。

対象者の気持ちを理解出来ていなかった為にケンカに発展した事や復縁したいならやらなければならない事を説明し、復縁への想いを自身で確認していきます。
本当に復縁したいのか?を自分自身で何度も確認して頂き、初めての相談からご依頼を頂くまでに1ヶ月程度の期間を要し、対象者と絶対に復縁したい!!という気持ちを面談時に聞かせて頂きました。

復縁工作のご依頼を頂く際に面談を行い、4時間程度要しましたが、4時間の内、3時間程度は対象者への想いやYからお伺いさせて頂く話しの中で予測出来る対象者の気持ちについての話しであっという間に時間が過ぎていきました。
担当者が復縁の知識や経験を元にYに考え方の違いを時間を掛けて説明すると、Yは少しづつYの考え方の間違いに気付き、別れの原因についても自分で考えていた理由は全く違うのではないか?と疑問を持てるようになりました。

『対象者の気持ちは対象者から聞き出さなければ分からず、対象者の気持ちを理解していたなら別れに到る事はなかったのではないか?』という担当者の意見に耳を傾ける事が出来る様になり復縁への考え方が改まっていきます。
復縁への考え方が改まり、復縁に向けて頑張ろうとしていた事がほとんど無駄だった事に気付いたYは復縁工作の契約書を交わす際も『自分を変えたいです』としきりに口にしていらっしゃいました。
自分を変えて対象者にもう一度自分の魅力に気付いてもらう事、今の自分には復縁したいと思ってもらえる魅力がない事を自覚し、魅力をもった一人の人間としての成長に期待に胸を膨らませていました。

Yからの情報を元に復縁工作の契約を交わした後は調査や工作を進めていき、Yと別れた原因を聞き出していくとYが考えていた別れの原因とは全く別の要因で別れに到った事に気付きます。
そして、対象者から聞き出した事をYに報告すると、Yの口から『そんな事してたの忘れてた…』と自分の中には全く考えてもなかった理由が報告で伝えられると『1人で復縁しようとしてても絶対無理でしたね…』と少し弱音が零れました。

対象者から別れの原因を聞きだし、Yには聞き出した情報を元にアドバイスをさせて頂きながら自己改善に励んで頂きました。
Yが考えていた自己改善と対象者から聞き出した情報を元に行う自己改善は全く異なっており、Yは自分の成長を少しづつ実感していきます。
自分の至らなさに気付いたYは担当者と電話で話している時から至らない部分が出ない様に心掛けている姿勢が伝わり、担当者も少し意地悪な質問をしたりアドバイスを行っていきましたが『何を言いたいのか?』という本質を理解して対応出来る様に変わる姿勢が伺えました。

同時進行で工作員が対象者に復縁に向けた心理誘導を行っていた為、対象者の怒りを吐き出させながらYとの復縁について少し考える事があるという話しの流れになり、対象者の中にある絶対に復縁しない!!という気持ちが次第に変化していきました。
対象者の気持の変化とYの自己改善が順調に進んでいる状態でYと対象者を偶然再会させる再会工作に進みます。
再会工作を行うと対象者がYの変化に気付き、ケンカした事を素直に謝ります。
Yも『自分こそ嫌な思いを沢山させてごめんね』という言葉を対象者に投げかけ、再会工作の当日に復縁まで至り、復縁工作は無事に成功しました。

復縁工作成功事例:別れの原因が年齢差!?

依頼者 Mさん
地域 神奈川
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金90万円+成功報酬20%

Mと対象者の年齢差は14離れており、年下の対象者の年齢にいつも劣等感を抱いていたMは何かある度に年齢差を口にして、対象者を精神的に疲れ果てさせていました。
もちろんMは対象者を追い詰める為に年齢差のコンプレックスを対象者に伝えていた訳ではないのですが、何かにつけて年齢差を口にするMと何かにつけてコンプレックスをぶつけられる対象者では受け取り方が異なり、精神的に疲れ果てた対象者はMとの交際に終わりを告げます。

終わりを告げられたMは別れ話の際も『年齢差があるからでしょ?』と何度も対象者に詰め寄りますが、その度にMは『違うよ…』と説明していたものの、別れ話で冷静になれなかったMは別れの原因は年齢差のせいだ…と、あくまでも年齢差にこだわりました。
相談を頂いた時もMの口からは『年齢差が原因で別れてしまったんですけど復縁する方法を教えて下さい。』と伝えられ、復縁する為には本当の別れの原因を知らなければ直しようがないし、本当に別れの原因が年齢差によるものなら改善のしようがない為、どんな方法であっても復縁は難しい事をお伝えさせて頂きました。

復縁する為には何が必要なのか?対象者との間に何があったのか?等を面談時に細かく聞き、復縁する為に必要な事を丁寧にご説明させて頂き、復縁工作のご依頼を頂く事になりました。
復縁の可能性を聞く人は復縁できませんが、復縁の可能性を作ろうとする人は復縁できる可能性が残されており、Mは復縁の可能性を作ろうとする姿勢があり、復縁の可能性を作る為に復縁工作のご依頼をいただいたので結果的に復縁成功に繋がった事も成功したからこそ理解して頂けました。

復縁工作の契約書を交わし、調査や工作を進めていくと、Mが考えていた別れの原因は別れの原因ではなく、Mの劣等感である事が分かります。
対象者がMに求めていたのは年上の恋人であり、包容力があり、対象者を引っ張ってくれる事を求めていましたが、Mは何かにつけて年齢差を理由にウジウジと話し、いつ別れを告げられるか分からない不安を対象者にぶつけていた為に別れを告げられた事が分かります。

求めるものと与えるモノの違いについて担当者が説明しましたが、アドバイス当初はなかなか理解出来ず、担当者が丁寧にアドバイスをして少し時間は掛かりましたが、やっと理解して下さり、問題点の改善に進んでいきます。
対象者から様々な話しを聞き出していくうちに、Mの問題点はとても多い事に気付き、Mへのアドバイスにも相当時間が掛かりました。
Mが問題点を改善しない事には心理誘導をして復縁を意識させても復縁は出来なくなってしまう為、チャンスを活かす為に担当者はMへのアドバイスに熱が入りました。

Mの問題点が改善されてきた頃には担当者とMの打ち合わせで心理誘導を行ってMとの復縁を意識させる様に進めていきましたが、Mは心理誘導の中身が気になり、問題点を改善するアドバイスに意識が向かず、担当者は焦ります。
復縁する為にはMの協力は必要不可欠になり、Mが努力を怠れば心理誘導を行って復縁を意識させた所で復縁工作は失敗します。
Mの意識を変えるのが急務であり、心理誘導も順調に進んでいた為、Mの意識が変わらなければ対象者と再会させたところで復縁にすすむどころか復縁の可能性を完全に潰してしまう可能性が出てしまいました。

担当者は必死にMに復縁工作が失敗する可能性が出てしまうので、もっと真剣にアドバイスに耳を傾けて欲しいと伝えますが、自分を変える事の辛さを知ったMはなかなか気持ちがついていきません。
しかし、担当者の必死の想いが通じ、対象者と絶対に復縁したい!気持ちを再燃させる事に成功した為、Mは復縁の為に辛い努力に向き合う決意をしてくれた為、再会工作に進めていきました。
再会工作の結果、無事に運命の再会を果たしたMは対象者から前とは少し違う印象を与えられましたが別人の様に魅せる事までは届かず、工作員が再会工作中に何度もフォローを重ねて、再会工作は無事に成功します。
再会後、何度かデートの約束を取り付け、問題点を改善したというよりも隠しながら対象者と会っていた為、バレない様にする為のアドバイスを繰り返し、デートも順調に進み、復縁成功までに到りました。

復縁成功の報告を受けた担当者は、Mに『今のままだとスグに別れるのが目に見えているので本当に以前したアドバイスを良く思い出して行動して欲しい…』と伝えさせて頂きます。
軽い感じでMから返事を頂き、耳にタコが出来る位に同じ言葉を繰り返しましたが、復縁工作が成功して浮かれている状態のMの耳には担当者の言葉が届いていない様に感じましたが、復縁成功し、復縁工作の依頼は完了した為、あとはM本人にお任せする事となり、依頼は終了しました。

復縁工作成功事例:離婚を迫って別れた不倫相手と復縁したい

依頼者 Aさん
地域 鹿児島
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金70万円+成功報酬10%

同窓会で再会した対象者と不倫関係に進んだAは対象者に結婚を迫り別れを切り出されます。
結婚の話しは出ていたものの、対象者は離婚を慎重に進めたいと考えており、離婚に進まない状況が対象者とAの間に亀裂を作り、別れに到ってしまいました。

別れを切り出されたAは復縁を迫り、若干ストーカーじみた言動や行動になりましたが、このままでは絶対に復縁できなくなると考えてAは身を引く事を対象者に伝えて別れに到りました。
しかし、Aは対象者には復縁を諦めたと伝えても復縁を諦められず、身を引いたもののどうにか復縁出来ないものか?とネットで検索して復縁屋の存在を知り、復縁工作に踏み切る決意をします。
復縁工作の依頼を決意したAは復縁屋が何をしてくれるのか?という問い合わせを数社に行い、一番復縁できそうな復縁屋を選んだ。という話しを面談時にお聞かせ頂きました。

復縁する為に何が必要なのか、復縁出来る為に必要なサポートは何か?を面談時にさせて頂き復縁工作の契約書を交わしましたが、Aの心配はAが対象者にした事は消えないのではないか?自分の行動や言動は絶対に復縁できない事をしてしまったのではないか?
復縁工作の依頼をしても復縁できないのではないか?と不安が不安を呼び、不安を契約書を交わした後も相談して下さいましたが、何か不安がある度に担当者がlineや電話で対応させて頂いて不安解消と復縁に向けてのアドバイスを兼ねて少しづつ復縁する為に進み出します。

復縁工作の契約後はAから頂いた情報を元に対象者の夫婦関係について調査します。
本当に離婚に向けて話し合いがされていたのか?を事前に確認しておく事で復縁の仕方も変わります。
不倫相手として復縁するのか、復縁した後に結婚に進めるのか、情報次第ではAの復縁へのモチベーションも変わって来る為、対象者達の生活を見て、どの様な形の復縁に向けて進めていくかを再検討する形を取らせて頂きました。

対象者の素行調査をすると夫婦仲は特別悪くなく、買い物に一緒に行き、荷物を自分から持つなど、本当に離婚を考えていたのかな?という疑問点は多々出て来ます。
Aにその旨を伝えると、Aは『復縁するなら不倫関係でしかないんですね…』とショックの表情を隠す事が出来ませんでした。
しかし、実際のところは対象者に接触して聞き出さなければ分からず、表面上は仲の良い夫婦を演じているだけかもしれないので復縁の形を事前に決めつけない様に進めていく事を話します。

期待半分、哀しみ半分となったAの気持ちを鼓舞する様に担当者は連絡をし、その間も工作員は対象者に接触して復縁に向けた心理誘導を進めていきます。
工作員が対象者に接触して話しを聞いても対象者からは伴侶のノロケの様な話しが多く、Aの復縁は不倫関係になる復縁しか可能性は無くなりましたが、不倫関係で復縁しても未来を作るのはA自身の努力だと伝えて復縁工作を進めていく事となりました。
まずは復縁、そして結婚という大きな目標を胸にAは復縁に向けた努力を進めていき、復縁工作の心理誘導も終盤に差し掛かる頃には別れの原因となった部分を理解した行動が取れると判断した為、再会工作を進めていきます。

再会した際に対象者は焦り、焦る対象者にAは驚きの表情と笑顔の表情を見せ、何かを問い詰めるような事もせず、大人の対応で対象者と接します。
以前のAなら癇癪を起こし、Aを問い詰めるところが全く違う反応をした為、対象者も普通に接し、再会工作が終わった後の対象者の話しではAの印象が全く変わり、別れて少し勿体ない事をしたという話しが出るほどでした。
対象者の話しの中で未練と言うよりもワンチャンあるなら…という心理状態が見え隠れし、復縁の可能性を以前とは別人の様に変わったAが呼び寄せた事にもなります。

Aの印象が変わり、対象者の下心が見えた為、下心をくすぐる心理誘導を行いながら復縁に向けて進めていき、チャンスがあれば…と対象者の口から出て来た翌日に再度再会工作を行い、2度の偶然の再会を作り出します。
2度目の再会工作の際に対象者からAをデートに誘い、デートに誘った当日にホテルに行き、体の関係を取り戻し、不倫関係での復縁に成功させました。
離婚させる為の工作やそれ以上の関係に進める為の工作に関しては費用の捻出が難しく協力出来ませんでしたが、まずは不倫関係でも時間を掛けて離婚、結婚へと進む様に頑張ってみるとの事で復縁工作が成功した事例になります。

復縁工作成功事例:東京、大阪の距離の壁で別れた

依頼者 Mさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金110万円+成功報酬30%

Mと対象者はMの転勤で遠距離で住まいが離れていましたが、距離が離れていても連絡はマメにとっており、転勤が終わったら結婚の話も出ていました。
結婚の話しが出ている中でも距離の壁には勝てず、東京と大阪の遠距離の壁に負けてしまい、別れに到ったとの事でした。
東京で生活しているMと大阪で生活している対象者の生活なのでお互いを信じあうしかないのですが、別れを告げられたMは対象者に他に付き合っている異性が出来たのではないか?という不安も感じ、復縁屋に依頼する決意をしたとの事でした。

対象者は大阪で生活している事から東京、大阪に支社のある弊社へのご依頼を真っ先に考えて下さったとの事で復縁工作の説明や復縁する為に必要な事を面談時にお伝えさせて頂きましたが質問も多く、面談は4時間程度かけて丁寧に行い、契約を交わすまでに至りました。
お付き合いの期間も長く、対象者とMが一緒に写っている写真も多く、とても良い笑顔で写真に写されている2人を見て『この頃に戻りたいな…』と呟くMが印象的だったと担当者は言います。

復縁工作のご依頼後は大阪の調査員と工作員を駆使して調査を進めていき、職場や住所について頂いた情報を元に、まずは対象者にお付き合いしている異性がいるかの調査から開始させて頂きました。
調査を開始したところ、対象者に異性の陰は現れず、仕事が忙しく傍目から見ても精神的に疲れている様に見え、仕事のストレスが多いであろう事や環境になじめていないのでは?という部分が見え隠れします。
仕事や環境のストレスを抱えながらMとの会話は将来の事を見据えた会話になり、未来を夢見るのは楽しかったけれど現実に押しつぶされている状態が垣間見えました。

対象者への接触を行い、傍目から見た対象者と実際に対象者が感じている事を聞き出す作業に移りましたが、対象者から聞き出す情報の中には現実世界で疲れて若干鬱気味になり、誰にも相談出来ずにいた事が明かされます。
支えになる存在のMが重荷に感じさせてしまい、Mの中では支えているつもりが支え方を間違っていた事に気付き、Mは対象者とのやり取りが間違えていた事に気付きます。
Mが心の支えとなり、対象者の疲れた心を癒せる存在になっていれば別れる事もなく、対象者がストレスを感じる事もないまま良い関係を築き、良い夫婦になれた事も想像出来ました。

Mの対応次第で復縁の可能性が高いと踏んだ工作員は対象者への心理誘導を早い段階で仕掛けて『鬱病だからこそ誰かに支えてもらわなければ心が保てなくなるよ』と、まずはMではなく誰か他に支えてもらう人物を探させる事から始めました。
支えてくれる人物がいない事は工作員が接触する前の調査で判明させている為、最終的にはM以外が対象者の頭の中に残る手順を踏み、対象者の口から『元恋人にはずっと頼ってたけど距離の壁に負けちゃいました…』という言葉を引き出します。
頼れる人が工作員しかおらず、工作員にもずっと頼りっぱなしにはなれない事を対象者は気付き、『ちょっと連絡してみようかな…』とMの元に対象者からlineが入ります。

職場の愚痴や環境の変化についていけない弱音を初めてMにこぼし、弱音を受け入れたMとの会話が広がり、対象者が『付き合っていた頃からこうやって愚痴をこぼせば良かった…』とMにこぼします。
『いつでも愚痴をこぼして良いよ』という言葉を掛けたMを愛おしくなったと対象者がこぼし、工作員のいる前で突然Mに電話をし、『カッコ付けた自分じゃなくて弱音をこぼせる自分をもう一度見て欲しい』とMに告げて復縁工作は成功に到りました。

復縁工作成功事例:別れた理由を教えてもらえなかった

依頼者 Rさん
地域 北海道
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金100万円+成功報酬30%

対象者と婚活アプリで出会ったRとのお付き合いは半年程度になり、別れ話をされた時には『結婚を考えられない…』の一点張りで何が理由で結婚を考えられなくなったのかについては話してくれなかったとの事でした。
Rは『問題があるなら直すから…』と繰り返すモノの、一切聞き入れてはくれず復縁の話しには取り合ってくれなかったとの事でした。
復縁する為に変えなければならない事を対象者に話すモノの、対象者は『そういう事じゃないんだよ…気持ちが冷めちゃったんだ…』というだけで何が問題なのかも分からないまま別れなければなりませんでした。

結婚を考えていたRにしてみれば目の前が真っ暗になる状態で、別れ話をされた時は取り乱して何を話したのかも記憶にない位乱れたとの事でした。
初めて相談頂いた時には冷静になり、落ち着いてはいるものの復縁の可能性が絶望的であると考えていた為、その状況でもどうにかなるものならどうにしかしたい。という事をしきりに口にされていました。
別れ話しで言われた事を思い出しても、『結婚を考えられない…』と言われた事ばかりが思い出され、思い出す度に涙が溢れて来るRは面談中も嗚咽が止まらず苦しさが見て取れる状態でした。

復縁する方法が何も思いつかず何が原因で別れに到ったのかも分からないRは復縁屋に頼らざるを得ない状況に追い詰められ、ネットで復縁屋を探すモノの、悪質な復縁屋も多いとネット情報にはある為、冷静にならなければならないと落ち着かせる為に四苦八苦したとの事でした。
復縁工作の契約を交わした後に対象者の情報を元に調査をしても他に異性の姿が表れる訳でもなく対象者は会社と家の往復のみで変わった事はありませんでした。

調査報告を心待ちにしているRに対象者の行動を報告し、接触の打ち合わせを兼ねていると『元気で良かった…』と対象者の元気な姿を撮影した写真を見て目を潤ませます。
復縁屋が絶対に復縁工作を成功させたいと思うのは依頼者が対象者の幸せを本当に考えている時であり、Rの対象者への想いを感じた担当者は『頑張りましょう』と声を掛けます。

対象者への接触をして何故『Rとの交際を打ち切ったのか?』を過去の交際相手の中から聞き出そうとすると対象者は今までに交際した経験がなく、R以外の異性を知らない事が分かります。
1人の異性との交際で結婚に踏み切って良いのか?を考えた為、対象者はRとの交際に不安を感じ、もう少し色々な異性と遊びたいと考えた為、別れを決断したとの事で、Rとの交際が破局した後に婚活アプリや婚活パーティー等に出席したものの良い出会いに恵まれず1人で過ごす日々を送っていたとの事でした。

恋愛は人数ではなく、どれだけいい経験をしたか?が重要であり、良い出会いはとても重要な事を伝えると、少しづつですが考え方を改めていき、Rとのデートの様子を工作員に話して下さいました。
Rとのデートの様子を工作員に話している時の対象者は表情も豊かで楽しそうに話し、辛い事もあったけれど楽しい事もあったと過去を懐かしむ話しをします。
少しづつ心理誘導の効果もあり、Rとの交際を自分から破局させたことを勿体ないと考える事や、別れた後に婚活パーティー等に出向いても良い出会いがなかった事を考え始め、本当に少しづつですが別れを後悔する言葉も漏れ聞こえる様になりました。

別れを切り出したのは他にもっと良い異性との出会いを求めてでしたが、現実は良い出会いもなく対象者は結婚できるのだろうか?という不安を感じたとの事でした。
自分で決断した事なので今更取りやめる事は出来ないけれど勿体ない事をしたかもしれない…という想いが強くなっていき、対象者の気持の変化は加速していきます。

復縁工作も佳境に入り、対象者の気持ちは完全に揺れ動きながら、最終的にはRに『復縁しよう』と言えないのはプライドが邪魔しているだけになります。
自ら別れを切り出しておいて、復縁を望んでも気持ちが変わってしまっていればプライドが更に傷付く事を恐れ、Rとの復縁は考えてはいけないものだと意志を固めていました。

しかし、R以外の異性が受け入れてくれない事も事実であり、対象者の気持ちは完全に揺れ動いていましたので、『傷付けた相手に連絡して自分が傷付くのを恐れていれば何も得られる事はないよ』と工作員が後押しをしてRへ連絡する決意をしたとの事でした。
工作員と別れた後にRの元に対象者から連絡が入り、連絡が入ったRとの会話は他愛もない会話から復縁の話しになり、勇気を振り絞って告白した対象者の言葉を受けいれたRは復縁成功に漕ぎ着けます。

次の2人の休日にデートをし、再会したRから担当者に連絡が入り『色々傷付けて都合の良い話しかもしれないけど結婚を前提に復縁して欲しい』とプロポーズを受けたとの事でした。
二つ返事でプロポーズを受けたRと対象者が復縁成功した事例になります。

復縁工作成功事例:頑固で優柔不断な対象者への復縁工作

依頼者 Rさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金110万円+成功報酬20%

Rが初めて相談を頂いた日、対象者との復縁が叶わない為、自殺を考えたとの事でした。
リストカットをする為に刃物を持ちながら手首に当て、このまま死ねば対象者は自分を忘れられなくなる…と自分に言い聞かせていたとの事でした。
しかし、親と同居していたRは自殺未遂を親に気付かれてしまい、復縁できずに苦しんでいる事を知った両親がネットで復縁屋の存在を調べ、『出来る事をやって、それでも諦められなければ、そこからまた別の事を考えてみよう』と説得する為に復縁屋をRに教えたとの事でした。

復縁屋の存在を知ったRは数社に相談したものの、予算面で折り合いがつかず、両親に相談し、両親はRが立ち直れるなら…という条件付きで復縁屋への依頼料を立て替える事と、面談には両親もついていくという条件でお金の融通をRにします。
しかし、相談していた内の復縁屋は親が同伴する面談となった際に面談を断っていき、弊社と1社だけが複数人での面談を受けてくれたとの事でした。
面談時に何故親の同伴をする面談を他社は断るのか?という点を質問されましたが、単純に親が一緒では復縁工作の経験がない業者は説明しても矛盾点が発生する為、複数人での面談は望まない事を伝えるとRの親は大きく頷きました。

Rの状況を伺っている最中も親はR以上に前のめりになって話しに参加します。
Rが悩む姿を心配していた為、復縁できるのか?というよりもRが本当に立ち直れそうなのか?を見抜こうとしている様に見えました。
Rが立ち直り、前を向けるのなら極論を言えば復縁できなくても構わないという姿勢であった為、担当者とRは親を制御しながら復縁工作について丁寧に説明を進めていきました。

対象者との関係について伺っていると親が『それじゃー別れるわよ…』と口を挟みます。
Rと担当者の苦笑いは止まらず、復縁する方法ではなく付き合っていた時の後悔や反省を親がRにし、過去の反省ばかりで未来の話しになかなか進めませんでした。
たまりかねたRは親に一度退席してもらい、復縁工作や復縁する方法について担当者と打ち合わせを重ね、方法についての納得が出来た状態で再度親を呼び寄せます。

復縁工作の方法を大まかに親に説明させて頂きましたが、親はRが立ち直れるなら何でも良いと話し、復縁工作の契約書を交わす段取りをして翌日から着手する旨を伝えて面談は終了します。

Rとの契約を交わした後はRから頂いた情報を整理し、段取りを組んだ状態でRに連絡させて頂き、調査を早急に行う事を伝えて復縁に向けて努力をする約束を再度交わします。
調査後、対象者の動きは付き合っていた頃と変わらず、接触場所を改めて選定しなくてもRの情報だけで事足りる事も分かりました。
別れてからの動きに何も変化がない事をRに確認し、工作員を接触させる動きをしました。

対象者に工作員を接触させ、別れの原因を聞き出しましたが、大きな問題という訳ではなく別れに到ったのはRとのケンカが原因でお互いに意地を張りあっていた事が分かります。
Rが対象者に謝罪をしても対象者は許すタイミングを喪失した為、許すに許せなくなったので復縁に進まない状況でした。
何が原因でキッカケを失い、どのタイミングで復縁に進めなくなったのかを確認しつつ、対象者には復縁に向けた心理誘導を行います。
対象者の口から『復縁はしたいけど…』という言葉が最初から出ていた為、工作員は接触当時から復縁は難しくないと踏んでいたものの、対象者の頑固な性格と優柔不断な性格が災いし、復縁に向けて進みきれません。

復縁へと一歩届かない状態が2か月ほど続き、工作員が対象者の心を揺さぶる切り札をRとの打ち合わせで得た情報を元に使います。
頑固な優柔不断の対象者に切り札を投入した後、対象者は目が覚めた様に変わります。
復縁に向けて前進した対象者の背中を後押しして少しづつですが確実に対象者の中で復縁に向けて進む気持ちが芽生え、明らかに復縁を意識した言動に変わっていきます。
工作員の後押しも手伝い、Rと連絡を取りなおした対象者はRとの会話も弾み、工作員との会話にも復縁というキーワードが頻発します。

対象者とRが3回デートをした時に、Rの口から『復縁したい』と伝えて、同意した対象者との復縁が成功した復縁工作成功事例になります。

復縁工作成功事例をあなたが増やしたいなら相談下さい

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは以前の恋人と復縁したい…というお悩みを解決する為の復縁工作を行っています。
元恋人・元伴侶と復縁したい

元恋人、元伴侶と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは浮気相手と別れさせて、もう一度復縁したいなら復縁、別れさせ工作で対応させて頂きます。
浮気を止めさせ恋人と復縁したい

浮気、不倫を止めさせて現在のパートナー良好なお付き合いをしたいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは友達・職場の人と復縁したいとお考えならもう一度関係を取り戻す為の復縁工作を提案させて頂きます。
友人、知人と以前の状態に戻りたい

ケンカした友人・知人と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは親族と復縁したいとお考えならオリジナルのプランを提案させて頂き復縁工作を実行させて頂いています。
父母・兄弟・親戚と仲直り…

拗れた親族間と復縁したいなら参考にして下さい。